jetfiをレンタルして気付いたメリット・デメリット。

jetfiレビュー

海外でもインターネットを使う方法として、新しく登場した「jetfi(ジェットファイ)」。

クラウドSIMを利用したセカイルーターのレンタルサービスという事で、

今までの海外WiFiとは、微妙に異なるサービスとなってます。

 

料金も格安ですが、複数国で利用する人には特にオススメ。

私も、早速利用しましたので、他の海外WiFiと比べて評価します。

jetfiのメリット。

海外WiFiでは無く、クラウドSIMを利用したWiFiサービスだという事。

料金云々の違いもありますが、基本的な仕組みが大きく違います。

 

クラウドSIM内蔵の世界WiFi。複数国で利用可能で設定不要。

jetfiの利点は、クラウドSIM内蔵という事。

jetfi一台所持しておけば、複数国でWiFiが使えるという事。

国から国へ移動した際にも、特に設定する必要も有りません。

内蔵のクラウドSIMが、現地のネットワーク情報を自動読込み、

自動で設定してくれます。

 

使い方も非常に簡単。

利用する国に到着したら電源を入れるだけ。

IMG_6860

あとは勝手に現地の電波を掴んでくれます。

 

ちなみに、日本も対応エリアなので、日本でもjetfiは使えます

出国前にレンタルすれば、事前に操作方法や通信確認できるのも地味なメリット。

海外WiFiだと、現地に着いてからでないと起動NGですからね。

 

jetfiの料金プランは分かりやすい。アジア or 世界の二択。

海外WiFiといえば、国や地域毎に異なる料金体系となっているのですが、

jetfiは、クラウドSIMを利用するので、どの国で使っても同じ料金。

アジア周遊プランなら、アジア29カ国で使え、

グローバル(世界周遊)プランなら、世界100カ国以上で使えます。

 

jetfiの対応エリア

エリア
アジア 中国、香港、マカオ、日本、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、カザフスタン、モンゴル、インド、バングラデシュ、スリランカ、パキスタン、ネパール、ミャンマー 、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタール、バーレーン、イスラエル、ヨルダン、イエメン
ヨーロッパ イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランド、スペイン、ポルトガル、イタリア、チェコ、ハンガリー、ギリシャ、トルコ、ロシア、ポーランド、クロアチア、アルバニア、ブルガリア、キプロス、エストニア、リトアニア、ラトビア、マルタ共和国、ルーマニア、セルビア、スロベニア、スロバキア、ウクライナ、リヒテンシュタイン、オーランド諸島、モナコ、バチカン、サンマリノ
アフリカ エジプト、ガーナ、ケニア、モロッコ、モーリシャス、ナイジェリア、チュニジア、タンザニア、南アフリカ共和国、ザンビア、アルジェリア、アンゴラ、西サハラ
アメリカ アメリカ合衆国(ハワイ、アラスカ、グアム、サイパン含む)、カナダ、メキシコ、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、プエルトリコ、グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル共和国、コスタリカ、ボリビア、エクアドル、ウルグアイ、ドミニカ共和国
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド、フィジー

 

グローバルプランには、アジアも含まれるので、

アジアでしか使わないなら、アジア周遊プランの方が割安となります。

 

jetfiの料金体系

プラン 容量 アジア グローバル
ライト 300MB 680円/1日 980円/1日
スタンダード 500MB 980円/1日 1280円/1日
プラチナ 1GB 1280円/1日 1580円/1日

 

一律の料金体系なので、2カ国以上で利用しても利用料金は変わらない

グローバルWiFiの世界周遊プランだと、1日1880円~2400円だから・・・

jetfiのクラウドSIMが如何に安いか分かるかと。

グローバルWiFiの周遊プラン

  • アジア周遊プラン:アジア16カ国で1日970~1480円 ※組合せによる
  • アメリカ特別エリア:アメリカ・ハワイ・アラスカで1日970円(4G LTE)
  • ヨーロッパ周遊プラン:49カ国で1日1180円、4G-LTEは1日1480円、大容量(500MB)は1日1680円、超大容量(1GB)は1日1880円
  • 世界周遊プラン:200カ国以上どこでも1日1880円~2400円 ※組合せによる

