リモワ サルサ(RIMOWA SALSA)購入レビュー。

リモワサルサエクリュ

スーツケースのブランドと言えば「RIMOWA(リモワ)」。

念願叶って、リモワトパーズを手に入れましたが・・・

リモワ トパーズ ステルス(RIMOWA TOPAS STEALTH)購入レビュー。

手に入れれば欲しくなってしまう、別モデル。

 

リモワの定番シリーズといえば、SALSA(サルサ)も外せない。

重厚で頑丈なリモワのトパーズに対し、軽量で使い勝手の良いサルサ。

リモワサルサも・・・遂に購入してしまいました。

 

大型のスーツケースは、利便性という面でサムソナイトのソフトキャリーを使っていたのですが・・・

長期滞在(ワーホリ・留学)にオススメのスーツケース。選び方と注意点。

やっぱり、ファッション性の高いリモワが欲しくなっちゃんたんで。

リモワのサルサレビューします。

リモワの軽量モデル「サルサ」シリーズの比較と違い。

リモワのサルサは、ポリカーボネート製の軽量モデルで、

ファスナー開閉という点も、ジェラルミン製のトパーズとの大きな違い。

サルサはリモアのメインシリーズであり、その種類も複数あります。

 

ポリカーボネート製(プラスチック)×ファスナー

  • サルサエアー:軽量モデル、ハンドルT字、内装メッシュ×メッシュ
  • サルサ:ベーシックモデル、内装メッシュ×ディバイダ―
  • サルサデラックス:外側バッグホルダー、内装ディバイダ―×ディバイダ―
  • サルサデラックス ハイブリッド:サルサデラックスの外側に布製ポケット

ジェラルミン製(アルミニウム合金)×フレーム

  • トパーズ
  • シルバーインテグラル
  • クラシックフライト

 

サルサエアー、サルサ、サルサデラックスの順に高価となり、

デザインだけでなく、機能面も違います。

サルサエアーは、最安値で最軽量ですが、ハンドルがT字バーとなります。

サルサデラックスは、バッグホルダー付いてます。

IMG_4807

※画像はリモワトパーズのバッグホルダー。

 

内装の仕切りも変わり、サルサはメッシュとディバイダ―の仕切りに対し、

サルサエアーは、両方ともメッシュ。

サルサデラックスは、両方ともディバイダ―となります。

※画像左がメッシュの仕切り、右側がディバイダ―仕切り。

IMG_7885

 

サルサデラックスになると、ハンドル部分の造りも微妙に変わり、

中央ボタンを押すと、ハンドルが飛び出てきます。

グリップ部分の造りも、より高級の有るものになります。

 

アローズ別注「リモワ サルサ エクリュ 87L」を選んだ理由。

軽量の大容量スーツケースが欲しくて、サルサを狙ってたんだけど、

最軽量で最安値のサルサエアーは、選択肢には有りませんでした。

 

サルサエアーは、T字バーなのでスーツケースをハンドル操作しづらく

荷物をハンドルにくくりつけて固定できないってのも知ってたし、

なにより価格が安いので、所持してる人が多くて、被っても嫌だなって。

T字バーって、サルサエアー特有のデザインですからね。

 

で、次に悩んだのが、サルサにするか、サルサデラックスにするか。

外側バッグホルダーと内装ディバイダ―は、正直どっちでも良いなぁーと。

それよりも軽量の方が有り難いし、せっかく所持するなら、やっぱり被りづらいデザインが良い。

という事で・・・最終的にデザインで決めました。

真っ白なスーツケース、アローズ限定モデルの「ECRU(エクリュ)」。

長期出張用なので87L、7~10泊くらいで利用する予定です。

IMG_7939

ただ、アローズ限定という事で、通常のサルサよりも価格が高い。

58L、87L、97Lの大容量モデルは、

上位モデル「サルサデラックス」よりも高くて、だいぶ悩んだけどね。

 

RIMOWA SALSAの国内販売価格(税込)

  • 29L(H43×W40×D20):64,800円
  • 32L(H55×W40×D20):59,400円
  • 37L(H55×W40×D23):62,640円
  • 47L(H56×W45×D25):64,800円
  • 58L(H68×W45×D24):68,040円
  • 78L(H75×W49×D27):73,440円
  • 87L(H77.5×W52×D28):75,600円
  • 97L(H81.5×W55×D26):78,840円

アローズ別注 RIMOWA SALSA ECRUの販売価格(税込)

  • 29L(H43×W40×D20):68,040円(+3,240円
  • 32L(H55×W40×D20):70,200円(+7,560円
  • 58L(H68×W45×D24):83,160円+15,120円
  • 87L(H77.5×W52×D28):91,800円+16,200円
  • 97L(H81.5×W55×D26):95,040円+16,200円

RIMOWA SALSA DELUXEの国内販売価格(税込)

  • 29L(H43×W40×D20):75,600円
  • 32L(H55×W40×D20):75,600円
  • 37L(H55×W40×D23):75,600円
  • 47L(H56×W45×D25):78,840円
  • 58L(H68×W45×D24):81,000円
  • 78L(H75×W49×D27):86,400円
  • 87L(H77.5×W52×D28):89,640円
  • 97L(H81.5×W55×D26):91,800円

 

欲しいタイミングでアローズで再入荷していたので、半ば勢いで購入。

真っ白なリモワなら、シールを貼らずとも差別化できるし、

リモワの通常サルサは持ってる人が多いし、

見分けも付かないだろうなって・・・自分を納得させました。

 

価格は高くとも、アローズ限定モデルの「ECRU」は、

「RIMOWA SALSA」ベースという事で、あくまでリモワサルサと同じ造り。

「RMOWA SALSA DELUXE」に比べると劣りました。デザイン料ですね。

 

リモワ サルサ エクリュの外観。

アローズ限定という事で、リモアタグと一緒にアローズのタグも付いてました。

IMG_7860

開閉ファスナー部分。ファスナーも取っ手もホワイトカラーで統一。

IMG_7876

アメリカ旅行に欠かせないTSAロック。3桁ダイヤルでファスナーロックできます。

IMG_7877

車輪にもRIMOWAマーク有り。白×黒でカッコ良い。

IMG_7875

外側には個体番号も有ります。プリント刻印ですかね。

IMG_7874

 

リモワ サルサ エクリュの内装。

内装も通常のサルサとは違い、裏地が飛行機柄となってます。

IMG_7885

誌きりは、ファスナーとディバイダ―。通常サルサと一緒です。

IMG_7889

ディバイダ―側は、外側にファスナーポケット。

ファスナー側は、内側に小さなポケット。こちらも飛行機柄。

IMG_7886

リモワトパーズとは、裏地の生地感も異なり、クッションぽい生地でした。

スポンジっぽい厚手の裏地。サルサの仕様なのか、エクリュの仕様なのかは分かりません。

IMG_7890

 

リモワ サルサ エクリュの付属品。

サルサエクリュの付属品。通常のサルサと同じかと思います。

保証書、ステッカー、ネームタグ、カバー・・・

IMG_7899

トパーズとは違い、リモワの巾着バッグはついて無いのですね。

ネームタグも真っ白ですが、革素材では無く、厚手の紙っぽい造りでした。

IMG_7900

トパーズのネームタグに比べると、安っぽいです。

 

リモワサルサのメリット。

リモワトパーズを使ってる私が感じた、リモワサルサのメリット。

軽い安い、意外と頑丈って事でしょうか。

 

リモワサルサは意外と安い。リモワトパーズの半額。

リモワって全部のスーツケースが、それなりに高額かと思ってたんですが、

ジェラルミン製のシリーズに比べると、

ポリカーボネート製のシリーズは非常に安く感じます。

リモワトパーズステルスを購入した時は、

45Lで1.5倍くらいの値段(129,600円)したんで・・・

 

RIMOWA TOPAS STEALTHの国内販売価格

  • 11L:70,200円
  • 29L:118,800円
  • 32L:118,800円
  • 34L:124,200円
  • 45L:129,600円
  • 64L:140,400円
  • 82L:151,200円
  • 85L:156,600円
  • 98L:162,000円

