チャンギ空港British Airways Lounge(ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ)レビュー

チャンギ空港ブリティッシュ・エアウェイズラウンジ

チャンギ空港ワンワールドラウンジには、

カンタス航空ラウンジだけでなく、

ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジも有る。

 

カンタス航空ラウンジからも近いので、両方ハシゴするのは有り。

どちらもJAL指定のdnataラウンジよりも素晴らしいラウンジでした。

British Airways Loungeの利用条件

ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジが利用できるのは、

ワンワールドのビジネスクラスに搭乗する人。

もしくは、ワンワールド便の利用者でワンワールド上級会員(サファイア会員)の人。

これはワンワールド系アライアンスの共通ルール。

DSC02697

British Airways Lounge 利用条件

  • ブリティッシュ・エアウェイズ ビジネスクラス搭乗者
  • ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ上級会員
  • ワンワールド加盟航空便ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド便利用のワンワールド サファイア会員(JGC含む)

JAL便を利用する場合、dnataラウンジを案内されますが・・・

チャンギ空港ターミナル1「dnata Lounge(ディナタ・ラウンジ)」レビュー。

 

JGC会員なら、ブリティッシュ・エアウェイズラウンジが使えるし、

隣のカンタス航空ラウンジも使えるわけです。

チャンギ空港カンタス航空シンガポールラウンジ「The Qantas Singapore Lounge」レビュー

 

他ワンワールド系ラウンジに比べて、注意すべきは営業時間。

ブリティッシュ・エアウェイズラウンジは、

営業時間15:00~23:00と一番短いです。

British Airways Lounge 基本情報

  • 営業時間:15時00分~23時00分
  • 場所:第1ターミナル3階(C1-C26ゲート方向)
  • 飲食:食事、アルコール
  • 設備:新聞・雑誌、パソコン、WiFi、シャワールーム

British Airways Loungeの場所

ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジは、

カンタスラウンジと同じエリアに有ります。

 

出国審査を抜けたら、左側C1-C26ゲート方向へ向かい、

ラウンジ案内に従って、エスカレーターを登る。

DSC02686

ブリティッシュ・エアウェイズラウンジの案内に従い左方向へ。

DSC02689

プライオリティパスでお馴染み「SATSプレミアムラウンジ」が出てくるので・・・

チャンギ空港ターミナル1「SATS Premier Lounge (SATSプレミアラウンジ)」レビュー。

DSC02692

SATSプレミアムラウンジの前を右に曲がると、

ブリティッシュ・エアウェイズラウンジ入り口です。

DSC02697

British Airways Loungeの内観

ラウンジ入り口。テカテカ黒いゲート。

DSC02794

ラウンジに入ると、中は白ベースのデザイン。

DSC02699

カウンターコーナー。白いボンボンライト。

DSC02755

窓からは、空港内が見えます。

DSC02757

ラウンジ中盤にダイニングエリア。

DSC02784

ラウンジは、更に奥へと続いてます。

DSC02774

一番奥にソファーコーナー。青くライトアップた壁。

DSC02713

DSC02705

背の高いリクライニングチェアとか、

DSC02714

ビジネスコーナーも有りました。

DSC02710

DSC02706

British Airways Loungeの食事メニュー

食事メニュー、中央にホットミール。

DSC02702

サテ、野菜の春巻き。

DSC02721

ピザ、パスタ。

DSC02722

チキンシチュー、ブロッコリー、人参ソテー。

DSC02733

白米、チキンライス。

DSC02734

スープ、クルトン。

DSC02723

パン。

DSC02777

調味料類。

DSC02776

コールドミールコーナー。

DSC02701

丸ごとフルーツ。

DSC02727

サンドウィッチは、ローストチキン、ハム、キュウリチーズの3種類。

だけど・・・キュウリ以外は品切れ。

DSC02728

カットフルーツは、オレンジ、ハネデューメロン、スイカ、パイナップル、パパイヤ。

チーズは、ブルーチーズ、スモークチーズ、クランベリーチーズ、チェダーチーズ。

DSC02760

マッシュルームサラダ、マカロニミックス、

パッションフルーツパンナコッタ、チョコレートブラウニー。

DSC02732

おつまみクラッカー、マスカット、くるみ、ドライフルーツ。

DSC02729

クッキー。

DSC02718

ドリンクコーナーには、オリーブ。

DSC02766

Laysチップス。

DSC02790

バーベキュー味も有りました。

DSC02765

食事メニューというよりも、おつまみメニューが豊富。

味もホットミール系はちょっと微妙。サテは美味しかったけども。

DSC02782

British Airways Loungeのドリンクメニュー

バーコーナー。アルコールボトルが綺麗に並んでます。

DSC02704

スピリッツ系だけでなく、リキュール類のバリエーションも豊富。

DSC02785

中央にワインボトル。赤ワイン。

DSC02762

白ワイン。赤白いずれも3種類ずつ。

DSC02763

炭酸水。

DSC02767

冷蔵庫には、缶ジュース、ビール。

ビールも複数銘柄有り、タイガー、ハイネケン、ギネスビール。

DSC02786

ホットドリンクコーナー。

DSC02735

ティーバッグは、イギリスのTWINGS(トワイニング)。

DSC02716

この立体的なティーバッグは、高級ラインのラージリーフティーバッグ。

シンガポールのTWGに負けず劣らず旨い。

DSC02761

 

