ディズニーとUSJの違い。ディズニーユーザーの私が感じたUSJのデメリット。

ディズニーとUSJの違い

先日、久しぶりにUSJをガッツリ楽しんで来たので、

思うところをまとめておきたいと思います。

 

私は関東圏在住のディズニー圏の人間。

ディズニー価格も高い高いと思ってましたが、

子連れ家族5人のディズニー旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント。

USJに比べたら安く感じる不思議。

子連れ家族5人のUSJ旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント

 

USJにはUSJの良いところも有りますが、

関東圏に住んでる私には・・・あんまりその恩恵も授かれず。

ちょっと不満もあったんで、

ディズニーと比較した、主にUSJのデメリットについて。

繁忙期のUSJとか、マジで行くもんじゃないね。

販売価格・料金の違い

金儲け主義のUSJなんて言われとりますが、

お金を出してこそ楽しめる感じ、私もひしひしと感じました。

私の勘違いの可能性を含め、ディズニーとUSJの料金比較してみます。

※2019年5月時点での価格比較となります。

入場料金

まずは、入園チケット(入場券)の料金比較から。

1日券、複数日利用券もUSJの方が高いです。

ディズニーパスポート料金

1デー 2デー 3デー 4デー
大人
18歳以上
¥7,400 ¥13,200 ¥17,800 ¥22,400
中人
中学・高校生
¥6,400 ¥11,600 ¥15,500 ¥19,400
小人
幼児・小学生
¥4,800 ¥8,600 ¥11,500 ¥14,400
シニア
65歳以上
¥6,700
3歳以下 無料 無料 無料 無料

USJスタジオ・パス料金

1デイ 1.5デイ
初日15:00~
2デイ
大人
12歳以上
¥7,400~8,700 ¥12,300 ¥14,700
子供
4~11歳
¥5,100~5,900 ¥8,400 ¥10,000
シニア
65歳以上
¥6,700~7,800
3歳以下 無料 無料 無料

 

一見すると似たような料金体系ですが、

USJは、12歳~18歳未満の料金が無いので、

中学生以上は全て大人料金となる。

しかも、2019年1月10日から、USJの入場券は変動価格性へ。

繁忙期は、一人あたり最大で+800円ほど高くなります。

 

一方、年間パスポートは、

USJよりも、ディズニーランドの方が高額。

ただ、USJの年パスも言うほど安く無い。

年間パスポート料金比較

大人・中人
12歳以上
小人
4~11歳
シニア
65歳以上
ディズニー2パーク年間パスポート
(ランド and シー)
¥89,000 ¥56,000 ¥75,000
ディズニー1パーク年間パスポート
(ランド or シー)
¥61,000 ¥39,000 ¥51,000
ユニバーサル年間パス VIP
除外日無し
¥36,800 ¥25,200
ユニバーサル年間パス
除外日 20日前後
¥25,800 ¥17,500
ユニバーサル年間パス・ライト
除外日 70~75日
¥19,800 ¥13,500

 

ディズニーは、通年利用できる年間パスポートしかありませんが、

USJは、格安な年間パスポートも存在するので、巧く使える人なら良さそう。

「除外日」という制限があるので、

繁忙期にいかないので有れば、安くパスポートも購入できるわけ。

 

ディズニーの年パスが10回~13回行かないと元が取れないのに対し、

USJなら3回~5回以上で元もとれる計算。

USJ付近に住んでて2~3万円なら、確かに悪くはない。

付近在住の方々が、USJの年パスを持ってるのも納得です。

フード&レストラン料金

入園料よりも高く感じたのが、USJの飲食店の値段。

中で食べたく無いと思うくらいに、高かったです。

 

例えば、ディズニーの「うきわまん」1個500円に対し、

USJの「ミニオンまん」1個550円。この辺は序の口。

DSC07139

ミッキーピザ500円に対し、

USJは、ピザワンカット800円

 

ミッキーチュロスも、1本310円に対し、

USJのチュリトスは、1本500円前後。

DSC06058

このバタービールなんて、小さなカップで1杯750円ですからね。

うっかり家族分なんて買ってしまったら、マジ笑えません。

 

USJで、フードコート的な店舗で食事をすれば、

セットメニューで1人1,500円~2,000円とられます。

ディズニーなら、同じ値段でレストラン料理が楽しめますからね。

DSC08456

ディズニーの料理は、値段なりに手が込んでいるし、意外と旨くてビックリする。

観光地価格っぽさが無いのは素晴らしいと思う。

※参考→【公式】おすすめメニュー一覧 | 東京ディズニーランド

 

