Element Kuala Lumpur(エレメント クアラルンプール バイ ウェスティン)宿泊レビュー

エレメントクアラルンプール客室

クアラルンプールは高級ホテルも格安に泊まれる都市、

エレメントバイウェスティンは、ウェスティンの低価格ブランドというわけで、

更に安くゴージャスな部屋も泊まれてしまいました。

 

同じくクアラルンプールのマリオット系ホテルでは、

リッツ・カールトン クアラルンプールや、

シェラトン インペリアル クアラルンプールも利用しましたが、

いずれも歴史を感じるホテルだったんで・・・

個人的には、エレメントクアラルンプールの方がコスパ高くて好き。

 

大部屋スイート・ルームも激安で、特に家族連れの利用にオススメ。

私も家族5人で利用してきましたので、レビューしておきます。

エレメント・クアラルンプールの詳細情報

外観&ロビー

入り口にエレメントホテルのマーク。

ウェスティンの姉妹ブランドなので、BY WESTINの文字もあります。

DSC09157

53階建ての超高層ホテル。すげー高い。

DSC09161

1階のエントランス。入り口でベルボーイがお出迎え。

DSC09148

ロビーは40階に有るので、エレベーターで上階へ。

DSC09145

40階、ロビーへと続く通路。

R0001969

ロビーは、モダンなデザイン。

R0001845

チェックイン手続きを済ませます。

R0001842

ロビーの休憩スペース。夜景も素晴らしい。

R0001844

40階で遮るものもなく、日中も絶景。

DSC02994

40階がロビーですが、客室は更に上に有り、

41階から53階までが客室フロアとなってます。

客室は、全て高層階って凄いなマジで。

エレベーター&客室フロアの廊下

エレベーターは、カードキータップしないと客室へはいけません。

R0001847

客室フロアの廊下。

R0001909

絵が飾られてたり。

R0002009

鳥のようなオブジェも有る。

R0001849

客室フロアの壁にも絵画。

R0001850

アート感満載です。

宿泊した部屋の雰囲気と設備

今回は、家族5人で利用ということで、最大定員5人の部屋。

2ベットルームのスイートルームに宿泊しました。

 

最上階53階の部屋で、朝食も付いて1泊約600MYR

日本円にして約16,000円くらいだったんだから、

やっぱり凄いよね、クアラルンプール。

部屋の内装

部屋に入るとすぐにリビングルーム。

110平米の部屋ってことで、広すぎてビビる。

我が家よりも広いと思われます。

R0001851

ダイニングテーブル、ソファーテーブルだけでなく、

R0001856

カウンターテーブルみたいなやつも有る。

R0001853

私宛で、手書きのお手紙とお菓子も置いてありました。

R0001891

左側のベッドルーム。

R0001852

ベッドも広い。

R0001878

クローゼットに、窓際にデスクもあります。

R0001876

クローゼットもでかい。

R0001879

R0001872

反対側、右側のベッドルーム。

R0001854

こちらには液晶テレビも有り、メインの寝室という感じ。

R0001855

またしてもデスク。

R0001862

窓からの眺望&夜景

最上階53階フロアということで、眺めもやばい。

リビングルームの眺め。

DSC09535

窓からは、ペトロナスツインタワー、クアラルンプールタワーも見えます。

DSC09085

夜景です。

DSC09051

クアラルンプールの街並み。

DSC09447

右側のベッドルーム、ベッドの上からの眺め。

DSC09082

カーテンを開けたまま寝てみる。

DSC09441

 

左側のベッドルームには、景色用の飛び出たスペースも有り、

こちらからは、ペトロナスツインタワーも正面でした。

DSC09486

フォーシーズンズホテルで、ツインタワーの一個が隠れてますけど、

まぁ、どの部屋から見ても素晴らしい景色。

53階の眺めだけでも、この部屋は価値有るね。

 

ちなみに、ツインタワーのスカイブリッジが41階、展望台が83階。

フォーシーズンズホテルは65階建てです。

コーヒー&ドリンク類、部屋の設備

部屋のホットドリンク系、紅茶とかコーヒーとか。

R0001895

コーヒーは、カプセル型のネスプレッソが2個、粉末コーヒーが4本。

R0002006

エレメントクアラルンプールは、水ボトルの提供ではなく、

全室に浄水器での水の提供となってます。

キッチン右側の蛇口が飲水用です。

DSC09056

キッチンも広く、IH対応のコンロも付いており、

コンドミニアムのようなホテル。

引き出しにもカトラリー、

R0001893

調理器具、

R0001897

電子レンジ、

R0001898

鍋、

R0001901

フライパン、

R0001902

食洗機まである。

R0001905

冷蔵庫もデカイし。

R0001906

 