エスプレッソマシーンは、日本のラウンジでお馴染みWMF製。

DSC02720

British Airways Loungeのシャワールーム

シャワールームは6室ほど、

ラウンジも空いていたので、待たずに利用できました。

必要なアメニティを受付で貰うシステム。

クシ、シェイバー、歯ブラシセットが有りました。

DSC02738

シャワールーム内。

IMG_4103

洗面所、トイレ付き、奥のシャワーはガラス扉の仕切り。

IMG_4104

バスタオルはビニールに包まれてます。

DSC02740

ペラいけど大判です。

DSC02748

洗面所にはハンドウォッシュ、ハンドクリーム。ELEMIS(エレミス)ブランド。

DSC02739

トイレは、ウォシュレット無しのシンプルタイプ。

DSC02741

ドライヤー。風量はまぁまぁ。

DSC02749

3パターンからシャワーモードを選べます。

DSC02742

ハンドシャワーと天井シャワーに、打たせ湯みたいなモードが有ります。

DSC02745

ただ、水量は少ないんで・・・ハンドシャワーがベストでした。

 

シャンプー、ボディーソープは、備え付けボトル。

DSC02743

何故かコンディショナーだけミニボトル。

DSC02744

こちらも全てELEMISブランドで統一。

東南アジアのホテルやラウンジでも、ちょいちょい見かける英国アメニティ。

 

シャワー、ドライヤーとカンタスラウンジよりも良かったのですが・・・

ガラス戸の隙間から水がスッゲー漏れまくってました。

DSC02753

気を使って拭いておきましたけど、

出た向かいのシャワールームでも、オバちゃんが床を拭いていたので・・・

たぶん、そういう造りなのでしょう。荷物濡れないように気をつけてね。

British Airways Loungeのその他設備

ラウンジの一番奥にビジネスコーナー。

Windows PCが数台置いてあり、

DSC02711

コピー、プリンターも置いてありました。

DSC02724

 

新聞・雑誌類は、英語まみれ。

DSC02754

コンセントはマルチタイプ。

日本のコンセントもそのまま使えるし、USB給電も可能です。

DSC02707

ラウンジ内にコンセントも大量にあるので、電源には困らない。

DSC02712

British Airways Loungeのコンコルドバー

ラウンジ入り口に横に、限られた人のみ入れるTHE BARが有ります。

ファーストクラス搭乗者専用のコンコルドルーム。

ファーストクラスラウンジとはまた別のラウンジであり、

ワンワールド最上級ステータスでも入れません。私も入れません。

DSC02792

コンコルドルーム利用条件

  • British Airwaysファーストクラス搭乗者とその同伴者
  • Concorde Roomカード保有者とその同伴者

 

ただ、ワンワールドのエメラルド会員(JMBダイヤモンド、JGCプレミア等)の場合は、

カンタス航空ファーストクラスラウンジが使えますので・・・

カンタスファーストラウンジの方がゴージャスであり、

食事、ドリンク、サービスと最高でしたので。

チャンギ空港カンタス航空ファーストクラスラウンジ「Qantas Singapore First Lounge」レビュー

DSC02618

British Airways Loungeの感想まとめ

同じワンワールド系ラウンジとして、

カンタス航空と比較されがちですが、

カンタスのドリンクは、バー提供がメインなので、

気軽に飲みまくるなら、ブリティッシュ・エアウェイズかな。

 

ブリティッシュ・エアウェイズは、おつまみメニューも豊富。

サテとチップスがあれば、ビールも進む。

DSC02780

TWINGS高級ラインのお茶も飲みまくれるので、

ノンアルコール派の人にもオススメです。

DSC02770

シャワールームも綺麗だし、ラウンジの雰囲気も落ち着いているので、

カンタスでオーダー料理を食べてから来るのも悪くないかなと。

チャンギ空港カンタス航空シンガポールラウンジ「The Qantas Singapore Lounge」レビュー

DSC02811

いずれにせよ、どちらのラウンジも凄い近いですから。

移動するのも苦じゃないハズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA