オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ「クワッチー」の朝食ブッフェとディナーブッフェレビュー


オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパに宿泊してきたというのは前回までの話。
今回は、ホテルの売りとなる食事、ブッフェ料理について。

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ宿泊レビュー。子連れプールとジャグジーと客室について。

オリエンタルホテルに泊まるなら朝食ブッフェは食べるべし。
朝からガッツリ沖縄料理、タコスもクロッフルベネディクトもハンバーガーもアイスも有り。

宿泊中はディナーブッフェも食べましたので、朝食ブッフェとの違いについてもご紹介。
朝食が豪華なのでディナーもトライしてみましたけど、朝食のインパクトが強すぎて・・・
というわけで、レビューします。

目次

ブッフェの営業時間と料金

朝食ブッフェ料金は、大人1人3,225円。子供は半額、幼児も3歳以上は800円が発生します。
なかなか高額ですので、素泊まりよりも朝食付きがオススメ。
値段なりに豪華では有りました。

ディナーブッフェは、1人4,500円。
朝食ブッフェに比べると安く感じましたが、たしかに料理内容は大差ない。
ディナーは、和牛ステーキ食べ放題のプレミアムディナーブッフェ1人6,500円も有りましたけど、
+2,000円でステーキしか変わらず、ほぼ注文している人も居ませんでした。

今回、我が家は、朝食付きプランにてホテル宿泊しましたので、
ブッフェ料金を支払ったのは、ディナーブッフェくらいです。

営業時間料金
朝食7:00〜10:00大人3,225円
小人(7〜12歳)1,612円
幼児(3〜6歳)800円
2歳以下無料
ランチ
土日祝日限定
11:30〜14:30大人2,500円
小人(7〜12歳)1,250円
幼児(3〜6歳)500円
2歳以下無料
ディナー18:00〜21:30
(ラストオーダー21:00)
大人4,500円
小人(7〜12歳)2,100円
幼児(3〜6歳)1,050円
2歳以下無料
プレミアムディナーブッフェ
※和牛ステーキ注文可能
18:00〜21:30
(ラストオーダー21:00)
大人6,500円
小人(7〜12歳)3,150円
幼児(3〜6歳)1,050円
2歳以下無料

ちなみに、クワッチーでは、ブッフェだけでなくアラカルトでの利用も可能。
アラカルトメニューの提供は毎日10:00〜17:00で営業していました。

レストランの内観

2階ロビーフロアのエレベーター付近にブッフェレストランクワッチーは有ります。

レストランの中に入るとテーブル席が有り、更に奥の部屋にレストラン受付が有る。

メインとなるブッフェレストラン会場。

中央にテーブル席、壁際にはソファ席も多くありました。

混んでくると、レストラン入り口側の席にも案内されるようです。

コロナの感染対策の為、手袋着用、マスク着用でブッフェ参加となります。

朝食ブッフェの内容

朝食付きプランで宿泊した場合、朝食チケットを宿泊数×人数分貰えました。
我が家は5人で3泊なので15枚。客室番号を申し出る必要は有りませんでした。

テイクアウトボックスを使って、客室で朝食を楽しむこともできました。
コロナでこのスタイルも一般的になってきましたね。

食事メニュー

朝食ブッフェメニューの紹介へ。
奥のキッチンスペースにはシェフがおり、料理の様子も垣間見えます。

タコスコーナー。オリジナルタコスが作れます。
ケチャップ、サルサソース、千切りキャベツ、チーズ、カットトマト。

タコスはアメリカンスタイルのハードシェルではなく、
本場メキシカンスタイルのソフトシェル。トルティーヤ。タコライス用の白米も有ります。

和食コーナー。サケとタマゴのふりかけ、味付けのり、納豆。

そして、オリジナルスパムむすびも自分で作れます。
厚焼きタマゴ、ポーク、たらこマヨネーズ、油みそ、シーチキンマヨネーズ、白米、長尺の焼き海苔。

コーンスープ、ゆし豆腐汁。

焼き魚、沖縄風の焼きそば。

蒸し野菜に島豚ステーキ。調味料はごまだれ、ポン酢、塩が置いてある。

肉厚ビーフバーガー。チーズソースもかけ放題。

ハッシュポテト。マスタードソースにケチャップも有り。

野菜料理、極厚ベーコン。

島豚ソーセージ、チキンラシス、スクランブルエッグ。

クロワッサン生地で作るワッフル「クロッフル」も有りました。
ソース類も豊富。ホイップクリーム、キャラメルシロップ、チョコレートシロップ、
メープルシロップ、ハチミツ、ミックスベリー、小倉あん、
いちごジャム、パッションフルーツジャム、シークワーサージャム、バニラジャム。

エッグベネディクトではなく、クロッフルベネディクト。

パンコーナー。デニッシュに食パンなど。
ティーダパインジャム、紫芋ジャム、パッションフルーツジャム、シークワーサージャム。
バター、苺ジャム、ブルーベリージャム。

カトラリー類。子供用の箸やフォーク、スプーン、前掛けも有ります。

サラダ&フルーツ&スイーツメニュー

中央にサラダとデザートコーナー。

サラダ。スモークサーモン、スライスチーズ。サーモンは贅沢。

ビーツ、キヌアサラダ、レタスサラダ、紅芋、ソフトサラミ、ハーブっぽいサラミ。

フルーツコーナー。スイカ、オレンジ、ピンクグレープ、
チアシードヨーグルト、ミックスベリーコンポート、プレーンヨーグルト。

ヨーグルトコーナー、ブルーベリーソース、ストロベリーソース、キウイソース。

シリアルコーナー。フレーク、グラノーラ有りの6種類。

アイスコーナー。沖縄のブルーシールアイス。
チョコレート、紅イモ、サトウキビ、バニラ、ヤンバルダブルシャワー。微妙に日替わりでした。

フローズンシェイクまである。ファンタグレープ。

ドーナッツウォール。

扉を開いてドーナッツを取り出すシステム。

ドリンクメニュー

朝食ブッフェのドリンクメニューも豊富でした。
水、さんぴん茶、パイナップルジュース、カシスビネガー、トマトジュース。

ベジタブルスムージー、ミックスメロンジュース。
無調整豆乳で作るミックスジュース。目の前で作ってるし、出来立ては最高。

アイスコーヒー、アイスティー。

ホットコーヒーとお湯。

紅茶のティーパック。持ち帰り用のカップもあり完璧。

マドラー、砂糖、ミルク、ガムシロップなど。カフェインレスコーヒーは粉末タイプ。

炭酸系のドリンクやオレンジジュース、リンゴジュースといった一般的なドリンクは、
ソフトドリンクマシーンで。デジタルタイプでした。

行列だったのが、生搾りオレンジジュース。

山盛りの生のオレンジを、目の前の機械が絞ってくれる。
レバーを押すと、生搾りジュースが出てくる。凄い機械だ初めて見た。

朝食ブッフェの感想

朝食の料金を見たときは、ちょっと高いなと思いましたけども、
そのブッフェ内容に料金設定も納得。

沖縄グルメも一通り有るし、その内容もアラカルト品質でした。
タコス、クロッフルベネディクト、ハンバーガー、どれも非常に美味でした。

クロッフルのエッグベネディクト。卵のトロトロ具合も完璧。

沖縄のご当地料理も一通り有るし、下手なローカル店よりも旨いよマジで。
あぐー豚のステーキも柔らかくて美味でした。

ミニバーガーは、肉が凄い。え?ウルフギャングでしたっけ?

