データ通信ローミングSIM「Three」をハワイ(アメリカ)で利用。SIM 2 FLYとの比較と違い。

プリペイドSIM「Three」

イギリスのローミングSIM「Three(スリー)」。

主にヨーロッパをカバーする周遊SIMなのですが、

対応エリアは50カ国以上と、実はアメリカでも利用可能です。

 

アメリカでは、SIM 2 FLYよりも格安であり、

下手なデータSIMより全然安かったから。

今回、ハワイで利用&検証してみたので、使用感をまとめておきます。

Threeのスペック:ヨーロッパ以外で使う場合

Threeは、本国イギリスをメインとした、

主にヨーロッパ全域で利用できるローミングSIMであり、

ローミングSIMなので、SMSや音声通話(発番)は不可能

※LINE通話、IP電話、SNS等は利用可能

データ通信専用SIMとして、複数国で利用できるわけです。

 

日本のAmazonでは、3種類のパッケージが購入できますが、

料金で変わるのは、有効期間通信容量のみ。

利用できる対応国数は変わりません。

パッケージ
通信容量 1GB 3GB 12GB
有効期間 30日間 60日間
※イギリスのみ90日間
60日間
※イギリスのみ360日間
対応国 50カ国以上
通信規格 3G / 2G
※イギリスのみ4G LTE
テザリング 不可
※イギリスのみ可能
価格
※2019年3月
¥990 ¥1,770 ¥4,900
現在価格 Amazon Amazon Amazon

 

今回、私はアメリカのハワイで使いましたが・・・

ヨーロッパ、アメリカ以外にも、アジア、オセアニアの国々でも使えます。

Threeの対象地域:ヨーロッパ以外

  • アメリカ(グアム・サイパン除く)
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • 香港
  • マカオ
  • イスラエル
  • インドネシア
  • スリランカ
  • ブラジル
  • シンガポール

ただ、イギリスやヨーロッパ以外の国で使う場合には、

微妙に内容も異なりましたので気をつけて。

イギリス国以外ではテザリング不可能であり、

イギリス国以外では3G回線となります。※イギリスのみ4GLTE接続

 

また、イギリス以外の国で使う場合、

有効期間は最大2ヶ月(60日間)が限界となります。

このSIMカードは、イギリス人旅行者向けのサービスとして、イギリス国外でのデータ通信サービスを追加料金無しで提供しています。そのため、イギリス国外だけでのデータ通信を目的とした使い方をされた場合、Fair Usage Policy(利用者間の公平なデータ通信の利用を確保するための方針)の一環として、過度なデータ通信が制限される場合があります。

具体的には、イギリス以外の国で2ヶ月(ヨーロッパでは4ヶ月)を超えて使用すると、データ通信が一時停止される場合があります

基本的には、イギリス人旅行者向けのSIMだということ。

3ヶ月(3GB)、12ヶ月(12GB)のSIMもありますが・・・

いずれも有効期限60日間のSIMとなりますので気をつけて。

まぁ、60日間で3GBだとしても約1,800円は、非常に格安だからね。

 

ちなみに、通信容量と有効期限がありますが、

どちらかを超過した場合に利用不可能となり、

30日間有効でも、1日で1GB使ったらアウトです。

 

超過後は、オンラインチャージ(Top Up)も可能なようですが・・・

日本のクレジットカードは未対応という話。

長期間利用したいなら、複数枚SIM購入しておいて、

現地で差し替えするのが無難なやり方かと。SIMも安いから。

Threeの利用方法:初期設定&アクティベート

というわけで、ハワイで実際に利用して来ました。

ローミングSIMなので、挿すだけで勝手にアクティベーション。

 

初期設定やAPN設定も不要で、現地に到着すれば自動的に接続してくれます

繋がると、ThreeからSMS(ショートメッセージ)も届く。

DSC05961

 

ただし、日本で格安SIMを使ってる人は気をつけて。

iPhoneでは、格安SIMプロファイルがインストールされたままでは利用できません

プロファイルをインストールしている場合、削除しておきましょう。

私も、アンテナ表記は出てるのに、繋がらなくて焦ったから。

 

他に確認すべき項目として、

設定画面で「データローミング」がオンになっているか?とか、

スマホ再起動してみるとか、それでもダメなら、APNを手打ち。

APNの設定方法(手打ち)

  • APN: three.co.uk
  • ユーザー名:入力不要(空欄のまま)
  • パスワード:入力不要(空欄のまま)

まぁ、私がiPhoneでAPNを手打ちしたのは、

eSIM設定が上手く行かなかった時くらいですけど。

Threeの利用回線:アメリカではAT&Tを掴む

ThreeのSIMをハワイで接続したところ、

「AT&T」の回線での接続となりました。

これはハワイに限った話でもなく、アメリカ本国でもAT&Tになるみたい。

DSC05965

プリペイドSIMに有りがちな「T-Mobile」では無い「AT&T」の利点、

それは、T-Mobileに比べて通信エリアが広く、

ハワイでも、AT&Tのみ入るエリアが存在するということ。

オアフ島以外では、AT&Tの優位性はさらに強くなります。

プリペイドSIMの2強である「AT&T」と「T-mobile」で比較すると、

「AT&T」の方が大手通信会社であり、

通信品質も「AT&T」の方が高く、

通信エリアも「AT&T」の方が広い傾向にあります。

アメリカのプリペイドSIM「MOST SIM」 レビュー in ハワイ。

 

今回、私はT-MobileのeSIMも同時に使ってましたが、

AT&T(Three)の方は、オアフ島全域で電波は良好。

いつでもどこでも繋がりました。

 

例えば、ホノルル空港の制限エリアは電波は入りづらく、

T-Mobileは圏外だけど、AT&Tなら通信可能でした。

DSC06455

アラモアナセンター付近は、T-Mobileの電波も弱いですからね。

DSC06003

ワイキキ外れのホテルでも、T-Mobileの電波は弱い。

DSC06144

 

SIM 2 FLYやZIP SIMでは、T-Mobileの回線を利用しており、

いまいち電波が安定しないことも有りました。

アメリカのプリペイドSIM「ZIP SIM(Ready SIM)」レビュー in ハワイ。

 

ちなみに、アメリカのプリペイドSIM「Most SIM」なら、

AT&TとT-MobileでSIMも選べます。AT&Tの方が高いですけど。

アメリカのプリペイドSIM「MOST SIM」 レビュー in ハワイ。

Threeの通信速度:3G回線でも速度は十分

通信速度と通信エリアは、また別の話。

ThreeのSIMは、アメリカではAT&Tの回線を利用しますが、

Threeでの通信規格は3Gまでとなっており、

イギリス以外の国では、4G LTEには未対応。

となると、懸念するのが通信速度。

 

3G回線って聞くと、ちょっと速度が遅いのが心配なんですが・・・

日本の3Gと比べれば、全然使えるスピードでした。

というわけで、速度計測。

 

午前10時過ぎ、ワイキキの通信速度は下り4.57Mbps

DSC05974

昼の12時過ぎ、ワイキキ中心地で下り3.20Mbps

DSC06002

13時過ぎ、ダウンタウン方面で下り1.29Mbps

DSC06016

深夜2時過ぎ、アラモアナ方面のホテルで下り10.3Mbps

DSC06141

午前7時半頃、ダウンタウン方面のバスの中で下り4.6Mbps

DSC06236

午前8時過ぎ、ホノルル空港にて2.77Mbps

DSC06279

空港デルタラウンジにて、下り3.65Mbps。この時、T-Mobile回線は入らず。

DSC06458

確かに3G回線というわけで、5Mbpsを超える速度は出ませんでしたが、

特に遅いという事を感じる事も無く、

強いて言えば、昼時に通信速度が遅くなるくらいでしょうか?

まぁ、日本の4Gでも、都心から離れれば10Mbpsを超えるのも稀なので・・・ね。

 

SIM 2 FLYも、ハワイでは3G回線であり、

通信速度は同レベルだったので、この辺がローミングSIMの限界といったところです。

ハワイでアメリカ版 SIM 2 FLYを使ってみた。APN設定と通信速度の検証。 

ThreeとSIM 2 Flyの比較

同じローミングSIMといえば、やはりSIM 2 Fly。

ハワイに限らず、いずれも欧米諸国で利用するできるわけで、

どちらの方が良いのか?スペック比較してみます。

IMG_6804

Three SIM 2 Fly
ヨーロッパ・アメリカ版
パッケージ
通信容量 1GB
3GB
12GB
4GB
※超過後128Kbps
有効期間 30日間
60日間
15日間
対応国 50カ国以上 70カ国以上
日本利用 不可能 可能
通信規格 3G / 4G
音声通話 不可能
※データ通信のみ
テザリング 不可能 可能
価格
※2019年3月
¥990
¥1,770
¥4,900
¥3,980
現在価格 Amazon Amazon

 

アメリカやヨーロッパ圏で使う場合、

費用対効果で考えると、Threeの方が安上がりな印象。

※アジア圏で使うなら、SIM 2 Fly アジア版が最強だと思ってます。

アジア・オーストラリアでオススメのローミングSIM。AIS「SIM 2 Fly」の使い方&レビュー。 

 

特にアメリカでは、通信エリアの広いAT&T回線であり、

SIM 2 FlyのT-Mobileに比べて、通信も安定していました。

ヨーロッパ圏なら、まぁThreeが間違いないでしょう。

 

ただ、対応国70カ国以上テザリング可能ということを考えれば、

SIM 2 Flyもそれほど割高な感じはありません。

SIM 2 Flyは、日本でも使えるので、日本に居ながら開通手続きをし、

帰国後もそのまま使えるっていうのは、プライスレスな便利さ。

SIMの差し替えって、意外と面倒でSIM紛失のリスクもありますからね。

よく機内でSIMを落として、すっげー焦ってるのが私です。

ローミングSIM Threeまとめ

Threeは、ヨーロッパの周遊SIMの印象が強いですが、

アメリカだけで使うデータSIMとして考えても、

割安な気がしました。

 

アメリカのプリペイドSIMは、アジア圏のSIMに比べても割高。

アメリカ・ハワイ旅行にオススメのプリペイドSIMまとめ

ZIP SIMのデータSIMでも、500MB2,000円オーバー

アメリカのプリペイドSIM「ZIP SIM(Ready SIM)」レビュー in ハワイ。

MOST SIMはデータ無制限だけど、事前登録手続きが面倒だったから。

アメリカのプリペイドSIM「MOST SIM」 レビュー in ハワイ。

 

だったら敢えて、他国のローミングSIM「Three」を使うってのは悪くない。

SIMを挿すだけ、現地についたら勝手に開通

AT&T回線だし、格安で利用可能期間も長い

テザリングも発番通話もしないなら、これで良いんじゃないかと。


Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】

 

SIMフリー端末を持って居ない人、

SIMを挿すのが不安なら、海外WiFiという選択肢も有ります。

なんだかんだで手軽なのがレンタル。

ハワイは人気国、海外WiFiも選べます。

ハワイでオススメの海外WiFiを徹底比較。

ハワイ海外WiFi

 

スマホアプリ前提の世の中、

海外でもインターネットが使えないと困るし、

情報が得られなければ、無駄にお金も時間も消費しますから。

色々と挑戦してみたら良いと思う。今日この頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です