ANA国際線 成田/羽田⇔バンコク エコノミー B787-9(789)搭乗レビュー

ANAバンコク便機内食

数ヶ月前にJALで行ったバンコク。

JAL国際線 東京成田⇔タイ バンコク エコノミークラス(B787-8)搭乗レビュー

物価も安く、タイジンのフレンドリーさも良かったので、

ANAのエコノミーで再びバンコクへ。

 

他の東南アジア便との違い、JALとの違いは有るのか?

ANAの子会社エアージャパン(NQ)も初めての利用だったんで、

その辺を含めてレビューします。

ANAバンコク便で搭乗した機材:B787-9

日本からバンコク行きで搭乗したのは、

往路が、成田17時00分発→スワンナプーム21時40分着のNH807便。

ANAの子会社Air Japan(エアージャパン)による運航便でした。

DSC06035

復路が、スワンナプーム13時55分発 → 羽田22時15分着のNH878便。

こちらは本家ANAの運航便。

DSC07703

機体は、往路、復路共に「ボーイング787-9(789)」でした。

DSC07712

フライトスケジュール&機材

  • 往路:NRT 17:00 → BKK 21:40 NH807, ボーイング787-9 (789)
  • 復路:BKK 13:55 → HND 22:15 NH878, ボーイング787-9 (789)

ANAエコノミーの機内食(成田→スワンナプーム)

おつまみ

離陸後おしぼりのサービスの後に、ドリンク&おつまみのサービス。

DSC06040

ANA定番のあられミックス。

ランチ/ディナー(メイン)

成田発のメニューは、天玉丼とチキンハンバーグの2択・・・

クアラルンプール便と全くメニュー同じでした。

ANA国際線 成田/羽田⇔クアラルンプール プレミアムエコノミー B787-9(789)搭乗レビュー

DSC06041

クアラルンプール便では、天玉丼を選んだので、

今回は、根菜入りチキンハンバーグを選択。

DSC06048

オープン。

DSC06052

メインのチキンハンバーグ。ふわふわで中に根菜のシャキシャキ感。

付け合わせのパスタも意外と旨い。天玉丼にしないで正解。

DSC06058

隣は天玉丼をチョイスしてましたが・・・

やはりクアラルンプール便のと全く一緒。

DSC06056

しなしなベタベタの衣まみれのやーつ。

DSC06063

サイドメニューも全てクアラルンプール便と同一。

粗挽きポテトサラダ、スモークサーモン、ビーツサラダ。

DSC06059

中巻き、枝豆、豆のごった煮・・・イマイチ。

DSC06060

食後にハーゲンダッツ。バニラ味。

DSC06066

到着前の軽食

着陸前に軽食のサービス。

DSC06068

定番のチーズパン。

毎度変わらず、あんまり好きじゃない。

DSC06217

ANAエコノミーの機内食(スワンナプーム→羽田)

おつまみ

離陸後におしぼり&ドリンクサービス。

往路と変わらない「おつまみ」。

DSC07717

ランチ/ディナー(メイン)

帰りは昼過ぎ発なので、早めのディナー。

サーモン or チキンの二択でした。

DSC07718

私はチキンを選択。

DSC07728

パッケージオープン。

DSC07730

チキンはイケるけど、ポレンタが苦手でした。エンドウ豆もちょっと無理。

DSC07738

鮭の方が美味しそうでした。煮物も良いな。

DSC07726

人参のジュリアンヌ。

DSC07735

甘酸っぱくてレーズンたっぷり。

DSC07740

うどん。甘めのつゆ。

DSC07736

クラッカー。不思議なディップの味。

DSC07741

デザートのアイスは、ウォールズ・アイスクリーム。

東南アジアの国でよく見かけるアイスですね。

DSC07746

バニラ味、あまーい。

到着前の軽食サービス(夕食)

到着前のクロワッサンサンド。これもANA定番。

DSC07750

ハムにチーズにレタス。

DSC07751

チーズが入っている分、いつもよりゴージャスだ。

ANA国際線エコノミーのドリンクメニュー

国際線エコノミークラスのドリンクメニューは、

一部路線を除いて共通であり、バリエーションも非常に豊富。

IMG_0444

ソフトドリンクメニュー

  • 香るかぼす ※はちみつ入り
  • オレンジジュース
  • アップルジュース
  • トマトジュース
  • コーラ
  • コーラゼロ
  • スプライト or セブンアップ
  • スパークリングウォーター
  • ミネラルウォーター
  • 牛乳
  • 緑茶(温・冷)
  • ほうじ茶
  • コーヒー
  • ディカフェコーヒー
  • 紅茶
  • 茅乃舎 野菜だしスープ

アルコールメニュー

  • 日本酒
  • スパークリングワイン
  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ビール
  • ウイスキー
  • ジン
  • ウォッカ

ANAといえば、かぼすジュース、野菜だしスープ。

マニラ以外の東南アジア路線では、スパークリングワインも頼めるようになりました。

ドリンクラインナップは、JALより好きかな。

ANA国際線エコノミー(789)の座席&設備

往路がエアージャパン便、袋がANA便でしたが、

エアージャパン運航便でも、機体はANAと全く一緒でした。

新機材789、エコノミーでもちょっと広め。

DSC07694

ちょっと余裕があるエコノミー。

往路は右側の人がすっげデカかったんで、狭く感じましたけど。

DSC07693

エンターテイメントモニター。USBとイヤホンジャンク。

DSC07744

エンターテイメントリモコン。

DSC06025

裏側はキーボード&コントローラー。

DSC07752

肘掛けにリクライニングボタン。

DSC07700

テーブルは折りたたみタイプ。

DSC07714

広げるとカップホルダー。

DSC07715

座席下にコンセント。

DSC07701

同じ789機材でも、微妙に違う部分があり、

往路は、収納ポケットが布タイプで、フットレストがバータイプ。

DSC06036

復路の機材では、収納ポケットがメッシュタイプで、

フットレストもゴム&布タイプでした。

DSC07710

ANA国際線エコノミーのアメニティ類

エコノミークラスなので、座席に置いてあるのは、

枕とブランケット、あとはヘッドフォンくらい。

DSC07697

ヘッドフォンは収納ポケットに入ってます。

DSC07699

ヘッドフォンは、まぁ可もなく不可も無く。やっすいやつです。

DSC06029

ANAバンコク便エコノミーの感想

ANAのバンコク便は初めてでしたが・・・

DSC07685

ANAのクアラルンプール便と大差無く、機内食もほぼ一緒でした。

同じ東南アジア、フライト時間も近いし、そんな違いもないのかなと。

ただ、やっぱりバンコク便のが人気なんでしょうね。

バンコク便では成田や羽田で、搭乗前のバス移動も有りませんでしたから。

 

また、往路がエアージャパン運航便というのを懸念していましたが、

こちらは噂ほど悪くはないのかなと。

機材もANAと変わらず最新機材、サービスもANA品質で丁寧。

違いという違いも感じられませんでした。

 

タイへ、JALとANAどちらかで行くといえば、

やっぱ、機内食ならJALかなと。

JAL国際線 東京成田⇔タイ バンコク エコノミークラス(B787-8)搭乗レビュー

JALもANAも旧機材運行が有るので、やっぱり機材次第。

7時間のフライト、できれば快適な新型機材を選んで行きタイですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です