早朝ダイヤモンドヘッド登頂レビュー。日の出を見る際の注意点。

Pocket
LINEで送る

ハワイの代表的なトレッキングコースと言えば、

ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)の頂上を目指す、ダイヤモンドヘッドトレイル。

ハワイに来たからには、登らなければならない・・・と思い、

私も一番最初に来た観光スポットでも有ります。

DSC06178

今回は、日の出を見る為に、早朝にて参戦。

真っ暗だから人も少ないだろうと思って行ったら、早朝の方が混んでいるという。

予想以上に激しく混み合ってましたので、行く人は、人の多さにも気を付けて。

しかも、早朝は開園するまで入れないから・・・反省点を含めた注意点も上げておきます。

ダイヤモンドヘッド登山料金と営業時間。山頂で日の出は冬場のみ。

ダイヤモンドヘッドは無料で入場できません。

歩いて入場する人は1人あたり1ドル

車で入場する人は、1台あたり5ドル(駐車料金込み)となってます。

DSC06195

ダイヤモンドヘッドの入場料金(歩行者)

  • 一人につき1ドル
  • 年間パスポート10ドル

ダイヤモンドヘッドの入場料金(車)

  • 一台につき5ドル
  • 年間パスポート30ドル

 

ダイヤモンドヘッドで注意すべきなのは、営業時間。

年間通して営業時間は変わらず、午前6時~午後6時。※午後4時30分まで入場

サマータイムも関係無しです。

 

ダイヤモンドヘッドの営業時間:6:00~18:00 ※16:30が最終入場

 

ダイヤモンドヘッドの山頂で日の出を拝みたいなら冬場のみ。

開園時間が遅いので、夏場は不可能です。

夏は登頂するまでに日が登り始めてしまいます。

 

4月~8月頃は、日の出時刻も午前6時前後。

頂上まで登山するにも、30分はかかりますからね。

日の出を拝みながら登頂するなら良いんでしょうけど、

山頂で日の出を拝むとなると、冬場の12月~3月頃でなければ難しい。

今回私は、2月の中旬に日の出トライしてます。

 

ダイヤモンドヘッドトレイル入口から山頂までの道筋。

ホテルを出たのが、早朝5時45分頃

宿泊していたハイアットホテルからタクシーで行きました。

ワイキキでもダイヤモンドヘッド側なので約10分で到着、メーター料金は10ドルちょい。

クレジットカードカード使えるはずなのに、使え無いと言われ時間を喰う。

ハワイのタクシーではクレジットカードは使えないと思った方が良い。

結局、チップを含め15ドル渡してサヨナラしました。

 

タクシー下車したのは、ダイヤモンドヘッドバークパーク前のダイヤモンドヘッドロード沿い。

バス停「Diamond Head Rd + Opp 18th Ave」の有る場所。

DSC06041

開園時間の数分前という事で、オープン待ちの車で道路も大渋滞。

DSC06043

ダイヤモンドヘッド登山の入り口、ビジターセンターまで約15分歩きます。

既に小高い山道、夜景も微妙に楽しめます。

DSC06045

ダイヤモンドヘッドトンネル。暗い中トンネル歩くのは、ちょっと怖いですね。

DSC06051

ダイヤモンド・ヘッド・クレーター・ハイク入口。ここで入場料を払います。

DSC06055

クレジットカード不可能。キャッシュオンリーです。

DSC06054

 

入場料を払った先に、ダイヤモンドヘッドビジターセンター。

トイレや自動販売機が有ります。

予想以上に人だらけ、自動販売機も渋滞発生中です。

DSC06059

登山コースにはトイレも無いので、確実に済ませておきましょう。

トイレも超混んでいるので、ホテルで済ましておくのがベター。

 

午前6時16分、登山開始。

早朝登山、修行僧の参拝かのような行列です。

人が多い為、かっ飛ばす事はできず・・・ダラダラと歩き続けます。

DSC06069

ひたすらこんな感じ。こんだけ人が集まるのも凄いけど。

なんとも言えないペースで、これはこれでキツイ。

頂上に向かうにつれ、だんだん道も急斜面になってるし。

DSC06078

階段が出てきたと思ったら、トンネルまでも登場!