肉感ゴリゴリの本格パテ。チーズソースたっぷりで君もアメリカン。

サラダとタコスのヘルシー志向な朝食プレート。量が全然ヘルシーじゃない。

様々な野菜にサーモンにチーズを入れた贅沢サラダ。グラノーラにチアシードで腸内改善しすぎ。

ここの朝食、エッグステーションが無いのでオムレツが無いのですよね。
で、スクランブルエッグとケチャップライスで無理やりオムライスしてやった、私がシェフ。

キヌアとビーツのサラダ美味しくて。美意識高い風の妻が何度もおかわり。

パンもサクサクで芳醇な香り。ワッフルとアイスは間違いないです。

子供大好き、納豆ご飯とコーンスープ。いやパンにバター乗せすぎ。

ドーナツたくさん取ってますけど、これ見た目ほど旨くなくて、親が頑張って処理しました。

ブルーシールのアイスが食べ放題なのも危険。ホイップクリームと小豆でパフェ。小倉あんも旨い。

3日間ほぼ同じメニューでしたけど、3日目でようやく全てを堪能できたかなという感じ。
それくらいどれも美味しくて、食べ過ぎた3日間でした。
朝食ブッフェは必須です。

ディナーブッフェの内容

朝食ブッフェと同じレストランなので、基本的に料理の配置は一緒。
提供場所が増えるわけでもないので、品数変わらず、料理が変わる感じでした。

食事メニュー

ごはんメニューから五目炒飯。

白飯、ホテル特製オリジナルカレー。

島野菜の五目餡。

自分で作る沖縄そば。

麺を湯がいて沖縄そばの出汁をかけて、好みの具材をトッピングをする。

紅しょうが、ネギ、かまぼこ、コーレーグース。

ふわふわ玉子スープ。

県産野菜とむき海老のコンフィ、豚のピリ辛炒め。

蒸し点心。からし、ぽん酢。

バスク風鶏肉のトマト煮込み。

酢鳥〜BENIとQWACHIのフュージョンスタイル。

県産魚のフラワーソルトマリネ。
せんだん花のはちみつとナッツのソース。

名護産野菜のチャンプルーフラワーソルトで。

やんばるハーブマリネしたチキングリル、有頭海老のグリル。
厚切りハム、ハッシュポテト。

田芋の煮物天ぷら(どぅるわかしー天ぷら)、美ら海マグロカツ。

前菜コーナー。豚ロース肉の焼き物せんだん花のはちみつソース、鶏ハムの中華風 ハイビスカスソース、
タコのカルパッチョ ハイビスカスエキスと粒マスタード、キャロットラペ バジルソルトと島胡椒。

地場野菜の黒糖醤油漬け、ミミガーのピーナッツ味噌和え、
美ら海もずく ハイビスカスとシークワーサーのビネガー仕立て。

パンコーナー。濃厚キャラメルデニッシュ、マルチグレンロール、胡桃パン、バケット。
シークワーサージャム、紅イモジャム、ホイップバター。
パンは朝の方が豊富ですね。

ドーナッツウォールの代わりにチーズコーナーが登場していました。
ブルーチーズ、ミモレットチーズ、蜂蜜。

プレミアムディナービュッフェで頂けるお肉。
県産和牛の中華ステーキ、県産島豚のコールドポーク。
誰も取りに行ってないということは誰も注文していないのでしょう。

サラダ&フルーツ&スイーツメニュー

サラダとデザートコーナー。

レタス、プチトマト、ゴーヤスライス、きゅうり、紅芋、スライスオニオン。
朝とは微妙にラインナップが変わってるかな?程度。

ドレッシングは変わっており、レッドドラゴンドレッシング、シークワーサードレッシング、
タンカンドレッシング、島マースと島胡椒のドレッシング。

デザートコーナー。シークワーサーゼリー、きなこプリン、
パンナコッタ(マンゴーパッションフルーツソース)。きな粉プリン用の黒蜜。

トリュフチョコケーキ、スフレチーズケーキ、ルビーチョコケーキ、ティラミス。

白玉入り沖縄ぜんざい。

セルフカスタムパフェコーナー。色々トッピングが揃っていました。
チョコレートフォンデュも作れます。

ブルーシールアイス。これは朝と一緒。

フルーツコーナー。
スイカ、パイナップル、ピンクグレープフルーツ、オレンジ。

ドリンクメニュー

ディナーでは、別料金でドリンクメニューも注文できました。
カジュアルボトルワイン、オリジナルクラフトビールといったアルコール類だけでなく、
ノンアルコールカクテルといったメニューも有りました。

朝食と変わらずソフトドリンクマシーンは有り、
ディナータイムでは、エスプレッソマシーンも登場していました。

紅茶のティーパック、緑茶のティーパック。これもディナータイム限定ですね。

逆にフレッシュジュース類は、朝食ブッフェのみとなります。
ドリンクメニューの豊富さは、朝食ブッフェの方が多いですね。

ディナーブッフェの感想

朝食ブッフェからメニューは増えるというよりも減っており、
ちょっとインパクトのある料理も少ないので、朝食で期待値上げてしまうと残念な感じがありました。
いや、美味しかったんですけど、朝食が気合入りすぎてるのよ。

ディナーは、朝食の時より混雑していない。

ディナータイムでは、夕日も見えました。

朝食に比べると小鉢料理が増えているので、酒飲みながらおつまみしまくるのは良いのかも。
ただ、どれも弱い。メインとなるのはマグロカツ、エビ・・・あたりでしょうか?

あとは中華メニューが増えたくらい。

サラダのドレッシングがゴージャスになった感じ。サラダも大して変わらない。

沖縄そばは美味しいけど、朝食ブッフェでもよく出てくるからね。

カレーの色が独特過ぎて、でも味は普通にカレー味。
なんでこの色なのか?オリジナルカレーだけで説明もない。ハロウィーンでもない。

パンは朝食で食べるべきですね。

子供は相変わらずなメニューであり、キッズ向けのメニューは朝食の方が多い。

炊飯器チャーハン。炒めている感は無く、むしろ炊き込み系。

デザート類も、あまり力は入ってない印象でした。

ケーキ系は、コンビニよりも微妙かと。

マンゴーパッションフルーツソースのパンナコッタだけ爆食いしてました。これ美味しい。

オリエンタルホテルの会員で10%オフなったんで、文句は言えない値段でしたけど。
意外と安かったと今気づいたわ。

まぁ、ブッフェの値段出すなら、他にもレストランありますからね。
ホテル内で、アラカルト料理を食べても良かった気もしただけ。
朝食が豪華すぎただけぇ~。

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのブッフェまとめ

シャトルバスの運転手さんが、ここのホテルはご飯が美味しいよって教えてくれましたけど、
その話はホントだったと納得。3泊朝食付にして良かったです。
朝食ブッフェと広いガーデンプールだけでも泊まる価値あるんじゃないかなと。

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ宿泊レビュー。子連れプールとジャグジーと客室について。

ホテルブッフェって手軽にご当地グルメ食べれて好きなんですけど、
オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパの朝食ブッフェは、ご当地グルメの域を超えてきましたね。

それ故に朝食ブッフェは混んでましたので、行くならオープン直後に行きましょう。
寝坊したら落ち着いて食えぬぜよ。

バリエーションが豊富というよりも、1品1品美味しく高カロリー。ガッツリメニュー多し。
朝から食うにはヘビーなんですけど、旨すぎてお替りして翌日も飽きずにイケる。
ぜひともハンバーガーにタコライス、野菜マシマシ、チーズマシマシして。
卵にベーコンにサーモントッピングにしたり、試行錯誤しながら召し上がって欲しい。

3泊宿泊で3日間、朝から浴びるほどに食べまくり。
一日のグルメ予定が狂いまくるくらいの影響も出ました。

腹いっぱいのせいなのか、ホテルブッフェのが旨くなかった?って。
絶対言っちゃダメなやつだからな。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる