GlocalMe G4、G3、U2、U2Sの違い。G3からG4へ進化したポイント。

クラウドSIM内蔵で、
世界中でどこでも使える、便利なWiFi端末といえばGlocalMe。

世界WiFi「GlocalMe(グローカルミー)」の使い方。具体的な料金プランと設定方法。

GlocalMeに新しい端末「GlocalMe G4」が登場しました。

従来の端末と何が違うのか?
私も買い替えましたが、やっぱり新しい端末は良かったです。

目次

G4、G3、G3S、G2、U2、U2Sスペック比較

GlocalMeは、G2→G3→G4と進化しており、
サイズ&外観だけでなく、そのスペックも全然違います。

GlocalMe Gモデル比較

G4 G3(G3S) G2
販売価格
※2019年9月
18,990円 20,990円 販売終了
サイズ 136×72.2×12mm 126.5×65×19mm 117×63.8×20.9mm
重量 188g 240g 224g
液晶サイズ 5.0インチ 4.0インチ 3.5インチ
SIMカード
スロット
nano SIM×1 nano SIM×2 Micro SIM×2
連続通信時間 13時間 15時間 16時間
バッテリー 3900mAh 5350mAh 6000mAh
充電時間 3.5時間 7.5時間
モバイル
バッテリー機能
有り
最大接続台数 5台
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
LTE-FDD Band 1/2/3/4/5/7/8/9/
12/13/17/18/19/
20/26/28
1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/19/20
LTE-TDD Band 34/38/39/40/41 38/39/40/41
WCDMA Band 1/2/4/5/8 1/2/4/5/6/8/9/19 1/2/4/5/8
GSM 850/900/1800/1900MHz

※「G3」の進化版「G3S」というモデルも存在しますが、
「データ容量の節約機能」のオフが可能になっただけで、
他の機能やスペックは「G3」と全く一緒です。

コンパクトモデル「U2」「U2S」も販売されているので、
こちらも併せてスペック比較してみる。

GlocalMe Uモデル比較

G4 G3 U2 U2S
販売価格
※2019年9月
18,990円 20,990円 17,990円 17,990円
サイズ 136×72.2×12mm 126.5×65×19mm 127×65.7×14.2mm
重量 188g 240g 151g
液晶サイズ 5.0インチ 4.0インチ 無し
SIMカード
スロット
nano SIM×1 nano SIM×2 microSIM×1
標準SIM×1
microSIM×1
連続通信時間 13時間 15時間 13時間
バッテリ容量 3900mAh 5350mAh 3500mAh
充電時間 3.5時間 7.5時間 7時間
モバイル
バッテリー機能
有り 無し
最大接続台数 5台
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
LTE-FDD Band 1/2/3/4/5/7/8/9/
12/13/17/18/19/
20/26/28
1/2/3/4/5/7/8/9/
12/13/17/19/20
1/2/3/4/5/7/8/9/
17/19/20
1/2/3/4/5/7/8/9/
12/13/17/18/19/
20/26/28
LTE-TDD Band 34/38/39/40/41 38/39/40/41 34/38/39/40/41
WCDMA Band 1/2/4/5/8 1/2/4/5/6/8/9/19 1/2/4/5/8
GSM 850/900/1800/1900MHz

「U2S」は「U2」のライトバージョンってなってますが、
SIMスロットが一つ減っているだけで、基本は変わらず。
対応バンドが「G4」並み増えているので「U2S」のが良いかと。

旧モデルも値段は大差ないし、
むしろ、Amazonでの販売価格は新型「G4」の方が安かったりするので・・・

これから買うなら最新モデルの「G4」、シンプルな「U2S」。
普通に選ぶなら最新モデルの「G4」が良いかと。

GlocalMe G3→G4の進化点

GlocalMe G3から、GlocalMe G4へ買い替えて気づいた違い。
まずは、G4の進化点から。GlocalMe G4レビュー。

サイズ、スリム&軽量化

サイズが全然違います。左がG3、右がG4。
画面サイズが4インチ5インチになってるので、
縦横サイズはG4の方が大きくなってます。

IMG_0180

裏面。丸みを帯びたデザインから、角張ったデザインへ。

IMG_0179

厚みは19mm→12mmへ、7mm厚さが違うので、
G4の方が、だいぶ薄く感じます。

IMG_0176

薄くなったので、スマホと変わらないサイズ。左がiPhone XS。

R0003666

厚みも同じくらいで、外観も似てるんで、
ホントスマホみたいになりました。

R0003668

Type-C対応、充電速度の向上

GlocalMe G4になり、Type-C充電に対応となりました。
充電時間も7.5時間3.5時間と、半分以下で満充電できるように。

最近のガジェット類は、Type-C対応が多いので、
ケーブルやモバイルバッテリーも使い回せるのも大きい。

IMG_0188

GlocalMe G4自体にも、モバイルバッテリー機能は有るので、
予備のバッテリーとしても使えるのも嬉しい。

UIの変化、処理速度の向上

使ってみて一番感じた点。
処理スピードが大幅に進化してました。

IMG_0191

GlocalMe G3もタッチパネル操作なんですけど、
反応速度も遅く、モッサリした感じでした。

一方、GlocalMe G4の方は、サクサク動き、
タッチパネルの反応も良い。スマホ操作した時の感覚に近い。
操作画面もG4で一新され、G3に無い機能も増えてます。

IMG_0196

トリップアドバイザーアプリも使えるし、

IMG_0194

Google Mapアプリも入ってます。

IMG_0193

Googleアカウントでログインすれば、自分のマップデータも読み込める。
家族にスマホ代わりに持たせるにも良さそう・・・
まぁ、Androidベースの端末ですからね。

GlocalMe G4がG3に劣る点

SIMスロットの減少

GlocalMe G3には、nano SIMカードスロットが2つ有りましたが、
GlocalMe G4には、nano SIMカードスロットが1つしか有りません。

SIMカードスロットを取り出してみると、
G4も2枚挿入できそうなんだけど、認識できるのは奥側に入れた時。

IMG_0199

端末アプリ上でのSIM管理も、クラウドSIMとSIM1枚のみ。

IMG_0198

まぁ、実際のところ、GlocalMeではクラウドSIM(VSIM)をメインで使うハズなので、
別途SIMを挿してまで使うってことも、あんまり無い。
1枚スロットがあるだけで、私は十分。

複数枚のSIMを挿しっぱなしにしておくなら、
スロットは多いに越したことはないですけど。
日本でも格安SIMを契約して使うとか、
GlocalMeは、国内ポケファイとしても活用できるから。

GlocalMe G3を日本の格安SIMで使う方法。SIMフリーポケットWifiとして最安利用してみた。

バッテリー容量の低下

省スペース化に伴い、バッテリー容量が減りました。
G4では、バッテリー容量が5350mAh3900mAhへ。
連続通信時間も15時間13時間へと減少しています。

また、microUSB→type-Cになっただけではなく、USBも一個減っている。
GlocalMe G3には、通常のUSB端子(Type A)も有りましたので。

IMG_0178

まぁ、その代わりにUSB変換ケーブル(Type A⇔Type C)も付属してますので、
Type Aも使おうと思えば使えるけど。

IMG_0189

Type Aの変換ケーブルオスとメスで一本ずつ付属。

IMG_0173

GlocalMe G3では、USB変換ケーブルは、Type Aオス一本でしたので。

IMG_6506

GlocalMeの端末比較まとめ

新しい端末になりましたが、基本的にできることは変わらず。
メリット・デメリットは、GlocalMe G3と大差無し。
対応バンドが増えたとはいえ、通信速度が超早くなったーとかは感じ無いし、
管理するスマホ側アプリも一緒です。

クラウドSIM搭載「GlocalMe G3」を使って気づいたメリット、デメリット。

IMG_2763

主な違いはサイズ感と、動作のサクサク感。
買い換える程ではないけど、これから買うならGlocalMe G4のが良い。
サイズ感はマジでスマホ。薄くて軽いだけで最高。

R0003665

胸ポケットとか、パンツポケットに入れてもモッコリしなくて済む。
旅行の荷物もなるべく軽い方が良いので、
私はこれだけでも、買い換える価値は有ったと思ってますけど。

GlocalMe G4は、出たばかりなので、
代理店プランでは、まだ見かけないのも魅力。
Jetfi、どんなときもWiFi、グローカルネットとかとか。

GlocalNet(グローカルネット)とGlocalMe(グローカルミー)の比較と違い。

今後は、日本の代理店でも登場するとは思いますけど。

ちなみに、GlocalMeアカウントに紐付けできる端末は1台のみとなっているので、
買い換える場合は、既存のGlocalMe端末との連携を解除しないと、
新しい端末とは、GlocalMeアカウントに紐付けできませんので。

IMG_2765

一つのアカウントで一つの端末。
クラウドSIMの都合、これは仕方ない。
複数台利用したいなら、複数アカウントにて対応ですな。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる