ディズニーホテル「ディズニーアンバサダーホテル」宿泊レビュー

ディズニーアンバサダーホテルの客室

ディズニーホテルは、ランド目の前の「ディズニーランドホテル」、

シー直結の「ホテルミラコスタ」が人気ですが、

ディズニー色が強く格安なのが「ディズニーアンバサダーホテル」。

 

実は、2000年7月7日に日本で最初に開業したのも「アンバサダーホテル」。

園内に行かなくてもミッキーに会えるホテルであり、

ミッキー&ミニーのキャラクタールームも、このホテルにしか無い・・・

というわけで、今回はアンバサダールームに宿泊し、

レストランでミッキーに会ってまいりました。贅沢な時間でした。

外観&エントランス

アンバサダーホテルは、1930年代のアメリカをテーマとしたアールデコス・タイル。

ランドホテルやミラコスタのヨーロピアンな雰囲気ともまた違う。

DSC05193

入り口前のロータリー。

DSC05183

ラゲッジカートにもミッキー。

DSC05184

メインエントランスの反対に有る中庭。

DSC04862

目の前はイクスピアリのクロックタワープラザ。

DSC04956

ホテルとイクスピアリも直結。ショッピングに食事に便利。

ロビー

ホテルに入るとホテルロビー。

ディズニーホテルはホテル内デザインも素敵。天井が高い。

DSC05881

天井にもイラストが描かれている。キャラクターが空飛んでいる。

DSC05780

それを撮影するミッキー。金ピカ。

DSC05421

フロントデスク、チェックインはコチラ。

DSC05781

カウンター前の休憩スペース。子供がアニメを見るようの椅子とか。

DSC05807

エレベーター&客室フロアの廊下

エレベーター前。地球儀の上にもミッキー。

DSC05811

地図にもミッキーの印。世界のディズニーリゾート場所でしょうか?

DSC05171

客室へ向かうエレベーター。

DSC05722

ミッキーマウスの声でフロア階数をアナウンスしてくれる。

テンション上がるやーつ。

DSC05814

6階の客室アンバサダーフロアの廊下

DSC05821

カードキーは、タッチタイプ。

DSC05824

オンラインチェックインすれば、スマホアプリでも解錠できます。

DSC05826

客室(ミニーマウスルーム)

今回宿泊したのは、アンバサダーフロアの「ミニーマウスルーム」。

ラウンジアクセス付き、朝食付きの部屋。

宿泊料金は、日曜チェックインで1室1泊66,000円でした。

 

