2018年JAL JGC修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

Pocket
LINEで送る

JALグローバルクラブ(JGC)への入会する為には、

JALマイレージバンクで上級会員「サファイア」ステイタスになる必要が有る。

 

「サファイア」となる為には、50,000 FLY ONポイントが必要で、

5,000FLY ONポイント目当てに、JALカードを用意したのが前回までの話。

JGC修行(JAL上級会員)にJALカードが必要な理由。

 

実際、どのようなルートなら、効率良くFOPポイントを貯めるのか?

残りの45,000 FLY ONポイントについて、真剣に考えました。

FOP単価4円とか5円とか無理だったから、FOP単価8円くらいで妥協してます。

私のJGC修行のスタンスとして。あまり無理はしたくない。

まず、JGC修行となると、

乗る必要も無い飛行機に乗りまくる」っていうイメージなんですが、

できれば乗る必要の有る飛行機に乗りたい」ってのが正直なところ。

というわけで、ひたすら乗り続けるプランは却下。

50回搭乗での上級会員への挑戦ではなく、50,000FOPを貯める方を選びました。

 

続いて、あんまり辛いのも嫌。

若くも無いので、精神的にも肉体的にも無理はしたくない。

羽田と那覇の往復しまくるやつとか、添乗員さん一緒だと気まずさに耐えられないし、

エコノミーで何時間も座るやつとか、お尻とか腰とか馬鹿になっちゃう。

最安値っていうよりも、多少はお金払ってでも、苦痛が少ない方を選択したい。

 

JGC修行に必要な金額は50万円と言われますが・・・

50万で5万FOPなら、50万円÷50,000FOP=1ポイント10円

目指せFOP単価10円未満といったところ。

ラクできるなら+10~20万くらいは、頑張って出すぞ私は!

 

エコノミーだけでなく、プレミアムエコノミーも選択肢に入れるし、

なんなら、ビジネスクラスだって・・・お金との相談で検討したいと思います。

FOP換算率は、国内線が一番高いのも、なんとなくは理解していますが、

乗る頻度が少なくなるなら、国際線のが良いかなぁ~とも思っております。

というわけで、代表的なルートを検証していきます。

 

国内でJGC修行するなら「東京-沖縄」ルート一択のみ。

JGC修行するにあたり、悩むのがルート。

国内線にするか、海外の国際線にするか?

国内線のがFOP換算率が高いということで、真っ先に検討したのですが・・・

 

路線による換算率の違い

  • 日本国内線:2倍
  • 中国・香港・アジア・ オセアニア線:1.5倍
  • 上記以外の国際線:1.0倍

 

ルート検証してFOP単価を算出したところ・・・

意外と国内線のコストパフォーマンスは悪かったです。

 

検証する前は、国内を飛び回れば良いわーとか、楽観的に考えてたんだけど、

国内線で短距離乗ったところで、FOPは全然貯まらないし、

なによりフライト運賃が高い。国内線の料金って高額なんだなって。

 

JAL国内線 最安値でFOP単価を比較(2018年2月)

区間 最安値 換算率 運賃カテゴリー 搭乗ボ FOP片道 FOP単価
羽田→伊丹 7,390円 2.0倍 75%(ウ先得) 無し 420 17.60
羽田→伊丹 12,290円 2.0倍 75%(特便1) 400 820 14.99
福岡→札幌 9,700円 2.0倍 75%(ウ先得) 無し 1,324 7.33
福岡→札幌 17,600円 2.0倍 75%(特便21) 400 1,724 10.21
羽田→那覇 8,990円 2.0倍 75%(ウ先得) 無し 1,476 6.09
羽田→那覇 11,490円 2.0倍 75%(特便21) 400 1,876 6.12
羽田→宮古 20,790円 2.0倍 75%(ウ先得) 無し 1,738 11.96
羽田→宮古 24,790円 2.0倍 75%(特便21) 400 2,138 11.59
羽田→石垣 19,590円 2.0倍 75%(ウ先得) 無し 1,836 10.67
羽田→石垣 23,090円 2.0倍 75%(特便21) 400 2,236 10.33

 