一方、USJの料理メニューって見るからに割高。

公式サイトに値段も掲載されていますので、是非ご確認下さい。

※参考→フード&レストラン|ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™|USJ

お土産・グッズ料金

お土産もUSJは、スッゲー高く感じました。

なるべく安いものを選んだつもりで、

合計金額は、ディズニーの1.5倍~2倍となりました。

子連れ家族5人のUSJ旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント

 

例えば、ディズニーのチョコクランチ缶は800円

USJの似たようなクランチチョコが900円・・・

あんまり違わないけど、この辺は、まだまだ抑えめのやーつ。

DSC06093

USJのキャラクターグッズ類ともなると、とにかく高い。

キャップ3,800円、ぬいぐるみ3,800円、ボールペン5本で2,400円・・・

ディズニーなら、ボールペン4本1,240円、5本1,400円~1,600円で買えるんだけど!

 

ハリーポッターエリアに行くなら是非とも欲しいマジカルワンドの価格もヤバイ。

マジカルワンドは1本4,900円。これないと魔法体験できません。

※4,500円のオリジナルワンドでは魔法体験は不可能。

IMG_9826

 

まぁ、普通に買うのはホント馬鹿らしいので、

私は事前にメルカリで買って、使用後はメルカリで売りました。

メルカリでマジカル・ワンドを探す

エクスプレスパス料金に比べれば、メルカリの販売手数料も屁みたいのもん。

USJエクスプレス・パス料金

USJには「ディズニー・ファストパス」に似たシステムは無いので、

人気アトラクションに並ばず乗りたいなら、

「ユニバーサル・エクスプレス・パス」を購入するしかありません。

 

この価格がスッゲー高く、こちらも繁忙期に価格が上がる仕組み。

しかも、入場券よりも値上がり率が高く、混んでる時は1.5倍以上跳ね上がります。

繁忙期に行くことがアホらしくなる料金設定。

エクスプレスパスの価格

  • エクスプレス・パス3:5,400円~8,400円
  • エクスプレス・パス4:6,800円~11,200円
  • エクスプレス・パス7:10,400円~19,400円

エクスプレスパスの後ろの数字=乗れるアトラクション数なんだけど、

そのうち約3分の1は、あまり人気の無いアトラクションであり、

残る人気アトラクションは、事前に時間指定も必要だから、

思ったよりも使い所が難しいチケット。

 

入場券付きの「ロイヤル・スタジオ・パス」もありますが、

スッゲー高額なんで、一般市民には、それこそ非現実的な価格。

こちらも乗り放題ってわけではなく、人気アトラクションは1回のみで、

同じく事前に時間指定が必要だからね。

ロイヤル・スタジオ・パスの価格

  • 大人(12歳以上):26,900円~40,400円
  • 子ども(4~11歳):24,100円~37,600円

 

ちなみに、ディズニーにも「バケーションパッケージ」がありますが、

こちらはファストパスやショーチケットだけの料金ではなく、

ホテル宿泊と入園チケットもセットの料金

ファストパスの値段だけ無理やり抽出したとしても1枚2,000~3,000円だから。

まぁ、ディズニーの場合は、頑張ってファストパス発券すれば要らないわけだし、

ホテル宿泊すれば、宿泊者限定特典も多々ありますからね。

ちなみに、USJで配布される整理券は、

ハリーポッターエリアの「入場整理券」と、

キッズエリアのアトラクション「よやくのり」くらい。

お金以外で攻略するのも無理だと感じました。

駐車料金

USJは駐車料金も変動性。

これは、ディズニーも変わりませんが、

繁忙期は、ディズニーよりも高くなります。

駐車料金(1日)

  • ディズニー:平日2,500円、土日祝日3,000円。
  • USJ:平日2,500円、土日祝日3,000円、繁忙期(GW等)3,500円

高い日は3,000円じゃなくて、3,500円まで上がるという。

うん、ここまで来ると大差ない気がしてくるから、

ホント金銭感覚が麻痺るのにも気をつけてね。

コンセプト・テーマの違い

ディズニーは遊園地というよりは、ディズニーという「夢の国」。

USJは、ユニバーサルスタジオの「遊園地」。

 

ディズニーは、夢の国を壊しちゃダメなルールがあり、

良くも悪くも、世界観が保たれており、

ディズニーリゾート含め、ディズニー作品という感じ。

現実世界を見せない隔離されている感じもあり、

そこに居るだけで楽しめる工夫も多い。

 

一方、USJは、テーマパーク感が強い。

園内の雰囲気というよりも、面白さ。

アトラクション、イベント、キャラクター、面白そうなら取り入れる感じ。

富士急ハイランド的な絶叫系のアトラクション、

最新技術を駆使したハイテクアトラクションも多いし、

エヴァンゲリオン、進撃の巨人、コナン、ルパン・・・

園内キャラクターも、キティちゃん出てきたと思ったら、

スヌーピーやエルモも出てくるし。

 

ディズニーのような世界観が無いかといえば、そんなことも無く、

ハリーポッターエリア追加され、ここはしっかりとハリポタの世界観が有る。

DSC06059

従来の遊園地、アトラクションを楽しむと言う点でもUSJ。

ただ、エクスプレスパスが無いと、スムーズには乗れませーん。

園内ルールの違い

ディズニーは、特定の期間(ハロウィーン)以外は仮装禁止

三脚や一脚、自撮り棒の使用も禁止となっています。

 

一方、USJは仮装やコスプレOK、

撮影の際に、一脚、三脚、自撮り棒も使って問題ありません。

GoProで撮影している人も多く見かけました。

 

いずれも、飲食物の持ち込み不可能となってますが、

ディズニーは再入場可能で、USJは再入場禁止です。

USJで再入場可能となるのは、年間パスポート保有者のみ。

2デーパス利用者も、ホテル宿泊者も再入場は禁止です。

なぜならUSJのすぐ外に、格安な飲食店が多く有るから。

この辺もUSJの商魂たくましいですね。

 

ただ、ルールは有るものの、USJはチェックが甘い気がしました。

皆さん堂々と飲食物も持ち込みまくり、

園内でもマクドナルドを食していたりと、割と無秩序でした。

USJは再入場禁止のハズなのに、

止むを得ない理由があれば、再入場スタンプを押して貰えたり。

ホテルに戻ると申告するだけで・・・ね。

そういった意味ではディズニーの方が徹底できているなと。

スタッフ・キャストの違い

ディズニーは、しっかり教育されている感じ。

スタッフも夢の国の一部であり、プロ感漂うんだよね。

 

USJキャストも、フレンドリーですが、

USJグッズへの声かけを徹底していると感じました。

買ったキャップをかぶっていれば「それ可愛いね」とか。

ハリポタの杖をもっていれば「勉強中なのかな?」とか。

色々と話しかけて来てくれました。

 

ただ、USJはところどころで、キャスト足りてない感があり、

特に、キャラクターとの写真撮影では、無秩序状態。

DSC06284

 

撮影する順番は、キャラクターが気づいた人からというルール。

キャラクターへのアピール勝負。

スタッフもアタフタしてるので、私を含め、皆さんオラオラしてました。

まぁ、客層が違うってのもあるだろうけど、

全身ハリポッターを身に着けた親子には、

優先的に写真撮影を誘導されてました。そーなのねーん。

絶叫アトラクションの違い

ディズニーは、絶叫アトラクションは弱めです。

ランドでは、スペースマウンテン、ビッグサンダーマウンテン、スプラッシュマウンテン・・・

ディズニーシーも、タワー・オブ・テラー、レイジングスピリッツ・・・

いずれも、ちょっと怖いくらいのアトラクション。

「絶叫」というほどのレベルでは有りません。

 

一方、USJは、本格的な絶叫アトラクションが多くあります。

いわゆるジェットコースターの「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」、

「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」、

「ザ・フライング・ダイナソー」も、富士急の「ええじゃないか」並みに怖かったです。

DSC06798

 

ハイテク技術を使ったアトラクションも多く、

巨大スクリーンと連動した「ハチャメチャミニオンライド」、

4K3D「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」と、

いずれも、スゲェなって思うアトラクションでした。

 

バックドラフトの炎やウォーターワールドの爆発も、なかなかリアルで迫力もあったし、

まぁ、ディズニーには無い魅力が有るのは確かです。

子供向けアトラクションの違い

ディズニーは、まんべんなく子ども楽しめる造りですが、

USJは、子ども向けに特化したエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」が有ります。

並んで乗るアトラクションだけでなく、

勝手に遊ばせておける、キッズスペースみたいな場所も多い。

スヌーピーの映画スタジオで遊べたり、

DSC06445

エルモの建物中にも、遊具がいっぱい。

DSC07123

教育テレビばりに、歌って踊って楽しめるコーナーもありました。

DSC07098

 

また、「ユニバーサル・ワンダーランド」エリアのアトラクションだけ、

並ばず乗れる「よやくのり」という整理券システムが有ります。

DSC07124

よやくのり対応アトラクション

  • フライング・スヌーピー(92cm以上)
  • スヌーピーのグレートレース(92cm以上)
  • エルモのバブルバブル(92cm以上)
  • モッピーのバルーントリップ(92cm以上)
  • エルモのゴーゴー・スケートボード(92cm以上)
  • ビッグバードのビッグトップサーカス(安定した姿勢を保てる方)

子連れ家族5人のUSJ旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント

子供向けアトラクションのみ、ファストパスみたいなシステムが有るのさ。

DSC07085

小さい子どもを遊ばせておくには、良さそうなUSJでした。

営業時間の違い

USJの開園時間って、めちゃくちゃ適当でビックリしました。

公式サイトのオープン時間って、ほぼアテになりません。

営業時間は予告なく変更する場合があります。来場前に再度ご確認ください。
また、当日、パークオープン時間より早く入場を開始する可能性があります。予めご了承ください

私が行った日は、8:30オープンの日だったのですが、

7:30に並ぶ覚悟で行ったところ、既にオープンしてました。

1時間以上前にオープンって、ご了承下さいのレベル超えてね?

DSC06570

 

USJ閉園時間は、ディズニーに比べると短くなってますが、

USJの閉園時間≒入場締切の時間であり、

実際の営業終了となるのは、

閉園時刻の1時間後なので・・・ルール上は、そこまで違いはないハズ。

 

ただ、USJの方が園内の撤収作業が早いので、

体感的にも早く終る感じ。

飲食店も閉まるのがすっげ早いし、

リアル世界なんで、終わりって感じも出してきます。

JCBラウンジ、JALラウンジの違い

ディズニーのJCBラウンジは、

JCBの最高峰カード「JCB ザ・クラス」会員のみ利用可能ですが、

USJのJCBラウンジは「JCB ザ・クラス」「JCBプラチナカード」会員で利用可能となってます。

USJ JCBラウンジの使い方。利用して気づいた注意点。

※ディズニーのザ・クラス限定レストラン「クラブ33」は終了となりました。

 

ディズニーシーのJALラウンジ(ビッグバンドビート)は、

「JMBクリスタル」「JMBサファイア」「JMBダイヤモンド」「JGCプレミア」で利用できますが、

USJのJALラウンジは、

「JMBダイヤモンド」「JGCプレミア」のみ利用可能となってます。

JGCプレミア特典まとめ。平JGCとJGCプレミアとJMBダイヤモンドの違い。

 

USJでは、エクスプレス・パスも貰えるので、

けっこー大きな違い。出入りも自由でしたから。

USJ JALラウンジの使い方。利用して気づいた注意点。

 

DSC06955

オフィシャルホテルの違い

ディズニーランドには、ディズニー運営「ディズニーホテル」の他に、

ディズニー提携ホテルがあります。

「ディズニーホテル」のみ別格であり、宿泊者限定特典も多い。

ディズニーホテル >>> オフィシャル > パートナー > グッドネイバーの順で特典が多くなる。

ディズニーホテル&提携ホテル

  • ディズニーホテル
  • オフィシャルホテル
  • パートナーホテル
  • グッドネイバーホテル

 

USJの場合は「パートナーホテル」のみ。

USJパートナーホテルに泊まったからといって、

宿泊者を優遇するような仕組みは、ほぼ有りません。

オフィシャル > アライアンス > アソシエイトの順でUSJから近くなる。

USJパートナーホテル

  • オフィシャルホテル
  • アライアンスホテル
  • アソシエイトホテル

ディズニーホテルには、

格安な「セレブレーションホテル」も登場したので、

バリュータイプなら値段は格安。

大人4名、添い寝2名可能で1室17,600円~泊まれます。

これで15分前入園(ハッピー15エントリー)も可能になりますからね。

 

ディズニーホテルのデラックスタイプは高額ですが、

やはりホテルの造りや、利便性も全然違います。

ミラコスタはパーク内にあり、客室からショーも見れたり。

ディズニーホテル「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」宿泊レビュー

DSC04450

ランドホテルも、ランドの目の前。ホテルの造りも素晴らしい。

ディズニーホテル「東京ディズニーランドホテル」宿泊レビュー

DSC04515

 