レギュラーベッド2台の定員3~4名の部屋ですが、

エキストラベッド(トランドルベッド)付きなので、

5名(大人2名、小人3名)で利用させて頂きました。

ベッド利用3名添い寝2名での予約です。

部屋の内装

41~45平米ということで、思ったよりも部屋が広い。

DSC05085

レギュラーベッドが2台。

DSC05087

客室はミニーだらけ。

DSC05093

枕もとにもミニーちゃんのリボン。

DSC05098

窓際にテーブル席。

DSC05090

壁にもミニー、カーテンにもミニー。

DSC05773

照明もミニーデザイン。

DSC05091

ディズニーの絵画。

DSC05092

部屋の中央にテレビ。

DSC05101

空気清浄機は、フツーにナノイー。

DSC05150

化粧台の鏡にもミッキーとミニー。

DSC05121

DSC05119

トランドルベッドのマニュアルも置いてありましたけど、

DSC05094

夕方部屋に戻ったら、出してくれてました。ありがとう。

DSC05731

部屋からの眺望

ランドホテルやミラコスタと違い、

ランドやシーからはやや距離が有るので、パークは見えません。

DSC05104

こんな感じ。

DSC05102

夜はライトアップしてくれますけども。夜景というほどでは無い。

DSC05733

洗面所、バスルーム、トイレ

洗面所。

DSC05132

DSC05148

グラス、ハンドソープ、ドライヤー。

DSC05135

コースターが可愛い。

DSC05752

ドライヤーは風量が弱いんだな。

DSC05751

引き出しにティッシュボックス。

DSC05136

ひげそり、ヘアブラシ。

DSC05137

お風呂場のドアもミニーちゃん。

DSC05747

ディズニーホテルは風呂場が広いのが良い。

DSC05123

体を洗うスポンジ。

DSC05124

バスタオル。アンバサダーホテルは「A」マーク。

DSC05125

ボディソープ。

DSC05126

バスルームの反対側にウォシュレット付きのトイレ。壁紙もミニー。

DSC05138

コーヒー&ドリンク類

カップ&グラス類。ポットやアイスペール。

DSC05106

粉末の煎茶と、粉末タイプのコーヒー。

DSC05107

冷蔵庫にはエビアン。

DSC05115

アンバサダーフロア宿泊者は、ラウンジのドリンクも持ち帰り可能なので、

コーヒーくらいしか飲みませんでした。

珍しく、水ボトルも飲まず、そのまま置いてきてしまったくらい。

部屋の設備、アメニティ類

テレビ下に、大人用のバスローブ。

DSC05108

大人用のパジャマ。2パターン用意されてるのね。

DSC05110

子供用のパジャマは、夕方に持ってきてくれました。

DSC05723

クローゼットの中にスリッパ。

DSC05113

大人用スリッパ。

DSC05153

子供用スリッパ。

DSC05154

履心地も良し。お土産として持って帰るのもOKです。

 

ディズニーホテル名物。洗面所のアメニティグッズ。

シャンプー、コンディショナー、歯ブラシと・・・

ミニーマウスルーム限定のポーチ!普通はカンカンケースなのに!

DSC05134

ポーチの中には綿棒やコットン、ヘアゴムなどが収納されています。

DSC05149

プラのカップもアンバサダーデザイン。

DSC05157

ちなみに、チェックイン時に人数分のアメニティ類を用意するか?聞かれたんだけど、

夕方帰ったら、大量に置いて有ってビックリ。

DSC05726

確認してみるとアメニティ類は人数分貰え、

限定ポーチは、ベッドの数だけ貰えるとのこと。

DSC05750

化粧グッズも人数分貰えたし、

DSC05728

ディズニーホテルのバッグまで追加。有り難い。

DSC05753

ルームキーの名前入りサービスは無くなったようで、

ルームキーの返却も必要でした。

1階には、エクスプレスチェックアウト用のキー返却ボックスも有ります。

DSC05172

パームガーデンプール

アンバサダーホテルには、宿泊者だけが利用できる屋外プールがあり、

ディズニーランドホテルの「ミスティマウンテンズ・プール」同様に無料

タオルやロッカーも無料で利用可能です。

ミラコスタのプール「テルメ・ヴェネツィア」は、宿泊者のみだけど有料だからね。

 

ホテルに囲まれている、プライベート感あふれるプール。

ただ、夏期のみ利用可能で、

オムツが取れてない子供も利用不可能となっています。

DSC04985

営業時間は午前8時~午後6時までですが、

一日中プールを使えるのは連泊者のみ。

チェックイン日は12時〜18時、チェックアウト日は8時~12時まで。

夜はライトアップされますが利用不可です。

DSC05377

チップとデールのプレイグラウンド

2019年6月27日、ホテル内に新たにプレイルームが登場しました。

アンバサダーホテル宿泊者限定で利用可能となってます。

1階レストランエリアに有ります。

DSC05799

プレイグランド入り口。

DSC04836

宿泊者限定ということで、ルームキーをかざさないと入れない。

DSC04834

利用時間は7時~20時ですけど、ルームキーが無いと入れないので、

チェックイン後からチェックアウト前までですね。

DSC04832

土足厳禁なので、入り口で靴を脱ぐ。

DSC05303

靴置き場。

DSC05239

手前にDVD鑑賞コーナー。

DSC05309

キノコのテーブルとか。

DSC05306

葉っぱのクッション。これを重ねたり、ゴロゴロしたり。

DSC05301

奥のプレイルーム。

DSC05287

絵本がたくさん置いてある。

DSC05281

ただ広いスペース。

DSC05271

中央の木はくり抜いて有り、中に入れます。

DSC05276

木々のクッション。子供ってこういうとこ好きだよね。

DSC05284

プレイグラウンド内には子供用トイレも有り。

DSC05274

プレイグラウンドという割には、遊具は何も無い。

スペースだけ・・・というのが正直な感想ですが、

子供は走り回れるだけで楽しかったようです。

アンバサダーラウンジ

アンバサダーフロアの宿泊者のみ利用できるラウンジ。

スイートルーム、ミッキーマウスルーム、

ミニーマウスルームだけが利用できる特別な空間です。

DSC05777

日中の時間は、ソフトドリンクとお菓子のみですが、

夕方からのカクテルタイムは、アルコールや軽食も提供されます。

  • ラウンジ営業時間:7:00〜23:00
  • カクテルタイム:17:00〜23:00

 