自分が乗るから頑張って、2月の最安値を抽出したつもり。

正月休み明けから2月って、航空券も安い時期だから、ほぼ底値なんじゃないかと。

多少ズレたとしても、けっこー頑張って上記の金額。

早期割引のウルトラ先得(75日前)、特便21(21日前)を活用しても、

FOP単価は予想以上に高くなってしまいました。

 

FOP単価が低くなるのは、国内でも長距離路線の沖縄ルートのみ。

現在、JALでは北海道-沖縄間のフライトが無いので、

距離が長く、コスパが高い(FOP単価が低い)ルートとなると東京⇔沖縄がダントツ。

FOP単価6円台は、やっぱり凄い。

 

羽田→宮古や羽田→石垣は、距離が長いのですが、本数が超少なく、超割高。

福岡→北海道も調べてみましたが、意外と距離が稼げず、やはり路線が少ない。

結果、料金は羽田⇔那覇よりも料金が高くなり、どのルートも使い物にならない。

羽田⇔那覇ルートの繰り返しが最強でした。想像通りですね。

 

ただ、上記はあくまで最安値。閑散期の早朝とか夜間とかの最低料金です。

実際、東京⇔沖縄間でフライトを繰り返すとなると、

最安値で乗り続ける事って全然無理だなーって感じました。

 

「先得」「特便」使っても、混雑時は片道2万円以上になります。

なんだかんだで、FOP単価は1.5倍くらい上がってしまうんじゃないかと。

東京⇔沖縄ルートでは、FOP単価7~9円で見積もった方が良さそう。

実際、私はFOP単価12~13円で乗っちゃってます。※後述します。

 

国内線はJクラスで+10%、ファーストクラスで+50%

更にFOP単価は稼げますが・・・両方とも早々に埋まりがち。

特にファーストクラスは、「先得」では予約不可能ですからね。

 

ちなみに、「先得」は搭乗ボーナス(FLY ON 400ポイント)が付与されないだけど、

結局のところ、FOP単価で考えると「先得」のが安くなりがち。

 

「特便」の片道で400 FLY ONはデカいんだけど、

FOP単価を1ポイント=6~10円と考えても、

片道400ポイントって2400円~4000円くらいの価値しか無いなわけ。

「先得」の方が、4000円以上安い事が多いし、

なにより「先得」のが予定が組みやすいってのが大きい。

 

上述したJクラスは、早い段階で埋まっちゃうし、

「特便」で他の路線と予定を併せようと考えてると、高い航空券を買う羽目にもなりがち。

結局のところ、安い航空券が買えないと意味無いから、

予め確保できるっていう点で「先得」の方が確実なんじゃないかな。

JAL「先得」の攻略方法。ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引A・Bの違い。

 

「特便割引21」と比較する余地を残しておきたいなら、

支払期限が55日前の「スーパー先得」を利用するという方法も有ります。

とりあえず、早い段階では「スーパー先得」を予約だけしておいて、

2カ月前に予約開始となる「特便割引21」とFOP単価を比較、

「スーパー先得」の支払期限の55日前までに、どちらか選ぶって方法です。

JAL「特便割引」と「先得」の違い。メリット・デメリットの比較。

「特便割引21」の予約開始日は、搭乗2か月前の午前9時半

その時に、時間が余裕が有るならって話。面倒ですけどね。

 

海外でJGC修行するなら「アジア」「オセアニア」長距離ルート。

国内線は距離が短い分、FOP換算すると料金も割高となりがち。

だったら、距離が長くて格安な国際線を利用した方が良いんじゃないか?

 

国内線よりも飛行距離が長いから、乗る回数も少なくて済む。

とはいえ、国際線で換算率が高くて運賃が安くて距離が長い路線となると・・・

限られたルートしか有りませんでした。

 

代表的な国だと、アジア(1.5倍)のシンガポールとマレーシア、

オセアニア(1.5倍)のオーストラリアくらいとなります。

 

JGC修行で有名なルート

  • 那覇タッチ(OKAタッチ):2.0倍(国内)
  • シンガポールタッチ(SINタッチ):1.5倍 (アジア)
  • クアラルンプールタッチ(KULタッチ):1.5倍 (アジア)
  • シドニータッチ(SYDタッチ):1.5倍(オセアニア)

 

JAL国際線 最安値でFOP単価を比較(2018年2月)

