JALグローバルウォレットを利用して気づいたメリット・デメリット。

JAL Global WALLETのデメリット

JAL会員が発行可能な「JAL Global WALLET(JALグローバルウォレット)」。

手軽に外貨両替ができて、マイルも貯まるプリペイドカード。

 

評判も良いようで、私も気になって使ってみたのですが・・・

実際使ってみたら、思ったよりも微妙でした。

 

クレジットカードの代用として使うなら有りなんでしょうけど、

クレジットカードより、得かと言われれば・・・ノー。

その理由について。

JAL Global WALLETのメリット

プリペイドカードなのにマイルが貯まる

IMG_3002

JALグローバルウォレットは、利用金額ごとにマイルが貯まります。

円から外貨へ両替をすると、200円につき1マイル

ショッピング利用すれば、200円につき1マイル

 

海外店舗でカード決済する場合は、

両替→ショッピングとなるので、マイルも2倍貯まる。

200円につき2マイルが貯まるわけです。

 

たとえば、先日タイで3,058バーツほど両替をした私は、

3,058バーツ→11,762円÷200円→58マイル貯まる。

2019-09-30_10h32_58

 

カード決済した場合は、更にショッピングマイルも貯まるので・・・

580バーツ→2,228円÷200円→11マイル貯まる。

2019-10-03_10h12_21

 

海外決済では、200円で2マイル貯まるので、

JALマイル還元率1.0%の決済カードとして使えるわけです。

チャージも簡単、自動両替で両替の手間も無い

事前にチャージ設定をしておけば、

あとはアプリ経由で簡単に入金(チャージ)できます。

住信SBIネット銀行なら、チャージ手数料も無料

1,000円から1円単位で細かく入金額も指定できます。

R0003643

チャージしたら、あとは「自動両替」の設定をしておけば、

利用に併せて自動的に両替してくれます。

R0003647

「自動両替」設定しておけば、外貨両替する手間も省けるし、

外貨を余らせるということも無くなるので、

手動で両替額を指定する「通常両替」よりオススメ。

 

ちなみに、残高をオートチャージする機能もあるけど、

これはSuicaのオートチャージ機能みたいなやつ。

R0003637

一定の金額を下回った場合にチャージする機能なので、残高余らせがち。

アプリ経由で簡単に残高照会、入金もできるので・・・

オートチャージの設定は要らんかな。

審査不要、15歳以上なら誰でも申込み可能

JAL Global WALLETは、15歳以上なら誰でも申込み可能となってます。

クレジットカードとは違い、プリペイドカードなので、

収入の無い学生でも申し込める。

子供の留学用の決済カードとしても使えるわけ。

※申込みに際して個人番号(マイナンバー)の提出が必要です。

 

上述したように、見た目はクレジットカードであり、

店頭ではクレジットカードと全く同じように使える、

マスターカードブランドの決済カード。

 

利用限度額も最大100万円までと、学生でもチャージ額次第で使えるのも利点。

※ショッピング専用コースは最大30万円まで。

R0003649

もちろん、プリペイドカードの為、チャージ額以上は使えないし、

スマホアプリ上でカード利用オンオフができるのも、

海外利用するという点では安心なんじゃないかと。

R0003631

チャージし過ぎで不安なら、使う直前までカードを一時停止しておく。

アプリから、すぐ解除もできるから。

JAL Global WALLETのデメリット

肝心の両替レートが良くない

JAL Global WALLETは、両替手数料が無料なわけではなく、

両替時の為替レートの中に両替手数料も含まれているということ。

両替レートが思ったよりも悪かったです。

 

為替レートの良さをアピールしておりますが、

比較対象としているのは、日本の空港両替所のレート。

クレジットカードの決済レートに比べると、だいぶ悪いレート。

JAL Global WALLETは、両替所よりもリーズナブルなレートで両替を提供しています。

両替レート|JAL Global WALLET

 