ホテルのチェックイン時刻は15時なのですが、

アンバサダーフロア宿泊者は、

チェックイン前の14時からラウンジ利用可能となっており、

チェックイン手続きもラウンジ内で行ってくれます

DSC05011

というわけで、私もチェックイン日の14時頃に直接ラウンジへ。

DSC04962

ラウンジ内観

ラウンジ内は、落ち着いた雰囲気。

DSC04981

それほど広くない。

DSC04994

壁面に飾られたオブジェ。

DSC05026

円卓。

DSC04982

円窓。

DSC05012

中央の窓からは、プールも見えます。

DSC05380

ラウンジメニュー

壁面にドリンク&ドリンクコーナー。

DSC05015

おしぼりとお菓子。

DSC04971

ラムネ、ストロベリーチョコレートマシュマロ、コイン型チョコレート。

DSC04979

脇のテーブルにも、ストロベリーチョコレートマシュマロ。

DSC04968

缶ジュース類。ミニ缶サイズ。

DSC04973

コカ・コーラ、ファンタオレンジ、ファンタグレープ、ジンジャーエール。

DSC04974

ドリンクバーは、烏龍茶、アップル、オレンジ、デトックスウォーター。

DSC04976

チェックイン時には、青色の不思議なドリンクも持って来てくれました。

DSC05022

カルピスベースのオリジナルドリンクらしい。

カクテルタイムメニュー

夕方、午後5時以降は、ドリンクと軽食メニューが増えます。

お酒も飲み放題、カクテルまで頼めるから凄い。

ジントニック、ジンライム、ウォッカトニック、モスコミュール、

スクリュードライバー、カシスソーダ、カシスオレンジ・・・

オリジナルカクテル「アンバサダーサンセット」や、

スペシャルドリンク「プリティーミニー」も有りました。

DSC00813

ジントニック、カフェラテ、プリティーミニーを注文。

DSC05396

マドラーがミッキー。

DSC05395

砂糖もミッキー。こういうのでイチイチテンション上がる。

DSC05405

ラウンジ内にビールや赤白ワインも置いて有ります。

ビールはハイネケンとキリン一番搾り。

セルフなんで気兼ねなく飲みまくれます。

DSC05352

軽食メニューも追加。ドーナツ。

DSC05353

ミニカレーブレッド。

DSC05366

おつまみメニューも増えてました。

DSC05354

キューブチーズとおつまみナッツ。

DSC05359

セサミも増えてます。

DSC05356

このパンも菓子パンレベルじゃない、ちゃんとしたホテルパン。

DSC05370

カレーパンはスゲー旨かった。

DSC05373

しかも、ラウンジのドリンクやおつまみは部屋に持ち帰り可能となっています。

DSC05729

カクテルタイムは非常に混むので、むしろ持ち帰ってほしい感じ。

ラウンジも混み合うと相席をお願いされるし、

入る際も「持ち帰りですか?」って聞かれました。

 

一人一つまでというルールも無く、

両手に缶ビール盛り盛りの人ともすれ違いました・・・

私には、流石にその強靭なメンタルは無いんだけども。

朝食ブッフェ:ハイピリオンラウンジ

アンバサダーフロア宿泊者は、

アンバサダーラウンジだけでなく、朝食ブッフェも付いています。

 

朝食会場は、1階ロビー前に有る「ハイピリオンラウンジ」。

朝の時間帯(6:30~10:30)のみブッフェレストランとなってます。

通常利用する場合は、1人2,700円という料金です。

DSC05888

ハイピリオン・ラウンジ

  • 朝食ブッフェ時間:6:30~10:30
  • 料金:大人1名2,700円、7歳~12歳1,700円、4歳~6歳1,000円

私は6時20分頃にスタンバってましたが、まだ誰もおらず一番乗り。

DSC05805

オープン時刻より、若干早く入店させてくれました。

DSC05892

ロビー直結のレストランなので、なんかゴージャス。

DSC05893

天井もスゲー高い。

DSC05896

朝食ブッフェメニューは、左側の奥。

DSC05898

サラダコーナー。

スモークサーモンサラダ、ガーデンサラダ、ポテトサラダ、

コーンサラダ、キュウリ、チェリートマト。

DSC05906

ドレッシングは3種類。レモン、シーザー、和風ドレッシング。

トッピング用のクルトン、ベーコン、粉チーズ。

 

