JAL「先得」の攻略方法。ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引A・Bの違い。

JAL先得攻略

JALの航空券は、早く購入する事で割引が効きます。

中でも「先得」の割引率は高いのですが・・・

その分競争率も高く、利用する上での注意点もありました。

 

JGC修行するにも「先得」は欠かせない。

ANAでいう「特割」「旅割」みたいなやつ。知っておきましょう。

先得の種類は4種類。ウルトラ先得、スーパー先得の違い。

早く航空券を予約する事により割引が効くJALの「先得」。

予約する日が早ければ早いほど割引率が高くなり、割引率は80%以上にも及びます。

ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引タイプB、先得割引タイプA・・・

 

先得には4種類ほど有り、名称も異なりますが、

予約する日によって、呼び名がが違うだけです。

 

JALの早割運賃「先得」4つの種類

  • ウルトラ先得:75日前までの予約
  • スーパー先得:55日前までの予約
  • 先得割引タイプB:45日前までの予約
  • 先得割引タイプA:28日前までの予約

先得の割引率の違い。どれくらい安くなるのか?

予約する日が早ければ、割引率も高くなるので、

スーパー先得よりも、ウルトラ先得が安い。

実際、どれくらい安くなるのか?調べてみます。

 

JALで「東京(羽田)→大阪(伊丹)」間の普通運賃料金は25,490円

KS003769

スーパー先得、ウルトラ先得を利用して、適当に探してみると・・・

先得割引で9,790円、スーパー先得で9,290円、ウルトラ先得で8,790円となりました。

KS003772

25,490円→8,790円で約65%OFFの価格ですね。

同じ日でも、人気の無い時間帯ほど安くなってます。

 

ただ、先得の割引率は一律ではなく、日や時間帯によって異なるという事。

夏休みとか春休みとか、繁忙期だと同じ先得でも料金は高くなります

KS003771

繁忙期は、同じ「東京(羽田)→大阪(伊丹)」間のウルトラ先得でも11,090円~ってなりました。

 

また、区間により割引率も異なり、長距離運航の高額便ほど割安感が有ります。

「東京(羽田)→沖縄(那覇)」間の普通運賃料金は46,090円だけど・・・

先得なら9,890円、スーパー先得なら8,990円と大分安くなりました。

KS003773

46,090円→8,990円なら約80%OFFの価格。

先得の販売座席数には限りが有る。繁忙期は早く埋まる。

先得で販売される座席数は公開されていないのですが、少ないのは間違い無い。

人気のシーズンほど早いタイミングで残席なしとなってしまいます。

 

販売座席数に限りがございます。また、便によっては設定がない場合がございます。

 

人気のシーズン&人気の時間帯だと、先得キャンペーン開始とともに即予約不可能。

割引率の高い、ウルトラ先得が一番早く埋まりがちです。

KS003774

 

 

逆に、早朝便とか、平日の日中とかは割と空いてます。

オフシーズンの閑散期だと、先得の時点で割引率も高いので・・・

スーパー先得も、ウルトラ先得も大して料金変わらないんだね。

KS003776

先得の発売日。いつから予約できるのか?

先得で人気の座席は即埋まるので、

いつから先得予約ができるのか?ってのは重要。

 

毎年1月に、3月末~10月末分まで。

毎年8月に、10月末~3月末分まで。

年2回に分けて、半年分の先得チケットが販売開始となってます。

年度 予約開始日 設定期間(ご搭乗分)
2015 1月29日(木) 午前9:30~ 2015年3月29日(日)~10月24日(土)
※ウルトラ先得は4月14日(火)~
8月25日(火) 午前9:30~ 2015年10月25日(日)~2016年3月26日(土)
※ウルトラ先得は11月8日(日)~
2016 1月27日(水) 午前9:30~ 2016年3月27日(日)~10月29日(土)
※ウルトラ先得は4月11日(月)~
8月30日(火) 午前9:30~ 2016年10月30日~2017年3月25日
※ウルトラ先得は11月13日(日)~
2017 1月26日(木) 午前9:30~ 2017年3月27日(日)~2017年10月29日(土)
※ウルトラ先得は4月11日(火)~
8月29日(火) 午前9:30~ 2017年10月29日(日)~2018年3月24日(土)
※ウルトラ先得は11月12日(日)~
2018 1月25日(木) 午前9:30~ 2018年3月25日(日)~2018年10月27日(土)
※ウルトラ先得は4月10日(火)~
8月28日(火) 午前9:30~ 2018年10月28日(日)~2019年3月30日(土)
※ウルトラ先得は11月11日(日)~

 

1月末と8月末には、JALの「先得」争奪戦が始まるのですが、

ANAの「旅割」「特割」も同じ時期に被せて来るので・・・

両方狙いたい私は、毎度困っちゃうっていう。

JALカード会員&上級会員には先行予約特典が有る。

先得は、JAL会員が優遇され、販売開始日が異なり、

会員ステータスによって、更に販売時刻も異なります。

 

JGC会員とFLY ONステイタス会員は、2日前の午前11時から販売開始、

JALカード会員は、2日前の午後2時から販売開始、

JALマイレージバンク会員は前日の午前11時から販売開始となってます。

 

JAL先得の販売開始時刻(2017年8月度)

  • JGC会員、FLY ONステイタス会員:8月27日 11:00~
  • JALカード会員:8月27日 14:00~
  • JMB会員:8月28日 11:00~
  • 一般販売(JMB非会員):8月29日 9:30~

JAL先得の販売開始時刻(2018年1月度)

  • JGC会員、FLY ONステイタス会員:1月23日 11:00~
  • JALカード会員:1月23日 14:00~
  • JMB会員:1月24日 11:00~
  • 一般販売(JMB非会員):1月25日 9:30~

JAL先得の販売開始時刻(2018年8月度)

  • JGC会員、FLY ONステイタス会員:8月26日 11:00~
  • JALカード会員:8月26日 14:00~
  • JMB会員:8月27日 11:00~
  • 一般販売(JMB非会員):8月28日 9:30~

 

2日前に購入できるJALカード会員とステイタス会員が、断然有利なワケ。

FLY ONステイタス会員ってのは、JMBクリスタル以上なので、

前年のFLY ON 30,000ポイント以上の方々・・・

 

JAL便をそんなに乗らない人は、JALカード会員が手っ取り早い。

ステイタス会員同様2日前から購入可能で、その差もたった3時間

JALカードって年会費2000円で発行できるので、先得の為に発行するのも悪くないかと。

JALカードの券種(グレード)による特典の違い。普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールド、プラチナの比較。

 

ちなみに、申し込んで、すぐに先得に参加できるわけではありません。

JALカードを発行するには約3~4週間かかりますので・・・

JALカードの種類による審査難易度の違い。審査の流れとカード到着までの期間。

 

次回の先得キャンペーンに向けて、今のうちに申し込んでおくのも手です。

先得のデメリット。利用する際の注意点。

先得は非常に格安にJALの航空券が購入できますが、

安い故のデメリットも存在します。

 

クラスJは、ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引タイプBで予約不可能。

2018年3月24日以降、ウルトラ先得、スーパー先得、先得割引タイプBでは、

クラスJの予約が不可能となりました。

先得でクラスJが予約できるのは、先得割引タイプA(28日前)のみとなります。

クラスJが予約できる運賃

  • 大人普通運賃
  • 小児普通運賃
  • 往復割引
  • 身体障がい者割引
  • JALビジネスきっぷ
  • eビジネス6
  • 特便割引1・3・7・21
  • 先得割引タイプA
  • 株主割引
  • おともdeマイル割引
  • 介護帰省割引
  • 特別乗継割引
  • 乗継割引7・28
  • 離島割引

ご利用に関するご案内(クラス J) – JAL国内線

 

+1000円で、+10%FOPは非常に魅力だったんですけど・・・残念!

特便割引では、引き続きクラスJが予約できるので、

JGC修行でFOP単価を求めるなら、「特便割引21」を狙う感じでしょうか。

特便割引なら400FOPボーナスも貰えますからね。

JAL「特便割引」と「先得」の違い。メリット・デメリットの比較。

 

ちなみに、FOP換算率150%のファーストクラスも「特便割引」なら予約可能

まぁ、ただファーストクラスは路線も本数も少ないので、

特便割引開始の時点で、埋まってる可能性のが高いですけど。

 

特便割引でも先得でも、当日アップグレードは早い者勝ちとなってますので、

クラスJ、ファーストクラスを狙うなら、

ウルトラ先得で安く買って、当日アップグレードがコスパ最高になるんじゃないかと。

JAL国内線の当日アップグレード方法&クラスJ攻略方法。

 

JGC修行者注意。マイル積算率75%、FLY ONボーナスも貰えない。

先得は割引航空券ということで、積算マイル&FLY ONポイント付与率が変わり、

先得運賃の獲得マイルは区間マイル×75%と、普通運賃と比べると25%低くなる

 

マイルを貯めるだけなら、「JAL カードツアープレミアム加入」で、

マイナス25%分をボーナスマイルで補填する事も可能ですが、

フライトマイルを元に換算される「FLY ONポイント」は75%のままとなります。

JALカード会員限定の特典で、JALカード ツアープレミアム(年会費2000円+税)が有ります。

年間2000円+税を払うだけで、区間マイルの100%マイルが貯まる。

ただ、ツアープレミアムで付与される部分は、ボーナスマイルとなる為、

FLY ONポイントは対象外となります。

JGC修行(JAL上級会員)にJALカードが必要な理由。 

 

また、近年継続中の「FLY ON ポイントプレゼントキャンペーン」にも、

「先得」は対象外となってるので、先得で搭乗してもFLY ON 400ポイント貰えません。

JGC修行中の私には、ちょっと痛い。

特便割引の場合は、FLY ONボーナスが貰えるんだけどね・・・

JAL「特便割引」と「先得」の違い。メリット・デメリットの比較。 

 

ちなみに、先得でクラスJに搭乗した場合も、

区間マイルの積算率+10%となるので、クラスJ先得のマイル積算率は85%となります。

FLY ON ポイント狙いなら、クラスJが良さそうですね。

 

マイル積算率 ≒ FLY ON ポイント積算率

  • 普通運賃:区間マイル×100%
  • 先得運賃:区間マイル×75%
  • クラスJ:区間マイル積算率+10%

 

先得は予約変更不可能。キャンセル手数料(取消手数料)が高額。

先得の最大のデメリットは、購入後の予約変更が不可能であり、

キャンセル料も非常に高いという事。

航空券1枚につき430円の払い戻し手数料が発生し、

購入料金50%相当額の取消手数料も発生します。

 

先得をキャンセルした場合の手数料

  • 払い戻し手数料:航空券1枚(1区間)につき430円
  • 取消手数料:運賃の50%相当

 

早く購入しても、予定が駄目になったらアウト。

1カ月以上先の予約・・・確実な予定でなければ使えないって事です。

先得まとめ

より早く予約する事により、割引率が高くなる「先得」。

最大80%以上の割引率となりますが、

運賃50%相当のキャンセル手数料も痛いです。

予約が一切の変更が効かないとなると、そのリスクも考えておいた方が良い。

 

だからこその割引率、リスクが有るからこそ得します。

使える人は、上手いこと活用していきましょう。

「先得」使うなら、JALカードは確実に有った方が良いです。

先得の割引率なら、カード年会費の元も簡単に獲れますし、

搭乗マイルボーナスを考えたら、絶対持ってた方が得。

普通カードの初回搭乗ボーナスだけで1000マイルも貰えますから。

JALカードの券種(グレード)による特典の違い。普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールド、プラチナの比較。

 

もし、貴方が学生なら、年会費無料の「JALカード navi」も発行可能です!

学生なら悩む余地なしにオススメします。

航空会社クレジットカードの中でもダントツのスペックですから。

学生専用「JALカード navi」は特典まみれ。コスパ最強クレジットカード。

 

JGC修行で格安ルートを利用する際にも「先得」は欠かせません。

コスパという面でも国内線のJクラスは有利。

快適なだけじゃなく、FOP単価も下げられます。

2018年JAL JGC修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

 

安く買うという事だけでなく、マイルの価値を高めるという面でもJALカードは必須。

JALはANAとは違い、特典航空券のマイル利用時にも「JALカード割引」が有ります。

JALマイルの価値と特典航空券。ANAマイルと比較して気付いた違い。

 

JALの早期割引料金には、「先得」以外にも「特便割引」が有るので、

生活スタイルに合わせて、使い分けるのも手かと。

JAL「特便割引」と「先得」の違い。メリット・デメリットの比較。

「特便割引」なら、換算率150%のファーストクラスも予約できるし、

FLY ONボーナス400ポイントも貰えますから。

 

まぁ、基本的には割引率が高い「先得」の方が得なんで、

難しく考えてしまうなら、「先得」を頑張るだけで良いんじゃないかな。

なんにせよ「先得」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です