区間 最安値 換算率 運賃カテゴリー 搭乗ボ FOP片道 FOP単価
東京→シンガポール 23500円 1.5倍 50%(S) 400 2,884 8.15
東京→シンガポール 50500円 1.5倍 70%(M) 400 3,878 13.02
東京→クアランプール 27000円 1.5倍 50%(S) 400 2,904 9.30
東京→クアランプール 54500円 1.5倍 70%(M) 400 3,905 13.96
東京→シドニー 34500円 1.5倍 50%(S) 400 4,047 8.52
東京→シドニー 52500円 1.5倍 70%(M) 400 5,506 9.54
東京→ホノルル 37500円 1.0倍 50%(S) 400 2,316 16.19
東京→グアム 23000円 1.0倍 50%(S) 400 1,181 19.48
東京→バンクーバー 52500円 1.0倍 50%(S) 400 2,741 19.15

※上記の金額には、燃油サーチャージ料金は含まれてません。

 

やはり、シンガポール、シドニーが最有力。

Economy Saver(S)の最安値料金でFOP単価8円台

国内線と比べても、そのコスパの高さは際立ちます。

カナダ、ハワイ、グアムあたりも行ければ楽しいなと比較してみましたが・・・

やはり1.0倍1.5倍では大違い。FOP単価は2倍です。

アジア、オセアニア以外の国では、非常に効率が悪くなりますね。

 

国際線エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス FOP単価の比較。

国内線の場合、運賃カテゴリーのバリエーションは少なく、

「先得」と「特割」くらいを気にしていれば良いのですが・・・

国際線の予約クラスは、運賃により細かく細分化されてます。

 

国際線の場合、座席クラスは4つ(エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、ファースト)ですが、

同じエコノミークラスでも、換算率は30%、50%、70%、100%の4パターン。

支払った金額によって換算率も大きく変わってしまうという。

「航空券をいくらで購入したか?」ってのが、予約クラスのアルファベットで判断されているわけ。

 

運賃カテゴリー(予約クラス)によるマイル加算率の違い

  • ファーストクラス(150%):F、A
  • ビジネスクラス(125%):J、C、D、X
  • ビジネスクラス(70%):I
  • プレミアムエコノミー(100%):W、E
  • エコノミークラス(100%):Y、B
  • エコノミークラス(70%):H、K、M
  • エコノミークラス(50%):L、V、S、O、G、R
  • エコノミークラス(30%):Q、N

予約クラス アルファベットの意味とマイル加算率の違い

  • First Flex:F150%
  • First Basic:A150%
  • Business Flex:J125%
  • Business Semi-Flex:J125%
  • Business Saver:XDC125%
  • Premium Economy Flex:W100%
  • Premium Economy Standard:W100%
  • Premium Economy Saver:E100%
  • Premium Economy Special Saver:E100%
  • Economy Flex:Y100%
  • Economy Standard:BW100%
  • Economy Saver:MKH70%
  • Economy Saver:SVL50%
  • Economy Special Saver:Q30%

 

国際線では、FOP単価が高い航空券を狙うとなると、

運賃クラスも悩みどころ、Economy Saver最安値で50%を狙うか、

高めのEcomony Saverで70%を狙うか、プレミアムエコノミーで100%を狙うか、

なんなら、ちょっとリッチにビジネスクラス125%で行くか?っていう悩み。

 

ただ、予約クラスの相場が全然分からないので、FOP単価も分からない。

というわけで、座席クラスによるFOP単価も抽出してみました。

こちらも2月の最安値を抽出したつもりです。

 

JAL国際線 運賃カテゴリーでFOP単価を比較(シドニー)

区間 最安値 換算率 運賃カテゴリー 搭乗ボ FOP片道 FOP単価
東京→シドニー 34500円 1.5倍 50%(S) 400 4,047 8.52
東京→シドニー 67500円 1.5倍 70%(M) 400 5,506 12.26
東京→シドニー 88500円 1.5倍 100%(E) 400 7,695 11.50
東京→シドニー 145000円 1.5倍 125%(D) 400 9,518 15.23

 

JAL国際線 運賃カテゴリーでFOP単価を比較(シンガポール)