電源類も豊富で、BFタイプだけでなくUSB給電も可能。

R0002003

デスクには、日本タイプに対応したコンセントも有りました。

R0002054

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

各部屋にトイレが有り、

ベッドルーム毎にシャワールームも有るので・・・

トイレ3箇所、シャワールーム2箇所、バスタブ1箇所といった感じ。

R0001881

R0001859

R0001882

中でも、メインのバスルームは広くて快適。

R0001864

洗面台も2個もある。

R0001866

アメニティ類。

R0001868

各洗面所に、ボディクリーム、マウスウォッシュ、歯ブラシもあります。

R0001860

トイレ。ウォシュレットは無いけど、お尻シャワーは有る。

R0001869

シャワールーム。シャンプーとボディーソープは壁固定タイプ。

R0001871

シャワーは天井シャワーにも切り替えられます。

R0001883

バスタブも広い。

DSC09062

ドライヤーも風量強くてGoodでした。

R0002138

プール

39階フロアに、プールがあります。

R0002022

それほど広くは有りませんが、空いてます。

R0002020

景色も最高。

R0002190

誰も居ない貸し切りパターンが多かったです。

R0002307

プールサイドの休憩コーナー。

自由に使えるタオルも置いてあり、バーみたいなのもあります。

R0002014

リクライニングベッド。

R0002122

反対側の休憩コーナー。

R0002015

窓際は景色も素晴らしい。

R0002287

R0002282

シャワーは3個。

R0002019

 

水深1.2メートルのプールなんで、小学生低学年の我が子は足が着きませんでした。

R0002227

他の家族も、小さい子どもは浮き輪を使って遊んでました。

フィットネスジム

プールと同じ39階には、24時間営業のフィットネスジムも有ります。

入り口は鍵がかかっているので、カードキーをタップして入室する。

R0002044

それほど広くは無いですが、一通りあるかなと。

R0002039

ベンチ、ダンベル系。

R0002024

胸、背中系。

R0002030

ランニング系。

R0002033

汗拭きタオル。

R0002032

水は、ウォーターサーバー。

R0002034

コインランドリー

コインランドリーもあります。こちらも39階です。

乾燥機に洗濯機。

R0002045

洗濯機は洗剤自動注入っぽい。

R0002048

乾燥機も洗濯機も1回10RMですが、50セントコインしか入れられません

1回20枚も必要なんで・・・ホテルロビーにて両替必須です。

R0002052

一応、休憩スペースも付いてます。

R0002046

朝食ブッフェ

40階ロビー前のレストラン「TRACE」にて朝食ブッフェ。

6:30~10:30の提供だったかと。

DSC02781

レストランは奥に長い造り。

DSC02971

DSC02952

中央にブッフェエリア。

DSC02954

奥には団体用の円卓テーブルや、ソファーテーブルもあります。

DSC02715

DSC02953

相変わらず、窓からの景色が素晴らしいんだな。

DSC02717

食事メニュー

サラダコーナー

DSC02691

レタス、コーン、きゅうり、豆、オニオン、カイワレっぽいの。

DSC02693

ハム、チーズ類。

DSC02692

 

 

ホットミールコーナー

DSC02724

フレンチトースト、温泉卵、ゆで卵。

DSC02951

ウインナー、ベーコン、ポテトとかとか、

DSC02950

ソース類。ケチャップ、醤油、チリソース、バルサミコ、タバスコ。

DSC02699

 

ローカルフードのアジアンコーナー。

DSC02735

Ayam Masak Hitam、Gulai Ikan、Beef Rendang・・・

DSC02739

ガパオライス、ルンダン、ナシレマくらいしか分からないけど。

DSC02737

日替わりでしたけど、何が違うのかも分かりませんけど。

R0002331

飲茶もありました。あんまんみたいなの。

DSC02750

お粥は、二種類。

DSC02754

お粥用の薬味とか。

DSC02751

 

お馴染みエッグステーション。

DSC02726

目の前で卵メニューを作ってくれます。

R0002080

具材全部入りのオムレツ。

DSC02729

サニーサイドアップ。

DSC02730

こちらでは、ロティも焼いてくれます。

R0002343

パリパリサクサクで最高。カレーとも良く合います。

 

