成田国際空港に有るラウンジの違い。日本でプライオリティ・パスが使える場所。

私はゴールドカードも持っており、プライオリティパスも持っている。

そんな私は、空港ラウンジが使い放題、ひゃっほーい。

・・・って思ってたら、空港ラウンジって様々な種類があるのね。

 

クレカ付帯の空港ラウンジごときで調子こいてたら、恥かいてしまったので。

空港ラウンジを使う前に、その違いは知っておきましょう。

日本最大のハブ空港といえば「成田空港」。ラウンジ数も超多いですから。

成田国際空港ラウンジの違いと、ラウンジの有る場所。

空港ラウンジと言っても、その形態は様々です。

一般向けの有料ラウンジ、

クレジットカードのゴールドカードの特典で使えるカードラウンジ。

ビジネスクラスや、プライオリティパス等で使える、航空会社のラウンジ。

クレジットカード特典のラウンジと、航空会社のラウンジは全くの別物でした。

 

特に、セキュリティチェック後の制限エリアに有るか、

それとも、セキュリティチェック前の一般エリアに有るかっては大きな違い。

ラウンジの質だけでなく、混み具合も変わるし、

直前までラウンジ利用できるってのも、航空会社ラウンジの優れている点です。

航空会社ラウンジ(エアラインラウンジ)※制限区域内

航空会社ラウンジを利用できるのは、

基本的に、航空会社のビジネスクラス以上の乗客か、

マイレージプログラムの上級会員、エリート会員のみ利用可能となっております。

DSC00125

第1ターミナル エアラインラウンジの場所

  • ANAラウンジ:南1F(国際線到着・国内線出発)
  • ANA SUITE LOUNGE:第4サテライト4F(入口は3F)
  • ANAラウンジ:第4サテライト2F(入口は3F)
  • ANA SUITE LOUNGE:第5サテライト4F(入口は3F)
  • ANAラウンジ:第5サテライト4F(入口は3F)
  • KALラウンジ(大韓航空):中央3F
  • デルタ スカイクラブ:第2サテライト4F(入口は3F)
  • ユナイテッド・クラブ:中央3F
  • ユナイテッド・グローバル・ファースト・ラウンジ:中央4F(入口は3F)

第2ターミナル エアラインラウンジの場所

  • アドミラルズクラブ(アメリカン航空):本館2F(入り口は3F)
  • エミレーツラウンジ:本館4F(入り口は3F)
  • カンタスビジネスラウンジ:サテライト2F(入り口は3F)
  • ファーストアンドビジネスクラスラウンジ(キャセイパシフィック航空):本館4F(入り口は3F)
  • ダイナスティ・ラウンジ(チャイナエアライン):本館2F(入り口は3F)
  • サクララウンジ(JAL):国内線3F(入り口は2F)
  • サクララウンジ(JAL):本館2F(入り口は3F)
  • ファーストクラスラウンジ(JAL):本館4F(入り口は3F)
  • サクララウンジ(JAL):サテライト2F(入り口は3F)
  • ファーストクラスラウンジ (JAL):サテライト3F

航空会社ラウンジ | 成田国際空港公式WEBサイト

食事食べ放題、お酒飲み放題が当たり前で、正にVIPラウンジ。

クレカ付帯特典のカードラウンジとは雲泥の差です。

ANAラウンジ、JALサクララウンジは使えませんから。

成田空港ANAスイートラウンジ(国際線)レビュー。第4サテライトと第5サテライトの違い。

成田空港第2ターミナルJALサクララウンジ(国際線)レビュー。

DSC05035_thumb5

ちなみに、大韓航空のKALラウンジのみ、プライオリティパスにて利用できますが・・・

他のエアラインラウンジに比べて劣ります。※後述します。

クレジットカード会社ラウンジ(カードラウンジ)※一般エリア

クレジットカード特典で空港ラウンジが使えるというのは、主にカードラウンジの方。

ラウンジ入口には、使えるクレジットカードが表記されており・・・

IASSラウンジが使えるクレジットカード

TEIラウンジが使えるクレジットカード

上述したの航空会社のVIPラウンジに比べると、ラウンジ内容も断然劣ります。

第1ターミナル カードラウンジの場所

  • ビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ):中央5F
  • IASS Executive Lounge 1:中央5F

第2ターミナル カードラウンジの場所

  • TEIラウンジ:本館4F
  • IASS Executive Lounge 2:本館4F

TEI ラウンジ、IASS Executive Lounge共に、

第1ターミナルと第2ターミナルの両方にありますが・・・

航空会社のラウンジとは違い、全て出国前エリアに設置されいます。

 

全て出国前エリアにあるので、

手荷物検査前、保安検査前の段階で利用するラウンジとなります。

手荷物検査で時間がかかる可能性も有りますので、正直あまり使えない。

 

また、出国前エリアの一般エリアにあるので、

国際線だけでなく、国内線の利用者も利用できるし、

出発前だけでなく、出発後にも利用できるのも難点。

誰でも利用できるので、何のお得感も無く、我々一般人まみれで混みがち。

 

サービス内容も、航空会社ラウンジと大きく異なり、

情報誌と場所とドリンク類を提供するのみの場所。

第一ターミナルのIASS Executive Loungeのドリンクコーナー。

IASSラウンジのドリンクカウンター

食べ物が有っても、おつまみ程度(柿ピー)になってます。

ラウンジ柿の種

 

基本的にアルコール類も有料ですが、IASS Executive Loungeは、

缶ビール(350ml)もしくは、缶ウイスキー(ハイボール)のみ1杯目無料となってます。

IASSアルコール

新聞、雑誌類。ビジネス系雑誌、週刊誌くらいですね。

IASSラウンジ雑誌類

使うならIASS Executive Loungeって思うんだけど、

TEIラウンジに比べて綺麗で、お酒が貰える為か、非常に混んでます。

 

第1ターミナルのIASSは、それなりに広いんだけど、いつも激混み。

DSC00114

IASSの内観。そこまで広く無いですが、TEIに比べるとラウンジっぽい。

IASSラウンジ内観

 

第2ターミナルのIASS。こっちの方が空いてたけど、やっぱり混んでるね。

DSC00095

IASSのドリンク種類は、第一ターミナルも第二ターミナルも一緒でした。

DSC00097

 

TEIラウンジの方は、質素で、IASSラウンジに比べると全体的に古めかしい。

その点、利用者が少ないのがメリットかもね。

DSC00112

第1のTEIラウンジ。IASSに比べると空いてます。

TEIラウンジ内観

プライオリティパスで利用した場合は、アルコールは有料で、

飲み物もドリンクバー、エスプレッソマシーンくらい。

TEIラウンジのフリードリンク

ダイナース&VJAグループはアルコール一杯無料(ビール、赤白ワイン、スパークリングワイン)

 

おつまみ系の食べ物も有りません。

設備も必要最低限、古いPCが2台あるくらいで、

TEIラウンジPC

雑誌も無く、旅行のチラシばかり。

TEIラウンジ設備

 

第2のTEIラウンジにも行ってみましたが・・・

DSC00098

ラウンジ内も狭くて、コチラはかなーり微妙でした。

第二のTEIラウンジ内観

ドリンクスペースも非常に狭い。やっすぃ漫画喫茶な気分。

T2のTEIソフトドリンク

 

カードラウンジは一般エリアに有りますが、

航空券を提示する必要があり、基本的に飛行機に乗る人でなければ利用できません

 

また、クレジットカード会社のカードラウンジを利用するなら、

プライオリティパスを提示するより、

空港ラウンジ特典の有るクレジットカードを出した方が早いです。

 

プライオリティパスでラウンジ利用する場合は、

カードスキャンしてサインも必要になるのですが・・・

プライオリティパスの使い方と注意点。同伴者料金と子供料金について。

クレジットカードのラウンジ特典なら提示するだけで済みます。

人気のあるラウンジでは、カードスキャン端末で渋滞してる時も有るから。

有料待合室受付 トラベラーズラウンジ ラシュラン ※一般エリア

上記のラウンジとは別に、一般向けのラウンジも有料であります。

誰でも利用できる、トラベラーズラウンジ ラシュランです。

KS001996

第1ターミナル、第2ターミナルの両方に有ります。

トラベラーズラウンジ ラシュランの場所

 

第1ターミナルのラシュラン

DSC00109

第2ターミナルのラシュラン

DSC00094

 

リクライニングシートに、無線LAN、新聞雑誌にコーヒーサーバー・・・

カードラウンジが使えないなら、大人1030円時間無制限だし出入りも自由

カードラウンジで同伴者料金払うなら、トラベラーズラウンジも有りかもね。

有料ラウンジ Narita TraveLounge(成田トラベラウンジ)※制限区域内

2016年10月15日、新たに成田空港第一ターミナル内に、有料ラウンジが出来ました。

成田国際空港直営のラウンジという事で、お金を払えば、誰でも利用可能です。

出国審査ゲート後の制限区域内に有るので、搭乗時刻ギリギリまで時間も潰せます。

DSC05379

TraveLoungeの場所は第一ターミナル中央ビル、26番ゲート近く。

KALラウンジの横あたり。TraveLoungeの案内も沢山あるので迷わないと思う。

 

TraveLounge 利用料金

  • 大人:1200円(税込) ※12歳以上
  • 小人:600円(税込) ※6~11歳
  • 幼児・乳児:無料 ※6歳未満

 

営業時間もAM6:30~PM9:30と、航空会社ラウンジと大差ない。

DSC05391

ソフトドリンクは無料。アルコールとフードメニュー(軽食)は別料金。

追加料金で提供される食事やドリンク(いずれも税別)

チキンカレー:800円
ハラールカレー:800円
カルボナーラ:800円
かき揚げそば:500円
醤油ラーメン:500円
サンドイッチ(ハム・チーズ/たまご):350円
生ビール(アサヒスーパードライ):550円
赤ワイン/白ワイン:各600円
ハイボール:500円
日本酒:500円

成田空港、第1ターミナル内に「Narita TraveLounge」を10月15日オープン 1200円で時間制限なしで利用可能 – トラベル Watch

黒地に金色の文字と、プライオリティパスっぽいデザインですが、

プライオリティパスでは利用不可能なラウンジなので注意。

 

下手な航空会社ラウンジよりも高級感もあり、座席数も多く広いので、

無理してプライオリティパス会員になるくらいなら、TraveLoungeの方が良いかと。

一回1200円+αなら、同伴者料金払うよりも全然格安だから。

こちらも時間無制限だし、出入りも自由となってます。

プライオリティパスが使える成田国際空港ラウンジ。

プライオリティパス(Priority Pass)で、世界中のVIPラウンジが使える!

って売りにしてますが、国内空港のラウンジでは、あまり期待できません。

 

プライオリティパスは、国際線で力を発揮する。

日本の代表的な国際空港といえば、成田ですが・・・

プライオリティパスが使えるラウンジは、現在5つのみ。

しかも、5つの内4つはカードラウンジとなっております。

第一ターミナル

  • KALラウンジ
  • ユナイテッドクラブ ※2015年5月15日対象外へ
  • IASS Executive Lounge 1(出国前エリア
  • TEI ラウンジ(出国前エリア

第二ターミナル

  • IASS Executive Lounge 2(出国前エリア
  • TEI ラウンジ(出国前エリア

ユナイテッド・クラブのラウンジは、2015年5月にプライオリティパス対象外へ。

United Clubs Leaving Priority Pass As Of May 15, 2015 – One Mile at a Time

 

よって、航空会社系のエアラインラウンジは、

大韓航空(スカイチームの)KALラウンジのみとなってしまいました。

それ以外は、全て上述したカードラウンジであり、

出国前エリア(制限エリア外)なので、搭乗間際まで使うならKALラウンジしかない

DSC00135

大韓航空搭乗ゲート付近にあるので・・・

エアカナダの搭乗ゲートとは大分離れているけどね。

 

KALラウンジは、航空会社ラウンジの中でも質が低く、

シャワールームも有りません。

比較的狭いので、簡単に混雑しちゃうし、いっつも混んでる。

混み具合によっては、入場を断られる事も有るみたい。

大韓航空なんで・・・利用客もそっち系の人たちが多いです。

 

食ベ物も、菓子パンとおにぎり、オレオにクラッカーとあるが、

おにぎりとパンは、正直あまり美味しくなかった。

DSC00146

旨いのは、小さなカップラーメン・・・くらい。

DSC00145

トマトジュースとりんごジュースとチーズも有ったよ。

DSC00147

 

食事というよりも軽食という感じ。

アルコール類はビール2種と、ワイン、ウイスキー、日本酒とあるけど・・・

ワインは既に空ボトル状態でした。

DSC00144

ゴミ箱とかも溢れかえってる、ラウンジスタッフ足りてない。

 

ちなみに、ファーストクラス利用者だけは、中で区切られてました。

DSC00143

ファーストクラスはガラガラで、こっちは激込み。

KALラウンジはいつ行っても、ホント混んでます。

KALラウンジ内観

ファーストクラス使うような人は、わざわざ使わないって事ですね。

日本でプライオリティパスが使える空港。羽田空港では利用不可。

成田空港では、プライオリティパスは微妙・・・

じゃあ、その他日本の国際線空港では、どうなのか?

優秀といわれるのが関西空港。確かに他の空港に比べて良い感じです。

 

プライオリティパスが使える国内の空港

  • 成田空港:KALラウンジ、TEIラウンジ(制限区域外)、IASSラウンジ(制限区域外
  • 羽田空港:無し
  • 関西国際空港:KALラウンジ(制限区域外)、ぼでぢゅう(制限区域外
  • 中部国際空港:KALラウンジ、スターアライアンスラウンジ、セントレアグローバルラウンジ
  • 福岡空港:KALラウンジ

 

羽田空港には、プライオリティパスで使えるラウンジは有りません

羽田空港でも使えるのかと思ったのに、ちょっと残念。

中部国際空港はKALラウンジ以外に、スターアライアンスラウンジが使え、

2018年5月には、新たにセントレアグローバルラウンジも利用可能となりました。

福岡空港はKALラウンジのみ。

 

関西空港は、KALラウンジだけでなく、

2018年に空港内レストラン「ぼでぢゅう」でも使えるようになりました。

1名あたり3400円の割引となり、3400円以下なら無料で食べられます。

プライオリティパスは同伴者も利用可能なので、同伴者が居る場合も悪く無いかと。

例えば、同伴者1名の場合、同伴者料金2000円~3000円で合計6800円も無料となる。

しかも、関西国際空港の「ぼでぢゅう」「KALラウンジ」は、

制限エリアに入る前に有るので、国内線利用時にも利用可能となっています。

国内でプライオリティパス使うなら、関西空港が一番ですね。

ハワイ(ホノルル空港)でもプライオリティパスは微妙。

日本人御用達のリゾート地といえば、ハワイ。

ホノルルへ行った時にも、プライオリティパスの使えなさにビックリしました。

プライオリティパスで使えるのは、

クレジットカード会社ラウンジくらいしか無かった事。

 

JALサクララウンジ(日本航空)との共有ラウンジである、

アドミラルズクラブ(アメリカン航空)が対象外となり、

続いてユナイテッドクラブ(ユナイテッド航空)も対象外となってしまったので・・・

IASSホノルルラウンジしか使えないという悲惨な結末。

 

2016年10月には、ハワイアン航空のプルメリアラウンジが追加されましたが・・・

ハワイアン航空のビジネスクラス以上で利用できるラウンジという事で、

ハワイアン航空以外の国際線ターミナルエリアからは、非常に離れた場所に有り遠い。

ハワイのホノルル空港で、プライオリティパスが使えるラウンジ。

DSC07985

特に日本行きの航空便は午前便が多いので・・・利用するのは、ちょっと無理ある。

 

ホノルル空港でプライオリティパスが使えるラウンジ

  • IASS HAWAII LOUNGE ※カード会社ラウンジ
  • ユナイテッドクラブ ※対象外へ
  • アドミラルズクラブ≒JALサクララウンジ ※対象外へ
  • プルメリア ラウンジ ※2016年10月追加!

バンクーバー国際空港でプライオリティパスが使える場所。

カナダのバンクーバー国際空港でも、プライオリティパスは使えます。

PLAZA PREMIUM LOUNGEのみとなりますが、

国際線、国内線、USA線の三カ所で利用できるようになってます。

 

バンクーバー空港でプライオリティパスが使える場所

  • Plaza Premium Lounge (Domestic Departures)
  • Plaza Premium Lounge (International Departures)
  • Plaza Premium Lounge (USA Departures)
  • SkyTeam Lounge (International Departures)

Vancouver-International

日本へ行く場合は、国際線のPlaza Premium Loungeのみ利用できますが、

日本のラウンジとは違い、非常に快適な空間でした。

※スカイチームラウンジも使えるようになってます!

 

プライオリティ・パスの利用方法も日本と一緒。

航空券を提示して、専用端末でカードスキャンして、サインするだけ。

セキュリティチェック後のエリアにあるので、ギリギリまでゆっくりできます。

DSC01812

PLAZA PREMIUM LOUNGE (INTERNATIONAL DEPARTURES)

 

ラウンジ自体も綺麗で広く、空きスペースも多く有りました。

DSC01829

奥の方にもスペースと、調理バーがあり、ドリンク類も豊富です。

DSC01830

アルコールは有料って話だったと思うので、遠慮しときました。

 

パニーニ焼いてくれたり、食事のバリエーションもそれなりにあり、全て美味でした。

DSC01825

軽食のつもりが、モリモリ食べまくり。

 

目の前はエアカナダって事で、眺めも良し。これから乗る飛行機だよね?あれ。

DSC01834

 

ネスレのモカとホットチョコも美味しかったです。

DSC01840

全体的にゴージャスな感じでトイレも非常に綺麗。

日本のカードラウンジとは質が違いますなぁー。

プライオリティパスは、海外でこそ使うべきだね。

シンガポール(チャンギ空港)はプライオリティパス天国。

SFC修行やJGC修行でお馴染みのシンガポールですが、

シンガポールは、世界有数のハブ空港ということで、

プライオリティパスが使えるラウンジが11か所も有ります。

シンガポールのチャンギ空港で、プライオリティパスが使えるラウンジまとめ。

DSC05827

 

シンガポールに行く機会があるなら、所持する価値は十分にある。

チャンギ空港周辺のホテルは高いので、ラウンジ巡りをした方が安く済むっていう。

ラウンジ仮眠するために、修行僧は特に必須です。

結論:プライオリティパスは使う空港次第。

日本やハワイでは微妙なプライオリティパスラウンジも、

海外では、他種多様なラウンジに遭遇できます。

 

シンガポール、タイ、韓国、中国、ドバイ・・・ラウンジ数は超豊富。

オーストラリアでは、飲食店までも無料となってしまいます。

結局のところ、自分が使う国、使う空港に良いラウンジが有るか?って事。

プライオリティパスで得する国まとめ。海外主要空港のラウンジ数を比較。

 

基本的に、プライオリティパスラウンジは、カードラウンジよりも優れているので、

下手なカフェより、よっぽど贅沢な空間。通常は年会費399ドルのサービス。

楽天プレミアムカード会員なら、カード年会費1万円だけで発行できます。

 

他にもプライオリティパスが発行できるクレジットカードは多いですが、

楽天プレミアムカード飛びぬけて安いから。

プライオリティパスが無料付帯するクレジットカード。ラウンジキーとダイナースクラブとの違い。

 

プライオリティパスの使い方については、以下記事も参考に。

プライオリティパスの使い方と注意点。同伴者料金と子供料金について。

 

P.S.

プライオリティパスは、あくまで提携ラウンジが使えるというサービス。

プライオリティパス専用ラウンジが使えるってわけでは無いという事。

微妙なカード会社ラウンジも多いし、良いラウンジは入場制限が有るのが事実です。

プライオリティパスの必要性。使って気づいたメリット・デメリット。

 

ラウンジ特典としてクレジットカードを考えるなら、

候補に挙がるのが、デルタアメックスゴールドカード

カード利用するだけで、スカイチームの上級会員となれますし、

使えるVIPラウンジも、プライオリティパスよりも質が高い。

スカイチームラウンジが使える場所。デルタ航空ゴールドメダリオン会員での利用方法。

同伴者もVIP待遇してくれるから。同伴者からも感謝されまくります。

一人旅しないなら、プライオリティパスよりコスパも高いからね。

2 Comments

森 須美子

プライオリティカードの本人のみ利用は?必ず一緒に行動するとは限りません(事故などを考えて・・)
家族は半額負担でお願い出来るといいですね~
それだけのために高い年会費は家族は求めません。なら楽天カードゴールドに入会ですよね。家族も少々の年会費は支払っているのでカード会社によってはかなり高い家族年会費があります。海外に出ていくのは若者たちです。
どうでも良いようなカードに入っているより家族会員がフルに利用出来る関心ステイタス又は本会員に請求なので安心ではないでしょうか?
何か改良されたら良いですね・・

返信する
越前 博子

とても参考になりました。
現在セゾンカードでユナイテッドのマイレージを貯めて
セーバーのビジネスクラスで特典旅行を利用するようにしています。
そうするとラウンジを使用できるので問題なかったのですが、
今回はエコノミーのチケットを購入したので、何とかラウンジを使えないものかと
ネットでこちらにたどり着きました。楽天カードを作ってプライオリティパスをと思っていましたが、羽田はおろか海外も完璧ではないのですね。
いろいろこちらを参考に考えます。ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です