子連れ家族5人のディズニー旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント。

ディズニー旅行の予算と費用

私は関東圏在住、ディズニーリゾートは日帰りでも行けますが、

日帰りで無理するよりも、宿泊して満喫した方が色々と節約もできる。

ディズニーホテルは、意外と格安な部屋も多く、

宿泊者限定の優待特典も多いですからね。

 

ただ、ディズニーホテルの宿泊者特典は諸刃の剣。

活用しようとすると、どんどんお金を使うディズニー沼。

計算してみたら、意外と出費していましたので・・・

我が家の記録を残しておきます。

ディズニー旅行で発生した費用と内訳

我が家の家族構成は、大人2名子供3名5人家族

子供が小学生となった今、旅行に行けるのは混雑する繁忙期ばかり。

毎度旅行となると大金が必要となり、

宿泊旅行となるだけで、数十万円となる場合も多いです。

 

ディズニーリゾートも例外ではなく、

5人で宿泊するとなると、約15~20万円くらいぶっ飛びます。

 

まぁ、ディズニー入園料の時点で高いから、

泊まる泊まらないに限らず、

ディズニーは1日10万円くらい出費しちゃうんだけどね。

3月末(春休み)のディズニー旅行費用

長女の卒園祝いに、家族で初めてディズニーホテルに宿泊しました。

1年間で一番混むという季節、3月末に1泊2日のミラコスタ。

ホントは格安なセレブレーションホテルに泊まる予定だったんだけど・・・

大人気「ポルト・パラディーゾ・サイド」の部屋で空室見つけたので、急遽ミラコスタに宿泊しました。

DSC08205

ディズニー旅行費用(3月)

利用先 金額
宿泊費 ホテルミラコスタ
(ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム ハーバービュー)
¥95,300
入園料 2デーパスポート
(大人2人、子供2人)
¥43,600
交通費 JR(新幹線&電車) ¥10,100
タクシー(自宅⇔駅) ¥2,540
ディズニーリゾートライン
(2 DAY PASS、大人2名)
無料
(宿泊特典)
飲食費 ホライズンベイ・レストラン
(ディズニーキャラクターダイニング)
¥9,500
イーストサイド・カフェ ¥7,940
ポリネシアンテラスレストラン
(ミッキーのレインボー・ルアウ S席)
¥17,080
マンマビスコッティーズベーカリー(パン) ¥2,950
ポップコーンダッフィー(ミルクチョコ) ¥2,500
ポップコーンリフィル(キャラメル) ¥520
ミッキーピザ ¥500
フレンチフライドポテト ¥220
スモーキーターキーレッグ ¥700
ホットココア ¥320
ペットボトル 210円×2本 ¥420
ローソン(飲み物&お菓子) ¥610
宅配便 東北関東中部100サイズ 1130円×2 ¥2,260
宅配BOX(ダンボール Mサイズ) ¥400
配送手数料 300円×2 ¥600
お土産 カチューシャ×2 ¥2,650
ブランケット ¥4,200
ガチャガチャ(カプセルトイ)×2回 ¥800
キーチェーン ¥890
ヒカルペンダント ¥1,500
パスケース ¥1,800
ハンドパペット ¥2,570
ミッキー写真代 ¥1,540
友人、職場へのお土産 ¥15,160
合計 ¥229,170

※2017年3月時点での料金です

 

繁忙期のミラコスタに泊まってしまったので、宿泊料金だけで95,300円

我が家の歴史の中で、最上級に高い部屋となりました。

まぁ、客室の特等席からショーも見れたので、

ショー観覧代と思えば悪くない・・・と思うしかない。

スゲー良い部屋だったのは、間違いないです。

ディズニーホテル「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」宿泊レビュー

 

子供も小学生に上がる前だったので、新幹線で行きました。

小学生未満はJR料金は無料、新幹線の自由席も無料だし、

ミラコスタ宿泊者は、初日から15分前入場可能ですからね。

 

ただ、お土産代は誤算。

お土産の荷物が増えるのも想定外であり、

お土産代、宅配便料金と思ったより高くついてしまいました。

12月末(冬休み)のディズニー旅行費用

ミラコスタに気を良くした、私と妻。

子供のクリスマスプレゼントという建前で、

今度は、ディズニーランドホテルに宿泊してみました。

DSC04587

ディズニー旅行費用(12月)

