マカプウ岬(マカプウ・ライトハウス・トレイル)の「日の出」が最高だった。

Pocket
LINEで送る

ハワイで自然を楽しむアクティビティといえはトレッキング。

オアフ島のハイキングコースで、常に名前が上がるマカプウ岬こと、

Makapu’u Point Lightninghouse Trail(マカプウ・ポイント・ライトニングハウス・トレイル)。

 

マカプウ岬は、オアフ島の東の先っちょにある場所。

日の出も最高ってことで、私もサンライズを見に行って参りました。

DSC02947

ワイキキからは、ダイヤモンドヘッドが邪魔して日の出も見れませんからね。

個人的には、ダイヤモンドヘッドよりもマカプウが好きです。

トレイル入口から灯台(ライトハウス)までの道筋。

カラニアナオア・ハイウェイから、マカプウ岬へ続く道路(マカプウ・ライトハウス・ロード)入口に、

「KA IWI STATE SCENIC SHORELINE-MAKAPU’U TRAIL」っていう看板が有ります。

DSC02953 (2)

 

マカプウ・ライトハウス・ロードから、

マカプウトレイル入口までにも距離があるのですが、

トレイル入り口まで、路肩に車が大量に停車してました。皆さん車で来るのですね。

DSC02949

車が入れないここからが、マカプウトレイルの入り口。

 

DSC02946

入口て前の駐車場から、舗装された道路を真っすぐ登るとマカプウトレイルですが、

右側の海沿い砂利道を進むと、カイヴィ・ショアライン・トレイル。

パワースポット「ペレの椅子」にも行けます。

 

私は、日の出を目指して登ったので、暗い中トレイルに挑戦です。

入口の看板には、営業時間は午前7時~午後6:45分って書いてあったんだけど・・・

午前6時の時点で、皆さん既に登ってるし、駐車もしまくってますね。

DSC02847

右手に海の景色を眺めながら、トレイルコースをひたすら進みます。

DSC02858

途中に有る展望台その1。

DSC02859

なだらかな坂道が続きます。徐々に薄明るくなってきました。

DSC02863

 

展望台その2。明るくなりつつある海も、非常に綺麗なんですが・・・

日の出に間に合わなくなるためノンストップ。先を急ぎます。

DSC02866

だいぶ明るくなってきました。

DSC02870

マカプウトレイルは、ほぼ真っすぐの道のり、

途中で一回、曲がるくらいで、海沿いの景色は変わらず常に美しい。

DSC02872

頂上付近になると、コースも少しグネグネしてます。

DSC02874

頂上付近の展望台その3。標高も高くなり、一面海ですが・・・

まだまだ、ここで立ち止まるわけには行かないぜ!

DSC02875

最後の展望台が見えてきました。ここがトレイルのゴール地点です。

DSC02877

展望台の頂上、マカプウポイントに到着です。

DSC02880

無事、日の出も拝めました。我ながらナイスタイミングです。

DSC02901

展望台からは、Light house(灯台)も見えます。

よく見る景色だけど、灯台に行けるワケでは無いのね。

DSC02886

見渡す限りの海。冬から春はクジラも見えるという絶景です。

DSC02888

帰りも帰りで、高台からの美しい景色を眺めながら帰れます。

DSC02939

ワイキキからも離れてるので、ホント緑しかない。

広大な自然ってやーつ。

 

マカプウ・ライトハウス・トレイルの所要時間。

マカプウトレイルの入り口(駐車場)に到着したのが、午前6時26分

頂上に着いたのが、午前6時58分約30分かかりました。

大人が休まずゆっくり歩いてという感じなので、

子供連れや、年配の方を連れてで行く場合は、

もう少し余裕をもって行った方が良いかもしれません。

 

トレイルはひたすら登り坂ですが、標高200mと低く、距離も約1.5kmと短いです。

頂上までの道も全て舗装されてますので、初心者向けトレイルというのも納得。

オアフ島内の他のトレッキングコースに比べると、非常に歩きやすく感じました。

 

道はすべてコンクリート。小さい子供もベビーカーに乗せたまま登れるし、

道幅も広いので自分のペースで歩けます。

実際、ベビーカーの子連れファミリーも多く見かけたし、

早朝ということもあり、犬の散歩も多かったです。

 

日の出を目的に登る場合、登頂開始時刻にも気を付けて。

ワイキキからマカプウ岬までは、車で約30~40分

私は12月中旬に登ったので、日の出時刻は午前7時前後でしたが、

夏場の日の出時刻は、もっと早いので、早起き必須です。

 

5月~7月頃だと、日の出時刻は午前6時よりも前

1時間以上早くなりますので、5時50分頃までには登頂したいところ。

まぁ、海沿いを歩くので、

間に合わず、トレイル途中で日の出を見ても綺麗なんですけどね。

DSC02932

本格なトレッキングコースでもないので、

服装や履物にも特に気を遣う必要は有りませんが、

やっぱりビーチサンダルだと厳しいです。せめてスニーカーね。

 

マカプウ岬に行く際は、トイレに要注意。

マカプウ岬のトレッキングで困ったのがトイレ。

入口近くにもトイレは無く、トレッキングコースにもトイレは有りません。

 

近くのマカプウビーチパークまで行けば、トイレも有りますが、

歩いて行くには、ちょっと遠いし、公衆トイレなので、あんまり綺麗でもありません。

公衆トイレは、トイレットペーパーも無くなりがち。

色々と不安な人は、ティッシュも多めに携帯しておいた方が良いです。

※近くにはシーライフパークも有りますが、入場券を購入しないと園内のトイレは使えません。

 

トレッキングといったら、水分補給も大事なんだけど、

水分補給し過ぎると、トイレ行きたくなるから気を付けて。

女性の場合は、特に大変ですね。

 

ワイキキからマカプウ岬入口まで約30分

トレッキングの往復に約1時間、ワイキキまで帰るのに約40分

合計約2時間以上、私はトイレ我慢しましたけど。

 

ワイキキからマカプウ岬までのアクセス。

マカプウ岬は、ワイキキから遠く、車が無いと行けません。

車、バス、タクシーでマカプウ岬へ行く、それぞれの方法について。

レンタカーで行くのが一般的ですが、バスでも行けますので。

 

レンタカー(車)&駐車場について。

マカプウ岬へ行く場合、多くの観光客がレンタカーで行くんじゃないかと。

ハワイレンタカー最安値予約のレンティングカーズ

マカプウ岬へ行くとなると、気になるのが駐車場。

駐車場は無料ですが、非常に混んでます。

DSC02945

早朝の薄暗い時間帯ですら、混んでました。

DSC02838

日の出を見た後に、下山する時間帯でも、遠目に混んでるのがわかります。

DSC02940

朝方の駐車場手前の道路。路上駐車すら混み始めてました。

DSC02952

レンタカーで行くつもりなら週末は特に注意。

なるべくなら平日、早めの行動をお勧めします。

 

ワイキキからは約30分~40分の距離。

それほど複雑なルートでは有りませんが、ハイウェイの運転には気を付けて。

車上荒らしに遭う可能性も有りますので、

駐車する際は、貴重品は車内に置いて行かないように。

 

タクシー(UBER、Lyft)

ハワイで便利なタクシーといえば「Uber(ウーバー)」。

私もUBERで、マカプウ岬まで行きました。

宿泊していたヒルトンワイキキビーチから、マカプウ岬まで片道30.58ドル

UBERなのでチップ込。思ったよりも安かったです。

IMG_6943

早朝で道路も空いていたので、ワイキキからも30分かかりませんでした。

 

ただ、マカプウ岬へUBERで行く際、気を付けるべきなのは帰る方法。

帰路にUBERを利用しようとしたのですが、UBERでは近くに車も有りません。

IMG_6963

Lyftではドライバーにキャンセルされまくりで、結果キャンセル料金だけとられました。

UBERやってる人は、Lyftもやってるから利用可能範囲も一緒。

Lyftは料金徴収してから運転手探すから、辺鄙な土地ではUBERを推奨します。

 

