ザ・リッツ カールトン ミレニア シンガポール(The Ritz-Carlton Millenia Singapore)宿泊レビュー

リッツカールトンシンガポール客室

シンガポールで贅沢にリッツ・カールトンに泊まって来ました。

マリーナベイエリアに有り、部屋もキレイで眺望も抜群のホテル。

思ってた以上に素晴らしいホテルでした。

 

客室料金も1室約4~5万円と思ったほど高額でも無かったし、

数少ないリッツカールトン宿泊の中でも、特に良かったホテル。

また泊まりたいホテルの一つです。

外観

遠くから見えるリッツカールトンホテル。

DSC02289

四角く長いホテルといった感じで、意外と地味な外観。

DSC01669

近くになるにつれ、デカくなるホテル。32階建てです。

DSC02287

ホテル前の道路には、リッツカールトンロゴ。

DSC02417

DSC01667

ホテルの周りは木々に囲まれており、

道路からもホテルへも少し距離があるわけで、敷地内の坂を上っていく。

IMG_3736

ホテルエントランス前。近づくにつれホテルっぽくなってきました。

IMG_3737

ホテルエントランス。凄いデザイン。

ケヴィン・ローチ設計だって、超カッチョええ。

DSC02280

ホテルエントランス前からは、マリーナベイサンズも見えます。

DSC02275

オシャレなエントランスなのに、敢えて隠しているのか?

遠くからはこんな風になってるとは想像もつかない。サプラーイズ。

ロビー

円形にくり抜いたようなデザインのロビー。ガラス張りの一部が扉。

入口扉の両隣にスタッフがおり、近づくと扉を開けてくれる。

DSC02019

後ろ向きのスタッフもタイミングよくドアを開ける。不思議。

後ろのスタッフがインカムで指示しているのかな?

 

入ってまたしても凄いオブジェ。

上にも下にも抜けており、ここは3階。天井も高いなウォイ。

DSC01910

エントランス入って、左側が人気レストラン「コロニー」。

朝食ブッフェ会場もこの場所。

リッツカールトンシンガポールのブッフェレストラン「COLONY(コロニー)」レビュー

右側にレセプション。

アフタヌーンティーで有名な「チフリーラウンジ」もこちら側。

DSC01659

レセプション前には、ウォーターサーバーフルーツ入り。

IMG_3738

チェックインカウンター。

DSC02265

レセプションの目の前がチフリーラウンジです。

DSC02261

DSC02270

レセプション横の通路にパソコン。Macです。

DSC02268

その奥には、日本語専用カウンターもあります。

DSC02267

日本人客も多いみたいで、カウンタースタッフ以外でも日本語スタッフを見かけました。

DSC02269

エレベーター&客室フロアの廊下

無事チェックイン手続きを済ませたので客室へ。

リッツカールトンロゴのルームキー。ウェイ。

DSC02023

エレベーター前。ゴージャス。

DSC01791

客室フロアへ行くにはルームキーが必要。タップしてからボタンを押す。

DSC01655

客室フロアのエレベーター前。

DSC01652

既に絶景が垣間見える。

DSC01654

客室フロアの廊下。

DSC01647

客室に到着。

DSC01649

宿泊した部屋の雰囲気と設備

私が予約したのは、一番格安なデラックスカランの51平米の部屋だったのですが、

アメックスプラチナのファイン・ホテル・アンド・リゾート特典で、

ベイビューの客室へアップグレードとなりました。

たぶんデラックスマリーナの客室です。

部屋の内装

ドアを開けるといきなりのオーシャンビュー、客室も広い。

IMG_3742

窓側から、入り口の眺め。

DSC02439

ツインベッドだけど、ベッドも広い。

DSC02448

窓際にデスク。

DSC02429

革張りロゴ入りのマニュアル。

DSC02440

引き出しの中に封筒とかとか。鉛筆が真っ黒のデザイン。

DSC02443

デスクの電源は隠れてました。

DSC02471

デスク横に電話機とメモ帳。

DSC02442

ベッド脇のサイドテーブルにも電話機、メモ帳。

DSC02444

引き出しからも電源が出てきました。電源隠すパターンなのね。

DSC02446

テレビ下にエンタメ機。

DSC02503

 

客室入り口脇に、クローゼット。広いしハンガーもいっぱい。

DSC02483

セキュリティボックス、アイロン、アイロン台。

DSC02484

引き出しの中にランドリーバッグ、スリッパ。

DSC02485

スリッパはちょっとだけ肉厚。

DSC02486

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

客室の奥に洗面所とバスルーム。

DSC02474

広いし、景色がヤバババババ。

IMG_3743

これはテンション上がります。

DSC02467

DSC02470

洗面所のアメニティ類。

歯ブラシ、クシ、爪やすり、ひげ剃り&クリーム、

綿棒&コットン、シャワーキャップ・・・一通り有ります。

DSC01619

特に歯ブラシが良かった。柔らかくて毛先が細い。見た目もオシャレ。

DSC02504

Aspreyの石鹸。

DSC02461

洗面所のハンドタオル。極厚。

DSC02462

ドライヤー。

DSC02491

 

バスタブ横にシャンプー、ボディーソープ、コンディショナー。

こちらも英国の「Asprey(アスプレイ)」ブランド。

DSC02458

お風呂の上にもタオルと石鹸。

DSC02459

バスタブ横にバスタオルが並んでます。

DSC02438

四角く形づけられたタオル。極厚イイね。

DSC01627

お風呂の反対側には、ガラス戸に仕切られたシャワールーム。

DSC02436

シャワーは壁シャワーから、天井シャワーの2パターン。

DSC01637

水量は問題ないけども、歴史を感じる。

DSC02465

シャワールームにもシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ。

DSC02466

洗面所の横にトイレ。ウォシュレット無し。

DSC02489

バスローブもかかってます。

DSC02435

リッツカールトンのロゴ入り。着心地も凄い良いんだな。

DSC02505

窓からの眺望&夜景

このホテルは、客室から最高の景色が見られるように設計されており、

バスタブやベッドもの配置も考えて設置されているんだとか。

実際、13階フロアと中層階の客室ですが、

客室からの眺望は抜群でした。ホテルも高台に有りますからね。

 

窓は大きくパノラマビュー。

DSC02426

マリーナベイサンズも見えるし、ガーデンバイザベイも見える。

マーライオンも見えるけど、アイツちっちゃいな。

DSC02472

夜景は更に素晴らしい。

IMG_3800

マリーナベイの夜景は綺麗ですからね。

IMG_3795 (1)

お風呂場にも窓が有るわけで。

DSC02437

風呂に入りながらイルミネーション。映画とかでよく見る体験。

IMG_3802

ブラインドは夜用と昼用の2パターン。

DSC02501

シャワールームも目隠しできます。

DSC02506

私は知らずに、開けっ放しで風呂入ってましたけど。

DSC02509

風呂入り口も、こんな感じで閉められます。

DSC02510

コーヒー&ドリンク類

無料の水ボトル。リッツカールトンのロゴ。

DSC02450

引き出しの中に、コーヒー&紅茶類。

DSC02454

コーヒーはネスプレッソ。カプセルタイプの旨いやつ。

DSC01641

粉末タイプのコーヒーや、紅茶、お茶も有ります。

DSC01645

一番下の引き出しにポット。

DSC02455

反対側の引き出しにミニバー。有料のやつ。

DSC02456

グラス類も引き出しに入ってます。

DSC02457

棚の上におつまみスナック。全て有料です。

DSC02449

冷蔵庫の中にもドリンクがいっぱい。こちらも有料。

DSC02452

 

チェックインして間もなく、

ウェルカムフルーツも持ってきてくれました。

DSC02493

ベットメーキングも1日2回有り、

夜は夜でアメニティ類も全補充してくれてました。

DSC01793

ベッドも綺麗になってるし、

DSC01797

サイドテーブルには、毎晩チョコレートも置いてくれました。

DSC01794

プール

1階フロアにプール、ジム、ギフトショップがあり、

このエリアは宿泊者しか入れないようになってます。

プールの営業時間は、AM6:00~PM10:00。

ナイトプールも楽しめるのだ。

IMG_3804

カードキータップで解錠できます。

IMG_3805

夜のライトアップされたプール。

IMG_3807

四角いシンプルなプール。

IMG_3814

プール周りには、リクライニングチェア。

IMG_3817

IMG_3816

水深は1.2m。子ども用に浮き輪、ビート板の貸し出しもやってました。

IMG_3828

プール脇に、バーカウンター。軽食も食べられます。

IMG_3818

シャワールーム。

IMG_3813

プール側から見るホテルも美しい。

IMG_3819

IMG_3827

客室から見える昼のプール。

DSC02480

フィットネスジム

プールの隣にジムが有ります。ジムは24時間営業です。

IMG_3852

右側が筋トレ系。

IMG_3841

左側が有酸素系。

IMG_3842

それほど広くは無いですが、マシーンは一通り揃ってます。

IMG_3846

IMG_3844

入り口にタオル。

IMG_3843

イヤホンも有りました。パーソナルトレーニングもやってるんだな。

IMG_3850

リンゴ、水も置いて有ります。

IMG_3849

冷蔵庫の中には、冷たいお絞り、水ボトル。

IMG_3848 (1)

ギャラリー

デザイナー監修のホテルだけ有って、ホテル内はどこも美しく、

ウロウロしているだけでも楽しめました。

1階フロアにも、ちょっとしたギャラリースペース。

IMG_3860 (1)

大きな絵画とか、美術品も飾られてました。

IMG_3863

1階ギフトショップでは、リッツ限定のモノポリーとかも売っていたり。

IMG_3856

うっかり買いそうになる。

マリーナベイエリアへのアクセス

マリーナ地区に有るわけですが、

主要観光地までのアクセスとなると、ちょっと歩きます。

まず、ホテル前の道路に出てくるまでに数分。

IMG_3735

ホテル前に太い道路。

DSC02419

車の流れが無くなったタイミングで道路を渡る。

DSC02418

左側のヘリックスブリッジを渡れば、マリーナベイサンズ。

DSC02290

右側のエスプラネードブリッジを渡れば、マーライオン。

DSC01923

いずれも約1kmくらいの距離ですが、

道路を突っ切れない場所も多いので、

登ったり下がったりと意外と距離ありました。

 

私は、ガーデン・バイ・ザ・ベイまで歩きましたが、

徒歩で約20~30分くらいは見ておいた方が良いかと。

ガーデン・バイ・ザ・ベイも広いので、スンゴイ歩くからね。

アメックスプラチナFHR特典

今回、私はアメックスプラチナカード経由で予約したので、

ファイン・ホテル・アンド・リゾート特典(FHR)について。

IMG_3771

FHR特典

  • 客室のアップグレード(可能な場合のみ)
  • 12:00のアーリーチェックイン(可能な場合のみ)
  • 2名様分の毎日のご朝食
  • 客室内のWi-Fiアクセス
  • 午後4時のレイトチェックアウト確約
  • US$100ドル分のクレジット

12時のアーリーチェックインは不可能でしたが、

午後4時のレイトチェックアウトは確約とのこと。

客室もアップグレード、朝食ブッフェも無料、

100USドル分のクレジットも貰えました。

 

100USドルなんで、シンガポールドルで120ドルが無料。

レストランやスパで使えるので、

夕食ブッフェも格安でいただけたので、非常にお得感がありました。

 

朝食ブッフェ、夕食ブッフェは「Colony(コロニー)」にて。

素晴らしい空間で素晴らしい料理、最高のブッフェレストランでした。

リッツカールトンシンガポールのブッフェレストラン「COLONY(コロニー)」レビュー

DSC01827

ちなみに、シンガポールのリッツカールトンでは、

マリオットの会員制度「マリオット・リワード」が対象外となっています。

マリオットのステータスは意味ないし、

マリオットポイントも利用不可能、宿泊実績やマリオットポイントも貯まりません。

 

マリオットプラチナ会員でも、アップグレードされず、

朝食無料特典も使えないわけで、

この時ばかりは、アメックスプラチナカードを所持していて良かったなと。

 

FHRは、ロイヤルハワイアンホテルや、

セントレジデンスバンコクでも使いましたが、アメプラパワー炸裂。

まぁ、やっぱり待遇は全然違ったよね。

宿泊した感想

IMG_3835

マリーナ地区に有るホテルの中では、間違い無いホテルかと。

客室からの眺望、レストラン、ホテルのデザインも素敵であり、

居るだけで気持ちよかったです。

DSC01905

 

スタッフのサービスは最高でしたが、ちょっとトラブルも有りましたので。

フロントでディナー予約したのにも関わらず予約できておらず、

客室準備ができ次第連絡と言いつつ、連絡が来なかったり、

レイトチェックアウトのハズなのに、

チェックアウト日の午後にキーが使えなくなったりもしました。

 

まぁ、日本語カウンターも有るんで、なんとでもなりましたけども。

そんなこんなで良い思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です