香港国際空港ファーストクラスラウンジ「The Wing(ザ・ウィング)」レビュー。

The Wingのお風呂

豪華ラウンジで有名な、キャセイパシフィック航空のラウンジ。

中でも香港国際空港にある「The Wing(ザ・ウィング)」は、

キャセイのフラッグシップラウンジであり、

最高峰の「ファーストクラスラウンジ」も有ります。

 

ファーストクラスラウンジというネーミングですが、

ワンワールドのエメラルド会員なら、エコノミークラスでも利用可能。

JALのJMBダイヤモンド会員、JGCプレミア会員なら利用できるってわけで、

私もJALエコノミークラスで利用させて頂きました。

お風呂有り、レストラン有り、バー有り・・・色々とヤバイかったです。

ザ・ウィング(ファーストクラス)の内観

ラウンジ受付&入り口

香港空港ターミナル1の6階に有るザ・ウィング(ビジネスクラス)受付。

ビジネスクラスラウンジと繋がっており、同じ入り口から入れます。

DSC03166

ファーストクラスラウンジ利用者は、2階へと促されます。

DSC03169

二階のカウンター向かって左側がビジネスクラスラウンジ、

右側がファーストクラスラウンジ。

入り口に「First」の文字も光っています。

DSC03445

The Atrium(ロビー&ダイニングコーナー)

ファーストクラスラウンジに入ると最初に登場するのが、

「The Atrium」という部屋。

ロビー的な意味合いなんでしょうけど、

ビュッフェスタイルの食事、ドリンクと置いてあるので、

ダイニングエリアみたいな感じ。

IMG_5785

白い大理石調のテーブルに、料理がズラズラと並んでます。

DSC03191

中央には大きいダイニングテーブル。

吹き抜け側には、カウンターテーブル。

DSC03271

カウンターテーブル目の前は、ガラス張りと搭乗ゲート。

IMG_5783

大きな窓からは、キャセイの飛行機もよく見えます。

IMG_5780

The Haven Bar(バーコーナー)

ラウンジは奥に長く続いており、

The Atriumの奥に有るのが、バーコーナーのThe Haven Bar。

IMG_5789

こちらはテーブルではなく、ソファーが並んでます。

座るとすぐにドリンクのお伺い・・・さすがファーストクラス。

IMG_5793

ボルドーとグレーのソファ。キャセイカラー。

IMG_5791

ソファサイズもデカイ。

スゲーゆったりして座り心地も違います。

The Library(新聞・雑誌コーナー)

バーの奥に、新聞雑誌がずらりと並ぶ、読書コーナー。

The Pierラウンジで言うなら、The Library的なスペースです。

座席は、数席程度なので・・こじんまりしてますけど。

IMG_5790

雑誌のバリエーションは、他ラウンジ同様に豊富。

英文、中文、ハングル・・・日本の新聞まで有りました。

DSC03377

The IT Zone(ビジネスコーナー)

読書コーナーの反対側に、The IT Zone。

いわゆるビジネスコーナーです。

パソコン2台、デスク2台とオマケ程度のスペースですけど。

DSC03180

PCはMac。プリンターも有ります。

DSC03307

まぁ、ビジネスクラスラウンジの方に、

広めのThe IT Zoneが有るので、

ガッツリ使いたいなら、ビジネスラウンジへ行けばよいかと。

Champagne Bar(シャンパンバー)

一番奥には、Champagne Barも有ります。

IMG_5792

その名の通り、シャンパンだけが置いてあるゴージャスな空間。

DSC03323

バーカウンターとは違い、常駐スタッフも居ないので、

勝手にシャンパン注ぎまくり。

気兼ねなく、飲み放題しまくれました。

The Haven(レストラン)

The Atriumでは、ブッフェスタイルの食事も提供していますが、

The Havenという専用のレストランがラウンジ内に有ります。

さすがのファーストクラスラウンジってやつです。

 

レストラン入り口に受付。

受付で人数を言うと、席まで案内してくれます。

DSC03260

レストランスペースだけでも広い。

IMG_5778

専用のレストランメニューから、

食事・ドリンクと注文でき、もちろん全て無料

しかも、レストラン奥にもブッフェコーナーが有るという・・・

IMG_5777

ファーストクラスラウンジ・・・ヤバイです。

ザ・ウィング(ファーストクラス)の食事メニュー

ロビー&ダイニングコーナーの食事メニュー。

ここだけで、十分な食事バリエーション。

DSC03270

朝の時間帯なので、朝食メニュー。

クロワッサン、チョコレートクロワッサン、デニッシュ2種。

DSC03269

 

ベジタブルサンド、ほうれん草のフリッタータ、ハム&チーズのパニーニ。

フリッタータって、キッシュみたいな料理っすね。

DSC03272

ブルーベリーとバナナのマフィン、人参ケーキ、チョコレートバナナケーキ。

DSC03273

シリアル類。

DSC03277

パンコーナー。ロールパン。

DSC03279

食パンとか。

DSC03281

トースターで焼き目もつけられます。

DSC03280

ジャム&バター。バターにキャセイマーク。

DSC03278

フルーツ&チーズコーナー。

DSC03282

チーズもゴロゴロと、バリエーションも豊富。

DSC03374

パンプキンシードに、チアシードまで有りました。

DSC03284

ヨーグルト、カットフルーツ、ハム、サラダ、ミューズリーとかとか、

DSC03283

レモン、ケッパー、オニオン、サワークリーム。

DSC03286

洋食メニューも置いてあり、

カリカリベーコン、ソーセージ。

DSC03287

スクランブルエッグ。

DSC03288

ポテト、トマトソテー。

DSC03289

大麦のホットオートミール。私はコレ系苦手。

DSC03291

アーモンド、シナモンブラウンシュガー、レーズン。

DSC03293

置いてあるのが、いちいちオシャレ。

 

昼食タイムには、料理も変わります。

メロンケーキ、BBQポークパイ、

DSC03366

ツナパイ、チキンポットパイ。

DSC03367

スイーツも登場、

バターケーキ、アップルタルト、チョコレートトリュフ、

チーズケーキ、アーモンドパイ。

DSC03368

バーガー、ラップ系の料理も出てきました。

DSC03375

流石に全部は食えませんでしたわ。

レストラン「The Haven」のメニュー

続いて、オーダー制のレストランメニュー。

私が訪れたのは、朝方の時間帯なので朝食メニューです。

DSC03195

Set Menu

  • The Chinese Set
  • The Western Set

Breakfast Specialties

  • Superfood Breakfast bowl
  • Portobello Mushroom
  • Chia,Green tea and coconut pudding
  • Poached eggs with kimchi
  • Poached eggs with hollandaise on toasted muffin
  • Granola

Signature Noodles

  • Dan Dan Mien
  • Wonton noodles in soup

ドリンク類は、ラウンジに有るものが一通り頼めます。

illy Coffee、Jing Tea、フレッシュジュース・・・

カクテルもお好みに合わせて作ってくれます。

シャンパンも3種類から選べます。シャンパンバーに有るのと同じ銘柄ですね。

DSC03204

Champagne Menu

  • Perrier Jouet, Brut N.V.
  • Louis Roederer, Brut 2012
  • Ayala, Brut Majeur Rose N.V.

 

せっかくなのでセットメニューを2つ注文。

アメリカンのThe Western Set。

DSC03239

中華風のThe Chinese Set。

DSC03244

さすが香港、飲茶が美味い!

DSC03255

中華粥も中々、本格的。

DSC03251

担々麺も頼んでみましたが、

ヌードルバーで提供しているのと同じヤツでした。

DSC03425

ワンタン麺も同じやつですね。きっと。

 

The Havenのレストランで注文できるメニューは、

基本的に、ラウンジに置いてある料理という感じ。

The Havenのレストラン内にも、

同じメニューがブッフェスタイルで置いてありました。

洋風コーナー。

DSC03205

スクランブルエッグ。

DSC03206

ごん太のソーセージ。オーダーしたやつと一緒だ。

DSC03207

ヨーグルト、フルーツ、グラノーラ。

DSC03209

中華コーナー。

お粥。

DSC03212

チャーハン。

DSC03214

肉まん。

DSC03215

シュウマイ。

DSC03216

蒸し餃子。

DSC03217

チーズとか、ドリンクとか。

DSC03218

ケーキ、パンコーナー。

IMG_5776

この辺も、ダイニングコーナーに有るのと同じラインナップ。

まぁ、どれも間違いなく美味しいんですが、

わざわざオーダーしなくても食べれるって事に気づき、ちょっとイマイチな気分。

 

同じファーストクラスラウンジでも、

The Pier(ザ・ピア)の方が、レストランメニューが充実しており、

頼まないと食べれない料理も多かったので・・・

オーダーメニューを利用するなら、

THE PIERのファーストクラスラウンジの方が良いですね。

ザ・ウィング(ファーストクラス)のドリンク・アルコールメニュー

ソフトドリンク類はラウンジ内にありますが、

基本的に、アルコールはバーカウンターにて提供となってました。

DSC03263

バーには、様々なアルコールドリンクがおいてあり、

好みのカクテルも作ってくれます。

THE WINGのアルコール

香港のキャセイラウンジで有名なカクテルといえば、

「Cathay Delight(キャセイディライト)」。

キウイベースにココナッツミルクが入った、ノンアルコールカクテル。

 

シャンパンバーでは、3種類のシャンパン。

DSC03182

Perrier Jouet, Brut N.V.、Louis Roederer, Brut 2012、

Ayala, Brut Majeur Rose N.V.・・・どれも高価なやつです。

DSC03325

 

コーヒー&お茶コーナー。

こちらもスタッフが常駐しており、淹れてくれます。

DSC03296

お茶の種類も凄い豊富。

DSC03297

お茶のメニュー・・・

DSC03294

私みたいなわからない人用に、茶葉のサンプルも置いてあります。

DSC03298

お茶もスタッフが急須に淹れて、作ってくれます。

DSC03299

 

ラウンジ内のソフトドリンクコーナー。

炭酸水にジュース類。

DSC03274

ジュースだけで、オレンジ、キャロット、キウィ、マンゴー、

スイカ、グレープフルーツ、グァバ、アップル、パイナップル・・・

デトックスウォーターも、見た目が凄い。

DSC03276

 

アルコール、コーヒー、紅茶と、凄いバリエーションですが、

ファーストクラスラウンジだけ有って、オーダースタイルが多いですね。

慣れてない私には、注文の恥じらいがががが・・・

 

アルコールメニューも、シャンパン以外は、

基本的にスタッフに注文する手間が有るので、

勝手に飲み放題しまくるってのは難しいかなぁと。

ザ・ウィング(ファーストクラス)のバスルーム「カバナ」

キャセイラウンジの「The Wing」で凄いのが、

他にはない「The Cavanas(カバナ)」という部屋が有ること。

バスルームにしては広すぎる、お風呂専用の部屋があります。

 

人気故に待たされますので、使う場合には時間に余裕を持って。

カバナには専用の受付があり、待ち人が居ると専用のブザーを渡されます。

私は午前中の利用でしたが・・・1時間待ちでした。

DSC03268

1時間待ちを終え、呼び出され再度カバナの受付カウンターへ、

カバナへと続く通路。

DSC03365

カバナ到着。やべー広い。私の部屋よりも広い。

DSC03332

手前に洗面所、奥に有るのが風呂です。

IMG_5806

洗面所。頑張れば、ここだけで頭洗えるけどな。

DSC03333

洗面台の下に、ドライヤー、タオル、アメニティ類が隠れてます。

DSC03334

洗面所には高級ブランド「Jurlique」のハンドソープ&ハンドクリーム。

DSC03352

アメニティ類も一通り有る。ホテルの部屋みたい。

DSC03337

部屋が広すぎて、お風呂が小さく見えますが・・・

DSC03338

凄い大きなお風呂だから、足伸ばしても全然余裕、ウチの実家の風呂より広い。

IMG_5808

風呂の前には、ソファとテーブルまで有る。

DSC03341

デスク横には、コンセントも有り。

風呂上がりにちょっとした作業をしてみたり。

DSC03345

ソファで休憩してみたり。

IMG_5816

風呂の隣には、シャワーも有り、体も洗い放題。

DSC03355

シャワーも、3ヶ所から出てきます。

DSC03364

天井から、壁から、シャワーヘッドから。壁からは滝のように出てきます。

DSC03358

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、

お風呂横と、シャワー横の2ヶ所に設置。

DSC03354

極厚で大判のバスタオルも2枚。風呂横とシャワー横に有ります。

DSC03357

このタオル最高。スッゲーデカイっす。

 

クローゼットには、バスローブまで有りました。

IMG_5812

トイレが無い・・・と思ったら、

入り口すぐ横に隠れてました。

IMG_5811

トイレだけで広いのーん。

DSC03349

 

お風呂の為に、このスペースって感動ですね。

いつまでも居られる空間でしたが・・・

入室時に1時間半(90分間)の時間制限を告げられました。

まぁ、それでも十分ゆっくりできましたけど。

ザ・ウィング(ファーストクラス)のトイレ

ファーストクラスラウンジは、トイレも凄かったです。

ブラックを基調とした、ラグジュアリーなデザイン。

DSC03303

小便器・・・まぁ、普通。

DSC03304

驚いたのが、個室。

IMG_5788

洗面台が有り、ハンドタオルが綺麗に置いてあるの。

DSC03308

これ、利用毎に清掃して、タオルを置いてるってことだよね?

DSC03309

変なところで感動したわ。

ザ・ウィング(ビジネスクラス)へもアクセス可能。

IT Zone、Noodle Bar、Coffee Loft、Long Barと使いたい場合は、

ビジネスラウンジ側へ移動することも可能です。

ファーストクラスラウンジ内にも、

ビジネスラウンジ側への案内が出ています。

DSC03376

 

せっかくなので、ファーストクラスラウンジ反対側のビジネスクラスラウンジへ。

ファーストクラスラウンジに比べると混んでます。

DSC03444

奥には名物のヌードルバー。

ヌードル、飲茶と出来たてが食べられます。

DSC03397

担々麺再び。やっぱりコレ旨い。

DSC03423

コーヒー専用部屋のコーヒーロフト。

DSC03430

コーヒーカウンター。

DSC03432

illyのコーヒーがオーダーできるわけですが・・・スタッフ居ない。

DSC03436

まぁ、ファーストクラスラウンジでも、

ヌードル、コーヒー、ティーと一通り注文できるので、

わざわざ来なくても良いとは思いますけど。

ザ・ウィング(ファーストクラス)の場所

ザ・ウィングのファーストクラスラウンジは、

香港国際空港ターミナル1の7階に有ります。

香港空港7F the wing firstの場所

※クリック&タップで拡大します。

 

出国審査(保安検査)を抜けた後、スグ左側の場所に位置しており、

ファーストクラスラウンジ利用者は、こちらからも直接アクセスできます。

DSC03311

シャンパンバーの裏側が、ファーストクラスラウンジの受付となっていたわけですね。

DSC03326

 

6階の搭乗ゲート側(ビジネスクラスラウンジ側)から来る場合、

1~4番搭乗ゲート付近に有ります。

香港空港the wingの場所

※クリック&タップで拡大します。

 

私は、ファーストクラス専用入り口があるとは知らず、

6階の搭乗ゲート側(ビジネスクラスラウンジ側)から利用。

Gates1-4の案内に従って歩きました。

DSC03152

搭乗ゲート1が見えれば、ラウンジ入り口はもうすぐ近く。

DSC03160

近くに来ると、ラウンジという意味の「貴賓室」の案内も出てきます。

ここが「The Wing」ラウンジ入り口です。

DSC03162

ラウンジは搭乗ゲート真上にあるので、ラウンジからもゲートが見えます。

DSC03179

ザ・ウィング(ファーストクラス)の感想まとめ

香港のキャセイパシフィック航空ラウンジは、

どれもゴージャスでしたが、

お風呂(カバナ)まで有るのは、The Wingだけ。

 

日本のJAL、ANAラウンジよりも、全然ゴージャスであり、

料理、お酒と凄かったです。

中華だけでなく洋食メニューも充実、

他のラウンジも行くつもりが・・・いきなりうっかり食べすぎました。

DSC03317

ただ、同じファーストラウンジThe Pierと比べると、

レストランのオーダー料理が劣るかなといった印象。

香港国際空港ファーストクラスラウンジ「The Pier(ザ・ピア)」レビュー。

DSC03953

The Pierには、お風呂は無いけどマッサージもあるし、

場所が遠い分、人も少なく静かで落ち着いていますからね。

 

The Wingは、キャセイを代表するラウンジであり、

一番アクセスしやすい場所に有るので、混雑しているってのも有る。

まぁ、ファーストクラスラウンジなんで、

それでもビジネスクラスラウンジに比べれば、ダンゼン空いてましたけど。

 

香港空港キャセイラウンジは多々ありますが、

ラウンジによりサービスも異なります。

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ比較。特徴とオススメポイントまとめ。

時間が許すのであれば、ラウンジ巡りもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です