しばらく待ってみたんだけど、結局、諦めてバスで帰ろうと決断。

バス停まで歩いて、試しにUBER起動してみたら・・・

ハナウマ・ベイあたりから、無事迎えに来てくれました。更に6分待ちです。

IMG_6975

ハワイ・カイ・ゴルフ・コース前だったので、

ゴルフやってきたのか?って聞かれましたけど。

 

バス(ザバス)

The Busを使えば、ワイキキから22番、23番バスにて来ることも可能です。

時間こそかかりますが、片道2.75ドルと激安です。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

 

最寄りのバス停は、「ハワイ・カイ・ゴルフ・コース(Kalanianaole Hwy + Hawaii Kai Golf C)」

ワイキキからバス停までは約40~60分の道のり。

22番バスの方が早いですがハナウマ湾経由の為、混みがちです。

 

ゴルフ場前のバス停を過ぎると、

次はシーライフパーク(Sea Life Park Hawaii)のバス停となります。

DSC02967

シーライフパークからも同じくらいの距離なので、

シーライフパーク側からも来れますが、道路幅が狭いのでオススメしません。

 

ハワイカイゴルフコースのバス停前の風景。目の前はゴルフ場。

DSC02965

マカプウ岬方面の道路は、何も無いので、車のスピードも早い。

しかも、道路脇の歩道は細め。ちょっと怖いです。

DSC02959

マカプウ岬周辺の道路。この辺は幅も広く割と歩きやすいです。

DSC02957

マカプウ岬入口の道路。

DSC02954

ここから駐車地帯となるので、トレイル入口までは、もぅ少し歩きます。

バス停からだと、約15〜20分といったところ。

バスと徒歩で合計1時間半くらいは、想定しておいた方が良さそうですね。

トレッキング+20分歩けるなら、全然有りなんですが、

バスの本数も頻繁に有るわけでも無いので・・・

ちなみに、私がUBERで帰った時は、次のバスが来るまで30分待ちでした。

さすがに往復バスってのはきついけど、

片道だけなら、頑張れるんじゃないでしょうか。

 

マカプウ岬のツアー料金。

レンタカーを借りるのも面倒だし、運転したくないならツアーがお手軽です。

マカプウ岬は、ツアーで来ることも可能。

日本語ガイド&ミネラルウォーター付きで、1人65ドルチップ(10ドル程度)

マカプウ岬ネイチャーウォークツアー by アロハアイナエコツアーズ

ワイキキのホテルから送迎してくれます。

 

日中は駐車場も混みますからね。ツアーが確実です。

さすがに日の出ツアーは無いので、

日の出を見たいなら、レンタカーかUBER。

 

マカプウ岬は、ダイヤモンドヘッドよりも素晴らしかった。

ハワイの絶景トレッキングコースと言えば、ダイヤモンドヘッドが有名ですが、

ダイヤモンドヘッドは、人気ゆえ、もの凄い混んでおり、

山道も行列をなして登頂、日の出も人だらけで拝みますが・・・

早朝ダイヤモンドヘッド登頂レビュー。日の出を見る際の注意点。

それに比べると、マカプウ岬は、非常に空いており、

アクティビティとしての難易度も、こちらの方が低い。

 

空いてる道を歩く解放感。ホント全然違います。

海も近く視界も開けているので、歩いているだけで気持ちが良い。

DSC02935

ワイキキからは少し離れますが、その分混んでないのが最高。

レンタカーの敷居も高いのでしょう、早朝は日本人も見かけませんでしたから。

家族連れにも、マカプウはオススメ。

是非とも訪れて欲しいハワイの観光スポットです。

 

トレッキング後は、そのまま北上して、

カイルア方面へ行くなんてのも悪く無いんじゃないかな。

カイルアには、超絶景のトレッキングコースも有りますので、

体力に自信の有る方は、こちらも是非とも挑戦して見て下さい。

カイルア「カイヴァリッジ・トレイル(ラニカイ・ピルボックス・トレイル)」登頂レビュー。 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です