マネパカードの使い方と注意点。現地で利用するまでの流れと、余った残高の活用方法。

マネパカード

海外旅行の現地通貨の調達方法として、

クレジットカード並に役に立つのが、

海外プリペイドカードのマネパカード。

カード決済だけでなく、格安に外貨両替も可能ということで、

利用頻度も増えてきたのですが・・・

その使い方は、手順も多く、非常にややこしい。

 

私自身も、未だにあやふやなので、自分の為にも覚え書き。

入金、チャージ、未チャージ残高、ペイバック、出金・・・慣れるまで一苦労です。

マネパカードの申し込み方法。カード到着までの日数。

マネパカードは、海外プリペイドカードといえど審査なカード。

使えるまでに日数も必要です。

 

審査に必要な書類は、本人確認書類マイナンバー確認書類の二つ。

スマホから、そのまま写真をアップロードできるので、意外と簡単。

私は運転免許証と、マイナンバー通知カードをスマホで撮影して終了。

 

1月6日のお昼頃に、公式サイトからマネパカードの申込み。

申込み手続き完了と同時に、メールでお申込み受付のお知らせが届く。

審査終了からカード到着までは、最短で約1週間程度かかるってさ。

KS003386

 

1月9日に、Manepa Card発行審査終了のメールとともに、

口座開設通知書とカードを別便にて郵送するという連絡。

KS003387

 

1月11日に転送不要の簡易書留にて、マネパカードの「口座開設通知書」が到着。

IMG_4008

1月15日にマネパカード本体が到着。こちらも転送不要の簡易書留でした。

IMG_4007

クレジットカードのような本人限定郵便では無いので、

郵便局に受取日の連絡をする必要も無いし、同居の家族でも受け取れます。

 

申し込みから審査完了までに約3日、審査からカード到着までに約1週間

合計で約10日くらいかかりました。

IMG_3983

海外で使う予定なら、2週間くらいを想定して申込みした方が無難。

カードを使えるようにするには、

入金→両替→チャージと、まだまだやる事が有りますから。

 

マネパカードへの入金方法。

マネパカードは、海外プリペイドカードという事で、

事前に入金しなければ使えません。

 

マネパカード入金に利用する振込先は、口座開設通知書に記載されてます。

「お客様のカード専用振込口座」に銀行名、支店名、口座番号が書いてあります。

自分専用振込口座となってるので、

指定口座に振り込めば、自動的に自分の口座にチャージされます。

振込人名義はマネパカード名義と同一でなければなりません。家族名義口座からは不可です。

IMG_4009

私は、振込手数料が安い「住信SBIネット銀行」から振り込みました。

※参考→ネットバンク最強「住信SBIネット銀行」のメリット・デメリット。 | ビジネス幼稚園

KS002947

8,159円という微妙な金額を振り込んでますが、

銀行残高を全部入金してみただけなので、特に意図は有りません。

KS002948

私は住信SBIネット銀行から入金したので、振込手数料が無料となってますが、

金融機関によっては振込手数料が発生します。

※住信SBIネット銀行は、他行宛て振込手数料も無料(月1回~月15回)です。

大手金融機関だと、同銀行宛てでも1回200円~400円

他行宛てなら400円~600円も取られるので注意です。

マネパカードで発生する手数料。両替時の為替レートについて。

 

また、銀行振込で入金する都合、午後3時以降や土日祝日等、

銀行の営業時間外の振込みは、翌営業日扱いとなってしまいます。

銀行営業時間内のお振込みの場合、約2時間以内に反映されます。銀行営業時間外の場合は、翌営業日扱いとなります。

営業時間内に振り込んでも、反映されるまでは小一時間かかります。

 

入金後しばらくしてから、マネパカードにログインしてみると、無事反映されてました。

KS002949

JPY(日本円)の未チャージ残高へ入金されます。

KS002950

未チャージ残高のままでは使えませんし、日本円のままでは海外では使えません。

続いて、利用予定国の通貨(外貨)へ両替をしていきます。

 

マネパカードで、日本円を外貨へ両替する。

マネパカードへ日本円を入金したら、使用予定の国の通貨へ両替します。

上部バーの「両替」ボタンをクリック。

KS003388

「円貨→外貨」より、両替する外貨を選択します。今回はアメリカドルへ両替。

KS002988

 

両替金額を入力して「確認」ボタンをクリック。

今回は、チャージ残高の全額を両替します。

KS002989

両替と同時にチャージするか、チャージしないかを選択できます。

両替後チャージする予定なら「チャージする」のままでOK。

KS002990

両替だけして「チャージしない」事も可能。

KS002992

「チャージしない」にしても、後でチャージできますし、

間違えてチャージしたとしても、後でペイバック(未チャージ状態へ戻す)も可能です。

チャージもペイバックも、どちらも手数料無料なので、間違えのリスクはありません。

私は、この時点で理解していなかったので「チャージしない」を選択してます。

 

あとは、両替を実行するだけ、

リアルタイムで為替レートも変動しているので、

現在のレートを表示させる場合は、「レート更新」ボタンをクリック。

KS002991

為替レートが表示されているボタンを押すと、両替実行となります。

KS002994

両替完了すると、日本円の両替金額、両替後の受取金額、両替レートが表示されます。

8159円が、71.51ドルへなりました。

KS002995

両替時の為替レート(両替手数料)は、

マネパFXレート+80銭となってます。※米ドルの場合。

マネパカードの両替手数料

  • 米ドル:0.8円(80銭)
  • ユーロ:1円
  • 英ポンド:1.3円
  • 豪ドル:0.7円(70銭)
  • 香港ドル:0.3円 (30銭)

マネパカードで発生する手数料。両替時の為替レートについて。

 

両替完了すると、

両替前は、JPY(日本円)に有った「未チャージ残高(8159円)」が、

両替後は、USD(米ドル)の「未チャージ残高(71.51ドル)」へと変わってます。

KS002996

 

ちなみに、マネパカードの両替時間には制限が有るので注意。

日本で土日となる時間帯は、両替が不可能です。気を付けましょう。

両替可能時間(冬時間:11月第1日曜日~3月第2日曜日まで)

  • 月曜日 7:00〜23:29
  • 火曜日~金曜日 0:15〜6:257:10〜23:29
  • 土曜日 0:15〜6:25

両替可能時間(夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日まで)

  • 月曜日 7:00〜23:29
  • 火曜日~金曜日 0:15〜5:256:10〜23:29
  • 土曜日 0:15〜5:25

サービス時間について 【Manepa Card マネパカード】

FXの取引時間に基づく感じですね。

 

マネーパ―トナーズFX口座で外貨両替→マネパカードへ資金移動。

より両替手数料を安く抑えたいなら、

マネーパートナーズFX口座で外貨両替してから、

マネパカードへ資金移動するという方法も有ります。

 

FX口座で両替した場合は、通貨に関わらず一律20銭の手数料

その両替手数料は、マネカードと比べても非常に格安。

マネーパートナーズFXの両替手数料

  • 米ドル:0.2円(20銭)
  • ユーロ:0.2円(20銭)
  • 英ポンド:0.2円(20銭)
  • 豪ドル:0.2円(20銭)
  • 香港ドル:0.2円(20銭)

マネパカードで発生する手数料。両替時の為替レートについて。

マネパカードで両替するよりも、両替手数料を安く抑えられますが、

マネーパートナーズのFX口座が必要になり、ちょっと手間も増えます。

 

マネーパートナーズFX口座の管理画面より、「旧WEB取引画面(両替)」をクリック。

KS003426_thumb1

「口座照会・両替」→「外貨両替」をクリック。

KS003427_thumb1

外貨両替の注意事項が表示されるので、

確認して「次へ(外貨両替手続き画面へ)」をクリック。

KS003428_thumb1

 

支払い元通貨を「JPY」にし、受け取り通貨を「USD」を選択。※米ドルへ両替の場合。

受け取り側(右側)の金額のみ入力し、「次へ」をクリック。

KS003429_thumb2

※外貨両替の受け取りは100通貨単位で、端数は受取不可能となってます。

よって、受け取り通貨側で、金額の入力をするのが間違い無いです。

両替で端数が出ないようお気をつけください

お受け取りは100通貨単位(スイスフランのみ200通貨単位)となるため、端数はお受取できません。端数が出ないよう、受け取り金額(右側)指定での両替をおすすめいたします。

 

支払金額、受取金額、換算レートが表示されます。

宜しければ「外貨両替実行」をクリック。

KS003435_thumb1

 

外貨両替が完了したら、マネパカードへ資金移動します。

マネーパートナーズの管理画面、

上部バー「資産管理(入出金)」より、「振替・移動」をクリック。

KS003403

 

振替・移動元は、「パートナーズFX/受入証拠金」。

振替・移動先は、ManepaCardへ資金移動「未チャージ残高」。

移動する通貨と金額を入力して、「振替・移動確認」をクリック。

KS003436_thumb3

振替・移動内容の確認したら、「振替・移動実行」をクリック。

KS003437_thumb1

振替・移動の完了画面が表示されます。

KS003438_thumb1

マネーパートナーズFX口座からマネパカード口座へ、

手数料無料で資金移動できるので、両替手数料の差額分だけお得です。

米ドルの場合は、80銭→20銭となり差額60銭は馬鹿に出来ない。

 

「未チャージ残高」→「チャージ残高」へチャージする。

両替してもチャージしないと、マネパカードは使えません。

米ドルの未チャージ残高から、チャージ残高へ資金を移動します。

 

上部バーの「チャージ/ペイバック」ボタンをクリック。

KS003389

チャージタブより、チャージ通貨を選択。

今回はアメリカドルなんで、「USD(米ドル)」をクリック。

KS002997

チャージ金額を入力して、確認ボタンを押す。

未チャージ残高を全部チャージする場合は、「最大額」をクリックすれば一発で入力できます。

KS002999

チャージ金額の確認。宜しければ「確定」をクリック。

KS003000

「チャージ受け付けました。」と表示されます。

KS003001

チャージ後は、カード残高に反映されるまで最大20分かかるという事で、

しばらくは、一時的に残高0と表示されました。一瞬だけ焦りました。

KS003005

でも大丈夫。依頼中照会でしっかり表示されたから。

KS003003

数分後に再度確認したところ、無事チャージ残高へ反映されてました。

KS003007

チャージ残高に反映されていれば、マネパカードの使用準備OK。

チャージ残高の金額まで、現地で利用可能となります。

 

ちなみに、チャージの時間にも制限が有ります。

両替と同じく日本で土日となる時間帯は、利用不可能です。併せて気を付けましょう。

チャージ/ペイバック可能時間

  • 月曜日~金曜日 0:15〜23:29
  • 土曜日 0:15〜8:00

サービス時間について 【Manepa Card マネパカード】

両替の場合は、夏と冬で時間帯が異なりましたが、

チャージ/ペイバックの場合は、年間を通して同じ時間で利用可能となってます。

 

マネパカードで現地通貨を引き出す方法。海外キャッシングとの違い。

現地に着いてから、マネパカードで通貨を引き出す方法は、

クレジットカードの海外キャッシング方法と、基本的に同じです。

海外キャッシングの利用方法。お得に両替する為に注意すべき事。

 

「MasterCard」ロゴが有るATMで、現地通貨の引き出しが可能です。

DSC05577

カードを挿入すれば、自動的に画面が切り替わります。

DSC00462

最初に、4ケタのPINコード(暗証番号)を入力。

DSC00455

「Do you want a receipt?」という事なので、利用明細が欲しい場合は「Yes」を選択。

DSC00456

「Withdrawal」を選択。

DSC00457

 

海外キャッシング(クレジットカード)と操作が違うのは、Account typeの選択。

マネパカードでは、「Credit Card」では無く「Savings」を選択する事。

DSC00458

※Savingで引き出せない場合は、Credit Cardを選択します。

 

あとは、引き出す金額を入力すればOK。

DSC00459

このATMでは、20ドル単位でMAX500ドルまで引き出し可能でした。

 

このATM(First Hawaiian Bank)では、3.25ドルのATM手数料が取られるという表示。

DSC00466

宜しければ「Yes. I accept the fee」をタップ。

 

Please remove your cashという表示とともに・・・

DSC00467

無事、現地通貨ゲットです!