グローバルWiFiのメリット・デメリット。イモトWifiとエクスモバイルとの比較。

 

jetfiはレンタル料金も格安。割引キャンペーンも頻繁にやっている。

jetfiは1カ国で利用する場合も全然高くない。むしろ安いです。

他社の海外WiFiの場合、4Gプランだと1日250MB1000円前後取られますが、

jetfiの場合は、1日300MB980円と格安。1日1GBでも1580円で済んでしまいます。

 

しかも、上記の料金だけで、100カ国以上の国々で使えるわけです。

アジアだけならもっと安い。1日300MBなら680円1GBなら1280円です。

 

しかも、Jetfiでは定期的にキャンペーンもやっているので、

上記の金額よりも、大幅に安くなる事も多い。

2018年1月現在も、1日380円という破格キャンペーンやってます。

 

私も、割引価格で利用したので、1日350円×5日間レンタル→1750円という破格。

返送料702円と併せても、合計2452円というクレイジーな金額で済んでしまいました。

2018-01-10_15h32_08

 

長期プランも格安。海外留学、ワーキングホリデーにもオススメ。

海外WiFiって、長期レンタルとなると料金が割高となるので、

長期利用には基本的には向かないのですが、jetfiは長期プランも割安です。

 

jetfiの長期レンタル料金

日数 容量 アジア グローバル
30日 500MB 12800円 15500円
60日 500MB 23000円 29000円
90日 500MB 31500円 40500円

 

私が頻繁に行くカナダとかは、プリペイドSIMも普及していない国。

新しくSIMフリーを端末を用意する手間、現地でSIM契約する手間、

諸々の手間を考えたら、約1カ月も世界中で使えて15,500円って悪く無いと思う。

1日あたり516円で、1日あたり500MBも使えますから。

 

イモトのWiFiだと30日パックで14200円~28000円

イモトのWifiをレンタルして気付いたメリット・デメリット。 

長期レンタル料金が安いグローバルWiFiでも15000円~25000円となってます。

グローバルWiFi(長期割引プラン)

対象国プランA(30日間)15000円:シンガポール、タイ、韓国、中国、香港・・
対象国プランB(30日間)18000円:アメリカ、ヨーロッパ、ハワイ、グアム・・
対象国プランC(30日間)25000円:スリランカ、モルディブ、モンゴル・・

グローバルWiFiのメリット・デメリット。イモトWifiとエクスモバイルとの比較。

海外Wifiは値段も高くなりますが、一つの国でしか使えませんし、

長期滞在となると、他の国に行く可能性も高くなるんだよね。

 

バッテリー容量が大きい。モバイルバッテリーとしても使える。

大容量バッテリー搭載なので、電源節約の為にイチイチ電源オフにする必要も有りません。

電源オンのまま1日利用してみましたが、バッテリーも半分くらいしか減ってませんでした。

WiFiを出し入れすることなく、グーグルマップやレストラン検索しまくれます。

 

また、jetfiは大容量なだけでなく、モバイルバッテリーとしても機能します。

jetfi G2なら6000mAh、G3なら5350mAhの大容量バッテリー。

スマホの充電だけでなく、USBで充電できる端末なら何でも充電可能となってます。

IMG_7737

一体型となっているので、別途モバイルバッテリーも所持する必要も無くなる。

 

海外WiFiだと、モバイルバッテリーはオプション扱いで別途料金も発生しますからね。

1日あたり200円~360円+税とられるので、その辺を含めてもjetfiは格安かと。

 

jetfiは現地のSIMも挿して使えます。

jetfiは内蔵のクラウドSIMだけでなく、自分で用意したSIMも使う事が可能。

デュアルSIMスロット搭載なので、2枚も入れておけます。

IMG_6549

アメリカのSIMといえば、ZIP SIM。

アメリカでオススメのプリペイドSIM。ZIP SIMの使い方 in ハワイ。

IMG_1642

 

ZIP SIMは、SMS機能が無いルータの場合でも自動的に開通するので、

APNの設定は不要なハズですが・・・挿したSIMに切替えてもつながらず・・・

結果、jetfiを再起動する事で使えるようになりました。

 

ただ、レンタルしたjetfiに、わざわざ現地SIMを挿して使うかといえば微妙ですね。

jetfiには、1日1GBの大容量プランも有るから、容量も足らなくならないだろうし、

jetfi未対応の国なら、jetfiを持って行かないだろうし、

そもそも現地SIMを使うような人は、SIMフリースマホにそのまま挿して使うんじゃないかと。

 

jetfiのレンタル端末はGlocal Me G2でした。

クラウドSIMで有名な端末といえば、GlocalMe。

私は海外滞在も多いので、Glocal Me G3を所持しているのですが・・・

jetfiが届いてビックリ、GlocalMe G2そっくりそのままでした。

世界WiFi「GlocalMe(グローカルミー)」の使い方。具体的な料金プランと設定方法。

※2018年現在は、GlocalMe G3と同じ端末「jetfi G3」も貸し出し中です。

 