両替レートは、アプリ上の両替画面でも確認できます。

1ドル108円前後の日で、109.82円というレート。

R0003660

主要通貨は、まだレートの開きが少ないけど、

マイナー通貨になると、ちょっと悪い。

1バーツ3.54円前後の日で、3.857円というレート。

R0003659

取り扱い15通貨でこの両替レート。

取り扱い15通貨以外は、4%の海外事務手数料も発生し、

両替時のマイルも付与されなくなります

※取り扱い15通貨→日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZドル、カナダドル、香港ドル、タイバーツ、シンガポールドル、マレーシアリンギット、中国元、台湾ドル、韓国ウォン

 

外貨が余った場合は、日本円へ両替もできるのですが、

悪いレートで日本円へ再び両替することになるので・・・

外貨は事前に両替し過ぎないほうが良いと思われます。

自動両替設定にて、利用時に利用分だけ両替するように設定すべきかと。

海外ATM手数料が1回200円ほど発生する

Jal Global WALLETでは、現地のATM手数料は発生しませんが、

海外ATMの出金手数料がJAL Global WALLET側で発生します。

1回あたり200円(非課税)相当額です。

 

相当額?っていう表記が疑問だったのですが、

現地通貨で200円分くらい上乗せされて引き出されるわけ。

 

実際、タイで利用したところ、

58バーツの手数料が取られ、1バーツ3.85円のレートだったので・・・

日本円換算すると約223円の手数料でしたけどね!

 

利用する毎に海外ATM手数料が取られるので、

小額利用を繰り返すと、手数料の割合も大きくなります。

 

クレジットカードの海外キャッシングでは、

海外ATM手数料も取られないカードが有るわけで、

この辺も、JAL Global WALLETが劣る部分かなと。

海外キャッシングにおすすめクレジットカード。海外キャッシングで得するカードの選び方。

住信SBIネット銀行のみ、チャージ手数料無料

JAL Global WALLETへチャージする方法は、

4パターンほど有りますが、この中で手数料発生しないのは、

住信SBIネットバンク銀行での口座振替のみとなります。

R0003657

JAL Global WALLETチャージ手数料

  • 銀行振込:200円
  • インターネットバンキング:200円
  • 住信SBIネット銀行の口座振替:無料
  • クレジットカード:0.33% or 1.1% ※ショッピング専用コースのみ

「ショッピング+ATMコース」は、クレジットカードチャージ不可能であり、

「ショッピング専用コース」なら、クレジットカードチャージできるけど、

クレジットカード側のポイントは貯まらないから、クレカチャージする意味もありません。

JALカードでチャージしても、マイル2重取りは不可能ってこと。

チャージに対するクレジット会社のポイントは積算されません。詳しくは各カード会社にご確認ください。

ご利用方法|チャージ|JAL Global WALLET

 

住信SBI以外の金融機関から入金した場合、

金融機関側で振込手数料も発生するし、

JAL Global WALLET側でも200円の入金手数料も発生する。

チャージ毎に200円も取られるなら、全然お得ではない。

 

まぁ、住信SBIネット銀行って素晴らしい金融機関。

JAL Global WALLETに限らず、色々と便利な銀行なので、

所持していないなら、日本に居るウチに口座開設した方が良い。

海外滞在にオススメのネットバンクまとめ。

オススメのネットバンク

 

ちなみに、住信SBIネット銀行を所持していても、

口座振替の設定必要が有るので、初期設定の手間が有りました。

住信SBIネット銀行側で「スマート認証」の登録もしておかないと駄目なのーん。

2019-09-17_09h55_20

チャージ残高が残る、残高は5年で失効する

あくまでプリペイドカードなので、事前に入金が必要であり、

きっちり使い切るという事が難しいと感じました。

 

海外行くから事前に余裕をもってチャージするわけで・・・

帰国後に残った残高どうする?って話。

R0003936

日本円で残金が残った場合、銀行口座に払い戻しが可能なのか?

「ショッピング+ATMコース」なら、出金できると思っていたのですが・・・・

残った日本円を、銀行口座に払い戻す方法が不明です。

メニューを見ても、出金に関する項目は無し。

日本のATMでは利用不可能だし、日本円出金できないのか?

R0003662

※「ショッピング専用コース」は払い戻し不可能と記載有り。

 

で、怖いのがウォレット残高には有効期限があること。

5年間未使用だと、残高は失効します

バリューの有効期限は、ウォレット内のバリュー残高が最後に増減した日から5年間とし、有効期限が経過した場合は、当該ウォレット内のすべてのバリューが失効するものとします。

JAL Global WALLET 会員規約

 

幸い、国内ネットショップでも利用できるので、

私は、Amazonギフト券を残額ピッタリ購入して消化しましたけど。

Amazonギフト券なら、1円単位で購入もできますので。

Amazonギフト券

クレジットカードのような補償が無い

プリペイドカードなので、

クレジットカードのような補償が有りません。

一応、紛失盗難補償はありますが、年間10万円までという制限付き。

 

クレジットカードなら盗難保険が付いているので、

基本的に、不正利用は全て補償されます

クレジットカード会社が通知を受けた日から遡って、

60日以内の決済は全額補償されます。

要は、不正利用から60日以内に異議申し立てすればOKなわけ。

※補償期間は60日が一般的ですが、カード会社により異なります。

クレジットカードで繰り返し不正利用被害に遭う。カード会社の補償と対応の違い。 | ビジネス幼稚園

 

また、クレジットカードとは違い、

継続利用を前提とした支払いにも使えません

公共料金、携帯電話料金など、月額料金の支払にも使えませんし、

ホテルやレンタカー等のデポジット目的でも使えない可能性が有ります。

 

海外に行くなら、クレジット(信用)の証明として、

クレジットカードも役に立つわけ。

 

クレジットカードって決済だけでも無いですからね。

旅行保険も付帯してたりするわけで、持ってるに越したことはないのです。

海外旅行保険が自動付帯!オススメのクレジットカードまとめ。

JAL Global WALLETを海外で利用する方法

外貨両替として使う場合(海外ATM出金)

海外で、JAL Global WALLETで現地通貨を引き出す場合、

現地のMastercardマークの有るATMにて、現金が引き出せます。

DSC06084

海外キャッシングと操作はほぼ変わりませんが、

取引口座の選択画面(Select Transaction)にて、

Saving(銀行口座)を選択します。

PINコード入力→Withdrawal→Saving→金額入力という順番。

※海外キャッシングの場合は、SavingではなくCredit Cardを選択します。

海外ATMで海外キャッシングの使い方。国による操作方法の違い。

 

キャッシングではなく、口座から引き出しという操作。

これは、マネパカードと一緒です。

マネパカードの使い方と注意点。現地で利用するまでの流れと、余った残高の活用方法。

DSC00458

 

また、JAL Global WALLETでは、海外ATM手数料は、

引き出し金額にプラスして、現地通貨で合算請求されます。

IMG_0491

例えば、タイで3,000バーツを引き出した際は、

ATM手数料58バーツ約200円)が上乗せされ、

3,058バーツとして引き出されてました。

店頭で直接カード決済する場合(ショッピング)

海外のお店でJAL Global WALLETを使う場合、

利用方法は、クレジットカードを使うのと全く一緒です。

Mastercardロゴの有るお店なら、クレジットカード同様に決済できます。

見た目もクレジットカードと一緒ですからね。

JAL Global WALLETは、ICチップに対応しており、

コンタクトレス決済(Mastercardコンタクトレス)にも対応しています。

R0003635

世界的にも、ICチップで決済する店舗が多いので、

海外で使う場合は、4桁のPINコード(暗証番号)を覚えておくように。

JAL Global Walletは得なのか?検証してみた。

得するか?ということを考えるなら、

他の両替手段、決済手段と比較してみれば良い。

 

外貨両替に関わる各種手数料を含め、

1バーツあたりのレートを抽出して検証してみました。

基本的に、海外キャッシングのレート比較と同じ方法となります。

海外キャッシングの為替レートと手数料を比較。発生した全ての費用まとめ。

 