区間 最安値 換算率 運賃カテゴリー 搭乗ボ FOP片道 FOP単価
東京→シンガポール 23500円 1.5倍 50%(S) 400 2,884 8.15
東京→シンガポール 50500円 1.5倍 70%(M) 400 3,878 13.02
東京→シンガポール 49500円 1.5倍 100%(E) 400 5,368 9.22
東京→シンガポール 114500円 1.5倍 125%(D) 400 6,610 17.32

 

JAL国際線 運賃カテゴリーでFOP単価を比較(クアランプール)

区間 最安値 換算率 運賃カテゴリー 搭乗ボ FOP片道 FOP単価
東京→クアランプール 27000円 1.5倍 50%(S) 400 2,904 9.30
東京→クアランプール 54500円 1.5倍 70%(M) 400 3,905 13.96
東京→クアランプール 54000円 1.5倍 100%(E) 400 5,407 9.99
東京→クアランプール 114500円 1.5倍 125%(D) 400 6,659 17.19

※上記の金額には、燃油サーチャージ料金は含まれてません。

 

国際線の場合、別途、燃油サーチャージ料が発生しますが・・・

シドニー、シンガポール、クアランプール、思ったよりも安いですね。

 

同じEconomy Saverでも、様々な予約クラスが有りましたが、

上記のルートでは、一番安い予約クラスS(50%)が、FOP単価も一番安くなりました。

※同じ換算率50%でも、S<V<Lと運賃価格は高くなってました。

 

同じEconomy Saverでも、予約クラスM(70%)となると、運賃は一気に高くなるので、

だったら、プレミアムエコノミーの予約クラスE(100%)で、安いのを狙うのがベター。

最安値にこだわらなければ、断然快適なプレエコを狙った方が良さそう。

海外路線となるとフライト時間も長いし、JGC修行は立て続けに乗るわけですからね。

 

JGC修行 国際線におけるフライト時間の比較

  • 東京→シドニー:9時間45分
  • 東京→シンガポール:7時間40分
  • 東京→クアランプール:7時間45分

 

私が海外ルート(国際線)でJGC修行に決めた理由。

早期割引使って、往復の予約を組み立てるって凄いしんどいです。

上記の料金を調べるだけでも、丸々1日消耗してます。

 

更に、国内線を繰り返し乗る都合、予約の管理も複雑になる。

乗る便が増えれば、判断のポイントが増えるし、

早期割引を使って、なるべく安い組合せを考えるのが面倒だし、そもそも最安値は不可能。

結局のところ、繰り返し乗るには「割高な運賃も利用しないと駄目」っていう結果に陥りました。

 

国際線の場合は、1本が長距離なので、単発最安値が狙いやすいし、

国内線のように早期予約せずとも空いていれば、激安価格で購入可能。

国内線のような早期割引「特便」や「早得」も関係ありませんでした。

例えば、来週HND⇔SINのフライト検索で、

予約クラス「S」の最安値23,500円も出てきました。

事前にプランを考えて、予約しておく必要も無いってのは凄いラク。

 

国際線はFOP換算のルールが複雑そうですが、理解してしまえば特に難しい事は無い。

コスパ高く行くなら「Economy Saver(S)」、

プレエコで快適さも求めるなら「Premium Economy Saver(E)」を狙えば良い。

マイル換算率が不安なら、公式サイトで計算しておけば確実です。

※参考→JALマイレージバンク – JALグループ便ご利用路線のFLY ONポイントを簡単計算!

 

国際線の注意点としては、

Economy Saver、Economy Standard、Premium Economy Saver等の格安航空券の場合、

2日以上の滞在が必須なので、到着してすぐに復路便に乗る事は不可能となってます。

1日以内の滞在で往復チケットを購入しようとすると、

高い航空券(Economy Flexとか)しか出てきませんでした。

※Economy Flexの場合は滞在制限無し。Business Saverの場合は1日以上の滞在。

 

ただ、機内で日をまたいだ場合も1日と換算されるので、

1日だけ空けて復路便を取得すれば良いわけ。

というわけで、やってみます。

 

無理やりOKA-SINタッチに挑戦してみたけども・・・

ホントはシンプルにSINタッチ(羽田⇔シンガポール)をやる予定だったんだけど、

せっかく、ここまで調べたからOKA-SINタッチ(羽田⇔那覇⇔シンガポール)に挑戦。

 

