ハワイ(オアフ島)オススメのトレイルコースまとめ。

ハワイのトレッキングコース

ハワイといえば海・・・というイメージでしたが、

海に囲まれたオアフ島は、

絶景を楽しめるトレッキングコースも多い。

 

私は海よりも山派。

観光で限られた滞在時間の中で、

有名どころのトレイルコースを一通り回って来ました。

海外では、車も運転したくないので、

基本的に全てバス&タクシーで行けるトレイルコース。

 

初心者向けのハイキングコースから、

上級者向けの激しいトレッキングコースまで。

それぞれ景色も難易度も違いましたので、まとめておく。

後半に行くほど、厳しいコースとなってます。

ダイヤモンドヘッド・トレイル

オアフ島の観光地として有名なのがダイヤモンドヘッド。

ホノルルからのアクセスもよく、

コースも整備されているので、歩きやすく危険も有りません。

その割に景色も間違いなく綺麗なので、無難にオススメ。

 

ダイヤモンドヘッド頂上からは、ぐるりと一周景色も綺麗。

ワイキキの都会の街並み。

DSC00765

海側の眺め。大自然も感じられる。

DSC00771

 

有名な観光地として、初心者向けとしても紹介されますが、

トレイル入り口から山頂までは、約30分~45分

山頂に向かう為、ひたすら登り道なので、

普段から運動しない人には、しんどいコース。

後半には、99段の階段も登場します。

DSC00782

 

また、ダイヤモンドヘッドは、オアフ島の東側にあるので、

早朝に登って、山頂から日の出を見ることも可能。

ただ、ダイヤモンドヘッドは営業時間に制限があるので、

実際に、日の出が拝めるのは冬場のみ

人も凄い多いので・・・それほど気持ち良くもないかなと。

早朝ダイヤモンドヘッド登頂レビュー。日の出を見る際の注意点。 

ダイヤモンドヘッド日の出

ダイヤモンドヘッド・トレイルの場所

ラニカイ・ピルボックス・トレイル

オアフ島内には、多くのピルボックストレイルがありますが、

その中でも、比較的カンタンに登れて、

絶景を拝めるのがラニカイピルボックストレイルです。

カイルア「ラニカイ・ピルボックス・トレイル(カイヴァリッジ・トレイル)」登頂レビュー。

ラニカイピルボックス

ラニカイビーチを上から眺められる、ピルボックス。

ワイキキのビーチとは違い、透き通ったエメラルドグリーン。

ラニカイビーチは、天国の海としても有名であり、

全米No.1に選ばれたことも有るビーチですからね。

DSC06897

ダイヤモンドヘッドと同じく、

初心者向けのコースとして紹介されがちですが、

ダイヤモンドヘッドのように整備された道ではありません。

DSC06919

トレイルコースが自然ありのままの道。

手をつかないと登れないような、急斜面な道も多く、

頂上付近でも、崖の上を歩くような感じ。

DSC06878

その分、大自然をより体感できるんだけど、

ダイヤモンドヘッドよりは、足場の悪い道が多いです。

DSC06926

トレイル入り口から頂上までは約30~45分

コース自体の難易度は高くないですが、

ホノルルではなく、オアフ島北側のカイルアに有り、

トレイルに来るまでのアクセスが微妙。

 

ワイキキからカイルアまで行くのに、バスで約1時間

トレイル入り口は、ラニカイビーチ近くの住宅街に有るので、

歩いて行くのもキツイ距離。

カイルア散策ついでに、レンタル自転車も有った方が良いです。

ラニカイ・ピルボックス・トレイルの場所

マノア・フォールズ・トレイル

ホノルル周辺でアクセスが良いのが、マノアフォールズトレイル。

他メジャーなトレイルコースとは違い、

頂上ではなく「マノアの滝」を目指すコースです。

マノアの滝(マノア・フォールズ・トレイル)を徹底攻略。

DSC01490

このコースは、最終地点の滝よりも、

コース途中のジャングルが凄いです。

映画の撮影で使われる森ってことも有り、

ホントジュラシック・パークの世界に入ったようが感じ。

DSC01439

木一つ一つのインパクトも凄い。

DSC01420

コースもお手軽で、入り口から滝までは約30分

ワイキキからは車で約20分

バスで来ても約30分で到着と、来るのも難しくない。

 

他のトレイルとは違い、気をつけるのは雨。

マノア滝周辺は雨がよく降るので、急な雨にも注意。

地面もドロドロしているので、靴も汚れがちです。

マノア・フォールズ・トレイルの場所

マカプウ・ライトハウス・トレイル

オアフ島の初級トレイルコースとして、

ダイヤモンドヘッドと一緒に紹介される、

マカプウ・ポイント・ライトハウス・トレイル。

マカプウ岬の先端、灯台を目指すコースです。

DSC02886

山の景色というよりは、海岸の景色を楽しむコースです。

DSC02888

オアフ島東側の端に有るので、日の出も綺麗に見えます。

マカプウ岬(マカプウ・ライトハウス・トレイル)の「日の出」が最高だった。

DSC02875

トレイル入り口から、岬の先端までは約30分

コースも舗装されている・・・というよりも、

完全にアスファルトなんで、非常に快適に歩けます。

ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま、来てる人もいました。

DSC02935

難点は、トレイル入り口までのアクセスですね。

ワイキキから車で約30分~40分の距離。

レンタカーで来るのが一般的かと思いますが、

私はUberで行き、帰りはThe Busで帰りました。

マカプウ ライトハウス トレイルの場所

ピンクピルボックス

フォトジェニックな、ピンク色のピルボックスで話題のスポット。

オアフ島西側のトレイルコース「Pu’u O Hulu Hilke」に有ります。

DSC01015

西側の山ということで、東側トレイルの景色とはまた違う。

DSC01006

ピンクピルボックスの奥にも、ピルボックス。

DSC01024

ここまでくれば、ピンクピルボックスを背景に写真も撮影可能。

DSC01028

ただ、奥のピルボックスへと続く道は、ホント崖なんで気をつけて。

ナナクリ「ピンクピルボックス(Pu’u O Hulu)」登頂レビュー。

 

ラニカイピルボックストレイルよりは、楽なコースに感じましたが、

訪れる人も少ないせいか、道は分かりづらく、草が生い茂る山道。

オアフ島の西側に有るので、トレイルに行くまでの難易度も高いです。

ワイキキから車で約1時間、The Busだと約2時間の距離。

 

 

「Pu’u O Hulu」や「Maili Pillbox」という名称で有名ですが、

トレイル入り口は「Westside Pillboxes」となってましたので気をつけて。

ピンクピルボックストレイルの場所

ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル

オアフ島の東側、ダイヤモンドヘッドよりも先に、

標高368mの山、ココクレーターが有ります。

この山を、ただひたすらに直線的に登るコースが、

ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイルです。

DSC00616

登るのは、ココヘッドクレーターという山なのですが、

近くに、ココヘッドパークが有るので、

ココヘッドトレイルとも呼ばれています。

 

頂上には複数のピルボックス、

標高も高いので、東西南北と絶景が広がっています。

DSC00632

南側のハナウマベイだけでなく、北側のカイルア方面まで見える。

DSC00641

東側は一面の海。ゴツゴツした岩場、目の前は崖という。

DSC00631

ワイキキからは、車で約30分

バスでも小一時間とそれほど遠くは無いのですが、

トレイルコースの難易度は、一気に上がります。

 

ココクレータートレイルは、

頑張れば30~40分程度で登れるコースであり、

距離は短いのですが・・・高低差が凄い。

標高368m約1100段も有るレイルウェイをひたすら登る、

景色も変わらず日陰も無いので、ホントキツかったです。

ココヘッド・トレイル(ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル)登頂レビュー。

DSC00609

ココヘッド・トレイルの場所

クリオウオウ・リッジ・トレイル

他のトレイルコースをクリアした人にオススメしたいのが、

クリオウオウリッジトレイル。

片道約2時間の長距離コースであり、ここまでくるとほぼ登山。

逆に、普段運動しない人は、辞めた方が良いコースです。

クリオウオウ・リッジ・トレイル(Kuli’ou’ou Ridge Trail)登頂レビュー。

 

本格的なトレッキングコースということで、

頂上の眺望は、ワンランク上。仙人の景色です。

DSC05624

雲は近く、

DSC01376

海は遠い。

DSC01384

ちょっと歩けば崖だらけ。ゾクゾクします。

DSC01391

道中も、森の中を歩いたり、落ち葉の道を歩いたり、

ゴツゴツの岩場を歩いたりと、変化に富んで楽しい。

DSC01420

最後には、ココクレータートレイルを彷彿させる階段ラッシュ。

ここまでくれば既に絶景なんですが、ホントキツかったです。

DSC01378

 

クリオウオウリッジトレイルは、ワイキキから近いのですが、

最寄りのバス停からは、約30分ほど歩きます。

トレイルコースだけでも往復3.5~4時間くらいはかかるので、

トレイルに挑戦するなら、一日潰す覚悟で臨みましょう。

クリオウオウ リッジ トレイルの場所

ハワイのトレイルまとめ。

まさか、自分がハワイに来てまで、

山登りに挑戦しまくるとは思いませんでしたが、

ハワイのトレイルは、最高に達成感が有りました。

 

日本の景色とは違う景色ってだけでなく、

日本では有り得ないような、自然むき出しのトレイルコース。

うわーやべーぞこの道・・・っていうゾクゾク感。

達成感もあるし、写真も映えるし、

気づけばいつの間にか、ハマってました。

 

ハワイはThe Busも有り、5.5ドルでどこへでも行ける。

格安に自然巡りできるってのも、ハマったポイント。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

道が不安なら、最悪タクシーで行けばOK。

UberもLyft普及してますからね。

 

トレイルに欠かせない持ち物として、

水のペットボトルと、スマホの通信機能も有った方が良い。

ハワイでオススメの海外WiFiを徹底比較。

ハワイ海外WiFi

トレイル入り口までの案内としてだけでなく、

遭難対策にも有効。スマホのGPSも非常に正確。

Uberを使うにも、通信環境は必須ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です