エメンタールチーズ、クリームチーズ、オレンジ、メロン、マンゴープリン。

トルティーヤ用のディップが3種類。サルサ、ワカモレ、ツナ。

DSC05907

ホットミール&ブレッドコーナー。

DSC05897

ゆで卵、スクランブルエッグ、バターライス、

DSC05939

チキントマトシチュー、ソーセージ、ベーコン、

DSC05942

ポテトグラタン、温野菜。

DSC05915

 

パンコーナー。

ロールパン、メロンパン、ほうれん草ロール、クロワッサン。

DSC05917

クリームデニッシュ、チョコレートデニッシュ、

ミッキーの形をしたミックスペリーデニッシュ。

DSC05933

コーンチャウダー。

DSC05918

ドリンクは、オレンジ、アップル、牛乳、ミネラルウォーター。

DSC05908

シリアルが3種類。

DSC05913

また着席時には、コーヒーや紅茶のお伺いも有りました。

 

ブッフェ料理の種類は、そこまで多くは無いですが、

どれもハズレ無く、ホテル品質の非常に美味しい料理でした。

DSC05975

パンも最高。ミッキーデニッシュに子供も喜びまくり。

DSC05955

個人的に止まらなかったのが、トルティーヤ。

DSC05989

サーモンとクリームチーズにアボカドディップってぇ~。

DSC05995

朝から食いすぎて動けなくなるやーつ。

コンビニ:サンセットサンドリー

アンバサダーホテル内には、

24時間営業のコンビニ「サンセットサンドリー」が入っています。

DSC04824

食事系の弁当やおにぎりも豊富に揃っており、

値段も多少割高な程度。おにぎり170円、サンドウィッチ310円とか。

IMG_2196

ざるそば649円は・・・ちょっと高いかな。

IMG_2197

ペットボトルは210円

IMG_2195

チューハイは210円、他のディズニーホテルと変わらない価格帯。

IMG_2194

 

また、コンビニの隣には、

お土産屋「フェスティバル・ディズニー」も有ります。

DSC04815

ホテルで定番のディズニーお土産が買えるのは助かる。

営業時間8時~23時と夜遅くまでお土産で悩めるからね。

DSC05336

アンバサダーホテルの特徴

「ディズニーアンバサダーホテル」は、

デラックスタイプのディズニーホテルの中では一番古いホテルとなり、

パークへの立地条件も悪いため、比較的宿泊料金も格安。

※「東京ディズニーセレブレーションホテル」はバリュータイプ

ディズニーホテル開業日

  • ディズニーアンバサダーホテル(2000年)
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(2001年)
  • 東京ディズニーランドホテル(2008年)
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル(2016年)

 

ディズニーランドとディズニーシーの中間に位置し、

どちらにも微妙に距離が有るのですが、

その代わりにアンバサダーホテルでは、

無料シャトルバス「ディズニーリゾートクルーザー」に乗れます。

DSC05213

ディズニーデザインのシャトルバス。

DSC05186

バス乗り場は、ホテル目の前。

DSC05229

ディズニーランド行きの始発が6時15分

DSC05232

ディズニーシー行きの始発が6時10分

DSC05231

午前10時までは、いずれも約10分間隔で運行しています。

 

また、他のホテルには無いキャラクタールーム。

ミッキーマウスルーム、ミニールームが有るのもこのホテルだけ。

★★タイトル★★ランドホテルのキャラクタールーム

  • ドナルドダックルーム
  • チップとデールルーム
  • スティッチルーム
  • ミッキーマウスルーム
  • ミニーマウスルーム

※「ディズニーランドホテル」には、アリス、ティンカーベル、シンデレラ、美女と野獣ルームが有ります。

 

パークの外でミッキーマウスのも、アンバサダーホテルだけ。

レストランでグリーティングのサービスを行ってます。

DSC05797

シェフミッキーは宿泊者以外も利用できますが、

シェフミッキーの朝食は宿泊者しか予約できません

 

もう一つの宿泊者限定グリーティングレストランが、

「エンパイアグリル」の「マイ・アニバーサリーストーリー」。

DSC04838

アンバサダーホテルの中でも、

アンバサダーフロア宿泊者のみ予約できる特別なコース。

DSC05424

私は運良くキャンセル拾いで予約ゲット。

スゲー特別感でしたが・・・お値段も特別でしたよ。

 

また、チェックイン当日に「ハッピー15エントリー」対象となっているのも、

アンバサダーホテルとミラコスタだけ。

ハッピー15エントリー対象パーク

チェックイン
当日
滞在
2日目以降
東京ディズニー
ランドホテル
利用不可 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー
ディズニー
アンバサダーホテル
東京ディズニーシー 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー
東京ディズニーシー・
ホテルミラコスタ
東京ディズニーシー 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー
東京ディズニー
セレブレーションホテル
利用不可 東京ディズニーランド
または
東京ディズニーシー

2020年6月1日からは、ハッピー15エントリールールも変わり

チェックイン当日に15分前入場が利用できるのは、

アンバサダーホテルだけになるとのこと。

アンバサダーホテルの駐車料金

DSC00790

アンバサダーホテルの駐車場料金は、

1泊2,500円(2泊目以降1泊ごと1,000円)

DSC00795

料金はミラコスタ、ランドホテルと一緒なのですが、

チャックアウト日の駐車可能時間が異なるので気をつけて。

チェックイン日は0時から無料で、チェックアウト日は14時まで無料

チェックアウト日の14時以降は、別途料金が発生するのです。

DSC00797

その代わり、ランドorシーの無料駐車券が貰えるので、

チェックアウトと同時に車移動もすることになる。

DSC05761

我が家の場合、6時頃にチェックアウト手続きをし、

朝食ブッフェもソッコー食べ、朝7時過ぎに車移動しましたが、

ディズニーシー駐車場に到着したのは約15分後。

一方通行をぐるっと回って行くので意外と距離あります。

DSC00870

7時30分過ぎに、ハッピー15エントリー入り口へ。

無事、15分前に入場できましたけど。既に結構並んでるの皆さん。

ハッピー15エントリーも宿泊者特典だから、使わないともったいないよね。

DSC05757

宿泊した感想

今回は、予算を低めにアンバサダーホテルにしてみましたが、

ディズニーホテルの中では、コストパフォーマンスが高いホテルだなと感じました。

格安といえど、ホテル内はディズニー感は満載ですからね。

DSC05795

 

宿泊料金が安いってだけでなく、

ホテル内コンビニ、隣のイクスピアリで、滞在費用も抑えられるし、

予想以上に良かったのが、アンバサダーフロアの客室。

ラウンジでお菓子&ドリンクも有るわけで、

夜は軽食に、お酒も飲み放題

更には、朝食ブッフェも含まれているという・・・

客室も1室料金なので、家族連れなら尚更お得。

パーク内で食べる事を考えたら、だいぶ出費も抑えられました。

子連れ家族5人のディズニー旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント。

ミラコスタやランドホテルだと、ラウンジ付きの客室は高いし、

ラウンジや朝食ブッフェメニューも、大差無いわけだからね。

 

ただ、ラウンジ付きの部屋にするなら、

パークで一日中過ごすのはもったいない。

アンバサダーホテルはパークからも遠く、

フラッと戻る事もできないわけで、せっかくのラウンジも上手く使えなくなる。

 

園内を行き来するならミラコスタやランドホテルには敵わない。

ミラコスタのディズニーシー直結は最高だし、

ディズニーホテル「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」宿泊レビュー

ディズニーランドで行き来したいなら、ランド目の前のランドホテル。

新しいホテルだけ有り、ホテルも非常に素敵でした。

ディズニーホテル「東京ディズニーランドホテル」宿泊レビュー

 

アンバサダーだとパークに行ったっきりになりますからね。

今回、我が家も、1日目のハッピー15エントリーは無視。

初日はパークにも行かず、

ホテル内のプレイグランドで遊んだり、イクスピアリ散策して、

夜はホテル内のレストランとラウンジを楽しみました。

2日目は、朝からブッフェにハッピー15エントリー。

朝食ブッフェ行ってから、ハッピー15エントリーってギリギリだよね。

 

貧乏性だから特典全部使いたくなっちゃうんですけど、

ゆっくりした方が、ホテルを楽しめるというもどかしさ。

ディズニーホテル満喫は、まだまだできそうにありませんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です