アメリカのプリペイドSIM「MOST SIM」 レビュー in ハワイ。

MOST SIMのメリット・デメリット

アメリカのプリペイドSIMとして、

確固たる地位を確立しているのが「MOST SIM」。

 

MOST SIMは、音声通話も可能で大容量&無制限。

今回は、アメリカ国ハワイで使ってみましたが、

ZIP SIMと比べても、格安で満足度も高かったです。

 

通信回線は「AT&T」と「T-mobile」が選べるけど、

格安なT-mobile版のMOST SIMで良いと思う。

その理由も含め。レビューしておきます。

AT&T版とT-Mobile版の違い

MOST SIMは、アメリカを拠点とした歴史ある会社。

日本のAmazonで発売されているSIMのバリエーションも豊富であり、

「T-Mobile」だけでなく、

「AT&T」の通信網にも対応したSIMも販売されています。

・・・で、この2つ何が違うのか?

 

いずれも長期間用のSIMは、データ無制限SIMとなっており、

また、値段も大きく変わってくるので・・・今回は割愛。

私が使うのは、最安の短期間SIMであり、

旅行も、1週間程度の滞在がメインですからね。

A&T版とT-Mobile版の比較

MOST SIM
(A&T)
MOST SIM
(A&T)
MOST SIM
(T-Mobile)
MOST SIM
(T-Mobile)
価格 3,590円 4,390円 2,650円 3,150円
期間 7日間 10日間 5日間 7日間
容量 無制限 無制限 無制限 無制限
バンド 4G:Band 2、4、5、17、30
3G:WCDMA 1900、850
4G:Band 2、4、12
3G:Band 4 (AWS 1700/2100)
アメリカ通話 アメリカ国内通話の発着信無料 アメリカ国内通話の発着信無料
アメリカSMS アメリカ国内SMSの発着信無料 アメリカ国内SMSの発着信無料
テザリング 不可 可能(子機速度は3G)
エリア アメリカ全土
(ハワイ、アラスカを含む)
※グアムは対象外
アメリカ全土
(ハワイを含む)
※アラスカ、グアムは対象外

 

「A&T」の方が、同じ条件でも値段が高い傾向に有りますが、

主な違いは、通信エリア、対応バンドの違い

いずれも、4G LTEのBand 2、4に対応していますが、

「AT&T」は、Band5、17にも対応しており、

「T-mobile」は、Band12に対応と微妙に異なります。

 

また、「AT&T」の方が、通信エリアが広く

通信品質が高いというイメージが有ります。


MOST SIM – AT&T アメリカ SIMカード、7日間 高速6GB (通話+SMS+インターネット無制限使い放題) 回線は全米で最大の通信網を誇るAT&T USA SIM ハワイ

 

一方、「T-mobile」版MOST SIMは格安であり、

こちらは、テザリングが使えますが、

最安プランは有効期間5日間と、AT&Tの7日間より微妙に短くなってます。


MOST SIM – アメリカ SIMカード インターネット 5日間 高速データ通信無制限使い放題 (通話とSMS、データ通信高速) T-Mobile 回線利用 US USA ハワイ

 

実際のところ、iPhoneなら主要Band帯に対応しまくっているので、

どちらのSIMでも問題なく使えます。

Androidでも最近のモデルなら、基本的に対応しているので・・・

基本的には、T-mobile版SIMが安くてオススメ。

テザリングも使えるので、ポケットWiFi代わりにも使えるからね。

アメリカのプリペイドSIM事情について

アメリカ国対応のほとんどのプリペイドSIMが、

「AT&T」か「T-mobile」どちらかの回線を使います

アメリカの通信会社は、

「Verizon」「AT&T」「T-mobile」「Sprint」とありますが、

VerizonはプリペイドSIMでは一般的ではなく、

Sprintはソフトバンクに買収されたので・・・ね。

 

プリペイドSIMの2強である「AT&T」と「T-mobile」で比較すると、

「AT&T」の方が大手通信会社であり、

通信品質も「AT&T」の方が高く、

通信エリアも「AT&T」の方が広い傾向にあります。

 

例えば、ハワイでも「AT&T」の方が繋がると言われており、

実際に「T-Mobile」と同時に使ってみたところ、

オアフ島内でも「AT&T」だけ繋がるエリアが多々ありました。

DSC06455

 

また、「AT&T」の方が、対応エリアも広いです。

対応エリアを比較すれば、

「AT&T」の方が、塗りつぶされているのが分かるかと。

 

「AT&T」 ハワイ諸島 対応エリア

2019-01-11_11h17_15

「AT&T」オアフ島 対応エリア

2019-01-11_11h16_59

※参考→AT&T Maps – Wireless Coverage Map for Voice and Data Coverage from AT&T

 

「T-Mobile」 ハワイ諸島 対応エリア

2019-01-11_11h17_41

「T-Mobile」オアフ島 対応エリア

2019-01-11_11h16_10

※参考→4G LTE Coverage Map | Check Your 4G LTE Cell Phone Coverage | T-Mobile

 

AT&Tの方が大手であり、

通信品質も高く、4G回線の対応バンドも豊富。

 

一方、T-Mobileは、通信エリアが狭いけど、

多くのプリペイドSIMで「T-Mobile」の回線が使われており、

SIMの選択肢も多い。

プリペイドでは「T-Mobile」の方が主流となり、

その価格は「AT&T」よりも安い傾向にあります

 

ハワイで有名な「ZIP SIM」もT-Mobileの回線であり、

アメリカのプリペイドSIM「ZIP SIM(Ready SIM)」レビュー in ハワイ。

 

ローミングSIM「SIM 2 Fly」も、ハワイではT-Mobileの回線でした。

ハワイでアメリカ版 SIM 2 FLYを使ってみた。APN設定と通信速度の検証。

 

ローミングSIM「Three」は、AT&T回線でした。3Gですけど。

データ通信ローミングSIM「Three」をハワイ(アメリカ)で利用。SIM 2 FLYとの比較と違い。

 

実際、「T-mobile」はハワイでも、

「AT&T」に比べると繋がりづらいと言われますが、

オアフ島なら、ほぼ問題なく使えます

ワイキキ、ホノルル、オアフ島の主要エリアなら、

T-Mobile回線で問題無いという感じです。

というわけで、今回私が選んだのもT-mobile版SIMというわけ。

MOST SIMのメリット

通信エリアは全く問題ない

T-Mobile回線ということで、通信エリアを危惧してしましたが、

どこでも4G LTE回線を掴んでました。

DSC00821

通信エリア問題無し、接続も安定しており、

 

オアフ島、西側のピンクピルボックスでもバリバリ電波入る。

ナナクリ「ピンクピルボックス(Pu’u O Hulu)」登頂レビュー。

DSC01044

 

ワイキキ東の山の中、

クリオウオウリッジトレイル中でも繋がるし、

山頂でも問題なく通信できました。

クリオウオウ・リッジ・トレイル(Kuli’ou’ou Ridge Trail)登頂レビュー。 

DSC01395

旅行中、繋がらないといったエラーも有りませんでしたので、

オアフ島内なら、どこでも問題無く使えるんじゃないかっていう。

 

一応、3G回線にも対応しているので、不具合の有る場合は、

3G回線にすると安定する可能性も有ります。

IMG_4282

iPhonenの場合は、

設定→モバイルデータ通信→通信オプション→「4Gをオンにする」をオフにする。

通信速度も早い

4G LTE回線だったので、基本的に速度はバリ早でした。

ワイキキのホテルで、ダウンロード23.5Mbps

DSC01187

クリオウオウリッジへ向かう住宅街で68.1Mbps

DSC01246

昼頃は通信速度が下がるのか?

ダウンタウン方面のバスで5.75Mbps。それでも十分な速さ。

DSC00826

夜はホテルで30.3Mbps

DSC01699

 

テザリングだと3G回線になるらしいですが、

iPad Proで使ってみたところ、こちらもストレス無く高速表示。

DSC01184

ホテルのWiFiよりも早いんで、ホテルのWiFi要らずでした。

データ通信容量もホント無制限

高速なのは良いんだけど、

使いまくって、データ制限かかったら・・・

なんて懸念してたんですが、

全く問題なく、最後まで高速回線で使えました。

さすが日本の通信会社とは違いますね。

DSC01701

3日間で頑張って使いまくったつもりですが・・・

意外と使った容量は少なく、3日間3GB弱でした。

これでも普通の人よりは、かなり使ったほうだと思うけど。

 

参考までに、スマホで内訳を見てみると・・・

検索(Chrome)に918MB

アプリダウンロード(App Store)に802MB

回線速度測定(Speedtest)に409MB

通話&画像送信(LINE)に117MB

ゲーム(Ingress)に101MB

地図アプリ(Google Maps)に75.6MBといったところ。

DSC01704

Macでテザリングしたり、LINEで画像を送信したり、

Google Play Musicで音楽も流してたりしたんですが・・・

まぁ、思ったよりもデータ容量を消費できませんでした。

旅行程度では、使えるデータ容量にも限界が有るってことですね。

 