一方、USJのオフィシャルホテルは、現実的な外観。

DSC05867

普通のホテルを、無理やりUSJにアレンジした感も否めない。

DSC05888

その分部屋は、それなりに格安であり、

ホテル朝食ビュッフェも、値段の割に種類も豊富で美味しかったんだけど。

USJオフィシャルホテル「ホテルユニバーサルポート」宿泊レビュー

 

ただ、ミニオンルームとなると話は別。

このホテルで1泊10万とかは、ちょっと無い。

 

USJの15分前入場(アーリーパークイン)も、

特定ツアーでの特典であり、ホテル宿泊特典ってわけじゃないから。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™ アーリー・パークイン | JTB

飲食店・レストランの違い

ディズニーに比べると、USJはレストランも弱い。

USJはレストラン料金が高いってのもあるけど、

料理の質や、エンターテイメント性でも劣る気がした。

 

ディズニーには、キャラクターに会えるレストランや、

ショーレストランもあるし、

ディズニーホテル宿泊者は、優先的に予約も可能ですからね。

宿泊予約特典レストラン

  • イーストサイドカフェ(東京ディズニーランド)
  • れすとらん北斎(東京ディズニーランド)
  • ブルーバイユー・レストラン(東京ディズニーランド)
  • クリスタルパレス・レストラン(東京ディズニーランド)
  • リストランテ・ディ・カナレット(東京ディズニーシー)
  • レストラン櫻(東京ディズニーシー)
  • マゼランズ(東京ディズニーシー)
  • S.S.コロンビア・ダイニングルーム(東京ディズニーシー)
  • エンパイア・グリル(ディズニーアンバサダーホテル)
  • オチェーアノ(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • シルクロードガーデン(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • ベッラヴィスタ・ラウンジ(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • シャーウッドガーデン・レストラン(東京ディズニーランドホテル)
  • カンナ(東京ディズニーランドホテル)

宿泊予約特典キャラクターレストラン

  • ホライズンベイ・レストラン ディズニーキャラクターダイニング(東京ディズニーシー)
  • シェフ・ミッキー(ディズニーアンバサダーホテル)

宿泊予約特典ショーレストラン

  • ポリネシアンテラス・レストラン(東京ディズニーランド)
  • ザ・ダイヤモンドホースシュー(東京ディズニーランド)

子連れ家族5人のディズニー旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント。

 

一方、USJの予約対象レストランはというと4箇所のみ。

あくまで優先的に案内される為の予約なので、

座席予約とも微妙に違う点にも注意です。

USJ優先案内レストラン

  • パークサイド・グリル
  • アズーラ・ディ・カプリ
  • フィネガンズ・バー&グリル
  • SAIDO

USJのレストランも高いだけ有って、接客は素晴らしいのですが、

まぁ、やっぱりキャラクターに会えるなら、そっちを選びたい。

ショー・パレードの違い

ショーやパレードといえば、ディズニーなイメージでしたが、

以前に比べ、USJの質も高くなっているように感じられました。

DSC06193

冬に見た、プロジェクションマッピングのショー良かったです。

DSC06382

USJは、シーズンやイベントで内容も大幅に変わるので、

正直、私は理解が追いついてないです。

 

ディズニーのショーって、定番ものはあまり変わらない印象。

安定してクオリティが高いので、いつ見ても楽しめるんだけど。

USJのメリット・デメリットまとめ

東日本のディズニー、西日本のUSJなんて言われますが、

その中身は、全くの別物。

私は、ディズニーの感覚で行ってパニクりましたので、

根本的なシステムやルールくらい把握して行った方が良いかと。

 

USJを攻略するなら、やっぱり「お金」が最短。

お金が物言う現実的な世界であり、ディズニーも安く感じました。

 

USJはディズニーに比べて空いていると聞いてましたが、

繁忙期はもちろん、平日でも混んでるし、

アトラクション乗るなら、別料金のエクスプレスパスも必要となる。

 

近くに住んでる人なら、年パス活用で安く楽しめそうだけど。

遠方から行く人間は非常に不利

お土産も高いし、食事も高い、途中退場もさせてくれない。

繁忙期には、エクスプレスパスの値段も倍増する。

ホントきつかったっす。

 

USJは、海外からの訪問者も多く、

アジア系の富裕層らしき人も多いので、そっち狙いなのかなと。

まぁ、ちょっとした海外、物価が高い国と思えば・・・ね。

 

逆に、USJを出た時の割安感・・・

物価の安い国に行ったときの感覚に似てます。

日本は安くて良い国って言われる理由、今なら分かるわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です