DSC06087

炭鉱の探索気分。閉所恐怖症の人は駄目なんじゃないかな。

人混みと暗さで、全然周りも見えないけど、ひたすら前の人に付いて行きます。

DSC06088

トンネルを抜けると、一気に視界も開けます。

 

頂上まであと少し、ここで人生最大の分かれ道。

直行で頂上を目指すルートきつい階段と、

きついコースを避けた、なだらかな迂回ルートへと分かれます。

なだらかなに蛇行する道。こちらは景色も綺麗ですが・・・

DSC06091

漢は黙って最短コース。日の出まで時間も無いから~。

DSC06092

正直かなりしんどかったんだけど、後ろから人もくるので止まれませーん。

噂の99段階段もノンストップ。自分を追い込んでます。

DSC06095

再び、薄暗い建物の中へ。

DSC06096

続いて、らせん階段の登場。なかなかボロボロです。

 

既に、どこに向かってるのかも分からなくなってきましたが、

流れに逆らう事はできません。とりあえず上へ上へと登ります。

下から上へ見上げてみる。スカートを履いてくるのは辞めましょう。

DSC06100

螺旋階段、上からの図。色々と恐怖です。

DSC06103

やっと、外の明かりが見えてきました。

DSC06105

なんか出口すっごい狭くて、詰まっちゃってんのーん。

DSC06106

建物から見える、パノラマ風景。やっとハワイ感。

DSC06107

ここが狭い出口。

DSC06108

おじさん頭ぶつけてます。イテテッ!

DSC06109

ようやく、頂上近くに来ました。

流石のダイヤモンドヘッド。景色が綺麗ですね。

DSC06110

ただ・・・山沿いの人混みも凄いです。全然進まなーい。

DSC06111

 

たぶん、あれが頂上です。もぅ上にも、下にも進めなくなりました。

DSC06124

凄い数の顔がこちらを向いてます。これはこれで圧巻。

 

頑張って、この辺でギブアップ。この時点で午前7時ちょうど

約45分間、流れに身を任せ、登り続けて来たわけですね。

DSC06118

皆さんカメラを構えはじめたら、日の出の上がる兆候です。

DSC06131

日の出は、確かに綺麗でした。午前7時5分に撮影してます。※2月中旬です。

DSC06143

目的達成したので・・・下山へと続きます。

 

ダイヤモンドヘッド山頂から下山までの道筋。

日の出を見たので、下山したいのですが、

まだ上りたい人と、降りたい人がぶつかり合い、中々身動きが取れません。

皆さんブーブー文句を言ってますが、ほぼ日本語で聴こえてきます。

DSC06155

ようやく動き出したのは、2月中旬の午前7時12分

空いてそうな方のコースで帰ります。

DSC06157

コース途中の展望台。往路は見る余裕も有りませんでしたからね。

DSC06161

帰りは、下界を見ながらなので、歩くのも楽しい。

周りも明るくなるし、前の人の後頭部を見続けなくても良いのがうれしい。

DSC06164

明るくなると分かる、中々のハイキングコース。

遠くの方も人が列を成しているのが見える。あんなに歩いて来たのかという気持ち。

DSC06168

だいぶ降りてきましたが、上を見上げれば人の列。オモロイ。

DSC06172

まだまだ遠くの方に人影が・・・下山は続きます。

DSC06173

ようやく平地に戻ってきました。

DSC06175

こんな草原地帯だったとは、日の出とのコラボレーション作品が素敵。

DSC06174

ビジターセンター周辺には、人だまり。これから登山する人も多いんだね。

下山完了は7時39分。約30分弱で下山してきた感じです。

DSC06176

ダイヤモンドヘッドモニュメント前では、記念撮影の行列。うぇーい。

DSC06180

ダイヤモンドヘッドビジターセンター周りの公園。

DSC06177

何も無い草原も美しいですね。

DSC06181

さて・・・ワイキキ方面へ帰ります。

 

ダイヤモンドヘッド入口から、ダイヤモンドヘッドトンネルへ。

DSC06184

行きは夜景でしたが、早朝の風景も綺麗です。

DSC06190

麓まで下りれば、ここにもモニュメント。バス停前でウェーイしてますね。

DSC06196

ここまでくれば、バスで帰るも良し、トロリーや、UBERで帰るも良し。

私は朝食を食べながら、ワイキキまで歩きましたけど。

ハイアットホテルまで、徒歩で約40分の距離でした。

 

ダイヤモンドヘッド登頂の所要時間。

ダイヤモンドヘッドって、ワイキキからは近いんだけど、

意外と登山の入り口(インフォメーションセンター)までの距離が長く、

登山者の人の数も尋常じゃないくらい多くて、想定していたよりも時間がかかりました。

休憩を挟むとなると、往復3時間くらいは見ておいた方がよいかと。

 

ダイヤモンドヘッドで必要だった時間

  • ワイキキからバス停まで:約15分~30分
  • バス停からダイヤモンドヘッド入口まで:約15分
  • ダイヤモンドヘッド入口から山頂まで:約45分
  • 山頂からダイヤモンドヘッド入口まで:約30分
  • ダイヤモンドヘッド入口からバス停まで:約15分
  • バス停からワイキキまで:約15分~30分

 

ダイヤモンドヘッドの登山だけで、1時間以上は歩きっぱなし。

私はダイヤモンドヘッド麓のバス停まで歩いたので+30分。

更に、ホテルまで歩いたので・・・3時間くらい歩きっぱなし。

 

ダイヤモンドヘッド周辺には、美味しいレストランもありますので、

周辺をうろつくとなると、半日は必要。1日3万歩コースですね。

 

ダイヤモンドヘッドに登頂して気付いた注意点。

ダイヤモンドヘッドは、初心者向けという表現が使われてますが、

オアフ島内に有る、他のトレイルに比べたら、ラクな方という話。

普段運動しない人には、非常にキツイコースです。

マカプウ岬の方が断然ラクでした。

マカプウ岬(マカプウ・ライトハウス・トレイル)の「日の出」が最高だった。

 

特に早朝という大人気の時間帯は、もの凄く人も多いので、

より一層、体力も奪われますし、精神的にもキツイです。

 

人が多く行列を成す為、止まれない。

道も狭く、暗い、トレッキングとうよりも修行。

止まったら渋滞だから、追い込むには良いんだけど。

途中、諦めてしまう年配の方々、泣きじゃくる子供も見かけました。

まぁ、分からんでも無い。ピチピチの私でもしんどかったから。

 

頂上付近も、日本人お馴染みの満員電車状態です。

ホント日本人だらけでしたし、

日本人見たくないなら、他にもトレッキングコースは有りますので。

ワイキキ周辺なら、マノアの滝とか。

マノアの滝(マノア・フォールズ・トレイル)を徹底攻略。

カイルア方面なら、ピルボックスハイクとか。

カイルア「カイヴァリッジ・トレイル(ラニカイ・ピルボックス・トレイル)」登頂レビュー。

修行したいなら、ココヘッドとかとか。

ココヘッド・トレイル(ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル)登頂レビュー。

 

トレイルに挑戦する共通事項として、靴には気を付けて。

ビーチサンダルの人も見かけましたが・・・

道は急勾配なので、靴はスニーカー必須です。

日の出する前は、寒く上着も持って行った方が良いです。

ただ、帰りは日も上がり、体温も上がり、上着は邪魔になります。

荷物にならない程度の、薄手のパーカーや、ウインドブレーカーがベストかと。

 

朝方の場合、そこまで喉が渇くという感じでは無いですが、

小一時間飲み物を飲まないのも嫌なので、水も忘れずに。

日中登山する場合は、非常に暑いので上着は不要、

その代り日よけ対策が必要となり、水も無いと脱水症状になりがち。

 

今回、ダイヤモンドヘッドに挑戦した反省点としては、

ギリギリ日の出時刻に合わせて出発した為、

ちょっと出遅れた感が有りました。

 

空いていれば30分くらいでも登れそうですが、

混雑の為、流れに身を任せるしかなく、どうしても約45分の登頂時間が必要。

しかも頂上は、既に先客でいっぱい。一番上までは登れなかったから。

時間よりも物理的なスペースが無いっていう。

 

ベストポジションで日の出を拝むなら、

日の出時刻のマイナス2時間~2時間半、午前4時半くらいに行って、

ダイヤモンドヘッド・トンネルのオープン待ちをする必要が有りそうです。

今度行くときは、是非ともやってみたい。

 

ワイキキからダイヤモンドヘッドまでの行き方。

ダイヤモンドヘッドは、ワイキキからも近く、

人気の観光スポットの為、アクセス方法も多いですが、

日の出を見るとなると、交通手段は限られてきます。

 

レンタカー(車)

レンタカーを借りて、車で行く場合、

モンサラット・アベニュー(Monsarrat Ave)を通り、

ダイヤモンドヘッドロード(Diamond Head Rd)を進めば、

右手にダイヤモンドヘッドへの通り(Diamond Head Tunnel)が見えてきます。

混雑状況にもよりますが、ワイキキからは約10分~15分で到着するハズです。

 

駐車料金=入場料金の5ドルなので、料金は安く済みますが、

来る人の数に比べて、駐車場は狭く、

駐車できる台数も少ないので・・・混雑時は気を付けましょう。

早朝は6時まで門が開かず、ダイヤモンドヘッド麓のバス停の方まで渋滞していますから。

DSC06043

タクシーで行って、歩いた方が早いんじゃないかなっていう。

 

わざわざ車で来るなら、私はマカプウ岬をオススメします。

マカプウ岬(マカプウ・ライトハウス・トレイル)の「日の出」が最高だった。

ダイヤモンドヘッドよりも、断然空いているし、断然歩きやすいです。

 

タクシー

一番のオススメはタクシー。ワイキキからも遠くないので、

ワイキキ周辺からなら、15ドルくらい想定しておけば足りるかと。

早朝でも、ホテルにはタクシーが常駐してましたし、

いなくてもタクシーは簡単に呼べるでしょう。

 

早朝に行く場合は、例によって渋滞してますので、

入口手前(バス停付近)で、ドロップオフする感じになるんじゃないかと。

 

人気スポットの為、タクシーで帰れます。

ビジターセンター周辺にタクシー待機もしており、

わざわざタクシーを呼ぶ事なく、スムーズに帰ることもできそう。

 

まぁ、タクシーを使うなら、Uberが安くてオススメ。

タクシー呼ぶ手間も無く、どこでも迎えに来てくれますからね。

早朝でも、ワイキキ周辺はUberは大量に待機してますので。

 

バス

ダイヤモンドヘッドは、市バス(ザバス)でも簡単に行けます。

バスの乗車時間は約20分~25分。料金も片道2.75ドルと安いです。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。 

 

The Busで行くなら、クヒオ通り(Kuhio Ave)を通る「23番」「2番」バスが分かりやすい。

23番の方が距離も短く、5分くらい早く到着します。

「Diamond Head Rd + Opp 18th Ave」が、ダイヤモンドヘッドへの最寄りのバス停。

 

ザバスは、さすがに登山口までは行かないので・・・

バス停から、ダイヤモンドヘッド登山口まで約14分歩きます。

早朝タクシーでも、バス停付近から歩く人が多いハズですので、

まぁ、これも登山コースの範囲と思って、ウォーキングを楽しみましょう。

 

トロリー

ワイキキの観光バスと言えば、ワイキキトロリー。

ワイキキトロリーのグリーンラインなら、ダイヤモンドヘッド登山口で降車できます

DSC06223

グリーンラインは1日乗り放題で25ドル

カハラモールまで行くので、ホールフーズマーケットに行くにも使えます。

ワイキキ・トロリー 乗り放題パス(1日・4日)

 

JCBカードで無料となるピンクラインでは行けませんが、併用すると行動範囲も広がります。

時刻表やルートマップの使い方も一緒なので、使うなら確認しておきましょう。

JCBカードでピンクライン(ワイキキトロリー)を無料利用する方法。

 

ちなみに、グリーンラインの始発は、ワイキキ発7時半くらいなので、

ダイヤモンドヘッドの日の出チャレンジには使えません。

 

JTBの「OLI‘OLIウォーカー」、H.I.S.の「レアレアトロリー」、

JALパックの「レインボートロリー」・・・・

各社ツアーのトローリーも全て、ダイヤモンドヘッド登山口まで行きますが、

日の出の時間帯は運航してませんので。

DSC06192

 

徒歩

ダイヤモンドヘッドまで徒歩で行く人は少ないかと思いますが、

私は、ホテルまで歩いて帰ってきましたので、

ダイヤモンドヘッドまで歩いて行って、歩いて帰って来るって事は可能だと思います。

帰り道には、美味しいレストランも多いからね。

 

ハイアットホテルから、ダイヤモンドヘッド麓のバス停までは1.9マイル。

約3kmの距離は、徒歩で40分・・・なんだか行けそうな気がしないでもない。

ただ、ダイヤモンドヘッドまでは、ひたすら上り坂だし、

トレッキングを含めると、往路まで歩くってのは非常に辛い。

 

半日歩きっぱなしになりますので、強靭な肉体を持っている方じゃないと厳しいかと。

日頃から鍛えている人、体力に自信の有る筋肉マッチョの方々。

是非とも挑戦してみてください。

 

ダイヤモンドヘッドのツアー料金。

色々と考えるのが面倒な人、登って降りるだけが良いなら、ツアーが一番ラクです。

ダイヤモンドヘッドは非常に人気なので、ツアーの種類も豊富。

日の出ツアーまでも用意されてます。1人34ドルです。

ダイヤモンドヘッド日の出ハイキングツアー

 

JTBツアーでは、食事セットの様々なツアーも用意されてます。

ダイヤモンドヘッドJTBツアー

 

ツアーは勝手にやってくれるので、色々とラクですが、

行きも帰りも「時間を気にしなければならない」ってのがデメリット。

のんびりゆっくり登りたいなら、自分で調べて行動していきまっしょい。

 

ダイヤモンドヘッド帰りに朝食を。有名レストラン&カフェ。

ダイヤモンドヘッドの目の前に有る、

Kapiʻolani Community College(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)では、

毎週土曜日に、KCCファーマーズマーケットも開かれています。

DSC06222

午前7時半から午前11時までと、日の出帰りにもベストなタイミング開催してくれてます。

 

非常に多くの屋台が有り、様々な料理や、新鮮な果物に野菜・・・

食べ歩きできるし、見て回るだけでも楽しいです。

DSC06200

 

また、ワイキキ方面に少し歩けば、

美味しい料理店が立ち並ぶ、モンサラット・アベニュー。

ダイヤモンドヘッドで空かせた腹を満たすのにも最適です。

 

人気店のDiamond Head Market & Grill(ダイヤモンドヘッドマーケット&グリル)。

こちらは、午前7時から営業しています。

DSC06235

プレート料理も売ってますが、惣菜美味しいので、気軽に持ち帰りもできます。

DSC06236

特にスコーンが有名なので、是非とも食べて欲しい。

DSC06237

ズッシリと重くて大きいスコーン。オススメはブルーベリークリームチーズ。

新鮮なブルーベリーに、クリームチーズもゴロゴロ入って濃厚。

サイズだけでなく、カロリーもアメリカ―ン。

 

更に、ワイキキ方面に歩けば、朝食の超有名店Bogart’s Cafe(ボガーツ・カフェ)。

営業時間も早く、午前6時から営業しています。

ただ、ボガーツは有名店過ぎるので、ダイヤモンドヘッド帰りの時間帯は激混み。

DSC06245

パンケーキ、エッグベネディクト・・・凄いボリュームだけど。

DSC06249

テイクアウトして、ワイキキまで持って帰った方が、落ち着いて食べれるかと。

 

アサイ―食べるなら、ボガーツよりも隣の店舗。

Diamond Head Cove Health Bar(ダイヤモンドヘッド・コーヴ・ヘルスバー)のが好き。

ハワイのアサイーボウルを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

ただ、こちらは午前9時から営業。こっちの方が店内も断然空いているのですが、

駐車場はボガーツとも共有なので、車で来る方は気を付けて。朝方は凄い混んでます。

DSC06241

 

近くには、日本人御用達の人気店パイオニアサルーンも有りますが、

こちらは朝11時から営業なので、気をつけて

DSC06261

フォトジェニックなデザートショップ「Banan(バナン)」も早朝は営業してませんでした。

DSC06226

バナンは朝9時から営業ですので、朝食後のデザートなら良いんじゃないでしょうか?

DSC06416

パイオニアサルーンくらいまで歩けば、カピラオニ公園も近いので、

食事がてら、そのまま歩いて帰るってのも良いんじゃないかな。

 

運動して食べ過ぎたら、また歩かないと・・・っていう。

エンドレスパターンです。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です