利用先 金額
宿泊費 東京ディズニーランドホテル
(ディズニーティンカーベルルーム)
¥80,000
入園料 2デーパスポート
(大人2人、子供2人)
¥43,600
交通費 高速料金 ¥5,210
駐車場(ランドホテル) ¥2,000
ディズニーリゾートライン
(2 DAY PASS、大人2名、子供1名)
無料
(宿泊特典)
飲食費 ホライズンベイ・レストラン
(ディズニーキャラクターダイニング)
¥9,500
ザ・ダイヤモンドホースシュー
(ホースシュー・ラウンドアップ S席)
¥14,400
ポップコーンリフィル(ミルクチョコ) ¥520
ポップコーンリフィル(キャラメル) ¥520
トゥモローランド・テラス
(コーンスープ、フライポ、ナゲット)
¥1,150
トゥモローランド・テラス
(チュロス)
¥1,090
ワッフルカンパニー
(ワッフル、ドリンク)
¥2,240
Looking Glass Gift
(コンビニ朝食)
¥1,894
Looking Glass Gift
(ペットボトル、お菓子)
¥1,288
セブンイレブン
(菓子パン、往路朝食)
¥248
スシロー(帰路夕食) ¥2,656
お土産 スニーカー ¥3,600
ブランケット×2 ¥8,400
ランタン×2 ¥3,300
カチューシャ ¥1,600
ニットキャップ ¥2,800
グッズ・プレオーダーサービス
(友人用、オンライン購入→自宅配送)
¥7,900
合計 ¥193,916

※2017年12月時点での料金です

 

ミラコスタに比べれば、宿泊料が安くなりましたが、

繁忙期のディズニーランドホテルも高額。ギリ20万円未満。

ただ、ランドホテルには、弁当の売っているコンビニも入っているので、

食費は無理なく抑えられました。

子連れに24時間営業のコンビニは、ホント助かる。

ミラコスタほどではないけど、パークに近いのも良かったです。

ディズニーホテル「東京ディズニーランドホテル」宿泊レビュー

 

ディズニーホテルまでは、車で行ったので、

交通費も微妙に安くなり、荷物の配送料金も無くなりました。

バラマキ用のお土産は、宿泊者特典のグッズ・プレオーダーサービスも活用。

当日お土産を買う手間が無いってのは良かったです。

交通費:新幹線 or 車

私は、神奈川県に住んでいるので、

電車(新幹線)、自動車の両方で行けますが、

どちらか選べというなら、新幹線の方が良いです。

 

小さい子供連れという事で、周りの家族も車で行くのですが、

新幹線って、めっちゃ早いし、意外と座れるんだよね。

きつかったのは東京→舞浜間の電車くらい。

あの東京からのディズニーラッシュ、

満員電車さえ我慢できればといった感じでした。

 

未就学の子供は電車料金無料だし、新幹線も自由席なら無料

新幹線のおかげで、あっという間に着くし、

夕方の時間帯では、東京から名古屋方面の新幹線(各停)も空いてます。

新幹線の自由席って、乗る時間、乗る列車も決まってないのも良いところ。

事前に特急券を買っておいて、適当に新幹線を利用すれば良い。

 

我が家は、夫婦揃って車運転したくないってのもあるけど、

疲れた体での運転、車での事故リスクを考えたら、新幹線のが気持ちもラク。

早朝の首都高は、トラックだらけでスッゲー神経消耗したし、

帰りも、オレ一人だけ運転で頑張るとかも嫌だから。

 

ただ、荷物を運ぶとなると、やっぱり車はラク。

ベビーカーやスーツケース、お土産を運ぶ手間を考えたら車の方が良い。

荷物さえなければ・・・というわけで、私はホテルから配送しましたけど。

宿泊費:ディズニーホテル一択

私が利用するのは繁忙期。

ホテルの宿泊料金も高くなりますが、

ディズニーホテルは、1室単位の料金なので、

家族の多い我が家には、意外と格安に感じました。

 

ミラコスタでも安い部屋なら1室49,600円~という価格帯。

バリュータイプのセレブレーションホテルなんて、

大人4名、添い寝2名可能で1室17,600円~宿泊できてしまいます。

5人で宿泊すれば、一人5,000円未満ってわけ。

 

ただ、奮発すればキリがないのは事実。

例えば、私が宿泊したミラコスタの部屋は、

「ポルト・パラディーゾ・サイド」のスーペリアルーム(ハーバービュー)。

眺望も良く部屋故に1室76,700円~

繁忙期という事で1室95,300円での宿泊となりました。

 

それでも、ディズニーホテルに泊まるべき理由。

それは、ディズニーホテル宿泊者限定の特典が多いから。

ディズニーホテルの宿泊者特典

ディズニーはお金を払えば、より楽しむことができる。

特にそれを感じたのが、宿泊者特典です。

ディズニーホテルに宿泊者は、色々と優遇されるわけ。

提携ホテルには無い特典だらけです。

ディズニーホテル宿泊者特典

  • 混雑時の入園保証
  • ハッピー15エントリー(15分前入園)
  • 2デーパスポートスペシャル
  • ホテル内ショップでゆっくりショッピング
  • グッズ・プレオーダーサービス ※2019年9月終了
  • シャトルバス or モノレールが無料
  • プリチェックイン(チェックイン時刻前手続き)
  • レストランの優先予約(トラベルバッグ)
  • 舞浜駅前での荷預り ※セレブレ―ションホテルは有料
  • パーク内ショップ購入品をホテル届け ※セレブレ―ションホテルは除く
  • 宿泊者のみ購入可能な限定グッズ ※セレブレ―ションホテルは除く

「ハッピー15エントリー」は有名な特典。

ディズニーは午前中勝負、15分早く入園できるだけで、

発券できるファストパス枚数も、大きく変わってくるからね。

 

ホテルミラコスタとアンバサダーホテルなら、

初日もディズニーシーに限り15分前入場可能です。

ハッピー15エントリー対象パーク

チェックイン
当日
滞在
2日目以降
東京ディズニー
ランドホテル
利用不可 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー
ディズニー
アンバサダーホテル
東京ディズニーシー 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー
東京ディズニーシー・
ホテルミラコスタ
東京ディズニーシー 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー
東京ディズニー
セレブレーションホテル
利用不可 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー

 

他にも、お土産をホテルまで運んでくれたり、

ホテル内でお土産も購入できたり、

事前にお土産を購入して、自宅まで配送してくれるのも超便利。

バラマキ用のお土産って、だいたい買うものも決まってるし。

 

また、素晴らしいのが、レストランも優先的に予約できるという事。

事前受付(プライオリティ・シーティング)が必須のレストラン。

一般予約の場合、どのレストランも満席だらけなのに・・・

宿泊者になるだけで、ほとんどのレストランが予約可能となりました。

1カ月前のオンライン予約受付開始と同時に、頑張らなくても良いわけ。

 

宿泊予約特典レストラン

  • イーストサイドカフェ(東京ディズニーランド)
  • れすとらん北斎(東京ディズニーランド)
  • ブルーバイユー・レストラン(東京ディズニーランド)
  • クリスタルパレス・レストラン(東京ディズニーランド)
  • リストランテ・ディ・カナレット(東京ディズニーシー)
  • レストラン櫻(東京ディズニーシー)
  • マゼランズ(東京ディズニーシー)
  • S.S.コロンビア・ダイニングルーム(東京ディズニーシー)
  • エンパイア・グリル(ディズニーアンバサダーホテル)
  • オチェーアノ(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • シルクロードガーデン(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • ベッラヴィスタ・ラウンジ(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • シャーウッドガーデン・レストラン(東京ディズニーランドホテル)
  • カンナ(東京ディズニーランドホテル)

宿泊予約特典キャラクターレストラン

  • ホライズンベイ・レストラン ディズニーキャラクターダイニング(東京ディズニーシー)
  • シェフ・ミッキー(ディズニーアンバサダーホテル)

宿泊予約特典ショーレストラン

  • ポリネシアンテラス・レストラン(東京ディズニーランド)
  • ザ・ダイヤモンドホースシュー(東京ディズニーランド)

 

混雑していても人気レストランが予約できる。

特に、キャラクターに会えるレストランや、

ショーレストランは超人気ですからね。

 

私は激混み3月で、利用1週間前にレストラン予約したのですが、

超人気のディズニーシーの「ホライズンベイ・レストラン ディズニーキャラクターダイニング」も予約できたし、

ディズニーランドの「ポリネシアンテラス・レストラン」も、最前列で予約が取れました。

「シェフ・ミッキー」も、余裕アリアリで予約がとれる感じ。

 

繁忙期は飲食店も行列なので、レストラン予約は必須。

予約したからと行って、料金も変わらないし、

ディズニーでは、レストラン予約のキャンセル料(取消料)は無料です。

 

ただ、ショーレストランのみ、

利用日の前日21:00以降は、取消料が全額発生します。

逆を言えば、前日の20時59分までならキャンセルは無料ってこと。

取消料が発生するレストラン

  • ザ・ダイヤモンドホースシュー(ディズニーランド)
  • ポリネシアンテラス・レストラン(ディズニーランド)

園内のレストラン(シェフミッキーを含む)の予約開始は、1ヶ月前の10時から。

ディズニーホテル内のレストランは、6ヶ月前の10時から。

私は、予約開始と同時に、可能な限りレストランも押さえてまっす。

入園料:2デーパスポート一択

私はファストパスを取る派の人間なので、

有料オプション(プラン)には、お金は使いません。

1泊2日なので2デーパスのみの出費となります。

バケーションパッケージの必要性

ホテル宿泊とプランがセットになった、

「ディズニーバケーションパッケージ」も有りますが、

これはケッコー高額なんで、私は不要だと思っています。

 

ファストパスチケットや、ショー、レストラン、入園チケット、

グッズ引換券等々で・・・一人あたり39,800円~の料金

ホテル宿泊料金なんて、安いくらいのアップグレード金額。

 

入園チケットや特典を差し引いて考えると、

ファストパス1枚2,000~3,000円といった価値になる感じ。

これが人数分必要となるのですから・・・

節約するなら、頑張ってファストパス攻略した方が良いわけ。

 

小さい子供が居る場合、乗れるアトラクションも限られてくるので、

ホテル特典の15分前入園を上手く利用すれば、

混んでいても一通りのアトラクションに乗れます。

 

ファストパス対応のアトラクションってなると、更に少ないわけで。

まぁ、ショーを確実に観るなら必須ですけど・・・

その分、レストラン予約の費用に使った方が良いなと思った次第です。

2デーパスポートスペシャルの必要性

ディズニーホテルの宿泊者特典として購入可能な「2デーパスポートスペシャル」。

普通の入園チケットとは違い、2パークを行き来できるチケットなのですが・・・

こちらも家族で行くなら要らないと思いました。

 

宿泊者特典と言いつつ、通常チケットよりも割高だし、

正直、行き来できるほど、2つのパークは近く無い。

隣同士といえど、入り口は反対側だし、園内は超広い。

2日滞在するなら、2日間別々のパークを巡った方が効率も良い。

ホテルの中も楽しみたいですからね。

 

当日、私は悩んで格安な2デーパスポートにしたのですが、

後で差額分を支払って、スペシャルチケットへの変更も可能と言われました。

じゃあ、とりあえず2デーパスポートで良いじゃん。

IMG_2806

よーく考えたら大人1人1,600円も違うわけで、

家族4人分のチケットで合計5,000円超えの差額となります。

 

2デーパークチケットの料金

  • 2デーパスポート:大人13200円、中人11600円、小人8600円
  • 2デーパスポート・スペシャル:大人14800円、中人12800円、小人9600円

我が家(大人2人、小人2人)の合計金額

  • 2デーパスポート:13,200円×2 + 8,600円×2=43,600円
  • 2デーパスポート・スペシャル:14,800円×2 + 9,600円×2=48,800円

 

なんか既に、金銭感覚麻痺しているというディズニーマジック。

家族だと差額も馬鹿にならないし。

実際、2パークを行き来する余裕も全然有りませんでしたから。

飲食費:軽食 or レストラン

ホテルの宿泊予約特典で、

普段は予約できないレストランも予約可能となるわけで、

ちょっと奮発してでもレストランは予約した方が良い。

子連れなら尚更、繁忙期も並ばず超快適に過ごせますから。

 

贅沢にレストランを使っても、家族5人で1日2万円くらいの飲食費。

ゆったりと座れるし、キャラクターにも会えるなら全然有り。

むしろファーストフード的な食事の方が、割高に感じました。

行列に並んで買った「スモークターキーレッグ」は、1本800円もしたからね。

DSC04364 (2)

これ、そんなに旨い?ってのが正直な感想です。

 

繁忙期だと、屋台店舗もスッゲー並んじゃう。

ワッフル、チュロス、ポップコーン、浮き輪まん・・・

園内の食事は高いってのもあるけど、意外と飽きるので、

ホテルでは、コンビニ飯が最強だとも思ってます。

ミラコスタ以外なら、弁当やおにぎりの生鮮食品も売ってますから。

ホライズンベイ・レストラン

ディズニーホテルに泊まるなら、絶対に予約したいのが、

ディズニーシーの「ホライズンベイ・レストラン ディズニーキャラクターダイニング」。

ミッキー、ミニー、プルートと人気キャラクターと触れ合えまくるし、

スタッフが写真も沢山撮ってくれるので、スッゲー良い。

 

出てくる食事もしっかり美味しく、十分な量。

ショーレストランに比べても、だいぶ格安であり、

大人3,020円×2、小人1,730円×2 → 合計9,500円で済みましたから。

人気の理由も納得。

 

料理は、メインを一つ選んで、

スープ・サラダ・デザートから2つを選ぶ仕組み。

パン or ライス、ドリンクも選べます。

DSC04036

シーフードコンビネーションとサラダとドーナツ。

DSC04058

ビーフシチューとチョコレートケーキに野菜スープ。

DSC08083

サーモングリルとチョコレートケーキに野菜スープ。

DSC04584

 

お子様プレートは、メインが決まっているので、サイドメニューのみ選択。

デザートだけ2個とかも選べます。

DSC08088

お子様セットの量も多いので、大人は子供の分まで食べるハメに。

スッゲー腹一杯になります。

ポリネシアンテラス・レストラン

ショーレストランは、ディズニーランドの2箇所のみ。

その一つが「ポリネシアンテラスレストラン」。

私は、ディナータイムの「ミッキーのレインボー・ルアウ」を予約しました。

ポリネシアンテラス・レストラン

  • ランチショー:リロのルアウ&ファン
  • ディナーショー:ミッキーのレインボー・ルアウ

 

ディナーS席は、大人1名4,940円。子供1名3,600円

我が家は、大人4940円×2、子供3600円×2 → 合計17,080円

レストランよりは高いですが、その分料理も洒落てました。

DSC05049

メインはローストポーク。バターライスも添えられて、見た目以上にボリュームがある。

DSC05260

デザートはオレンジのゼリー。

DSC05272

前菜も出てきます。

DSC08634

お子様メニュー。ミッキーが至るところに。

DSC08697

デザートもミッキーのゼリー。

DSC05275 (1)

料理は美味しいのですが、ショーが凄いので食べる暇なしな感じでした。

ショーを含め60分(上演時間 約45分)という時間制限。

キャラクター達も席まで来てくれてチョー楽しいから、食べるには厳しいなと。

特に、子供・・・全然食べないし、親も食べきれず残してしまいまいた。ゴメンナサイ。

ザ・ダイヤモンドホースシュー

もう一つのショーレストラン「ザ・ダイヤモンドホースシュー」。

こちらはランチの「ホースシュー・ラウンドアップ」を利用しました。

ザ・ダイヤモンドホースシュー

  • ランチショー:ホースシュー・ラウンドアップ
  • ディナーショー:ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ“ミッキー&カンパニー”

ランチS席は、大人1名4,110円。子供1名3,090円

我が家は、大人4,110円×2、子供3,090円×2 → 合計14,400円

ディナーよりは安いですが、やっぱりまぁまぁの値段です。

 

前菜のコールスローとパン。パンはおかわり自由です。

DSC04072

メインのスモークチキンレッグ、ポークブリトー、海老グリル、ラタトゥイユ・・・

なかなかのボリュームです。

DSC04108

 

お子様メニューは、ハンバーグ、骨付きソーセージ、サーモングリル、

ハッシュドポテト、ミッキー型の焼きおにぎり、ゼリー、コーンスープ・・・

DSC04101

こちらも60分の間に、ショーと料理を楽しむハードスケジュール。

 

ホースシュー・ラウンドアップは、参加型のショーだったので、

私も前に駆り出されたりと、良い体験はできましたけど。

 