フルーツコーナー。ヨーグルトもこちら。

DSC02700

シリアルコーナー。シリアル4種類。

DSC02734

パンコーナー。

DSC02707

クロワッサン。

DSC02759

食パン、イングリッシュマフィン。

DSC02706

デニッシュ、カップケーキ。

DSC02708

 

ヌードルバーでは、お好みのヌードル野菜を入れて、

ラーメン的な物も作ってくれます。

DSC02709

 

ヌードル用の薬味。

DSC02712

チキンスープのヌードル。タンメンみたいな感じ。

DSC02713

 

パンケーキ&ワッフルコーナーで、焼き立てが食べられます。

DSC02981

ジャム&シロップ類、種類が豊富。

DSC02980

2種類のワッフル。サクサクです。

DSC02984

ドリンクメニュー

エスプレッソマシーンは、フランケの液晶パネルタイプ。

ホットチョコ、カフェモカも作れます。

DSC02684

ティーバッグは、Dimah。

DSC02694

コーヒーや紅茶用のテイクアウトカップも有りました。

DSC02769

 

甘い紅茶、テータリック。

DSC02704

デトックスウォーター、グァバジュース、マンゴージュース。

DSC02755

搾りたてジュースも作ってくれます。

R0002063

りんご、オレンジ、搾りたてはどれも美味しかった。

DSC02763

マンゴースムージー。

DSC02956

これ美味しい。

R0002081

朝食ブッフェの感想

3日間ほど朝食利用しましたが、

アジアンフード、洋食と一通り揃っているので、

飽きることは有りませんでした。

DSC02972

まぁ、間違いないのは洋食。アジアンはクセが強いので飽きがち。

R0002350

R0002348

DSC02770

特に、焼き立てワッフルが美味しかった。

R0002355

南国はフルーツも美味しいからね。

DSC02968

個人的には、飲み物が充実しているのも良かったです。

フレッシュジュース、コーヒーのバリエーションも楽しめました。

レストラン単品メニュー(夕食)

1日だけ夕食も利用しましたが、予想以上に美味しかったです。

R0001917

アジアンフードだけでなく、

洋食メニューも豊富で1品RM30~50前後

R0001843

ナポリターナRM38

R0001937

カルボナーラRM40

R0001938

ナシレマRM32

R0001967

サテ(ハーフ)RM35

R0001985

フィッシュアンドチップスRM35

R0001987

更に宿泊者は30%割引も有り、合計MYR125.95で済みました。

日本円にして約3,500円です。

アジアンフードも美味しかったですが、パスタが異様に旨く感じました。

 

ちなみに、夕食はブッフェメニューもあるけど・・・

R0001979

オーダーメニューの方が美味しそうでしたから。

R0001980

宿泊した感想

値段が値段だったんで、正直あんまり期待してなかったんですが、

クアラルンプールで泊まったホテルでは、一番良い印象が残ったホテルです。

 

4つ星ということで、流石にサービスでは劣るんでしょうが、

新しいホテルで凄い綺麗だし、客室は41階以上の高層フロア。

プールもレストランも絶景で、なによりスゲー安い。

リッツカールトンのスイート1泊の料金で、スイート3泊もできたからね。

The Ritz-Carlton Kuala Lumpur(ザ・リッツカールトン クアラルンプール)宿泊レビュー

 

高額な観光タワー登るなら、その分アップグレード費用に回した方が、

旅行の満足度も高くなるんじゃないかなと。

家族で利用する場合でも、大部屋なら安上がりですからね。

子連れ5人家族のクアラルンプール旅行費用とプラン。反省点と格安に済ませるポイント。

 

水ボトルは有りませんが、その代わり水は飲み放題

ペットボトル1本もっておけば、いくらでも補充できるのも良かった。

KLCCも徒歩圏なので、どこへ行くにもアクセスが良い。

 

強いて難を言えば、ラウンジが無いので、

上級会員の人はラウンジ特典を発揮できないといったところ。

朝食もワンランク上のホテルに比べると、種類も質も劣るかなと。

R0002082

食事のバリエーションだと、ダブルツリーバイヒルトンが凄かったっす。

DoubleTree by Hilton Hotel Kuala Lumpur(ダブルツリー バイ ヒルトン ホテル クアラルンプール)宿泊レビュー

 

まぁ、値段を考えれば文句は言えないわけで、

ホントコストパフォーマンスの高いホテルでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です