なんで、沖縄スタートにするのかって言ったら、

国際線における国内乗継便は、国際線料金+1万円(往復)という激安価格となる。

しかも、運賃カテゴリー積算率100%なのでFOPも貯まりまくる。

だったら、なるべく距離の遠い沖縄からスタートするって作戦。

片道5,000円で、沖縄⇔東京のFOPマイルも100%貰えるなら最高だよね。

 

沖縄⇔シンガポールへの国際線は、割と安い料金が簡単に見つかりました。

OKA-SINタッチともなると3日間。さすがにエコノミーはキツイので、

プレミアムエコノミーの最安値で片道49,500円(HND⇔SIN)乗継5,000円(OKA⇔HND)

往復109,000円燃油サーチャージ12,670円合計121,670円です。

2018-01-31_18h56_35

 

沖縄⇔シンガポールの国際便は安いのがゴロゴロと見つかったんですが、

スタート地点の沖縄へ行く為の、国内線の料金が安いの見つからない・・・

頑張って安いの探したんだけど、「先得割引タイプA(28日前)」の往復40,680円っていう結果。

2018-01-31_18h53_14

ホントは「特便割引」狙ってたんだけど・・・「先得」との価格差すげー有ったから。

なかなか上手い具合に組合せが見つかんないという。

最終的に、国内線(羽田⇔沖縄)のFOP単価が凄い悪くなってしまいました。

予定決めたの1カ月前だから・・・仕方ない。

まぁ、特便はやっぱり高かったし、先得はツアープレミアム対象だからOK。

JAL「特便割引」と「先得」の違い。メリット・デメリットの比較。

 

FOPが貰えない分を、ツアープレミアムのマイルで補えればオッケー。

貯めたJALマイルは、修行後に1マイル≒4円以上で消化してやる。

JALマイルの価値と特典航空券。ANAマイルと比較して気付いた違い。

 

OKA-SINタッチで獲得予定のFLY ONポイント

区間 料金 換算率 運賃カテゴリー 搭乗ボ FOP合計 FOP単価
HND→OKA 20,690円 2.0倍(国内) 85%(先得+クラスJ) 無し 1,672 12.37
OKA→HND 5,000円 2.0倍(国内) 100%(国内乗継) 400 2,368 2.11
HND→SIN 55,835円 1.5倍(アジア) 100%(E) 400 5,368 10.40
SIN→HND 55,835円 1.5倍(アジア) 100%(E) 400 5,368 10.40
HND→OKA 5,000円 2.0倍(国内) 100%(国内乗継) 400 2,368 2.11
OKA→HND 19,990円 2.0倍(国内) 75%(先得) 無し 1,476 13.54

 

トータルで考えると合計162350円で、FOPが18620ポイント

全部をひっくるめてFOP単価を算出すると、1ポイント8.72円という感じ。

FOP8円台なら・・・まぁ、及第点なんじゃないかな。

 

OKA-SINタッチなんて言いますが・・・

私みたいに勢いで国内線をくっつけると、HND-OKAが高くなっちゃうんだね。

国際線に比べて、マジで安いフライト全然見つからないから。

 

せっかくここまで調べたんで、無理やり購入しましたけど。

なんだかんだで高い航空券を買う羽目になっちゃってんのーん。

単純にSINタッチでも良かったんじゃないかなっていう。

帰国後に沖縄往復って・・・たぶんけっこー辛いから。

 

まぁ、今回でJGC修行の約半分は獲得できるから、結果オーライ。

JALカードの初回搭乗で+5000 FLY ONポイントと合わせて23620ポイント獲得

カード会員ってだけで5000FOPってデカいから。マジで「JALカード」必須だね。

JGC修行(JAL上級会員)にJALカードが必要な理由。

 

国内線を安くってんなら「先得」も欠かせないです。

JALカード会員なら、優先して先得予約もできるので、

FOPが多く貰えるJクラス(+10%)も獲りやすくなりますから。

JAL「先得」の攻略方法。ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引A・Bの違い。

 

年内は、残り26380ポイント

次回は、余裕を持ってプラン考えたいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です