DSC00468

Your Transaction is completeという事で、手続きは完了。

DSC00469

最後に、カードとレシートを取るのを忘れずに。

DSC00470

 

クレジットカードの海外キャッシングの場合は、

現地ATM手数料(上記の場合は3.25ドル)は発生しないことが多いのですが、

マネパカードでは、現地ATM手数料が、しっかりと徴収されます。

 

わたしは、実際100ドル引き出してみましたが、

マネパカードのATM手数料2ドルの他に、お取引手数料3.25ドルも請求されてました。

KS003521_thumb

お取引手数料=現地ATM手数料って事ね。

 

ちなみに、手数料はATM毎に大きく異なり、

ホノルル空港のATM(First Hawaiian Bank)では、3.25ドルでしたが、

ABCストアのATM(Central Pacific Bank)では、2ドルとなってました。

DSC05601 (2)

ATM毎に利用料金は異なり、こちらのATMでは3ドルの請求だったり。

DSC00251

事前に、現地のATM手数料を確認するのは不可能なんで、ギャンブル的要素は否めない。

現地でATM手数料がいくら発生するか?

こればっかりは、現地のATMで確認するまではワカリマセン。

上記は2ドルと格安ですが、3ドル~5.5ドルくらい徴収される事も多いです。

マネパカードで発生する手数料。両替時の為替レートについて。

 

現地で引き出したのは100ドルなので、手数料を含めた合計は105.25ドル。

5.25米ドルの手数料・・・日本円だと約600円くらいの手数料か。

現地のATM手数料は想定外でした。少額利用の場合は痛いですね。

 

ちなみに、クレジットカードで海外キャッシングする場合は、

上記のように現地のATM手数料表示されても、

発生するのは、カード会社側の海外ATM利用料だけの場合が多いです。

1万円までが108円、1万円超えは216円ってやつ。

海外キャッシングにおける海外ATM手数料

  • ご利用金額1万円以下:100円+税 / 件
  • ご利用金額1万円超:200円+税 / 件

レシートや利用明細に、ATM利用料の記載が有っても、

実際は、請求されない事がほとんどなんですけどね。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。

 

海外キャッシングでも、同じATMを利用したんだけど、

やっぱり、マネパカードだけ、現地ATM利用料が発生してます

 

マネパカードもATMによっては発生しない事もあるらしいですが・・・

発生する可能性が高いという事を、覚えておきましょう。

 

海外の店舗で直接マネパカード決済する方法。

クレジットカード決済みたいに利用する場合、

マネパカードはチャージ残高から、そのままカード決済が可能です。

MasterCardのロゴが有る店舗で、クレジットカードと同じように決済できます。

利用方法は、クレジットカード決済と全く一緒

レストランでも当たり前に使えるし、チップももちろん払えます。

ハワイでのチップ相場と渡し方。クレジットカードでの支払方法。

 

利用明細には、利用店舗名と利用金額が表示され、

店舗で利用した金額のみ、外貨チャージから消化されます。

KS003519

現金引き出しの場合は、ATM手数料が発生しましたが、

店舗でのカード決済では、手数料は一切発生しません

 

マネパカードは、サインが必要な磁気ストライプだけでなく、

ICチップも付いているので、サインレス決済にも対応しています。

※ATM利用と同様に4ケタの暗証番号が必要となります。

海外でも、セキュリティの面で、ICチップ付きのクレカを求められる事が多いです。

 

ICチップ対応の端末。読み取り機に数字のボタンが付いてます。

DSC07187

ICチップ付きカードは下から差し込み、暗証番号を入力でOK。

ICチップが付いてないカード磁気ストライプの場合は、

右側でスワイプして、液晶画面でサインをする必要が有ります。

※セキュリティの都合、店員にカードを渡さず自分で処理する事が多いです。

 

マネパカードは、あくまでプリペイドカードという事で、

クレジットカードと全く同じようには使えず、

信用や保証が必要なサービス(ホテルやレンタカー等)には使えません

ホテル・レンタカー等の利用時に注意することはありますか?
ホテルやレンタカーなどでのデポジット(※)を目的とした利用はできません。また、ホテルやレンタカー会社によっては、プリペイドカードでの決済ができないため、本カードを利用できない場合があります。
※デポジット=預かり金、保証金のことでホテルなどを利用する際、支払いの保証として先に一定額の金額を支払うこと

ホテル・レンタカー等の利用時に注意することはありますか? 【Manepa Card マネパカード】

国際キャッシュカード(デビットカード)と同じようなイメージですね。

 

余った「チャージ残高」を日本円に両替して出金する。

海外から帰国後、余ったマネパカードのチャージ残高を、

日本円に戻して、自分の銀行口座へ出金する方法です。

 

マネパカードは、プリペイドカードの都合、

完全ピッタリに使い切るという事は、不可能に近いですからね。

 

外貨チャージ残高を、ペイバック(未チャージ状態へ)し、

日本円へ両替して、出金という流れになります。

余った外貨→ペイバック→両替→出金という感じ。

基本的に、チャージとは逆の順番で手続きしていきます。

 

余った外貨をペイバックする。

まず、余った外貨(チャージ残高)を、未チャージ状態へ戻します。

「チャージ」の反対の作業が「ペイバック」。

チャージ残高を、未チャージ残高へ移動する事を「ペイバック」と言います。

チャージする時と同じ、「チャージ/ペイバック」をクリック。

KS003389

 

「ペイバック」をクリックして、ペイバック通貨を選択。

今回は、アメリカドルをペイバックします。

KS003394

ペイバック金額を入力。

「カード残高確認」をクリックすれば、余った外貨も確認できます。

7.51ドル残高が残ってたので、入力して「確認」ボタンをクリック。

KS003397

ペイバック金額を確認して、問題なければ「確定」ボタンをクリック。

KS003398

ペイバックが反映されるまでは最大20分かかります。チャージする時と一緒。

KS003399

 

ペイバックした外貨を日本円へ両替する。

ペイバックした外貨を、日本円へ戻します。

上部バーの「両替」をクリック。

KS003388

「外貨→円貨」タブをクリック、日本円へ両替する通貨を選択します。

今回は、アメリカドルを日本円に戻します。

KS003419

 

日本円へ両替後、円貨へそのままチャージする事も可能です。

銀行口座へ出金する場合は「チャージしない」のままでOK。

KS003420

※国内店舗でカード決済利用したい場合は、日本円チャージして使います。

 

為替レートボタンをクリックすると、両替実行となります。

KS003413

 

ちなみに、外貨両替時の為替レート(両替手数料)は、

マネパFXレート+80銭(米ドル)でしたが、

日本円へ両替する時は、両替手数料が発生しません

試しに確認してみましたが、ホントFXレートと一緒でした。

KS003411

0.002円なら、誤差の範囲だね。

 

マネパカードから銀行口座への出金方法。FX口座経由がお得。

余った外貨を日本円へ両替したら、銀行口座へ出勤します。

「入出金」をクリックし、「出金タブ」を選択すれば、

出金先金融機関情報が入力できます。

KS003400

KS003402

ただ、マネパカードから銀行口座への出金は、540円の手数料が発生するので、

出金を考えているならば、マネーパートナーズのFX口座も開設した方が良いかと。

マネパカードを所持しているなら、簡単にFX口座開設も可能です。

マネーパートナーズで外貨両替。空港外貨受取サービスの利用方法。

 

マネーパートナーズのFX口座を所持している場合は、

FX口座を介する事で、出金手数料無料となります。

マネーパートナーズのサイトから、マネパカード出金の手続きします。

上部バーの「資産管理(入出金)」より、「振替・移動」をクリック。

KS003403

Manepa Cardからの資金移動の「未チャージ残高」を選択。

振替・移動先は「会員残高(未使用分)」選択し、

最後に、マネパカードから移動する金額指定をして、「振替・移動確認」をクリック。

KS003406

1円から手数料無料でFX口座へ資金移動できます。1円だけ移動してみました。

KS003407

 

FX口座に移動したら、銀行口座へ出金依頼をします。

「資産管理(入出金)」より、「出金依頼/出金取消」をクリック。

KS003408

出金元は「会員残高(未使用分)」を選択し、

出金通貨「JPY」にチェック、出金する金額を入力して、「出金依頼確認」をクリック。

KS003421

 

確認画面が表示されるので、「出金依頼実行」で出金完了です。

1円の出金で試してみましたが、こちらも手数料は0円(無料)

KS003409

月間5回までは、手数料無料で出金可能です。※6回目以降は1回400円+税

 

マネパカードから出金依頼した場合、2営業日程度で反映となってますが、

マネーパートナーズ口座から出金依頼した場合は、

13時までの出金手続で、翌営業日には反映されます。

円貨の出金にはどのくらい時間がかかりますか?

円貨につきましては、通常13:00より前までの出金依頼に関しては、翌営業日午前中に当社より銀行に対する出金指示を完了します。13:00以降の出金依頼に関しては翌営業日扱いとなりますので、翌々営業日の午前中に出金指示を完了します。

円貨の出金にはどのくらい時間がかかりますか? | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

 

ちなみに、マネパカードで外貨で「未チャージ残高」が有る場合、

外貨のままFX口座へ資金移動する事も可能です。

KS003422

FX会社ならでは、色々と融通が利きます。

 

余った「チャージ残高」を国内店舗でクレジットカード決済する。

マネパカードでは、そのまま日本円チャージして、

日本国内でも直接カード決済が可能となりました。

海外同様、日本でもクレジットカードと同じように使えます。

銀行口座へ出金する事なく、そのままカード決済。手数料も発生しません。

 

日本円のチャージ残高を、日本円にチャージするだけ。

日本円→日本円のチャージなら為替レートも、もちろん関係ありません。

KS003414

カード利用に応じてキャッシュバックも有り、

国内ショッピングの還元率は1.0%~2.0%と、

下手なクレジットカードよりも高い還元率となってます。

 

余った残高を完全に使い切る必要が無い・・・というよりも、

国内利用のカード決済として、マネパカードを常用するのも有りなのかと。

プリペイドなので、クレジットカードに抵抗がある人にもオススメです。

 

国内ショッピング利用の注意点として、

初期設定のままでは、日本円チャージしただけでは使えない設定になってます。

円貨をチャージしたのに、ショッピング利用ができません。

2016年10月14日以前に口座開設されたお客様の円貨の初期限度額は0円に設定されているので、限度額を変更いただかないと国内利用はできません。
会員専用サイトにログイン後、カード情報(明細・残高・停止)> 各種変更TOP > 利用限度額変更にてご変更ください。

円貨をチャージしたのに、ショッピング利用ができません。 【Manepa Card マネパカード】

変更する場合は、

会員ページ上部より、「カード情報(明細・残高・停止)」をクリック。

KS003423

続いて、「各種変更TOP」をクリック。

KS003416

「利用限度額変更」をクリックすれば、限度額設定画面が表示されます。

KS003417

初期設定で国内ショッピング限度額は、0円に設定されているので、

限度額を変更する事により、国内でも利用可能となります。

KS003418

※一カ月のショッピング利用がは最大50万円まで設定可能です。

 

海外ショッピングでの利用限度額や、海外での現金引出限度額の変更も可能なので、

セキュリティ上、不安だと思う人は、利用限度額を低く設定したり、

長期間使わない場合は、利用不可能(限度額0万円)に設定しておく事も可能です。

マネパカードまとめ

長々と記載してしまいましたが・・・

マネパカードは、用途に合わせて色々と調整できる都合、

複雑に感じてしまうのは否めない。

なんでも出来るが故に理解に苦しむ。

 

ただ、用途に有った使い方をすれば、クレジットカードと同じように使えるわけで、

そんなに悪いカードではない。

ただ、現金が欲しいなら海外キャッシングで良いし、

海外キャッシングにおすすめクレジットカード。海外キャッシングで得するカードの選び方。

キャッシュレス決済なら、クレジットカードの方が良い。

海外決済で還元率が高くなるカードも多い。

海外決済で得する高還元率クレジットカードまとめ。

クレジットカードは所持するだけで、保険も適応になったりもするからね。

海外旅行保険が自動付帯!オススメのクレジットカードまとめ。

とりあえず私は・・・もぅマネパカードは使わないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です