左がレンタルしたJetfi G2、右が私が所持しているGlocalMe G3。

DSC02429

奥がJetfi G2、手前がGlocalMe G3。

DSC02430

jetfiの背面には「jetfi」って記載が有りますが・・・たぶんロゴの違いだけですね。

DSC02428

6000mAhモバイルバッテリーなんで、GlocalMe G2と端末は全く一緒ですね。


GlocalMe G2 モバイルWi-Fi ルーター 高速4G LTE ポケットWiFi デュアルsim 100ヶ国以上フリーローミング 国内・海外旅行最適 Xperia・HTC・iPhone・Galaxy・iPadなど対応 内蔵6000mAh大容量のモバイルバッテリー 超軽くて携帯便利(ゴールド)

※jetfi G3の場合は5350mAhとなります。

 

GlocalMeは端末だけでも約2万円、通信する場合は事前購入も必要で、決して安くは有りません。

uncloudlink社経由だと、データ容量1GB(30日間有効)で27ユーロとか。

アメリカに絞っても、データ容量1GB(30日間有効)で12ユーロとかするからね。

 

ちなみに、日本でGlocalMeを契約する場合、

正規販売店はGLOCAL NET(グローカルネット)となるので、

日本だとGLOCAL NET≒GlocalMeみたいな感じになりつつある。

GLOCAL NETでクラウドWiFiを契約する場合だと、

本体だけで2万4000円するし、利用料は世界一律1日800円(300MB)。

jetfiのレンタル料金が、格安なのが分かるかと。

対応エリアも変わらないから、お試しとしてjetfiレンタルも悪く無いかと。

GlocalMeは端末買い切りな分、初期コストも高いですからね。

クラウドSIM搭載「GlocalMe G3」を使って気づいたメリット、デメリット。

 

ちなみに、Jetfiでも端末購入プランが有りますが、日本でのデータ通信向けであり、

海外では、Jetfiレンタルと料金も変わらないので微妙。

日本で使うならGlocalMeの国内代理店「GlocalNet」も有るからね。

GlocalNet(グローカルネット)とGlocalMe(グローカルミー)の比較と違い。

jetfiのデメリット。

jetfiは、クラウドSIMで100カ国以上の国で、シームレスに使える。

設定不要で多数の国で使えるってのは、非常に便利なんですが、

万能だけに、一つの国に特化した海外WiFiに比べると劣る点も有りました。

 

4G/LTE通信のハズなのに通信速度が遅い。通信も安定せず。

jetfiは4G高速回線を謳ってますが、

同じ4G対応の海外WiFiに比べると通信速度が遅かったです。

今回ハワイで検証してみましたが・・・どこで使ってもjetfiはモッサリ。

調べてみるとダウンロード2~3Mbpsとか。

この時は、アップロードは使い物にならない速度でした。

DSC02440

何度か計測してみましたが、調子が良くてダウンロード5Mbpsくらい。

DSC03038

他の海外WiFiだと、同じハワイで30Mbpsくらいは出たんだけどね。

ハワイでオススメの海外WiFiを徹底比較。

DSC06026

 

制限かかってんのか?って思ったんだけど。

1日300MB制限だし、実際使いまくってみたら更に速度は低下。

容量超過後は0.1Mbpsとかの速度になりました。

DSC02791

制限かかる前も、度々インターネットに繋がらない事が有りました。

電波は掴んでるんだけど、速度が遅いっていうか、繋がらないという。謎

再起動したりして直ったから良いんだけど、完全に繋がらないとなると困る事もあるかと。

移動時も常時スマホを使うような人。GoogleMapやUBERやLyftを使う人。

使いたい時に使えないのは、ちょっと困りますから。

 

クラウドSIM自体の通信速度が、全般的に遅いのかとも思ったので、

予備で所持していた自前のGlocal Me G3でも確認してみましたが・・・やはり10Mbpsは行かず。

DSC02600

Jetfiよりは調子良い感じで使えてましたが、快適というほどでは有りませんでした。

 