まぁ、動画をストリーミング再生しまくったり、

動画アップロードするってなると、問題有るとは思いますが、

常識的に使う人なら、快適に使えるかと。

通信速度は早いんで、動画も滑らかに再生できてます。

MOST SIMのデメリット

事前にSIMの開通手続きが必要

他社のプリペイドSIMみたいに、

現地でSIM挿すだけでは使えません

 

自動アクティベート不可能なんで、

事前にオンラインでアクティベート手続きが必要であり、

SIM開通までに最低でも24時間かかるという話。

※マニュアルには、2~3日間かかると記載されています。

 

私は、SIMを開封したのが旅行の当日なんで・・・

早朝4時頃に手続きして、

夕方5時に「プリペイドカード電話番号」のお知らせメール到着。

約12時間くらいで開通となったのですが・・・ホントギリギリでした。

しかも、この手続きが中々面倒です。

アクティベート手続きが非常に面倒

旅行の数日前までには、

アクティベート手続きをしなければならないのですが、

これが中々面倒で、入力項目が多かったです。

IMG_4281

 

最初に、MOST SIMのアクティベートページに遷移し、

SIMカードに記載の「SIM番号(SIM Serial No)」と、

パスワード(Password)」を入力する。

DSC00322

購入プランが表示され、必要な情報を入力していく。

DSC00325

この入力する情報が、また多い。

DSC00328

アクティベートに必要な情報

  • IMEI
  • 希望の開通日
  • 滞在期間
  • 名前
  • 電話番号
  • PCメール
  • Amazon注文番号

入力項目は多く有りますが・・・

とりあえず、IMEI開通日滞在期間は、

間違えたら不味い感じ。

最後に、しっかりと確認して送信です。

DSC00332

無事完了すると、

「SIMアクティベーション資料のご確認」メールが送られて来ます。

あとは開通手続き完了を待つのみです。

 

ちなみに、IMEI番号は、スマホの設定画面からも調べられますが、

発番画面で「*#06#」と入力することでも調べられます。

DSC00330

迷惑電話が非常に多い

プリペイドの通話SIM(発番対応)の難点といえば、

よくわからない番号から電話がかかってくること。

MOST SIMでは、そのかかってくる電話の量が半端なかったです。

 

まず、ハワイに着いて驚いた留守電の多さ。

全てアメリカ圏からの電話です。

DSC00802

特に多かったのが、テキサス州とネバタ州からの電話。

ラスベガスって・・・間違いなく関係無い電話。

DSC01461

夜中でもお構いなしに電話ラッシュ。めいわくー。

DSC01722

プリペイドSIMでは、電話番号の使い回しは当たり前なので、

まぁ仕方ないといえば仕方ないのですが、

それでも多かったのにビックリ。

 

同じ通話SIMのZIP SIMでは、1回有るか無いか程度だったので、

MOST SIMの方が、番号を使い回しまくってるってことですね。

さすがに、発番通話は使う気になれなかったです。

MOST SIMまとめ

日本から世界各国のSIMが購入できる時代、

現地で手続きする必要が無いってのはホント便利。

 

アメリカのプリペイドSIMは多くありますが、

4G回線データ容量も無制限

しかも発番通話も無料なら悪くないんじゃないでしょうか?

無制限ってことで、気にせず使えるってのも良かったです。


MOST SIM – アメリカ SIMカード インターネット 5日間 高速データ通信無制限使い放題 (通話とSMS、データ通信高速) T-Mobile 回線利用 US USA ハワイ

 

ただ、事前のアクティベーション手続きが面倒なこと、

迷惑電話が多いことを考えると、他のSIMでも良いと思う。

日本で買えるアメリカのSIMも増えてますからね。

アメリカ・ハワイ旅行にオススメのプリペイドSIMまとめ 

 

手間なく使いたいならローミングSIMという選択も有る。

なんだかんだで、私は「SIM 2 FLY」をよく使う。

ハワイでアメリカ版 SIM 2 FLYを使ってみた。APN設定と通信速度の検証。

SIM 2 Flyをハワイで使ってみた。

自宅で挿して、日本から使えて

現地に着いてからも自動で使えるようになる

帰国後もそのまま使えるっていう便利さ。

通話要らないなら、データSIMさえ有ればよいわけで、

IP電話やLINEも有るから、音声SIMは不要な時代ですからね。

 

SIMを使うのが嫌なら、海外WiFi。

ハワイは海外WiFiも選び放題です。

ハワイでオススメの海外WiFiを徹底比較。

ハワイ海外WiFi

海外でもインターネットが使えれば、

日本と同じように、スマホアプリが使えます。

 

どこへ行くにも「Google Map」で迷わず行けるし、

ハワイには格安タクシー「Uber」や、

公共バス「The Bus」も有りますからね。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

スマホが使えるだけで安上がり。良い時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です