ハレクラニ沖縄アフタヌーンティーとパンケーキレビュー。子連れビジター利用して気づいたこと。

ハレクラニと言えばハワイですけども、日本にもできたとのことで行ってきました。
とはいえ、庶民の私が宿泊できるわけもなく、今回もビジター利用。

アフタヌーンティを予約して、アラカルトで名物リコッタパンケーキも食すという、
贅沢なつもりで泊まってないからお得なやーつ。

今回は、子連れの家族旅行で利用したので、その辺も含め覚え書き
ハレクラニのハワイっぽい感じ、フレンドリーなスタッフもとても良かったです。

目次

アフタヌーンティの予約方法

アフタヌーンティの予約はTable Checkからオンライン予約できます。
オンラインでは10名までの予約が可能とのことでしたが、アフタヌーンティの注文制限が4人までとなっており、
予約できる時間も15:30までしかできなかったので、直接レストラン「House Without A Key」の方へ連絡しました。
子連れ利用であり、ランチメニューの件も伺いたかったですからね。

で、このハレクラニのレストランは、全然電話がつながらない。
電話しても話中のプープープー。繋がったと思ったら自動応答で音楽が流れる。
ただいまお繋ぎしています、ただいま電話が大変込み合っています。
待つこと約8分オーバーで予約電話がつながりました。

予約当日も予約時間の件で電話したけど、やっぱり全然繋がらない。
電話が全然繋がらないから、電話がつながる時には到着しそうになりました。

電話予約後には、Table Checkから確認メール(SMS)が届きました。
電話予約してもTable Check経由で予約するのも変わらないってこと、
特に確認すべきことが無い場合は、オンラインから予約した方が良い気もした。

アフターヌーンティーは、14:00-17:00まで受付可能であり、
アフタヌーンティのラストオーダーは16:30まで。
そして、ランチの営業時間は11:30-17:00。
アフタヌーンティで席予約すれば、ランチもついでに楽しめるって算段です。
ハレクラニ沖縄限定のリコッタチーズパンケーキ食べたいよね。

※参考→ハレクラニ沖縄ランチメニュー

そして、オールデイダイニングレストラン「House Without A Key」は、
ディナーとアフタヌーンティと一部メニューしか予約できないようになってたからね。

私が予約した時は2時間利用可能でしたけど、今見たら90分間の利用になってました。
ディナータイムにまたがるなら、ディナーメニューも注文できるハズです。

というわけで、我が家は大人2名分のみ予約して当日へ。
1名6,000円なので、2名で12,000円。
サービス料、消費税も込みの料金です。

駐車場

ハレクラニ沖縄の駐車場は無料です。
入り口でレストラン利用と伝えれば、駐車場を止める場所も教えてくれました。

客室棟の目の前の駐車場に止めました。

駐車場広い。

さすがハレクラニ沖縄。他のホテルよりも圧倒的に混んでる、車たくさん有るわ。

ホテル内観

ホテル入り口。

ここ入れるのはちょっと感動する。

ハレクラニ沖縄のカーペット。宿泊してないけど踏んでやったり。

アルコールボトルまでオシャレ過ぎる。いやコレ凄い欲しいんですけど。

ハレクラニ沖縄のロビー。チェックイン時刻後の時間帯なので空いてます。

ロビー中央にとても大きな生花。

天井も高くて解放感有りますね。

ホテル内マップ。天気予報まで。デジタル化されてます。

ロビー目の前にオーキッドプール。

海へと境目が無く繋がるこの景色。贅沢な噴水。

インフィニティプール。
ハレクラニのロゴにもなっている蘭の花がプールの中に見える。ハワイと一緒。

プール中にリクライニングチェア。水の中にテーブルとイスが有る。あいにくの天気ですけど。

子供用のプールまで映えるのがハレクラニ。

ホテル周辺を散策できる散歩みち。

「ハレクラニ」ロゴを探せ。

建物も立派。垣間見える客室。

ポップアップストアでマラサダのお店「レナーズ」とレモネードのお店「ワウワウレモネード」。
いずれもハワイ生まれで日本にも進出しているお馴染みの店も有りました。

日本進出したハワイで大人気の有名店。ハワイ店舗との違い。

メイソンジャー売ってる。わざわざハワイで買う必要もないね。

レストラン内観

ハレクラニ沖縄のアフタヌーンティ会場は、ラウンジカフェ的な場所では無く、
ホテル内のレストラン「House Without A Key(ハウスウィズアウトアキー)」での提供となっています。

レストランという雰囲気。皆さんワイワイしています。

テーブル席だけでなく、ソファー席も多い。
座席数も194席あるってよ。

ラウンジカフェとは違い、落ち着いた雰囲気ではないので、
家族連れにも安心して利用できるかと。

変にかしこまった雰囲気が無いのもハレクラニの良いところ。

アフタヌーンティーレビュー

まずは、アフタヌーンティーのレビュー。
席には既にアフタヌーンティ用のテーブルセットが用意されている。

アフタヌーンティのメニュー詳細。
今回は、ハワイアン仕様のアフタヌーンティでした。

ハレクラニアフタヌーンティーメニュー
  • ハレクラニココナッツケーキ
  • マカダミアナッツバター餅
  • マラサダ
  • 苺とチョコレートクランチ
  • ハウビア マンゴー
  • アロアロパンナコッタ
  • プレーンスコーン
  • ハレクラニブレンドコーヒースコーン
  • クロテッドクリーム
  • マヌカハニーとパイナップルのプリザーブ
  • フリフリチキンとパイナップルのピンチョス
  • ロミロミサーモン、完熟トマトと胡瓜のカクテルチリライムシュリンプ
  • ポークランチョンミート、ハーブ卵とメープル風味のイングリッシュマフィン
  • ハワイアンミニバーガー

アフタヌーンティといっても、料理はアフタヌーンティスタンドからの提供だけでもなく、
プレート料理も含まれて運ばれてきました。

まずは、プレート料理から。
ハワイアンミニバーガー、ロミロミサーモン、完熟トマトと胡瓜のカクテルチリライムシュリンプ、
フリフリチキンとパイナップルのピンチョス、
ポークランチョンミート、ハーブ卵とメープル風味のイングリッシュマフィン。

スコーン2種とマラサダ。
クロテッドクリーム、マヌカハニーとパイナップルのプリザーブ。

続いて、アフタヌーンティースタンド。

アロアロパンナコッタ、ハウピア マンゴー。

苺とチョコレートクランチ、マカダミアナッツバター餅。

ハレクラニココナッツケーキ。

シュリンプのなにか。

ケーキがどれも美味しい。奇をてらわない間違いない味でした。
マカダミアナッツの餅みたいなのが、もちもちした食感で美味い。

ミニバーガーだけど味は本格的。子供サイズで子供大喜び。

ロミロミサーモン。マフィンは普通。

スコーン。クリームを乗せてもよし、マヌカハニーも美味しい。
パイナップルのプリザーブが果肉の食感あり。

コーヒーと紅茶はおかわり自由。紅茶も数種類の中から選べます。
アイスティー、ストローがステンレス製。

テーブルに砂糖も置いてありました。

子供用ストローもステンレス製でゴールド。

紅茶の種類も豊富で、どれも本格的で美味しい。

ハレクラニハイビスカスティー。

ピュアママキ。

カフェラテ。ラテアート。クリーム感強くて美味しい。

エスプレッソダブル。ガツンときますね。

アフタヌーンティの料理は、1品1品しっかりとしており、
やはり、その辺のホテルのアフタヌーンティとは違いますね。
食事メニューも有り、ボリュームも多いので、デザート多めのコース料理みたいな感じでも楽しめるかと。

お替り自由のコーヒー、紅茶は、どれも美味しいので、ついうっかり飲み過ぎる。
お茶でお腹も満杯になるのでした。

パンケーキレビュー

子供も一緒だったので、名物リコッタパンケーキも頂きました。
本家ハワイのOrchids(オーキッズ)のパンケーキとも違う、ハレクラニ沖縄オリジナルメニュー。

ナイフを入れた瞬間に柔らかいのがわかる。

ふわふわで崩れそう。萌え断。

スフレパンケーキっぽい食感がとても良い。モチっとしているのにフワフワ。
ブーツ&キモズを彷彿させるマカダミアナッツソース。ナッツの歯応えも良いですね。

フワフワで軽くて、あっという間に子供に食べられて終了。
ふわふわなのでボリュームは無い。これは空気、いくらでも食べれるやーつ。

子連れ利用で思ったこと

ハレクラニ沖縄といえば、沖縄でも大人気の高級ホテルですが、
高級リゾートホテルのアフタヌーンティという感じではありませんでした。

だから、あんまり子連れだからということを気にすることも無い。
レストランだし、スタッフも陽気だし、ハワイっぽいし、ドレスコードもリゾートカジュアル。
堅苦しく無く、カジュアルな雰囲気で楽しめたのも良かったです。

我が家以外にも子供もいたし、スタッフも子供を楽しましてくれる。
キッズメニューも用意されており、
ウチの子供オムライスが好きすぎるんで、うっかり頼んじゃいましたよ。

キッズメニュー
  • プレート:2,800円
  • スパゲッティミートソース:1,400円
  • オムライス:1,400円
  • フライドチキンとフライドポテト:1,400円
  • ハンバーグステーキ温野菜添え ライス付き:1,400円
  • おにぎりセット:1,400円
  • お子様うどん:1,400円
  • バニラアイスクリームとちんすこうのチップ:1,400円

シンプルなオムライス。シンプル・イズ・ベスト。定番で旨いやつ。

敢えて卵をフワトロにしない憎さ。
パンケーキ喰ってオムライスもペロリで、全然食べさせてくれないの。

ハレクラニ沖縄のお土産

食事をした後は、ハレクラニ沖縄でお土産も買いました。
ハレクラニに宿泊しなくても、ハレクラニのお土産が買えてしまう。

大人気のエコバッグ。

期間限定のバッグ、危うく買いそうになる。

ちんすこうではなくクッキーとショコラ。2,200円と1,800円は、手が出なかった。

パンケーキミックスも売ってるけど、これだけではリコッタパンケーキは再現できないから気を付けて。
2,000円の価値・・・あるとは思いませーぬ。パンケーキミックスのお土産はどこでも危険です。

こちらも大人気マグカップ。

ポーチは凄く欲しかったけども、止められました。8,800円と6,400円。

バッグもお高いけど、造りもしっかりしてるんだよ。悩むよ。

謎にクッションとかも欲しくなってた。16,300円・・・冷静に考えたら要らんのですよね。

最終的に購入したのは、ハレクラニのエコバッグ。形も可愛くて値段もお手頃3,900円。

いや麻痺するよ。ハレクラニ怖い。

ハレクラニ沖縄アフタヌーンティーまとめ

ハワイ好きのハレクラニ沖縄はどうしても行きたかったので、
アフタヌーンティ料金だけで、ハレクラニを味わえてしまって、
なんだかものすごいお得な気分に浸れました。

綺麗なホテルの敷地内を散策できるし、最高峰スタッフのサービスも受けられる。
ハワイ気分にも浸れて、スタッフも子供を楽しましてくれる。
ハレクラニの雰囲気、フレンドリーで親切って感じ。子連れには良いと思う。

リッツカールトン沖縄のアフタヌーンティも行きましたけども、
あちらは、大人向けの雰囲気でしたからね。
家族で行くならダンゼンハレクラニ沖縄をおすすめします。

リッツカールトン沖縄アフタヌーンティーレビュー。子連れで利用して気づいたこと。

子連れで食事を楽しむなら、ブセナテラスのランチブッフェも最高でした。
ハレクラニ人気が高い今、むしろ穴場かもしれません。

ザ・ブセナテラスのランチブッフェ「ラ・ティーダ」レビュー。子連れビジター利用で感動した話。

アフタヌーンティってお値段もお手頃、大人2人分でお茶も飲み放題、
キッズメニューも頼んでも、ホテルのブッフェよりも安いのでした。

ハレクラニ沖縄を家族連れで宿泊するとなると、
もう一回くらい沖縄旅行行けるくらいの金額がぶっ飛びますからね。

ちなみに、支払方法はテーブルチャージ。レジ探さないように気を付けて。
私は毎回戸惑う、高級ホテルのお会計。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる