海外ATMで海外キャッシングの利用方法。国による操作方法の違い。

海外ATMの利用方法

海外に行くと必ず利用するのが、海外キャッシング。

私は、エポスカード(VISA)、オリコカード(Mastercard)、

セディナカード(Mastercard)、楽天カード(Mastercard)、

JCBカード(JCB)、セゾンカード(AmericanExpress)、

マネパカードと色々な国のATMで試してきましたが・・・

 

ATMによって操作方法は異なるし、

カード会社(主に国際ブランド)によっても、その操作方法は異なりました。

操作を間違えると、劣悪なレートで取引をすることにもなりますので、

操作方法の流れは把握しておきましょう。

カナダ:バンクーバー国際空港のATM。

カナダのバンクーバー国際空港内には、ATMは多数設置されているので、

探さなくてもATMは見つかります。

 

今回、利用したのがROYAL BANK。

DSC00228

とりあえず、緑に光る部分にクレジットカードを挿入。

DSC00236

ATMは、3ヶ国語に対応してました。

日本語には対応していないので「English」を選択。

DSC00239

 

「Please enter your PIN then press “OK”」って事で、

PINコード(クレジットカードの暗証番号)を入力します。

手元のボタンで、4桁の暗証番号を入力してOKです。

DSC00245

 

「From which account?」

クレジットカードなので「Credit Card」を選択。

DSC00246

 

「Please select an option or enter an amount and press “OK”」

引き出す金額を選択します。任意の金額も指定できますが・・・MAX200ドルを選択。

DSC00219

 

「The service povider will charge an ATM fee of $3.00 for a cash withdrawal / advance」

現地でATM利用料(3ドル)が取られるって話ですが・・・

DSC00251

実際のところ、ATM feeはレシート記載されるものの、

日本で請求が上がる時は、200ドルのみ請求が上がりました。

海外ATM利用料は、クレジットカード会社で発生するので、

現地のATM手数料は発生しないことがほとんどです。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。

 

Your request is being processed・・・手続き中。

DSC00222

カードが返却されて。

DSC00223

現金200ドルゲットだぜ!

DSC00224

海外キャッシングのやり方は、簡単な英語が分かれば、難ないかと。

Credit Card、Cash、Withdraw・・・

PINコード = 暗証番号ってのを忘れずに。

ハワイ:ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)のATM

続いて、日本人御用達のハワイ。

ダニエルKイノウエ国際空港に、ATMは一か所しかない・・・ハズです。

DSC00451

個人出口(EXIT 2)を出た目の前に有る、First Hawaiian BankのATM。

DSC05571

Mastercard、VISA、AmericanExpress、DinersClub・・・全てOKです。

DSC05577

DSC00460

とりあえず、クレジットカードを入れる。

DSC00462

カード認識中。

DSC00463

4桁のPINコードを入力。

DSC00455

レシートが欲しいならYes。

DSC00456

「Please select the type of transaction by pressing the appropiate key.」

→Withdrawal。

DSC00457

「Please select an account type.」

→Credit Card。

DSC00458

「Please enter the withdrawal amount as a multiple of $20 with a maximum of $500.」

20ドル単位で、最大500ドルまで可能って事で、任意の数字を入力。

DSC00459

100ドル欲しかったんで、ボタンで100と入力してEnter。

DSC00464

3.25ドルのATM手数料が発生するって話。宜しければ、Yes, I accept the fee.

こちらも、基本的には、クレジットカード会社の海外ATMしか発生しませんでしたけど。

DSC00466

Please remove your cash.

DSC00467

無事、ドルゲットできました。全て20ドル札です。

DSC00468

Your transaction is complete. Please take your receipt.

Please take your card.というわけで・・・

DSC00469

最後に、レシートとカードを受け取って終了です。

DSC00470

 

ちなみに、このハワイアンバンクのATMですが、

一度だけ、何のカードを入れても認識しない時が有りました。

この時は、全然ドル通貨もってなかったので、凄い焦ったんですけど・・・

全てのカードでエラー。キャンセルしても無いのにキャンセルって出る。

DSC05574

結局、Uberでワイキキ行って、ABCストアのATMで海外キャッシングしました。

ABCストアは、Central Pacific Bankで、ATM手数料が2ドルってなってましたけど・・・

DSC05601 (2)

やっぱり現地のATM手数料は請求されなかったから、

現地のATM手数料は、気にする必要は無いんじゃないかな。

シンガポール:チャンギ国際空港のATM

修行僧お馴染み、シンガポールのチャンギ国際空港。

空港自体が超広いので、制限エリア内にも多くのATMが有りました。

DSC05524

今回利用したのがDBS。

DSC05526

カード挿入。

DSC05537

認識すると、私の名前が表示されました。

中国語と英語の同時表記。PINコード入力してくれって。

DSC05528

4桁のPINコード入力。

DSC05539

Cash Withdrawalを選択。

DSC05529

レシートは欲しいので、With Receiptを選択。

DSC05530

Credit / Charge Cardを選択。

DSC05531

Enter amountという事で、必要な金額を入力します。

DSC05532

微妙な金額もイケるのか?30ドルで試してみた。

宜しければ、Proceed。

DSC05533

ちなみに、この時はVISAカードだったのですが、

Mastercardを挿入した時は、現地の銀行DBSのレート選択画面となりました。

DSC05534

現地銀行レートは非常に悪く、選んでも損するだけなので、

「Continue without DBS conversion(銀行の両替レートは使わない)」を、

選択した方が良いです。

現地レートを選ばなければ、Mastercardの良いレートが適応となります。

 

最後にATM Access Fee by DBS 5ドルが発生するよっていう画面。

DSC05536

実際、こちらもATM手数料は発生せず、

やはり、クレジットカード会社で設定されている海外ATM利用料だけ発生してました。

 

最後にPlease take your cardと表示され、カードを受け取って終了となります。

DSC05541

 

ちなみに、JCBブランドのカードを挿入した場合、

JCB CreditとCirrusの選択画面になりました。

DSC05538

JCBはCirrusを利用するという事でしたが、Cirrusを選択した場合はエラーが出て使えず、

JCB Creditを選択した場合に、無事キャッシング利用する事が出来ました。

オーストラリア:メルボルン国際空港のATM

メルボルン空港の第二ターミナルに有るTravelexのATM。

DSC07642

到着ロビー着いて右側に有るATMとなります。

DSC07668

毎度恒例、対応カードブランド一覧が表示されてます。

DSC07643

カードを挿入すると言語選択画面。Englishと中国語の2択です。

DSC07644

4桁のPINコードを入力。

DSC07645

BALANCEとWITHDRAWALの2択ですが、WITHDRAWALを選択。

DSC07646

「Would you like a receipt?」レシート希望なのでYES。

DSC07647

Please select account for transaction→Creditを選択。

DSC07648

「Please select currency requied.」

・・・選択の余地なく「$ AU Dollars」を選択。

DSC07649

Please select the amount you would like to withdraw.

必要な通貨を選択するか、OTHERを選択して任意の金額を入力します。

私は100ドルを選択。

DSC07650

3ドルのATM手数料が発生するって。宜しければ、CONTINUEをタップ。

やはり、クレジットカードだと発生しない手数料です。

DSC07651

 

VISAカードの場合、コレで終了でしたが、

Matercardの場合、現地ATMの粗悪レートが表示されました。

嫌ならCONTINUE WITHOUT CONVERSION。

DSC07652

JCBカードの場合も、なぜかドル換算での粗悪レートが表示される。

こちらも嫌ならCONTINUE WITHOUT CONVERSION(銀行の両替レートは使わない)。

DSC07667

 

実は、この真後ろにもATMが有りました。

DSC07669

CCB≒China Construction Bank(中国建設銀行)でも試してみました。

DSC07654

カード挿入後、PINコード入力。

DSC07655

こちらも2か国語対応。Englishを選択。

DSC07656

Select TransactionでWithdrawal。

DSC07657

Select account for withdrawalでCredit Card。

DSC07658

Select the amountでは、20ドルから選べました。

DSC07659

Do you want a receipt for the transaction?でYes。

DSC07660

この時もMastercardを挿入してたのですが、やはり劣悪レート出ました。

Travelexのレートを利用しているという事で、さっきのATMと一緒ですね。

DSC07661

このレートを適応しても損するだけなので、

CONTINUE WITHOUT CONVERSIONを選択しましょう。

現地の銀行レート「Continue With Conversion」に注意!

海外ATMによって表示される、現地の銀行レート。

「Continue With Conversion」を選択すると、どれくらいレートが悪くなるのか?

 

同一ATMの同時刻でやってみましたので参考までに。

セディナカード(Mastercard)で試しました。

セディナカード海外キャッシングレート

  • Continue without conversion → 4412円÷50AUD=88.24円/1AUD
  • Continue with conversion → 9553円÷100AUD=95.53円/1AUD

 

一つの操作の違いで7円も違う・・・酷い話です。

同時刻にJCBでも「Continue With Conversion」を選択してみましたが・・・

JCB海外キャッシングレート

結局100AUD≒9522円(95.22円/1AUD)っていう、

Mastercardと同じ劣悪レートになりました。

ATM操作中にレートが表示されたら、怪しいので・・・

くれぐれも現地の銀行レートには、気を付けてください。

 

ちなみに、VISAカードの場合、

同じATMでも、現地銀行の劣悪レートが表示されませんでした。

私の経験上、VISAでは表示された事が無く、勝手にVISAレートでやってくれてます。

 

銀行の劣悪レートは、主にMastercardで表示される事が多いです。

操作に不安なら、VISAブランドで海外キャッシングするのが無難。

Mastercardレートの方が良いんだけど、ホント若干の違いですから。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。

海外ATMで海外キャッシングの利用方法まとめ。

海外キャッシングを色々な国で、色々なクレジットカードで利用して思ったのが、

海外キャッシングって、使えば使うほどに、一概に得するとは言えないなって事。

キャッシングするATMによって手数料も違うし、

海外ATM手数料や、為替レートもクレジットカードによって違うわけ。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。

 

気を付けるべき点も多いですし、

なにより、海外ATMって不具合やトラブルも多いから。

海外キャッシングの利用方法。お得に両替する為に注意すべき事。

 

海外ATMで現地の銀行レートを適応されたら凄い損なので、

換算レートが表示されたり「Continue With Conversion」の文字には気を付ける。

ただ、実際のところは、ATMは使ってみないと分からないので・・・運も有る。

その為、今回は利用したATMのデータも残した次第です。

銀行の劣悪レートも、最後の最後で表示してくるから、不親切極まりない。

 

海外キャッシングは、使うにしても少額利用の方が良いし、

トラブル時に自ら対応できる人、

頻度が多い人、慣れている人向けのサービス。

使うなら、繰り上げ返済もした方が良いです。

 

海外キャッシングを利用するなら、ダントツで便利なのがセディナカード

海外ATM手数料も無料だし、オンライン経由で簡単に繰り上げ返済が可能

カード年会費も永年無料だし、

海外キャッシングで発生する手数料も、ほとんど無料にできるから。

海外キャッシングで繰り上げ返済。返済方法による利息と手数料の違い。

 

できることなら、海外キャッシングは避ける。

なるべく現金調達は避け、クレジットカードで直接決済した方が良い。

海外へお金を持って行く方法。両替方法による為替手数料の違い。

キャッシュレスを推進している国も増えてますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です