クレジットカード付帯の海外旅行保険の選び方と注意点。保険会社で契約する保険との違い。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の選び方

海外旅行に不安は付き物。

万が一の為にも、有ると安心なのが海外旅行保険。

 

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は優秀であり、

実際、クレジットカード付帯の保険だけで十分事足りるっていう。

私自身、わざわざ空港やネットで保険を申し込むなんて事も有りません。

 

ただ、クレジットカードの海外旅行保険といえど、

その内容は、クレジットカードにより大きく異なりますので、

保険を見極めるべきポイント、注意点をまとめておきます。

 

保険と聞くと小難しい気もしますが、

抑えるべきポイントはそれほど多く有りません。

事前にしっかりと理解することで、無駄な出費も避けられますから。

保険会社で契約する海外旅行保険との違い

クレジットカードに付帯する海外旅行保険と、

保険会社で契約する海外旅行保険は、基本的な補償内容は一緒

引受保険会社も同じわけだから、大きな差異も無いわけ。

 

ただ、保険会社では、海外旅行だけでも様々なプランが有り、

保険期間や補償内容や、自分の旅行に合わせてカスタマイズできたりする。

歯の治療費妊娠・出産費用持病の治療費・・・

基本的に海外旅行保険では補償対象外ですからね。

 

一方、カード付帯保険は「出国から最大90日まで」という保険期間となっており、

海外赴任や海外留学等の海外長期滞在では使えません

また、保険契約に比べると、補償金額も少ない傾向にあります

クレジットカード付帯の旅行保険が劣る点

  • 補償期間:カード付帯保険は、出国から最大90日まで
  • 補償対象範囲:カード付帯保険は、疾病死亡が付帯していない
  • 補償金額:カード付帯保険は、補償金額が少ない傾向にある

 

海外に長く滞在するなら、保険会社で長期プランに加入するしかないわけなのですが、

保険料は、保険期間によって料金も決まるので・・・

保険期間が長くなればなるほど、保険金額は高額となります

AIG損保の長期保険料金

AIG損保
海外旅行保険
シンプルプラン(IN8)
AIG損保
海外旅行保険
シンプルプラン(IN8)
AIG損保
海外旅行保険
シンプルプラン(IN8)
期間 90日間 120日間 150日間
料金 51,070円 71,080円 91,970円

 

私もワーキングホリデーでは、10万円前後の保険料を払った記憶。

昔は海外旅行保険も、少しは格安だったんですけどね。

1年間のワーキングホリデーで使った費用とカナダで稼いだ金額。

 

実際、どのくらい補償金額が違うのか?

保険会社「AIG損保」の保険商品と、年会費無料の「エポスカード」、

年会費1万円の「セゾンゴールドアメックスカード」で、

補償内容を比較してみました。

保険会社の海外旅行保険との違い

エポスカード
海外旅行保険
セゾンゴールドアメックス
海外旅行保険
AIG損保
海外旅行保険
シンプルプラン(IN8)
期間 最高90日間 最高90日間 90日間
料金 年会費無料 年会費1万円+税 51,070円
傷害死亡・後遺障害 500万円 5,000万円 1,000万円
疾病死亡 500万円
傷害治療費用 200万円 300万円 2,000万円
疾病治療費用 270万円 300万円 2,000万円
賠償責任 2,000万円 3,000万円 1億円
救援者費用 100万円 200万円 2,000万円
携行品損害 20万円
(自己負担3,000円)
30万円
(自己負担3,000円)
20万円
航空帰宅手荷物遅延 10万円 10万円
航空機遅延費用 3万円 2万円
キャッシュレス診療 可能 可能 可能
家族特約 有り
国内旅行保険 有り
保険会社 三井住友海上火災保険株式会社 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 AIG損害保険株式会社

 

保険会社で契約する一般保険に比べると、補償金額こそ劣りますが、

上記のクレジットカードは、保険も自動付帯であり、

持ってるだけで保険が勝手に適応となる

別途申し込みの必要もなく、追加料金も不要だということ。

 

クレジットカード付帯なら、

不要な出費を抑えられるだけでなく、保険も繰り返し利用できるわけ。

クレジットカード付帯保険のメリット

  • 出費はクレジットカード年会費だけ年会費無料カードも有る
  • 旅行する毎に最大90日間の保険適応繰り返し利用可能
  • 保険期間は、日本に帰国する毎にリセットされる

帰国毎に保険期間はリセットされるので、

海外長期滞在する場合でも、

一旦日本へ帰国すれば、再び90日間保険が有効になるってわけ。

 

ちなみに、利用付帯のクレジットカードを利用する事により、

日本に帰国せず、保険期間を伸ばすという裏技も有りますが・・・

クレジットカード海外旅行保険の自動付帯と利用付帯のメリット・デメリット。保険期間を90日以上にする裏技。

あんまりオススメしません。

海外旅行保険の選び方。重視すべきポイント

繰り返しますが、クレジットカードに付帯に限らず、

海外旅行保険の補償内容は、基本的に変わりません。

各項目について、覚えてしまえば難しい事もありませんので、

抑えるべきポイントを挙げておきます。

海外旅行保険で重要なポイント

  • 補償適応範囲:携行品損害航空機遅延保険も有ると良し
  • 補償金額:傷害・疾病治療費を重視金額は他カードと合算可能
  • 適応条件:自動付帯なら所持するだけでOK
  • 家族特約:家族も保険適応したいなら家族特約が必要
  • キャッシュレス診療:現地での現金負担の有無
  • カード年会費:年会費と保険内容は比例しない。無料で優れたカード有り。

補償適応範囲:海外旅行保険の中身と種類

海外旅行保険の補償内容、補償適応範囲については把握しておきましょう。

分かりづらい保険用語で記載されてますが、

旅行保険全般で使われますので、覚えて置いたほうが今後の為。

海外旅行保険の補償範囲と適応条件

  • 傷害死亡・後遺障害:ケガで死亡 or 後遺障害が残ってしまった場合
  • 疾病死亡:病気中の病気が原因で死亡した場合 ※クレカには付帯せず
  • 傷害治療費用:ケガで治療費が発生した場合
  • 疾病治療費用:病気で治療費が発生した場合
  • 賠償責任費用:第三者に対して賠償責任を追った場合(ケガ、破損)
  • 救援者費用:捜索費や救助費が発生した場合 ※家族の現地への移動費も含む
  • 携行品損害費用:持ち物が事故による損害を受けた場合(盗難、破損)
  • 航空機遅延費用:飛行機が遅延・欠便した場合
  • 航空寄託手荷物遅延費用:預けた手荷物の到着遅れた場合

海外で一番多いのがケガや病気のトラブル、

関わってくるのが「傷害・疾病治療費用」と「救援者費用」ってわけ。

救援者費用は、救助費だけでなく、病院への移送費や、

家族が現地へ移動する費用や、日本の病院への移送費も含みます。

 

保険金の支払額ベースで確認してみても、

海外旅行保険全体で、約50%を占めるのも上記2つの補償となってます。

※参考→トラブルデータ|ジェイアイ傷害火災

 

2番目に多いのが、約30%を占める「携行品損害費用」。

3番目に多いのが、約17%を占める「航空機遅延費用」や「手荷物遅延費用」。

一部ゴールドカードやプラチナカードで付帯する、

搭乗遅延や手荷物遅延トラブルの保険。

補償金額こそ高くないですが、利用頻度は一番高いです。

クレジットカードの航空便遅延保険を利用してみた。申請から返金までの流れ。

IMG_3523

 

・・・で、実際のところ、

死亡・後遺障害や賠償責任は、ほとんど利用されていないってわけ。

というわけで、優先順位を付けるなら以下のような順番。

  1. 傷害・疾病治療費用 & 救援者費用
  2. 携行品損害費用
  3. 航空機遅延保険費用
  4. ———越えられない壁————
  5. 賠償責任費用
  6. 死亡・後遺障害費用

 

クレジットカードには「最高○○万円の海外旅行保険」と記載されていますが、

利用頻度が非常に少ない「死亡・後遺障害」の金額だけ高いというカラクリです。

 

ちなみに、疾病治療費は、アジア圏々で利用率が高く

携行品損害は、ヨーロッパ圏で利用率が高いとのこと。

アジアでは、腹痛・風邪に注意、

ヨーロッパでは、盗難に注意ってことですね。

補償金額:海外での手術&入院費用の相場

一番、利用頻度が高い保険は、怪我した時や病気した場合の保険。

傷害治療・疾病治療は、いくら有れば足りるのか?

こればっかりは、滞在する国に依るわけで・・・

参考までに、各国の盲腸手術費用データで比較します。

※引用→日本損害保険協会 – 損害保険Q&A – からだの保険・他 – 問81 海外旅行傷害保険

盲腸の手術&入院で発生する費用

都市 総費用(円) 平均入院日数
ホノルル 2,560,000 2
ロサンゼルス 1,624,400~2,165,800 2
バンクーバー 1,108,600~1,773,800 2
ロンドン 1,302,800~1,737,100 2~3
ウィーン 1,273,500 3~4
ローマ 1,217,600 4
アテネ 1,136,500 3~4
ゴールドコースト 1,021,100 2~3
マドリード 1,014,400 5~7
パース 408,400~1,002,100 3~4
バリ 831,600~884,400 3
メキシコシティ 758,000~866,300 5~6
シェムリアップ
(アンコールワット)
649,700~866,300 3
パリ 860,500 3
シンガポール 154,800~773,800 1~2
プノンペン 649,700 3
モスクワ 533,900~618,600 2
オークランド 570,500 3
リスボン 568,200 5~6
イスタンブール 520,900 4~5
バンコク 511,000~ 2~3
オスロ 477,900 4~5
サンパウロ 415,200 3
マニラ 393,400 7
クアラルンプール 234,200 3~4
上海 112,500 7
ホーチミン 92,000 3~5
北京 45,000~90,000 7

私の家族は、日本で盲腸手術をしましたが、

腹腔鏡手術→1週間ほどの入院で、

合計医療費は約35万円ほど、3割負担で約11万円で済みましたから、

日本の医療費が、どれほど格安か分かるかと。

 

医療費は、北米 > ヨーロッパ > オーストラリア > アジアの順で高く、

特に、アメリカのハワイはダントツ高額ですね。

※ハワイは高いですが、グアムやサイパンは比較的安いです。

 

比較的、簡単な手術の盲腸で200万円なので・・・

アメリカ圏に行くなら500万円~1000万円は欲しいですね。

 

ちなみに、私が住んでいた、バンクーバーの診療費は1回50~100ドル前後

救急車で搬送されると、1回500ドル~とかだったと思います。

万が一入院なんてした場合、あっという間に100万円オーバーで請求されるわけ。

 

まぁ、保険なんで、あまり費用をかけるのもどうかと思いますが、

傷害治療・疾病治療費で最低300~500万円は、想定しておいた方が良いかと。

実際のところ、何かある可能性は、非常に低いんですが、

「何か有っても大丈夫」という安心感はプライスレスだからね。

適応条件:利用付帯よりも自動付帯

クレジットカードに付帯する旅行保険には、

自動付帯と利用付帯の2種類が有ります。

自動付帯は、カードを持っているだけで自動的に保険適応となるカード

利用付帯は、カードを利用する事により保険適応となるカード

 

クレジットカードの旅行傷害保険の欄に、

最高2000万円(自動付帯)とか、

最高1000万円(利用付帯)とか記載が有るハズですので、

所持しているクレジットカードの補償内容は確認しておいたほうが良いです。

 

自動付帯と利用付帯で、保険の内容が異なるような事は無く、

海外行ったら勝手に保険適応となる自動付帯の方が、優秀なわけ。

※利用することにより、補償金額が上がるクレジットカードも有ります。

 

ちなみに、利用付帯である事を活用して、

利用してから保険適応させるという裏ワザも有るのですが・・・

利用付帯は、カード会社ごとに保険適応条件も異なるのでホント気をつけて。

旅行保険は、あくまで「旅行」で使うもの。

海外長期滞在では使わないのが無難・・・

実は保険適応外だったとか、ホント洒落になりませんからね。

キャッシュレス診療:立て替えの心配無し

海外の病院から、直接日本の保険会社へ請求となる

これを「キャッシュレス診療」といいます。

 

ただ、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、

キャッシュレス診療に未対応なカードも多いです。

 

キャッシュレス診療に未対応だった場合、

現地で高額な医療費を一旦立て替えなければなりませんし、

数百万円に及ぶ高額な医療費を払えるか?っていったら無理な人も多いハズ。

実際、海外の医療費は高額に及ぶため、

治療費を払えない人は、病院で断られる場合も多いわけ。

よって「キャッシュレス診療」も必須かと。

 

ちなみに、キャッシュレス診療対応の海外旅行保険でも、

現地で対応病院が無いエリアでは、後日立て替えとなる場合も有ります。

主要都市なら問題ないかと思いますが、ローカル国に行く場合は気をつけて。

現地通貨で払って、治療後領収書もらって、後日精算ってパターン。

家族特約:子供だけの旅行でも保険有効

クレジットカードの付帯保険は、

基本的にカード会員(カード所有者)のみ適応となります。

 

家族に保険適応させるには、家族カードを発行して、

本会員と同等の保険を付帯させるという流れになるのですが、

ここで問題となるのが子供に保険を適応させたい場合。

18歳未満はクレジットカード発行は不可能であり、

家族カードも発行できないということ。

 

そこで利用するのが、カード保有者の家族まで保険適応となる、

家族特約付きのクレジットカードというわけです。

家族カードと家族特約の違い

  • 家族カード:家族向けの追加カード本会員と同等の保険が付帯
  • 家族特約:カード会員に付帯する保険の特約カード所持しない家族も保険適用

残念ながら、家族特約が付いている年会費無料のカードは有りませんが、

ゴールドカードともなると、家族特約が付いてるカードが多いです。

 

家族特約付きのクレジットカードは、

カード会員が同行しない海外旅行でも保険適応となります

よって、家族旅行だけでなく、子供だけで海外旅行する際にも適応となる

子供が短期留学する際にも使えるってわけ。

 

注意点としては、家族特約の内容はカード会社により違い、

特に「家族」の定義が異なります

同居の両親も含まれたり、子供しか適応にならなかったり、

配偶者は含まれなかったり、同居の証明が必要だったりするわけです。

家族特約の対象者パターン

  • 子供のみ
  • 子供と配偶者
  • 子供と配偶者と両親

 

例えば、下記は三井住友VISAカードの場合、

基本的に19歳未満の子供のみ対象となってます。

<対象となる家族の範囲>
1.    本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
2.    本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子
※親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。ただし、以下の条件を満たす方となります。
・海外旅行の目的をもって住居を出発した時点において、上記1~2に該当する親族であること。
(例:旅行出発後出産されたお子様などは対象となりません。)
・事故発生時、発病時または費用発生時において、上記1~2に該当する親族であること。
ただし、「19歳」の判断基準は、家族特約対象者が海外旅行の目的をもって住居を出発した日時点の年齢により判断します。
※家族特約は本会員と生計を共にしていることが前提となりますので、同居の親族であっても、お勤めをされている家族の方などの場合は家族特約の対象とならない場合がございます。

海外旅行傷害保険(個人カード会員の方):クレジットカードの三井住友VISAカード

  • 生計を共にする19歳未満の自分の子は、別居でも適応となる。
  • 生計を共にする19歳未満の同居の親族も適応となる。
  • 親族は6親等以内の血族または3親等以内の婚族。
  • 出発時に19歳未満であれば良い。
  • 出発時点にも親族であり、費用発生時にも親族である必要が有る。
  • 収入の有る親族は家族特約の対象外となる恐れ有り。

 

また、家族特約の補償額は、カード会員の補償額よりも低くなっており

キャッシュレス診療も不可となってしまうカードも存在します。

 

家族カードが発行できない人向けに、家族特約が有るといった感じなので、

18歳以上なら、とりあえず家族カードを発行しておくのが無難です。

家族特約付帯のクレジットカードのデメリット

  • 年会費無料クレジットカードには付帯しない
  • 子供のみを対象にしているカードが有る
  • 本会員に比べると保険内容が大幅に劣る

海外旅行保険の注意点

補償対象外となる治療費。

海外旅行保険で補償対象となるのは、

海外に到着してからの病気やケガの治療費となります。

 

元々患っていた持病の治療費や、

歯の治療費妊娠や出産に関わる費用・・・全て対象外となってます。

 

例外として、保険会社が扱う海外旅行保険では、

持病の治療費や歯の治療費も対象となる商品も有りますが、

その分、保険料が高額となったり、保険期間制限もあったりするわけ。

 

逆にいえば、持病のない人、妊娠中じゃない人なら、

クレジットカードの付帯保険で十分ってわけ。

歯医者も日本で行っておけば良い話ですからね。

 

ちなみに、日本の歯医者は、欧米諸国に比べて格安であり、

日本の健康保険も効くので、とにかく安いです。

日本にいるとあまり有り難みを感じませんが・・・

日本に居るなら日頃からメンテナンスしておくのがオススメ。

芸能人に限らず、歯は命です。

保険の利用する際は、保険会社に連絡をする。

海外旅行保険を利用する時は、

直接病院に行くのではなく、まずカード会社に連絡するのがベストです。

特に、キャッシュレス診療を利用する場合は、

カード会社から病院の予約という流れになり、

キャッシュレス診療対応の病院も限られていますからね。

 

その際に、日本人医師のいる病院を案内してくれたりしますし、

必要があれば通訳を付けてもらうことも可能となります。

※交通費や通訳の費用も補償対象となります。

 

ただ、病院を利用する際に、

必ずしも、事前に保険会社に連絡しなければ行けないかというと、

そういうわけでもなく、キャッシュレス診療の保険でも、

一旦立て替え払いして、後日精算というパターンは可能です。

病気やケガは、緊急を要するって事も多いのですからね。

 

結局の所、保険が効くかどうかは、

書類提出後の保険担当者判断となるので、

領収書関係は必ず保管し、後から気づいた場合でも相談しておきましょう。

事後連絡でも、保険適応となる事は可能性は高いですから。

クレジットカード付帯保険は合算可能だから。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、

補償金額が低い傾向に有りますが、

他の海外旅行保険の補償金額と合算されるということ。

※死亡・後遺障害費用のみ、加入保険の中で一番高い補償金額が適応となります。

 

その他の保険金(治療費用、賠償責任、携行品損害など)

一般の海外旅行傷害保険とクレジットカード付帯の保険の保険金額を合算した金額を限度として、その範囲内で実際の損害額が支払われます。ただし、1回の事故について限度額がある場合は、その金額が上限となります。

日本損害保険協会 – 損害保険Q&A – からだの保険・他 – 問82 海外旅行傷害保険

 

複数のクレジットカードを所持した場合、

複数の海外旅行保険が重複適応となり、2倍、3倍と補償額が増えるわけ。

傷害疾病治療費、携行品損害、救援者費用、賠償責任だけでなく、

航空便遅延保険も他社クレジットカードと合算可能でした。

航空機遅延損害保険を使って気づいた注意点。事前に知っておくべきこと。

保険申請の手続きも、保険会社側でまとめてやってくれます。

 

無料クレジットカードでも、海外旅行保険が付帯するカードが多く、

中でも保険カードとして優秀なのが「エポスカード」。

年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯

補償額も傷害治療200万円疾病治療270万円とゴールドカード並。

海外緊急デスクも24時間対応だし、

年会費無料のクレジットカードの中でも、ダントツの内容です。

海外旅行保険が自動付帯!オススメのクレジットカードまとめ。

海外旅行保険にオススメのクレジットカード

家族特約航空便遅延保険まで求めるなら、

年会費が有料のクレジットカードを利用した方が良い。

 

保険のコストパフォーマンスで選ぶなら「セゾンゴールドアメックスカード」が最強。

航空便遅延保険にまで家族特約が付いているし、補償金額も最高クラス。

飛行機遅延で、食事代ホテル代交通費まで補償となるカードは他に有りません。

※参考→航空便遅延保険が付帯するクレジットカードの違い。補償範囲と補償金額の比較。 | ビジネス幼稚園

 

ゴールドカードと言っても年会費1万円

航空便遅延保険適応となれば、3万円まで食べ放題&飲み放題できますからね。

クレジットカードの航空便遅延保険を利用してみた。申請から返金までの流れ。

DSC03059

 

まぁ、保険はあくまで保険なんで・・・

基本的に出番は少ない方が良いわけで・・・

保険にお金をかけるよりは、旅行にお金を使った方が良いし、

クレジットカードで代用できるなら、それに越した事も無いわけさ。

 

旅行頻度が多い人ほど。保険に強いクレジットカード。

自動付帯なら、持ってるだけで適応になりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です