リモワ トパーズ ステルス(RIMOWA TOPAS STEALTH)購入レビュー。

 

サルサモデルともなると、トパーズの半額くらいの価格帯

トパーズが高額なのかもしれませんけど。

高級である事がブランドに感じる人にとっては、これはデメリットでも有りますね。

値段が高い方が良いならトパーズ。重いけど。

 

ポリカーボネート製で非常に軽い。

トパーズのジェラルミン製に比べると、めっちゃ軽いです。

スーツケースが届いた時にビックリ。ダンボールの大きさの割に凄い軽い。

IMG_7861

RIMOWA SALSAの重量

  • 32L:3.2kg
  • 47L:3.8kg
  • 58L:4.0kg
  • 78L:4.3kg
  • 87L:4.7kg
  • 97L:5.0kg

 

以前購入した、45Lのトパーズの重量(5.3kg)よりも、

今回購入した、87Lのサルサの重量(4.7kg)のが全然軽いという。

RIMOWA TOPAS STEALTHの重量

  • 11L:2.3kg
  • 29L:4.4kg
  • 32L:4.8kg
  • 34L:5kg
  • 45L:5.3kg
  • 64L:6.2kg
  • 82L:7.1kg
  • 85L:7.2kg
  • 98L:7.4kg

リモワ トパーズ ステルス(RIMOWA TOPAS STEALTH)購入レビュー。

 

大容量スーツケースは、飛行機の預け入れ荷物重量にも引っかかりがち。

同じ容量で2~3kgの違いは大きい。重量オーバーの追加料金も高いからね。

 

4つの大きな車輪で超スムーズ。

リモワといえば、スーツケースの動かしやすさ。

車輪がスルスルと動くスムーズさ。

サルサは、スーツケースの重量も軽いので、尚更スムーズに感じます。

IMG_7907

スーツケースが大きくなっても、車輪の大きさは変わんないんだね。

 

ちょっと押しただけでスルスルスルスル―と動いて行く。

やはり、ストレスの無さは健在でした。

滑り過ぎちゃうので、電車とかバスとか固定してないと駄目なんだけどね。

 

意外と柔らかい素材。パッキング後にも収納できる。

リモワのサルサって、プラスチック硬いスーツケースを想像していたのですが、

ポリカーボネート製って事で、力を加えると少し変形する素材。

ガチガチに硬いワケでは無く、形状記憶のような素材。

 

スーツケースを閉めた後に気付く、入れ忘れた小物。

ファスナーだから一部分だけ開ける事もできるし、

変形するから閉じたままでも、簡単にぶち込めます。

IMG_7943

 

ガチガチに硬いスーツケースじゃないから、衝撃にも強いんだと思う。

荷預けで、荷物が放り投げられるのも当たり前ですからね。

ジェラルミン製に比べると強度に心配って人も多いと思いますが、

よっぽどの事が無い限り壊れないハズ。

リモワならではの5年間の長期保証も有りますから。

 

リモワサルサを買って気付いたデメリット。

リモワのサルサ、めちゃめちゃ気に入って使ってますが、

使って気付く、ジェラルミン製との違い。

主にリモワトパーズと比べたデメリットです。

 

ファスナーの開閉は、ちょっとコツが要る。

サルサのスーツケースは、ファスナータイプという事で、

荷物が入った重い状態だと、開け閉めする時に微妙に苦労します。

 

上側の荷物の重さで、ファスナー部分が変形しちゃうし、

ポリカーボネート製の素材も、意外と柔らかいからね。

IMG_7897

片手でちょっと浮かせつつ微調整しないと、ファスナーはスムーズに動かない。

ジェラルミンとは違い、乗っかれるほどの強度は無いので、

上から体重かけて無理やり詰め込むことも出来ないっていう。

壊れても嫌なので、今のところちょっと気を遣いながら使ってます。

 

ファスナーの開きすぎに注意。

外側から見ると、ファスナ―部分が永遠と開きそうな気がするのですが、

ある部分まで行くと、裏地があるのでファスナーは開かなくなります。

表から見ると、まだまだファスナー部分は続いてるんだけど。

IMG_7882

ファスナーが裏地に引っかかって、これ以上開かないという。

IMG_7884

最初は、知らずに無理やりファスナー開けようとしてました。汗。

造り上、仕方ないのかも知れませんが、外側に印でも有ると良いんですけどね。

 

サルサは低価格モデル。トパーズに比べると造りが微妙に安っぽい。

サルサは、リモワの中でも低価格の部類に入るモデル。

ジェラルミンのトパーズに比べると、チープな感じは否めませんでした。

 

トパーズでは、バッグホルダーだった部分。サルサではただのロゴ。

※サルサデラックスなら、バッグホルダーとなります。

IMG_7938

 

ハンドル部分も、中央のボタンを押しても飛び出てきません。

※サルサデラックスなら飛び出ます。

IMG_7936

取っ手のハンドルの造りも、プラスチックっぽい素材。

 

付属品も微妙に異なりましたが、やはり気になるのがネームタグ。

ネームタグの素材が紙っぽいだけでなく、ベルトも硬いので、なんか浮いちゃうっていう。

IMG_7942

素材が素材だけに、馴染みそうも無い予感。

 

まぁ、近くでよく見てみるとって話なんで、

私の真っ白サルサは、見た目も凄い気に入ってますけどね。

 

相変わらず車輪が飛び出る問題。

リモワの車輪は大きくて滑りが良いのですが、その分飛び出る問題が有ります。

これは、リモワのサルサでも一緒でした。

スーツケースを倒すと、車輪が挟まってしまう。

IMG_7878

広げる時にもこの現状は起こりがち。

IMG_7895

広げた後に、手動で横向きに倒してます。

IMG_7896

まぁ、リモワを使う以上、仕方ないと思ってますけど。

 

利便性はキャンバス地のキャリーケースには敵わない。

リモワのトパーズに比べると、非常に軽量で、使い勝手も良いのですが、

使い勝手って面を追及するなら、

やはりスーツケースでは無く、キャンバス地のソフトキャリーが最強だと思ってます。

 

片開きのファスナータイプの方が、広げるにもスペースは必要ないし、後から収納もラク。

キャンパス素材だから、重量も非常に軽い。

布は割れない分、ポリカーボネート製より頑丈だとも思ってます。

長期滞在(ワーホリ・留学)にオススメのスーツケース。選び方と注意点。

IMG_9138

車輪のスムーズ感や、見た目はリモワの方が断然優れているけどね。

滑り過ぎて困る人、ブランドにこだわらない人、

サムソナイトはコストパフォーマンスが高いです。

サムソナイト B-Liteシリーズ

 

結局のところリモワは見た目が良いよね。

なんで使いやすいサムソナイト持ってんのに、

敢えてリモワを使うのかって言ったら、やっぱり見た目が素晴らしいから。

元アローズ別注のリモワトパーズステルス、現アローズ別注のリモワサルサエクリュ、

白と黒で一緒に使ったら、超カッコ良いっしょ?っていう自己満です。

IMG_7904

 

頑丈で高級感の有るスーツケースって言ったら、リモワトパーズだし、

軽くてカッコ良いスーツケースって言ったら、リモワサルサでしょ。

超軽量だけならサムソナイトのコスモライトも有名ですが、やはり見た目が・・・ね。


[サムソナイト] Samsonite COSMOLITE / コスモライト スピナー 55 (55cm/36L/1.8Kg) (スーツケース・キャリーケース・トラベルバッグ・TSAロック装備・軽量・大容量・機内持込・ファスナー・10年保証付・リニューアルタイプ) V22*00102 00 (レッド)

 

コスパで選ぶならサルサだし、

高級感ならサルサデラックス。相変わらず楽天市場が安いです。

リモワ サルサ

リモワ サルサデラックス

 

スーツケースはファッション。

重さが気にならないならリモワトパーズも美しいです。

リモワ トパーズ ステルス(RIMOWA TOPAS STEALTH)購入レビュー。

 

サルサを所持して思ったのが、サルサの小型サイズも欲しくなるという・・・

ホント物欲ってキリがありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です