カイルア「ラニカイ・ピルボックス・トレイル(カイヴァリッジ・トレイル)」登頂レビュー。

Pocket
LINEで送る

オアフ島には、様々なトレッキングコースが有りますが、

中でもオススメしたいのが、

カイルアに有る「カイヴァリッジ・トレイル(Kaiwa RidgeTrail)」。

別名「ラニカイ・ピルボックス・トレイル(Lanikai Pillboxes)」で有名な場所。

 

カイルア地域の住宅地に有るので、

ワイキキからのアクセスは悪いのですが、わざわざ行く価値は有りました。

DSC06892

全米ナンバーワンのラニカイビーチを上から眺める。もちろん最高でした。

ただ、ちょっと険しい道のりなんで、中級者向き。

ナメテかからないように。

ラニカイ・ピルボックス・トレイル入口は住宅街の中。

ピルボックスハイクの入り口は、住宅街の中に有り、ちょっと分かりづらいです。

私は、カイルアタウンで自転車をレンタルして、ラニカイビーチ経由で行きました。

 

ラニカイビーチ方面から、カエレプル・ドライブ(Kaelepulu Dr)沿いを南へ。

DSC06851

ミッドパシフィック・カントリークラブ(Mid-Pacific Country Club)を通り過ぎ、

ゴルフ場沿いの道を進みます。

DSC06853

少し進むと右手に駐輪場。レンタル自転車めっちゃ停まってる。

DSC06973

「BICYCLE PARKING ONLY」の看板。ゴルフ場の駐輪場なのか?

DSC06972

鍵をかけ忘れないように。

DSC06855

少し登ると、左手にピルボックスハイク入口が見えてきます。

DSC06969

THE PILLBOXって書いてあるのが入口。

DSC06968

右側の舗装されてない道です。

DSC06967

トレイル入口から見た道路側の景色。ゴルフ場の脇ですね。

DSC06858

ピルボックス(Pillbox)=トーチカで、

トーチカってコンクリート製の防御陣地の事なんだってね。

太平洋戦争の真珠湾攻撃・・・それが今では観光スポットとなる。

なんとも言えませんが、とりあえず登ります。

ラニカイ・ピルボックス・トレイル頂上までの道筋。

午前10時18分、登頂開始です。

日本的なトレッキングコースを想像して挑戦するとビビります。

入口からイキナリこんな状況。ここ登れんの?っていうくらいの崖。

DSC06965

とりあえず、登ってみると・・・

いやいやいや、マジで先が全然見えないくらいの急斜面&悪路ですから。

DSC06862

最初から、どうやって登ったらよいのか分かりません。

角度きついし、滑るし、両手使って必死です。

DSC06962

ちょっと上ると、一気に視界が開けます。

全然登ってないけど、既に素晴らしい景色が広がってます。

DSC06866

遠くに見える建物らしきやーつ。

あれがピルボックス。えっと・・・あんなに登るのん?

DSC06868

下を見るとこんな感じ。屈強なアスリート達が追ってきます。

DSC06869

早速、抜かされます。

DSC06871

相変わらず、剥き出しの道。

サラサラ土よりも、ゴツゴツ岩の方が滑らなくて登りやすいんだな。

DSC06873

コースらしいコースが分かんなくなっちゃったんだけど、

DSC06954

道っぽいところを、上の方に登っていれば、人が見えた。安心。

DSC06874

ホント素晴らしい景色なんですが・・・

とにかく、やっばい道が続きます。

DSC06878

ちょっと滑ったら、冗談抜きに死ねる崖っぷち。

DSC06880

ようやく見えた、一つ目のピルボックス。

DSC06886

俺も、あのタイタニックみたいなのやりたい。

DSC06887

ピルボックスの中にも入ってみた。

ペイントまみれ。落書き駄目ゼッタイ。

DSC06889

登ってみた。視界やばばばばば・・・

DSC06897

一緒に座ってみた。チンサムです。

DSC06912

登って来た道のりです。頑張ったな俺。

DSC06907

この時点で10時39分。約20分で登ってた感じですね。

 

右手を見ると・・・ん?もう一つピルボックスが有ります。

DSC06911

なんと、更に奥にも道があるのでーす。

DSC06915

既に満足なんですが・・・仕方ないので向かいます。

ヤバい道にも、だいぶ慣れてきました。

DSC06919

山の一番上の部分の道。

てっぺん歩ける道って珍しいんじゃないかと。

DSC06922

もう一個のピルボックスに到着。ちょっとデザイナーが違うのね。

DSC06941

この時点で、午前10時51分。

ピルボックス間の移動は約10~15分で完了。

 

別のアングル。こちらのピルボックスの方が上に登りやすい。

DSC06923

こっちのピルボックスから、あっちのピルボックス。

ぴるぼっくすとぅーぴるぼっくす。いぇえ~。

DSC06926

ホント頂上なんで、360度見渡す限り美しいんだな。

海がターコイズブルーで凄い透き通ってる。中までスケスケ。

DSC06946

ただ、足元には気を付けて。落ちたらそこで人生終了です。

DSC06947

・・・そろそろ下山します。

 

下山しました。駐輪場に着いたのが午前11時26分。

下山は約30分、昼前ともなると自転車も増えてました。

DSC06970

 

ラニカイ・ピルボックス・トレイルの所要時間。

トレイルの駐輪場から山頂(1個目のピルボックス)まで約30分

1個目から2個目のピルボックスまで約15分

2個目のピルボックスから駐輪場まで約30分

 

私は、割とノンストップで登頂したので・・・

ハイキングの時間だけでも、約1時間半くらいはみておいた方が良いかと。

カイルア中心地から距離もあり、結構離れてますからね。

 

実際のところ、わざわざハイキングしにカイルアまで行くというよりも、

カイルア散策ついでに、ピルボックス登頂っていうのが、順当な流れかと。

カイルアは、観光スポットも点在しているので、歩いて回るのは大変。

時間短縮する為にも、自転車は使った方が良いです。

レンタル自転車屋もカイルアに多くあり、1日借りても20~25ドルとか。

DSC06838

ハワイで自転車に乗る。予想以上に楽しかったから。

下手なアクティビティよりも、自転車漕ぐのはオススメです。

 

ラニカイ・ピルボックス・トレイルへのアクセス方法。

カイルアに有るので、カイルアタウンまでどうやって来るか?

っていうのが、一番の問題なんじゃないかと思う。

ワイキキからタクシーで行くくらいなら、絶対ザバスの方が良いです。

カイルアから散策なら、やっぱり自転車ですね。

 

カイルアまでバス→レンタル自転車。

カイルアまでバス(The Bus)で行って、

散策するため、レンタル自転車を借りる人が多いと思います。

 

バスならカイルアまで乗っても片道2.75ドル、1日乗り放題でも5.5ドルと激安です。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

 

カイルア方面へ行くバスは、アラモアナセンターから「56」「57」「57A」。

早朝のアラモアナセンター前にも、日本人観光客らしき人達がボチボチいました。

DSC06679

アラモアナセンターから、

カイルアタウンの停留所「Kailua Rd + Hanhani St」まで約50~60分

 

バスは意外と混んでおり、冷房もガンガン。

小一時間乗ってると、凍えるほど寒くなるので上着も忘れずに

DSC07131

 

早朝に出ても、着く頃には、朝食の時間。

私は、ブーツ&キモズ(Boots & Kimo’s)で、パンケーキを食してから向かいました。

ブーツアンドキモズの営業時間は、平日は7:30から土日は7:00から営業してます。

開店前に着けば、並んでる人も少ないので、店内で食べられます!

DSC06748

 

食事後は、ブーツアンドキモズ目の前に有る、

カイルア・オーシャン・アドベンチャーズ(Kailua Ocean Adventures & Bike Rentals)にて、

レンタルサイクルを利用しました。アパレルショップ内に併設されてます。

DSC06778

特に予約もしませんでしたが、日本人対応、日本語ですんなりと借りれました。

日本人がゾロゾロと入って行くのを見たんで、付いてっただけなんだけどね。

DSC06782

4時間15ドルと、1日25ドルで悩んで・・・結果1日レンタルにしました。

25ドルなら全然安いでしょ。ピルボックスまでの地図も貸してくれます。

DSC07001

ただ、ちょっと分かりづらいので、結局グーグルマップを使いましたけど。

カイルアはワイキキに比べると田舎なので、広くて迷いやすい。

海外WiFi持っててよかったわ。

ハワイでオススメの海外WiFiを徹底比較。

 

カイルアタウンより、カイルアビーチパーク経由で行くと、

トレイル入口までは、自転車で約15分の距離。

途中上り坂も有るので、自転車もまぁまぁキツイ。

DSC06826

登った後は下り坂、アメリカの自転車は、ブレーキ方法も癖が有るので気を付けて。

止まれず、路肩にぶっ飛んでった人も見かけたから。

 

坂の上からのカイルアビーチ。ワイキキビーチよりも青い!綺麗!さすがNo.1。

DSC06837

カイルア散策するなら、自転車が最高ですね。

 

カイルアまでバス→トレイル近くまでバス。

カイルアタウンから、自転車を使わずバスにて行く方法も有ります。

ホールフーズマーケット前のバス停「Kailua Rd + Opp Oneawa St」から、

「70番」のバスに乗れば約15分(12駅)で、トレイル最寄りのバス停に到着します。

DSC06717

 

トレイル最寄りのバス停は「Aalapapa Dr + Kaelepulu Dr」。

バス停からトレイル入口まで0.2マイル、徒歩4分の距離なんで、

合計すると約20分くらいの所要時間です。

ザバスは、ワンデーパス(5.5ドル)で1日乗り放題なので、

自転車使うよりは安く済みますが、

バスの本数が少ないので、下手したら1時間待ちとか、

最悪、歩きながらバスを探す感じになるんじゃないかと。

ワイキキほど、バスルートも多くないので、代替バスも見つからないから。

 

カイルアまでバス→トレイルまで徒歩。

バスが来ないから、歩くって場合。

片道なら行けない事も無いけど、往復となると厳しいです。

自転車なら約20分ですが、徒歩だと約45分。倍以上かかります。

約45分歩き続け、更にハイキング往復1時間歩く、

更に、帰路も45分歩く。

筋トレと割り切るなら、やってみても良いんじゃないでしょうか?

私なら・・・無理ですね。

 

カイルアまでレンタカー→カイルアビーチパーク駐車→徒歩。

ワイキキからレンタカーで行く場合、

カイルアの駐車場となると、限られてくるので・・・

 

駐車場無料のカイルアビーチパークが目的地になるかと思います。

最短コースは山を突っ切る約40~50分の運転コース。

東の海側、マカプウ方面から行くと距離は約2倍ですが、

2倍気持ち良いので・・・悩みどころ。

マカプウ経由なら、マカプウ岬も是非とも行ってみて。

マカプウ岬(マカプウ・ライトハウス・トレイル)の「日の出」が最高だった。

 

カイルアビーチパークから、トレイル入口までは、少々距離が有りますが・・・

他に駐車場が無いので仕方ない。

カイルアビーチから約1.5kmの距離。徒歩20分の距離です。

 

カイルアタウン周辺には、レンタル自転車屋も多いので、

ホールフーズマーケットや、ターゲットの駐車場に停めて、

数時間だけ、レンタル自転車を借りるってのも悪くないんじゃないかな。

帰りは、ホールフーズマーケットで買い物もするだろうし、

1~2時間のレンタルなら、レンタル料も格安に利用できますから。

 

ラニカイ・ピルボックス・トレイルの注意点。

初級~中級者向きとして、ラニカイピルボックスは紹介されがちですが、

ダイヤモンドヘッドトよりも断然キツかったです。

早朝ダイヤモンドヘッド登頂レビュー。日の出を見る際の注意点。

足場が悪く、土に岩だらけの道を進みます。

DSC06861

崖のような道も続くので、コケるし汚れる。

特に、雨上がりは危険なので、なるべくなら辞めた方が無難。

マノアフォールズトレイル並みに、靴も泥だらけになる。

マノアの滝(マノア・フォールズ・トレイル)を徹底攻略。

 

また、山の上の方が風が強いので、

麦わら帽や、スカートも辞めましょう。

帽子吹っ飛ばされてる人も居たし、パンツも丸見えです。

DSC06958

もちろん、ビーチサンダルは論外。

両手も使えたほうが良いので、バックパック推奨です。

 

忘れてはいけないのが、水ボトルを持って行く事と、トイレに行って行く事。

ピルボックスハイクの近くは住宅街、店舗も有りませんので。

 

一番近いと思われるのが、カラパワイマーケット(Kalapawai Market)。

こちらは、午前6時から営業しています。

DSC06804

ホールフーズマーケットも、午前7時から営業していますので、

もし、ワイキキで準備してきていないなら、カイルアタウンで準備しておきましょう。

DSC07099

トイレだけなら、カイルアビーチにも有ります。

DSC06998

 

ビーチが近いので、ビーチがてらにふらっと寄りたいんだけど、

ビーチも楽しんで、ハイキングもってのは厳しいと思う。

海水浴気分では登れない。荷物も重いっしょ。

 

ただ、子供背負って登ってる人もいらっしゃったし・・・

DSC06884

意外と気持ちの問題でイケるのかもしれない。

 

小さい子供も、ひょいひょいと先行っちゃうの。

DSC06956

意外と、小さいお子さんも余裕で登ってた。

DSC06877

犬までも・・・いたよ。

DSC06949

 

まぁ、きついんだけど、

疲れた頃には、美しい景色も見えてくるので、意外とあっという間。

ダラダラ歩くコースでも無く、

常にコースにも変化もあり、癖のあるコースに挑戦するのも面白かったです。

えぇーマジでーこれ行っちゃうのーっていう楽しさ。意外とイケたし。

 

ココヘッドトレイルも、たぶん同じくらいのキツさだと思うのですが、

変化が無い道をひたすら登る分、ココヘッドの方が断然きつかったです。

ココヘッド・トレイル(ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル)登頂レビュー。

体力に自信が有る方は、ココヘッドも是非、お試しくださいませ。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です