Millennium Hilton Bangkok(ミレニアム ヒルトン バンコク)宿泊レビュー

ミレニアムヒルトンバンコク

バンコクに有るヒルトン系ホテル「ミレニアムヒルトンバンコク」。

街中ではなくチャオプラヤー川沿いにあり、リゾート感満載のホテル。

 

騒がしいバンコク中心地から離れるものの、

無料ボートで対岸へも渡れるし、BTS駅へのアクセスも良い。

宿泊料金も5つ星ホテルにしては格安で良かったです。

外観&ロビー

ホテル外観。32階建て533室のドデカイホテル。

チャオプラヤー川沿いなので周りに大きな建物も無い。

DSC06850

ホテル入口は、川の反対側。Charoen Nakhon Road(チャロン ナコーン通り)沿い。

DSC06305

ホテルに続く道には、小さなショッピングモール。

DSC06309

ショッピングモールを抜けると、ホテル前のロータリー。

この辺から一気にゴージャスな感じへ。

DSC06665

立派な噴水。

DSC06294

ホテルロビー。良い意味でタイっぽく無い。

DSC06354

吹き抜けの天井。開放感。

DSC06315

右手にチェックインカウンター。

DSC06667

カウンターは長く、スタッフも多め。

DSC06100

ロビーの休憩スペース。モダンな雰囲気。

DSC06351

広々として良い感じです。

DSC06350

エレベーター&客室フロアの廊下

ロビーの奥、レストラン手前に客室へ向かうエレベーター。

DSC06669

ロビーフロアのエレベーター前。

DSC06671

カードキータップしないと客室フロアのボタンは押せません。

DSC06103

客室フロアのエレベーター前。広い。

DSC06215

廊下も凄い広い。足元のカーペットもフカフカ。

DSC06175

客室の雰囲気と設備

今回、宿泊したのは、27階のツインエグゼクティブルーム。

一番安いツインプレミアルームからのアップグレードで、

エグゼクティブラウンジも使える部屋になりました。うぇーい。

部屋の内装

部屋の内装。エグゼクティブルームですが、思ったほど広くない。

DSC06111

窓際にソファ&テーブル。

DSC06112

ソファー横のボックスに、コンセント類が隠れている。

DSC06136

ベッドサイドに、目覚し時計、コンセント。

DSC06132

反対側には、電話機とメモ帳とか。

DSC06145

窓からの眺望&夜景

全室リバービューのホテルだけあって、客室からの眺望は素晴らしい。

DSC06344

27階からの景色、遮る建物も無い。

DSC06172

緑と高層ビルが混じり合う、バンコクらしい景色。

DSC06341

この濁った川も、バンコクならでは。

DSC06171

夜は夜で景色も変わり。

DSC06156

水上を運行する光るボートや、バンコクの夜景も綺麗でした。

DSC06157

都会に比べると、光量は少ないけど。

DSC06161

夜景を見ながら就寝。夜灯が有るので全消灯で眠りにもつけるんだな。

DSC06166

コーヒー&ドリンク類、部屋の設備

ウェルカムフルーツとウェルカムギフト。

ギフトはヒルトンゴールド会員特典かな。

DSC06109

盛り盛りのフルーツ。

DSC06138

バナナ、オレンジ、ドラゴンフルーツ、リュウガン、ランブータン。

南国フルーツが有るのは嬉しい。

DSC06174

このクッキーみたいなスイーツも意外と美味しかった。

DSC06154

ドリンクコーナー。

DSC06114

ホットドリンク類。

DSC06128

コーヒーは、ボンカフェのカプセルタイプも置いて有ります。

DSC06146

フリーの水ボトル。

DSC06127

エビアンの水ボトルは有料ですので、気をつけて。

DSC06115

ミニバー。ぎっしり詰まってますが、こちらも有料。

DSC06129

客室入り口脇にクローゼット。

DSC06148

金庫やアイロン類。

DSC06125

バスローブ&スリッパも有ります。

DSC06124

スリッパは、ヒルトンお馴染みのペラペラのやつ。

DSC06150

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

客室の入り口、クローゼットの反対側にバスルーム。

DSC06118

タオル類。

DSC06120

シャワーとお風呂は別。

DSC06117

お風呂はデカくて、ジャグジー付き。

DSC06121

ボコボコボコってジャグジー最高っす。

DSC06170

アメニティ類。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディークリームは、恒例のヒルトンブランド。

歯ブラシや、ひげ剃りも有りました。

DSC06119

希望すれば、耳栓やマウスウォッシュ、クシも貰えるってよ。

DSC06705

お風呂もシャワーも湯量は素晴らしく、お湯もスグ出る。

DSC06122

トイレも個室。ウォシュレット無しです。

DSC06123

プール「ザ・ビーチ」

4階フロアにプール「The Beach(ザ・ビーチ)」があります。

プール営業時間はAM7:00~PM9:00。

DSC06179

4階フロアに降りると目の前にカウンター。

スタッフもおり、日本語対応で案内してくれました。

DSC06177

右手にプール。

DSC06178

プール入口。

DSC06213

プール手前のテーブル席。

DSC06318

バーカウンターも有り、お酒も注文可能。飲食物の持ち込みは禁止。

DSC06337

一番外側にプール。

DSC06317

プール自体はそれほど広くないですが・・・景色が素晴らしいです。

 

DSC06324

リクライニングチェアも水上に置いて有る。

DSC06319

景色を楽しむプールですね。映えます。

DSC06323

水深も浅いところが多いので、子連れにも良さそう。

DSC06327

日没後は夜景も綺麗なようで、ナイトプールも最高ですね。

DSC06321

砂が敷き詰められたビーチエリア。

DSC06335

屋根付きカバナ、広めの休憩スペースも有ります。

DSC06328

フィットネスジム

プールエリアの反対側にジム。

DSC06211

それほど広くは無いジムですが、マシーンはそこそこ充実。

DSC06201

ダンベル。

DSC06205

ランニングマシーン。

DSC06195

奥には、サーキットトレーニングスペースもあり。

DSC06209

こちらには、サンドバッグも置いてあります。

DSC06185

ジム内のウォーターサーバー。三角紙コップタイプ。

DSC06196

ポカリが有ると思ったら、こちらは有料のようです。

DSC06197

ロッカールームもあり、ロッカー内にジャグジーまで有りました。

ちなみに、サウナも有ります。

朝食ブッフェ

朝食ブッフェは1階レストラン「FLOW」にて提供です。

朝食の時間はAM6:00~AM10:00。早朝から営業してます。

DSC06290

レストラン内観

1階ロビーの突き当り、リバーサイド側にFLOWがあり、

ロビーからそのまま繋がってます。

DSC06218

中央にメインのキッチンスペース。

DSC06226

ロビー同様に天井が高い。

DSC06285

座席も多くて広い、なによりゴージャス。

DSC06288

窓際の席。窓も天井まで有り、スゲー開放的。

DSC06241

窓からはチャオプラヤー川が見え、外にも座席が有ります。

DSC06240

食事メニュー

パンコーナー

DSC06220

スライスパン各種とジャム。

DSC06224

クロワッサン、デニッシュやアップルパイ的なスイーツもある。

DSC06278

これも不思議なスイーツ。焼きプリンみたいな、玉子系の味。

DSC06276

 

フルーツコーナー。パパイヤは相変わらず旨い。

DSC06227

カップのヨーグルトも綺麗に置いて有りました。ブレブレですけど。

DSC06291

パンケーキ、ワッフル。目の前で焼いているのも見えます。

DSC06221

パンケーキ&ワッフル用のクリームやシロップ。チョコチップやシナモンも有る。

DSC06222

シリアルは5種類。

DSC06229

サラダコーナー。

DSC06231

ドレッシングは4種類。どれも手作り感満載。

DSC06230

 

洋食コーナー。

DSC06235

ソーセージ。

DSC06247

カリカリベーコン。

DSC06248

ハム。

DSC06249

ベイクドビーンズ。

DSC06250

ゆで卵。

DSC06251

焼きトマト。

DSC06252

ベークドポテト。

DSC06253

エッグステーション。

DSC06234

目玉焼き、半熟、完熟、両面焼き。

DSC06254

スクランブルエッグ。

DSC06257

具材選んで、オリジナルオムレツ作ってくれます。

DSC06256

調味料類。ケチャップ以外にチリソースとかマスタードも有ります。

DSC06258

アジアンコーナー

ヤムイモ餡の飲茶。

DSC06264

こちらも甘い系マン。

DSC06265

小魚、ウインナー炒め。

DSC06266

チャーハン的な。

DSC06268

カレー風味の芋。

DSC06269

パッタイ。

DSC06270

鶏肉と野菜の炒めもの。

DSC06283

大根餅的な。

DSC06281

チキン粥。

DSC06282

お粥用の薬味とか。

DSC06267

揚げまんじゅう「油条」。タピオカ、チアシードも有りました。

DSC06259

ヌードルバー。麺と具材を選んでオリジナルヌードル作れます。

DSC06233

 

日本食コーナー。

巻き寿司。かまぼこや野菜巻きがメイン。刺し身の巻物は無い。

DSC06261

寿司用の薬味、味噌汁用の薬味、キムチも有り。

DSC06263

魚の蒸し物。

DSC06262

 

日本食の裏には、アペタイザーコーナー。

チーズ、鴨肉、スモークサーモン、ローストポークとか。

 

DSC06260

ドリンクメニュー

ジュース、デトックスウォーター。

DSC06277

手作りスムージーや作りたてミックスジュース。

DSC06219

コーヒーやティー類は、セルフではなく。

スタッフが持って来てくれる感じになってました。

朝食ブッフェの感想

定番の洋食メニューだけでなく、

アジアンメニュー、日本食とバリエーションは非常に豊富。

アジアは中華が多く、タイ料理は、あんまり無かった。

DSC06284

日本食もあるんですが・・・ちょっとイマイチでしたね。

中華、タイ料理も、ちょっとパッとしない印象。

DSC06244

美味しかったのは、洋食メニュー。

DSC06272

鴨肉とかサーモンとか美味でした。

DSC06239

ワッフルや、パンケーキは、クリーム&メープルたっぷりでスゲー旨い。

DSC06236

朝からスイーツばかり食べてました。

DSC06280

デニッシュやアップルパイも激ウマ、アップルパイはカスタード入り。

DSC06274

あと、ホテルのオムレツは好き。毎度具材は全部入りです。

DSC06722

エグゼクティブラウンジ

今回、エグゼクティブルームにアップグレードされたので、

31階のエグゼクティブラウンジも利用できました。

 

ラウンジはAM6:30~PM9:00で利用できますが、

時間帯によって提供されるサービスが変わります。

DSC06152

エグゼクティブラウンジ

  • Breakfast:AM6:30~AM10:30(週末はAM11:00まで)
  • Light Refreshments:AM11:00~PM2:30
  • Afternoon Tea:PM2:30~PM4:30
  • Sundowners:PM5:30~PM7:30

内観

31階に来たら、360(ThreeSixty)方向へ。

バー「360」の下にラウンジが有ります。

DSC06674

ラウンジ入り口にてルームナンバーの確認。

DSC06740

ラウンジ左側のスペース。

DSC06746

ラウンジ右側のスペース。

DSC06706

DSC06709

さすがの最上階、景色も綺麗。

DSC06708

左側の部屋からは、外にも出られるようになってます。

DSC06738

ベランダのテーブル席。

DSC06759

反対側にはソファスペース。上にはルーフトップバー360も見えます。

DSC06767

絶景ですが・・・身を乗り出すと足がすくむ。怖えぇ。

DSC06769

朝食ブッフェ

エグゼクティブフロア宿泊者は、ラウンジでも朝食を頂けますが、

全体的にこじんまりとしているので、食事メニューは多くない。

1階レストラン「FLOW」の方がメニューは豊富です。

DSC06727

フルーツコーナー。

DSC06732

DSC06756

サラダ、寿司バー。

DSC06780

DSC06781

DSC06782

メインのブッフェコーナー。

DSC06734

アジアンフード。

DSC06736

DSC06712

DSC06711

洋食のホットミールにエッグステーション。

DSC06737

DSC06735

DSC06728

スムージー、フレッシュジュース。

DSC06715

DSC06729

ベーカリーコーナー。

DSC06730

ジャム類。

DSC06731

ヨーグルト。

DSC06717

料理も一緒ですが、味も一緒。

DSC06720

ハッシュドポテトは、レストランには無かったかな?

DSC06747

間違い無いのがサラダ。

DSC06749

フルーツポンチ。

DSC06758

サンダウナー(カクテルタイム)

エグゼクティブラウンジでは、

夕方の時間帯だけアルコールも提供されます。

PM5:30~PM7:30のみ、いわゆるカクテルタイムってやつ。

食事もちょっと豪華なので、夕食代わりにお腹もパンパンになりました。

 

おつまみテーブル、チーズ、ドライフルーツ、野菜スティック。

DSC06675

おつまみスナック、リンゴ。

DSC06676

カットフルーツ類。

DSC06692

チャーハン的な。

DSC06677

タイ風鶏肉炒め。カレー風味。

DSC06678

鶏肉の中華炒め。

DSC06688

アペタイザー。

DSC06684

鴨肉グラス。

DSC06685

サーモングラス。

DSC06686

春雨サラダ。

DSC06687

中央にバーカウンター登場。

カクテルメニューも置いてあり、オリジナルカクテルだけでなく、

モクテル(ノンアルコールカクテル)も作ってくれました。

DSC06694

ミレニアムヒルトンのオリジナルカクテル。名前忘れた。

DSC06690

チャイナ・ブルーだっけな?

DSC06701

お酒が美味しいので、食事もススムススム。

DSC06680

品数は少ないですが厳選されたメニュー。どれも美味しかったです。

DSC06693

無料シャトルボート

ミレニアムヒルトン利用者は、

チャオプラヤー川を渡る為のシャトルボートが無料で利用できます。

DSC06790

朝7時から30分毎に、対岸のサトーン船着き場まで行けます。

DSC06785

サトーン船着場からは、エクスプレスボートも出ているので、

ワット・プラケオ、ワット・アルンの観光にも便利。

サトーン船着場の目の前には、BTSサパーンタクシン駅も有るし、

バンコク市内の観光にも非常に便利。

夜11時頃まで運行しているので、私も何度も利用させて頂きました。

R0003788

ヒルトン旗が目印です。

DSC06814

 

ヒルトンボートは移動手段だけでなく、夜景鑑賞にもオススメ。

R0003758

チャオプラヤー川沿いには、高級ホテルも有るし、

観光用の光るボートとかも運行してたりするので、とにかく綺麗です。

R0003770

お隣のショッピングモール「ICON SIAM(アイコンサイアム)」もスゲー光ってました。

宿泊した感想

5つ星ホテルにしては格安だし、タイっぽくない内装ながらも、

バンコクの風景が楽しめる。バンコクのリゾートホテルだなと。

 

チャオプラヤー川の西側に位置するホテルということで、

観光やアクセスを懸念していましたが、

中心地ほど道路は混んでおらず、ボートを使った移動もできるので、

観光するにも悪くないホテルだと感じました。

R0003754

ボートに乗ればBTS駅も目の前だし、

ワット・ポーやワット・アルンも、ボート観光が楽しかった。

 

ホテルから徒歩圏に「セブンイレブン」もあるし、

隣にはショッピングモールの「ICON SIAM(アイコンサイアム)」も有る。

R0003776

ICON SIAMは、タイ最大規模のショッピングモールってことで、

ホテル前の道路は激混みするんですけどね。

DSC06299

Grabを呼ぶ場合も、時間がかかるし、

あとちょっとの距離で、車も全然動かなくなります。

バンコクGrabの料金相場と注意点。タイGrabと他国Grabの違い。

まぁ、バンコクに泊まるなら、どこでも渋滞は覚悟ですけど。

 

ちなみに、空港からホテルまでは、

タクシー(Grab)で高速代も含め465バーツでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です