いずれも、ショーの鑑賞料金と割り切れば、悪くない値段。

もぅちょっと食事の時間が長いと最高なんですけどね・・・

イーストサイド・カフェ

ディズニー園内のレストランの料金は、

割高なイメージが有ったのですが・・・

料理はファミレスメニューとは違い、

レストラン内もゆったり静かで、サービスも良かったです。

雰囲気も素晴らしいから、想像以上に満足でした。

 

ディズニーランドの「イーストサイド・カフェ」。

大人は2,480円のパスタコース。パンと前菜とデザートが付いており、

パスタ、前菜、デザートは、好きなものを選べます。

DSC08450

エビのパスタ。下手なレストランよりも美味しい。

DSC08464

特にニョッキは美味でした。

DSC08470

デザートも美味しい。ここまで出るとお腹も満腹。

DSC04919

 

お子様プレートは1,490円

いろんなところキャラクターも隠れてます。

DSC08456

大人2480円×2、子供1490円×2の合計7,940円

子供は半分寝てたんで、またしても親が食べまくるハメに。

 

まぁ、この価格で小一時間ゆっくり休憩できたし、

子供も元気になったんで助かりました。

お土産代:バラマキ用は事前に決めておく

初めてのディズニーだから、好きなもん買ってやるぅーとか、

調子乗ってましたが、やっぱり高いですね。

カチューシャ、光るペンダント、パスケース、ブランケット・・・

百円均一で売っていそうなモノが・・・とか言い出したら魔法が解ける。

たしかによくできてますけど、

まぁ、これも含めディズニーランド。文句はいえませーん。

IMG_2808

途中で靴が水没して、急遽靴も買わされたのですが、なかなか可愛かったコレ。

DSC04575

 

問題なのが、子供が大きくなるにつれ、増えるお土産の数。

社会に属すと付き合いが増えるわけで、

友人にも、職場にも、親族にも、子供の友達にも・・・

毎度レジにてビックリするような金額でした。

 

子供の友達へのお土産ってのが、やっぱり高いです。

まぁ、お土産をあげるのはお互いさま、

ディズニー行ったっていうお土産話をしたいがために、

行ってるところも有るワケだから、これは必要経費。

それでも毎回ビックリする金額だけどー。

 

バラマキ用のお土産は、その場で考えても悩むだけなので、

予め渡す人をリストアップして、定番ものをプレゼント。

ディズニーホテル宿泊者は、「グッズ・プレオーダーサービス」も使えるので、

園内で買わず、出発前にオンラインで事前購入→自宅配送しちゃってます。

選ぶ時間も省け、園内と同じ値段で同じ物が購入できる、

配送料金も500円のみ。

ホテルでお土産買ってから配送するよりも、全然安いですからね。

※グッズ・プレオーダーサービスは、2019年9月1日にサービス終了とのこと。残念!

ディズニー旅行の費用まとめ

関東圏に住んでいる私は、ディズニーホテルなんて高いだけ・・・

と避けていましたが、泊まることでディズニーのイメージは変わりました。

 

日帰りでディズニーへ行っても、

入園料だけで大人7,400円、小人で4,800円

朝から晩まで居るとなると飲食費も3食分必要で、一人あたり4,000~6,000円。

家族5人で交通費やお土産、諸費用も考えると・・・1回7~8万円はぶっ飛ぶ計算。

交通費よりも、お土産代が馬鹿にならないですからね。

 

1度に2回~3回分楽しむつもりと思えば、

家族5人で1泊2日旅行、レストラン予約しまくって20万円なら安いもん・・・と言い聞かせました。

実際、泊まる事でしかできない体験も多いのも事実。

ディズニーは高いとはいえ、USJに比べたら全然安いですからね。

子連れ家族5人のUSJ旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント

IMG_7447

ディズニーとUSJは全くの別物。金が物言う世界にはビビるよマジで。

ディズニーとUSJの違い。ディズニーユーザーの私が感じたUSJのデメリット。

 

ディズニーで並ばないのは、子供の為なんて思ってましたが、

ホテルやレストランも、行ってみたら最高なわけで、

まぁ、子供のおかげで良い経験もさせて貰いました。

 

一緒にディズニーに行ってくれるのも、今のうち。

私が動けるのも、今のうち。

ディズニーリゾートに居られる時間なんて、更に限られてますからね。

子供が小さい時こそ、時間も有効活用すべきなんだなと。

よく考えられてます、さすがのディズニーリゾートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です