比較対象は、海外キャッシングで定番のクレジットカード。

セディナ、エポス、JCBカードです。

海外キャッシングにおすすめクレジットカード。海外キャッシングで得するカードの選び方。

IMG_0497

タイのスワンナプーム国際空港で、

同日同時刻にカシコーン銀行(Kasikorn Bank)のATMで3,000バーツを引き出し。

DSC06072

ついでに、空港の両替所(カシコーン銀行)でも両替してみました。

DSC06086

THB両替レート比較

カード ブランド THB JPY レート ATM利用料 金利 返済手数料 合計 1THBあたり
エポスカード VISA 3,000 10,683 3.561円 216円 21 無料
(エポスATM)
¥10,920 ¥3.64
セディナカード Master 3,000 10,662 3.554円 21 無料
(ペイジー)
¥10,683 ¥3.56
JCBカード JCB 3,000 10,656 3.552円 26 無料
(住信SBI口座)
¥10,682 ¥3.56
Jal Global Wallet Master 3,058 11,762 3.846円 58バーツ(約200円) ¥11,762 ¥3.85
BKK空港の両替商 ¥3.859

為替レート比較してみましたが・・・

JAL Global WALLETは、やっぱレート悪いですね。

 

両替レートが悪いってだけでなく、

海外ATM手数料も1回あたり200円+税が発生するわけで、

約1万円(3000バーツ)の利用で1,000円も差が出るという結果。

 

ショッピング利用の場合なら・・・と思いましたが、

そもそもの話、JAL Global WALLETでは、

一旦、外貨に両替してから決済となるので、

ショッピング利用した場合も、換算レートは変わりません。

IMG_0493

580バーツの利用で2,228円なので、やはり1バーツ≒3.84円

同日にJCBのクレジットカード決済した場合は、1バーツ≒3.60円だったからね。

2019-09-30_09h51_04

JAL Global WALLETは、0.5%~1.0%の還元率でJALマイルが貯まるとはいえ、

このレートで利用するとなると、使うのは微妙かな。

JAL Global WALLETまとめ

海外ショッピングで利用すれば、

200円につき両替で1マイル、ショッピングで1マイルで還元率1.0%。

ただ、両替レートが微妙なので、マイル目的ならイマイチ。

JALカードだって、ショッピングプレミアムでマイル還元率1.0%

SPGアメックスカードなら、マイル還元率1.25%

クレジットカードで還元率1.0%以上のカードも多いわけだから。

※参考→JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。 | ビジネス幼稚園

 

日本の空港で両替するよりはレートは良いんだけど・・・

日本で外貨が出金できるわけでは無いからね。

海外ATMで引き出するなら、海外キャッシングのが良いかなと。

海外キャッシングの利用方法。お得に両替する為に注意すべき事。

 

クレジットカードの代用として使うカードなら文句は無いです。

審査の手軽さ、プリペイドの安心感は有るし、

学生だけでなく、クレジットカード利用に不安が有る人にも良いのかと。

2019年10月~2020年6月のキャッシュレス還元にも対応してますから。

 

国内ショッピングなら両替レートも関係無いし、

国内ショッピング利用でも200円で1マイル(0.5%還元率)。

デビットカードの還元率と比べても優秀なんじゃないかと。

スマホアプリで残高確認、チャージも簡単。

住信SBIネット銀行は必須ですけど。

 

同じ海外プリペイドカードとして比較すべきは、マネパカード。

マネパカードの使い方と注意点。現地で利用するまでの流れと、余った残高の活用方法。

マネパカードのが両替手数料は安いけど、

現地ATM手数料も発生するのが痛い点。

マネパカードで発生する手数料。両替時の為替レートについて。

 

両替という点だけなら、マネパの空港外貨受け取りサービスも悪くない。

マネーパートナーズで外貨両替。空港外貨受取サービスの利用方法。

6通貨に限られますが、両替レートも良いし、

なにより日本で外貨が受け取れるのが良いかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です