ANAマイルの価値。1マイルの価値を高める利用方法について。

マイルは日本円よりも価値が高いという話を信じて、ただ漠然とマイルを貯めていた私。
実際、貯めたANAマイルの利用先を考えて・・・気付いてしまった。
マイル価値を高めようとすると、凄いマイル数が必要で、
貯めたと思えば、今度は使いたい時に使えないという。

マイルは特典航空券に変えてこその価値。
スターアライアンスを利用しないのに、ANAのマイルを貯めても意味無いし、
なんなら国際線航空券に使わなければ、マイルの真価も発揮しません。

そもそも、飛行機に乗らないのであれば、マイルよりも現金化。
ポイント還元率の高いクレジットカードを利用した方が得します。
意外とマイル交換で消耗してる人って多いんじゃないかと。

マイルの価値観は人それぞれですが、重要なのは1マイル=1円では無く
使い方次第でマイルの価値も大きく変わってしまうという事。

貯めるよりも、使い方のが重要だから、知っておきまっしょい。
今回はANAマイルですが、基本的にJALマイルも大差無いと思ってます。

JALマイルの価値と特典航空券。ANAマイルと比較して気付いた違い。

目次

ANAマイルへの移行レートが悪い

まず、なんで1マイル=2円なんて話になっているのか?という疑問。
他のポイントからマイルへ交換する時も、何故かやたらと交換レートが悪い。

1マイルは、1円相当のポイントへ交換できますが、
他社ポイントからマイルへ交換すると、交換レートは半減してしまいます。
1円相当のポイントは、1マイルには交換できないのです。

1マイルは1ポイントなのに、1ポイントは0.5マイルとなる。
マイルだけ、お高くとまってるわけですね。

ポイント→ANAマイルへの移行レート

  • 楽天ポイント:50ポイント→25マイル(50%
  • Tポイント:500ポイント→250マイル(50%
  • nanacoポイント:500ポイント→250マイル(50%

ANAマイル→電子マネーへの交換レート

  • Edy:10,000マイル→10,000円分(100%
  • nanaco:10,000マイル→10,000ポイント(100%
  • 楽天ポイント:10,000マイル→10,000ポイント(100%
  • Tポイント:10,000マイル→10,000ポイント(100%

1ポイント1円とするならば、1マイルは2円の価値が有るという事。
あくまでポイントとして利用した場合の話なんですけど、
1マイル=2円という話も、これが影響している気がします。

実際、ポイントは現金化すると、更に価値は下がり、
例えば、Tポイントは100ポイント→85円(85%)で現金化できる。
ただ、わざわざそんな事する人っていないよね。

ポイントはポイントとして使ってこそ1円となり、これはマイルも同じ。
マイルのまま使わなけば意味がありません。
マイルはマイルとして、航空券へ交換しましょう。

ANAマイルは特典航空券に交換してこその価値

マイルってのは、現金化するもんでは無く、
特典航空券として使ってこそ真価を発揮します。
しかも、運賃が高い航空券に交換するほど、マイル価値は高くなります

国際線の上級クラス、長距離路線の特典航空券に変えるべし。
航空券の価格はルートにより異なり、
相場も常に変動するので・・・体感値として以下のような感じです。

ANAマイル価値 特典航空券による違い

  • 国際線特典航空券(ファーストクラス):1マイル → 約8~15円
  • 国際線特典航空券(ビジネスクラス):1マイル → 約4~7円
  • 国際線特典航空券(エコノミークラス):1マイル → 約2~3円
  • 国内線特典航空券:1マイル → 約1.5円~3円
  • SKYコイン:1マイル → 約1~1.7円

上記は「旅割」等の割引料金と比較した場合の、マイル価値となります。
ANAの普通料金(正規料金)で乗る事は、誰も想定していないと思うので。
特典航空券に交換した時に、1マイル=2円以上になりがちだから、1マイル=2円って理由も頷けるかと。

ただ、国内線の特典航空券に交換した場合、1マイル=2円とならない場合も多く存在します
高い運賃の時なら、マイルのが得してんのかな?ってレベルの話。
マイルを有効活用するなら、最低でも、国際線エコノミークラスに交換すべきであり、
マイル価値を最大限に活かしたいなら、国際線ビジネスクラス、国際線ファーストクラスに使うべきです。

国内線特典航空券に使うくらいなら、SKYコインで妥協しても良いんじゃないかっていう。
特典航空券って座席数にも制限あるから、意外と使えないからね。

ちなみに、特典航空券ではプレミアムポイント(PP)が貯まりませんので、SFC修行する人は気を付けて。
プレミアムポイントを貯めるなら、マイル→SKYコインに交換してから航空券を購入する方法も有りますが、
マイル→SKYコインだと、1マイル=1.5円前後の価値となってしまうので・・・
これだと、敢えてマイルで貯める必要有んのかなっていう疑問。

家族の特典航空券にも使えるけど、子供はマイル価値が減少する

マイルは本人搭乗分に対してしか貯まりませんが、
マイルを国際線特典航空券に交換する場合は、家族(配偶者と2親等以内)にも利用可能です。
※家族に利用する場合、事前に特典航空券利用者登録が必要です。

ただ、国際線特典航空券を、子供(小児、幼児)に利用する場合は注意。
幼児(生後8日~2歳)には、特典運賃航空券は利用不可能なので、
別途、幼児運賃航空券が必要となり、小児(3歳~11歳)の場合は、
大人と同じマイル数が必要となるので、結果的にマイル価値は減少します。

通常航空券を購入する場合は、幼児運賃、小児運賃というものが用意されていますから。

ANA小児運賃と幼児運賃の違い

  • 小児(3歳~11歳):大人運賃の10%(座席利用無し)
  • 幼児(生後8日~2歳):大人運賃の75%(座席利用有り)

なるべくANAマイルを有効活用したいなら、子供だけ現金で払うという方法も有りなじゃないかな。

ただ、特典航空券で予約できる座席に限りが有り、航空券も別になるので・・・
上手く人数分の航空券が確保できるかどうか?の方が問題だとは思いますけど。

ANAマイルをアップグレードに使う場合のコスパ

ANAマイルは国際線のみアップグレードにも使えますが、
マイルで交換した「特典航空券」は、マイルでアップグレード不可能だし、
そもそもアップグレードできる予約クラスには制限が有り
私が、よく利用するようなEconomy Super ValueL)や、
Economy ValueVWSHQ)では、アップグレード不可となってます。

格安航空券で使えないから・・・結果的にコスパ悪いっていう。

アップグレード可能な予約クラス(ANA便)

  • エコノミークラス:Y/E/B/M/U/G
  • ビジネスクラス:J/C/D/Z

アップグレード可能な予約クラス(スターアライアンス便)

  • エコノミークラス:Y/B
  • ビジネスクラス:C/D

※エコノミー→ファーストのような2段階アップグレードは不可能
※スタアラ便は、航空会社により対象クラスが異なる場合有り

提携アライアンス(スターアライアンス)でも使えますが、
やはり、元々の予約クラス運賃が高いので、コスパは悪くなりがち。

マイル価値を上げる為には、大量のマイルが必要となる

ANAマイルは、国内線よりも、国際線で利用した方がマイル価値が高まるのですが、
国際線ともなると、マイル利用のハードルはグッと上がります。

まず、国内線は片道5,000マイルから利用できますが、
国際線の場合は、往復12,000マイル貯めないと特典航空券には交換できません。

ANA特典航空券に必要なマイル数

  • 国際線特典航空券:片道5,000マイル~
  • 国内線特典航空券:往復12,000マイル~

また、目的地(Zone1、2、3、4、5、6、7、10)だけでなく、
シーズン(L:ローシーズン、R:レギュラーシーズン、H:ハイシーズン)により、
必要なマイル数も変わるという。

繁忙期に利用したいなら、閑散期よりも大幅にマイルが必要となるわけ。
繁忙シーズンも、ゾーン区分により微妙に異なります。

2018-02-03_14h50_50

ANA国際線特典航空券におけるゾーン区分

  • Zone 1:日本
  • Zone 2:ソウル
  • Zone 3:北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、 マニラ
  • Zone 4:シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、 クアラルンプール、 プノンペン
  • Zone 5:ホノルル
  • Zone 6:ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、 ニューヨーク、 シカゴ、 ヒューストン、 バンクーバー、 メキシコシティ
  • Zone 7:ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル
  • Zone 10:シドニー

概要 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

マイル価値を高くするなると、エコノミークラス(1マイル→約2~3円換算)よりも、
ビジネスクラス(1マイル→約4~7円換算)を狙いたい。

一番マイルが少ないエリアで韓国(Zone 2)ですが、
ビジネスクラスともなると、25,000マイル~33,000マイル

シンガポール(Zone 4)や、ハワイ(Zone 5)になると、更に必要なマイル数は倍倍と増えていく・・・

ANA国際線 特典航空券に必要なマイル

Zone 2(韓国)Zone 3(アジア1)
シーズン閑散期通常繁忙期閑散期通常繁忙期
エコノミー12,00015,00018,00017,00020,00023,000
ビジネス25,00030,00033,00035,00040,00043,000
ファースト
Zone 4(アジア2)Zone 5(ハワイ)
シーズン閑散期通常繁忙期閑散期通常繁忙期
エコノミー30,00035,00038,00035,00040,00043,000
ビジネス55,00060,00063,00060,00065,00068,000
ファースト105,000105,000114,000
Zone 6(北米)Zone 7(欧州)
シーズン閑散期通常繁忙期閑散期通常繁忙期
エコノミー40,00050,00055,00045,00055,00060,000
ビジネス75,00085,00090,00080,00090,00095,000
ファースト150,000150,000165,000165,000165,000180,000

ANA国際線 ビジネスクラス交換に必要なマイル

  • Zone 2(韓国):25,000マイル~33,000マイル
  • Zone 3(アジア1):35,000マイル~43,000マイル
  • Zone 4(アジア2):55,000マイル~63,000マイル
  • Zone 5(ハワイ):60,000マイル~68,000マイル
  • Zone 6(北米):75,000マイル~90,000マイル
  • Zone 7(欧州):80,000マイル~95,000マイル
  • Zone 10(オセアニア):65,000マイル~80,000マイル

私に限って言わせて貰えば、アジア便はあんまり利用しませんので、
ハワイ(Zone 5)、カナダ・アメリカ(Zone 6)、オーストラリア(Zone10)の利用となる。
・・・となると、最低でも60,000~75,000マイルも貯めないと行けないわけ。

エコノミーなら35,000~40,000マイルで使えるんだけど・・・
エコノミー2.5倍~3.5倍のビジネスクラス料金が、マイルなら1.7〜2倍だけで済むから・・・グッと我慢。

マイルが微妙に足らないからといって、現金払ってマイルを補う事もできません。
マイルと現金が併用できたら、最高だったんだけどね。

特典交換に必要なマイル数に達していない場合、不足分を現金やANA SKY コインなどで補うことはできません。

ANAが独自に提携している「提携航空会社」でも、特典航空券は発行できますが、
こちらは、ANA便とは異なりシーズン区分が有りません

※参考→概要 | 提携航空会社特典航空券

ANAのレギュラーシーズンのマイル数と同等なので、
ハイシーズンほど得であり、ローシーズンは使わない方が良い。

ANA便よりは空いているので、混雑時ほど活用すべき。
特に、電話予約のみ対応の提携航空会社は穴場です。

繁忙期にANAマイルで特典航空券を発券する裏技。提携航空会社特典航空券が穴場。

ANA国際線特典航空券は予約が取れない

国際線特典航空券の場合、利用できない期間はほとんど無く、
制限が有るのは「お正月のハワイ便」くらいなんですが・・・

実際、予約が取れるかというと別問題。
特典航空券って座席数に制限が有るので、空席探しも超大変。
人気のある時期、人気のあるエリアほど、早い段階で埋まってしまいます。

せっかく、ビジネスクラスに乗る為にマイルを貯めたのに、
特典航空券の予約が取れないっていうオチ。
私みたいな陸マイラーほど、ANAマイル貯めてますからね。

ゴールデンウイーク、お盆、年末年始、春休み・・・
繁忙期のマイル換算レートは悪いですが、換算レートとか関係無しに予約が取れません。
数か月前から前もって予約しようとしても、空席無しでエラー出ます。

2018-02-03_15h52_55

特に人気のエリア「ハワイ」とか、繁忙期は全然予約取れないないから。
閑散期(L:ローシーズン)でも「空席待ち」とか、マジで使えない。

2018-02-03_15h43_03

ビジネスクラスともなると、座席数は更に少ないので、尚更厳しいっていう。
特典航空券を確実に利用したいなら、なるべく早く予約しなければならない。
ANA国際線特典航空券は、搭乗日の355日前午前9時)から予約開始です。

ご搭乗の355日前(ご出発日含まず)の午前9:00(日本時間)から、第一区間出発の4日前(96時間前)までお申し込みになれます。

繁忙期に人気エリアに行く場合は、約1年前に予約しないと駄目っていう。
ANAの特典航空券は、何度でも無料で日付変更が可能なので、
行く予定が有るなら、とりあえず予約開始とともに予約だけ抑えておくのは有り。
ルートと座席クラスの変更は不可能
※キャンセルの場合は、1名毎に払戻手数料3,000マイル

復路便の予約開始日に合わせると、往路便の予約が遅れてしまうので、
一旦、往路便と復路便を、無理やり同日に予約して、
後で、復路便だけ後で変更するという裏ワザ。

予約変更も、復路便希望日の開放日にスタンバイ必須。
ただ、予約変更で希望日の復路便が確実に取れる保証は有りませんので、
予約変更も開始日ソッコーで頑張って下さい。

ANAマイルは陸マイラーが多く、SFC会員も多いので、人気便はホント厳しい。
JALマイルの方が難易度は低く感じました。
ワンワールド特典航空券を除く、JAL特典航空券に限っての話ですけど。

JALマイルの価値と特典航空券。ANAマイルと比較して気付いた違い。

繁忙期にANAマイルを使いたいなら、ANA便でもスタアラ便でも無く、提携航空会社の特典航空券へ。

繁忙期にANAマイルで特典航空券を発券する裏技。提携航空会社特典航空券が穴場。

皆が予約しない航空会社が狙い目です。フィリピン航空とか。

ANAマイルをフィリピン航空(セブ島)の特典航空券に交換して気づいたこと

また、国際線特典航空券には、上級会員専用の特別枠が有るので、
ANAの上級会員なら、より有利に予約できるようになります。
※国内線特典航空券には、上級会員の特別枠は有りません。

というわけで、私のANAマイルはまだ有効期限が有りますので、
SFC修行してから、マイルを利用したいと思います。

ちなみに、ANA SKYコインに交換してから航空券を購入するという方法も有りますが、
換算率が悪いので、ANAマイルを貯めた意味も無くなってしまうんじゃないかと。
ANA SKYコインだと、1マイル=1.5円前後の価値ですから。

まぁ、ANAマイルの有効期限は3年間なので、
期限間近で使えないよりは、ANA SKYコインで確実に使えた方が良い。
無理やり旅行しても、やっぱり楽しくないですからね。

ANAマイルの価値は人それぞれ、疲れちゃったら意味無い

マイルの価値について調べて思ったのが、
なんか得してるのか、損してんのか、よく分からないじゃんって結論になりました。

マイルは、あくまでマイル。
現金としては使えないし、現金に交換すれば価値は下がってしまう。

マイルの価値を高める為には、より多くのマイルを貯める必要が有り、
せっかく貯めたマイルも、今度は消化するのが大変という。

有効期限3年間という縛りも有り、
無理してマイル消化しても、全然得もしないから。

ANAマイル消化のポイント

  • 国際線特典航空券ビジネスクラスがコスパ良し
  • 特典航空券は超人気。1年前に予約スタンバイ
  • 繁忙期は提携航空会社特典航空券が狙い目
  • マイルの有効期限は3年間

マイルを貯めるのが目的となって、結局無駄な出費をするなら、
無理せず現金で旅行したほうが良い。

そもそも、マイルで得するっていうのは、飛行機運賃を現金換算した場合の話。
割高なANAやJALの運賃が基準ですからね。

ANAのビジネスクラスに乗りたいなら、ANAマイル貯めるのは良いと思うけど、
安い料金で飛行機乗りたいだけなら、格安航空券で探した方が、色々融通も利くっていう。
航空会社にも縛られないし、アライアンスも関係ない。
LCCのセールとか、ホント激安ですからね。

普段から飛行機を乗らないような人は尚更、現金の方が利便性は高いし、
無理してマイルを貯めない方が、お金も浮きますからね。

それでもマイルを貯めたいなら、マイル還元率は考えた方が良い。
カード決済でマイルを貯めるなら、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードが最強。
JALマイル、ANAマイルにも交換できて、マイル還元率1.25%
JALカードやANAカードよりも、マイルは貯まるから。

まぁ、マイルが貯まらなければ、私も飛行機にも乗らなかったわけで、
マイルがきっかけになるなら、それはそれで良し。

こんな話をしといてなんなんですが、
効率とか、あんま求め無い方が幸せだなってのも感じました。

あんまり損得で考えるのは、夢も無くなるなと。
知らぬが仏。既に知ってしまった私は・・・マイルでファーストクラス目指したるわぁー。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる