海外旅行保険付帯の無料クレジットカード。自動付帯と利用付帯の補償額比較。

年会費が無料のクレジットカードでも、海外旅行傷害保険は付帯しているので、
旅行毎にわざわざお金を払って保険加入する必要は有りません。
無料のカードを組み合わせるだけで、十分な補償金額にもできるという話。

ただ、クレジットカードにより、付帯する保険内容は様々。
闇雲にクレジットカードを発行すれば良いってものでもない。

というわけで、今回は無料で保険が手厚いカードについて。

目次

無料クレジットカードで問題ないのか?

クレジットカード年会費と保険内容は比例せず、無料だから使えないというわけでは有りません。
年会費無料なら所持するリスクも無いし、複数カードの補償額を合算することが可能。
自動付帯なら持ってるだけでOK、保険料のかさまし目的で発行したって良い。
90日以内の短期海外滞在ならカードの付帯保険でも、十分な補償を受けられると思っています。

逆に、90日以上の長期滞在を予定しているなら、素直に留学やワーホリ用の保険を申し込んだ方が良い。
クレジットカード付帯の海外旅行保険は、あくまで旅行向けの保険なのです。

海外旅行保険の選び方と重要なポイント。クレジットカードの付帯保険だけで十分な理由。

そもそも、クレジットカードの付帯保険を使う為には、
クレジットカードを所持する必要が有るわけで、18歳以上でなければカード発行もできないのです。
18歳未満の保険を適応したいなら家族特約が付いた有料カードが必要となる。
家族特約が付くカードは、本会員の補償額も高い傾向に有り、無料カードで家族特約まで付いているカードは無いのです。

子供の海外旅行保険を補償するクレジットカード比較。18歳未満の子連れ旅行に家族特約が必須。

海外旅行保険の分岐点

  • 自分の保険が欲しい:無料クレジットカード
  • 子供の保険が欲しい:有料クレジットカード(家族特約)
  • 90日以上の海外旅行保険が欲しい:保険パッケージ商品の加入

ただ、これはあくまで、海外旅行保険がクレジットカードの付帯保険で代用できるという話。
クレジットカードの付帯保険は補償額が低い傾向に有るので、
クレジットカードだけで補うなら、複数カードの発行も必要となります。
ゴールドカードといった有料のクレジットカードも、
1枚では補償額が手厚いとは言い難いので、無料カードで保険料を底上げした方が良い。

また、無料カードには航空便遅延保険が付いていません
飛行機が遅れた時まで保険でカバーしたいなら、ちょっと年会費が高いカードが必要となる。

航空便遅延保険が付帯するクレジットカードの違い。補償範囲と補償金額の比較。

実際のところ、航空便遅延保険は、トラブル時の保険というよりも、
トラブル時に良い思いをする為の特典と思った方が良い。正直、無くても困る保険ではありません。
飛行機が大幅に遅れた時に、ちょっと美味しい物が食べられる保険なのです。

海外旅行の航空便遅延保険の注意点。遅延は食事代のみ補償対象。具体的な利用例と請求方法。

無料クレジットカードの補償額比較

無料だからといって一概に補償額が低いわけでは無い。ではその具体的な金額は?
海外旅行保険に強いと言われるクレジットカードの補償額を抽出してみました。
傷害死亡・後遺障害の金額よりも、傷害疾病治療費の金額がなにより重要となります。

まず、利用付帯よりも自動付帯。年会費無料で自動付帯となると限られるのですが、
その中で圧倒的に高スペックなのが「エポスカード」と「横浜インビテーションカード(ハマカード)」。
年会費無料で保険が自動的に付与されるわけで、ホント所持するメリットしかない。

自動付帯で年会費無料のクレジットカード

スクロールできます
年会費付帯条件傷害死亡
後遺障害
傷害疾病
治療費
賠償責任携行品
損害
救援車費用キャ診
エポスカード無料自動付帯500万傷200万
疾270万
2000万20万 100万
横浜インビテーションカード無料自動付帯2000万200万2000万20万 200万
Delight JACCS CARD無料 自動付帯2000万200万2000万 20万 200万
セゾンブルー
アメックスカード
25歳以下無料
※通常3300円
自動付帯3000万300万3000万 30万 200万
DCカードJizile無料 自動付帯1000万30万1000万 10万 50万
ビックカメラSuica初年度無料
年1回利用で
翌年度無料
※通常524円
自動付帯500万 50万50万×

利用付帯で海外旅行保険が付帯するカードは多いのですが、
補償額は自動付帯カードに比べて全体的に低い。
疾病治療費100万円では・・・ちょっと心もとないですね。

利用付帯で年会費無料のクレジットカード

年会費付帯条件傷害死亡
後遺障害
傷害疾病
治療費
賠償責任携行品
損害
救援車費用キャ診
リクルートカード(JCB) 無料利用付帯2000万100万 2000万20万 100万
リクルートカード(VISA、Master) 無料利用付帯2000万100万 2000万20万 100万
JCBカードW
※39歳以下限定
無料 利用付帯2000万100万 2000万 20万 100万
JCBカードR
※リボ払い専用
無料 利用付帯2000万100万 2000万 20万 100万
JCB CARD EXTAGE
※29歳以下限定
無料 利用付帯2000万100万 2000万 20万 100万
三井住友カード(NL) 無料 利用付帯500万50万50万×
楽天カード 無料 利用付帯2000万200万 3000万 200万

利用付帯の条件もカード毎に異なるので気を付けて。
出国前に決済が必須だったり、公共交通乗用具の判断が違ったり、
出国後90日までという制限があったり、条件が厳しいカードが増えています。
利用付帯の裏技は保険適応外となるリスクも大きい、基本的には勧めません。

クレジットカード海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の違い。保険期間を90日以上にする裏技は危険なり。

海外旅行保険おすすめクレジットカード

エポスカード

海外旅行に行くなら、間違いなく所持しておきたいエポスカード
海外だけでなく、国内でもメリットだらけで年会費無料です。

エポスカードの旅行保険

エポスカード
年会費無料
適応条件自動付帯
傷害死亡・後遺障害500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
携行品損害20万円
(自己負担3,000円)
キャッシュレス診療可能
保険会社三井住友海上火災保険株式会社
ショッピング保険

エポスカードのメリット

  • 年会費永年無料
  • 無料クレジットカードでは最高峰の海外旅行保険
  • 全国約10000店舗の提携店舗で提示するだけで優待
  • マルコとマルオの7日間は丸井店舗で10%オフ
  • 海外キャッシングの利便性も高い
  • 現地で日本語対応してくれる海外サポートデスクも有る

エポスカードのデメリット

  • ポイント還元率0.5%と普通
  • カードブランド:VISA
  • ショッピング保険が付帯しない

海外旅行保険が自動付帯というだけでなく、
傷害治療費用200万円、疾病治療費用270万円と、
無料クレジットカードで最高レベルの補償金額。
携行品損害も20万円と、利用する可能性が高い保険の金額が高い。
死亡・後遺障害の金額は最高500万円と低いですが、死亡や後遺障害は重要でも無いですから。

エポスカード海外サポートデスクも、世界各国に存在しているので、
トラブル時にも安心。現地で面と向かって日本語対応してくれます。

※海外サポートデスク所在地→エポスカード|海外トラベルサービス|緊急時

エポスカードは、海外キャッシングの繰上げ返済もしやすく、金利手数料も抑えられやすい。
外貨両替するなら、エポスカードを使った方が断然手数料も安く済むから。

海外キャッシングにおすすめクレジットカード。海外キャッシングで得するカードの選び方。

初回キャッシング30日間金利無料キャンペーンも適応となるので、
海外キャッシングを使った事無い人にもオススメ。
WEB申込みの際に、マルイ店舗をカードを受け取り場所に指定する事も可能なんで・・・

エポスカード WEB申込みページ

マルイ店舗で最短カード受取できるので、配送で受け取るよりも圧倒的に速い。
急な旅行の際にも、即発行できるカードは有り難い。

横浜インビテーションカード

付帯保険が最強のクレジットカードといえば、
JACCSカードの横浜インビテーションカード(ハマカード)
横浜関係無しに、海外行くなら所持して損は無いです。

同じJACCSでは、REX CARD(レックスカード)っていう無料のカードも有ったのですけど、
2020年6月22日に新規申し込み終了となりましたからね。今では希少な年会費無料のジャックスカード。

横浜インビテーションカードの旅行保険

横浜インビテーションカード
年会費無料
適応条件自動付帯
傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円
携行品損害20万円
(自己負担3,000円)
航空寄託手荷物遅延
航空機遅延費用
キャッシュレス診療可能
保険会社三井住友海上火災保険株式会社
国内旅行保険利用付帯
ショッピング保険年間100万円/90日間
(自己負担3,000円)

横浜インビテーションカードのメリット

  • 年会費永年無料。
  • 国内旅行保険が付帯する ※利用付帯
  • ショッピング保険が付帯する
  • カードブランドでMasterが選べる

横浜インビテーションカードのデメリット

  • 還元率0.5%と一般水準
  • 保険コスパは高いけど、他に特典が無い。

通称ハマカードと言う事で、横浜特典が有りそうなものですが・・・
実際のところ、横浜特典よりも付帯保険が優れまくっているカード。

海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険の補償額も無料カードとは思えない内容。
入院費、通院費、手術費用まで補償してくれます。
レックスカードと違うのは、ショッピング保険まで付帯してる。

横浜インビテーションカード国内旅行保険

  • 国内旅行保険:利用付帯
  • 傷害死亡・後遺障害:1000万円
  • 入院:5000円/日
  • 手術:20万円
  • 通院:3000円/日

横浜インビテーションカードショッピング保険

  • 年間100万円/90日間(自己負担3000円

年会費無料で、海外旅行保険(自動付帯)と国内旅行保険(利用付帯)が付帯。
保険会社も三井住友海上という事で、エポスカードと一緒。
エポスと併用すれば、補償額も合算できて、保険手続きは一本化できてしまいます。

海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険の補償額も無料カードとは思えない内容。
利用付帯が条件ですが、入院費、通院費、手術費用まで補償してくれます。

横浜インビテーションカード の国内旅行保険

  • 国内旅行保険:利用付帯
  • 傷害死亡・後遺障害:30万円~1,000万円
  • 入院:5,000円/日
  • 手術:5万円/10万円/20万円
  • 通院:3,000円/日

付帯保険は優れていますが、その他の魅力的な特典は皆無なので、
本気で持っているだけに成りがち。自動付帯なら持ってるだけで良いから。
横浜インビテーションカードは、横浜よりも海外向きのカードかなと。

海外決済レートの良いMastercardブランドも選べるのも微妙に良いところ。
なんだかんだで、マスターカードが一番使いやすいですから。

クレジットカード海外ショッピング利用時の為替レートを徹底比較。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード ※25歳以下無料

旅行特典が手厚いカードといえば、アメックス系のカード。
中でもセゾンのアメックスは、コストパフォーマンスが高く、
特にセゾンブルー・アメリカン・ エキスプレス・カードは付帯保険の内容も良いです。
※以下、セゾンブルーアメックスカードと記載

セゾンブルーアメックスカードに付帯する保険

セゾンブルーアメックスカード
年会費3,300円
25歳以下無料
適応条件利用付帯
傷害死亡・後遺障害3,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
携行品損害30万円
(自己負担3,000円)
航空寄託手荷物遅延
航空機遅延費用
キャッシュレス診療可能
保険会社損害保険ジャパン日本興亜株式会社
国内旅行保険利用付帯
ショッピング保険年間100万円/120日間
(自己負担 1万円)

セゾンブルーアメックスカードのメリット

  • 年会費3,300円25歳以下は年会費無料
  • 海外利用でポイント2倍還元率1.0%)となる
  • 国内旅行傷害保険も付帯
  • ショッピング保険も付帯
  • 復路(帰国時)の空港手荷物宅配料が無料
  • 海外アシスタントデスクが利用可能

セゾンブルーアメックスカードのデメリット

  • 通常還元率0.5%と普通
  • アメックスは、海外決済時の為替レートが悪い
  • 海外キャッシング手数料も高い

年会費3,300円の有料カードとなりますが、
U-25応援キャンペーンで25歳以下は年会費無料となってます。

本来はアメックスの有料カードということで、付帯保険もゴールドカード並み。
傷害・疾病治療300万円、携行品損害30万円と素晴らしい内容。
国内旅行保険も付いており、その補償額も充実してます。

セゾンブルーアメックスカード 国内旅行保険

  • 国内旅行保険:利用付帯
  • 傷害死亡・後遺障害:3000万円
  • 入院:5000円/日
  • 手術:20万円
  • 通院:3000円/日

セゾンブルーアメックスカード ショッピング保険

  • 年間100万円/120日間(自己負担:1万円

海外アシスタントデスクサービスも利用できるので、海外トラブル時だけでなく、
現地の観光情報、ホテルやレストランの予約、
イベントチケットの手配・・・等、様々な相談に日本語で対応してくれます。

海外利用でポイント2倍(還元率1.00%)となり、
復路(空港→自宅)のスーツケースも1個まで無料で宅配してくれる。
まさに、海外で利用する為のカードとなってます。

セゾンブルー・アメリカン・ エキスプレス・カードは、
26歳未満は年会費無料ですが、年会費3,300円のクレジットカードとして考えても悪く無いカード。
セゾンのアメックスカードは、ゴールド、プラチナと旅行保険内容が最高峰。
プラチナカードはマイル還元率も最高峰なので、その足掛かりとしてもおすすめです。

無料で海外保険クレジットカードまとめ

海外旅行保険に絞って、クレジットカードを比較してみましたが、
年会費と保険の内容は全く比例しないということ。
年会費無料のクレジットカードでも、
持っているだけで、200万円~300万円の治療費が補償される
最強なのが「エポスカード」ってわけ。

自動付帯のクレジットカードなら、ホント持ってるだけで保険適応。
別途、旅行保険に加入するつもりだとしても、保険額は合算されるので、
保険のかさ増しカードとして、とりあえず発行しておいて損は無い。

実際のところ、海外の医療費は高額なので200万円~300万円では足りない可能性も有る。
アメリカやヨーロッパに行くなら500万円くらいは欲しいところ。

海外旅行保険の選び方と重要なポイント。クレジットカードの付帯保険で得する理由。 

エポスカード、横浜インビテーションカード、セゾンブルーアメックス。
いずれも自動付帯のクレジットカードなので、どれを選ぶって話でも無い。
全部カード発行した方が補償額も手厚くなるわけです。

エポスカード治療費200万円(疾病治療費は270万円)、
セゾンブルー・アメリカン・ エキスプレス・カード+300万円追加。
2つのクレジットカードで合計500万円の治療費を補償する。
クレジットカードだけで十分な海外旅行保険となるわけです。
これは裏技でもなんでも無いのです。

海外旅行保険ランキング(無料)

年会費付帯条件傷害治療疾病治療 携行品損害
エポスカード無料自動付帯200万円270万円 20万円
横浜インビテーションカード(ハマカード)無料自動付帯200万円200万円 20万円
セゾンブルーアメックスカード25歳以下無料自動付帯300万円300万円 30万円

1つのカードだけで、携行品損害保険も20万円まで補償ので・・・
海外で携行品が壊れてしまたら保険適応。自分の不注意でもOK
私もスマホ&カメラ落下で、約7.5万円も支払われましたから。

クレジット海外旅行の携行品損害保険でスマホとカメラは補償対象。具体的な利用例と請求方法。

得する人は、ホント知ってるか知らないかだけ。旅行に行く人は知っている。
私は知らなくて若かりし頃にカバン盗まれて泣き寝入りした記憶。
若い人ほど知っておいて欲しい保険の知識なのでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして。こんばんは。
    今度カナダに行くことになりました。
    留学ではなく、10日ほどの短い旅行です。
    お土産を書いている日本語のブログでどこかいいところがないかと探していたところ、こちらのサイトにたどり着きました。
    お土産はとても参考になり、他の記事も読んでみたところ、どれも参考になりました。
    ありがとうございます。
    小学生英語すら危ういほどの英語力ですが、旅行ですので気軽に行きたいと思います。
    こちらのブログ含め、いろんな方の意見を読んでいてそう思えました。
    もちろん予習はしていきますが笑
    一方的ではありますが、お礼を言いたくてコメントさせていただきました。

    • ありがとうございます!
      10日もカナダとは良いですね。

      私の英語力も中学生レベルですが・・・
      行く頻度も増え、カナダには大分慣れてきました。
      まぁ、上手く言えませんが、そぅいう事なんじゃないかと思います。

      英語よりも気持ちを忘れずに。
      なにより楽しんで。カナダ行ってらっしゃいませ。

コメントする

目次
閉じる