クラウドSIMに、そこまで速度を期待するなって事ですかね。

もちろん、タイミングや場所にも依ると思いますので・・・参考までに。

今回検証したのはハワイのホノルル周辺です。

 

海外WiFiよりも、サイズが大きくて重い。

モバイルバッテリーを兼ねているので、スマホの2倍くらいの大きさと重量が有ります。

最近の海外WiFiは、コンパクトで電池の持ちも良いので、

他社の海外WiFiに比べると、やはり2倍くらいかさばります

 

スマホと一緒に持ち歩くとなると、やはりバッグが必須になる。

スマホよりも断然分厚いから、ポケットに入れるのも無理が有る。

IMG_7735

リゾート地では、バッグを持たずに行動する事も多いですからね。

 

jetfiの対応エリアは100カ国程度。マイナーな国では使えない。

jetfiは100カ国以上の国々で使えますが、

全ての国で4G/LTE通信が使えるわけでも有りませんし、

現状では3G通信ですら不安定の国も多く存在します

 

他社の海外WiFiの場合は、世界200カ国で使えるので、

マイナー国で使う場合は、海外WiFiを使った方が確実でしょう。

海外WiFiの対応国数

  • グローバルWiFi:世界200カ国以上
  • イモトのWiFi:世界200カ国以上
  • エクスモバイル:世界170カ国

グローバルWiFiのメリット・デメリット。イモトWifiとエクスモバイルとの比較。

まぁ、私は主要国しか旅行しませんので、あんまり関係ないですけど。

 

受取&返却時の配送料が有料。空港での返却も不可能。

他社の海外Wifiの場合、受け取り時の配送料は無料のところが多いのですが、

Jetfiは自宅受け取りの場合、配送料が全国一律600円かかります。

 

空港受取なら無料ですが、jetfiが受取可能な空港は3空港(羽田、成田、関西国際空港)のみ

※グローバルWiFiなら13空港で受け取れます。

 

受け取る場所は、他社の海外WiFiと同じ場所。

QLライナーカウンターにて受け取り。

手荷物宅配ABCとかと一緒の場所となります。

DSC02118

jetfi以外のWifiもこのカウンターなので、jetfiの発送メールとか、

契約内容の分かるものを印刷して持って行くとスムーズです。

 

jetfiは空港返却は不可能なので、返送料も必ず発生してしまいます。

帰国後に自費にて配送するか、返却パック(650円+税)を申込む必要が有ります。

税抜き650円なので・・・税込702円の請求でした。

 

返却パックは申し込まない方が良いんじゃないかと。

返送が手間。返送料金も高い。

返却パックって言っても、レターパック510が付いてくるだけ。

レターパック510って510円だから、

返却パックで税込702円も取られる意味が分からない。手間賃でしょうか?

 

また、空港受取で返却パックをお願いした場合、

返却パックを所持しながら旅をしないといけません

コレ意外とかさばります。

IMG_7120

 

そもそも、帰国日の翌日発送までなら延滞料は発生しないので、

帰国日の慌ただしい中、わざわざポスト返却する必要も無いから。

成田のポストのある場所も限られています。到着ロビーから、ちょっと歩きました。

DSC03977

無事返却が完了すると、jetfiから端末返却の確認メールも届きます。

私は帰国日の夕方に返送したので、翌々日にメールが届きました。

 

jetfiを利用した感想まとめ。

複数国で利用するならJetfiは革命的に便利で、料金も海外WiFiよりも断然安いです。

ただ、滞在する国が決まっているなら、

海外WiFiの方が便利に使えるかなと言った印象。

海外WiFiを利用した方が、速度も出るんじゃないかと。

ハワイとかだと、海外WiFiも多々選べますからね。

ハワイでオススメの海外WiFiを徹底比較。

 

有名どころではイモトのWiFiが有りますが・・・

イモトのWifiをレンタルして気付いたメリット・デメリット。 

海外WiFiなら、私はグローバルWiFiをオススメします。

グローバルWiFiのメリット・デメリット。イモトWifiとエクスモバイルとの比較。

 

ただ、jetfiは料金も非常に格安なんで・・・

1つの国でしか利用しない場合でも、値段を考えれば悪くないです。

キャンペーン開催時には更に安くなるので、背に腹は代えられない。

返送料が発生する事を考えても断然安いです。

LTE×500MB大容量プランが1日450円~

 

ヘビーユーザーじゃなければ、十分なんじゃないかと。

多少速度が遅くても、使えないよりは全然マシだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です