エアチャイナ(中国国際航空)羽田→北京→クアラルンプール便(A321、A330-300)ビジネスクラスレビュー

エアチャイナビジネスクラス機内食

スターアライアンス加盟で、格安な航空会社といえば「中国国際航空(エアチャイナ)」。

安いといえどもANAのPPは貯まるわけで、

ANAのSFC修行に使われることもしばしば。

 

中国系の航空会社で安いなりの不安も有りますが、

ビジネスクラスなら最低限のサービスも保証されるハズ。

というわけで私も利用して参りました。

エアチャイナで搭乗した機材

羽田→北京(CA184便)はA321

私が搭乗したのは、羽田→北京が、

羽田8時30分発 → 北京11時20分着のCA184便。

機材は「A321」でした。

DSC09814

北京→クアラルンプール(CA871便)はA330-300

乗り継ぎ便の北京→クアラルンプールが、

北京16時40分発 → 23時00分着のCA871便。

機材はエアバスの大型機「A330-300」でした。

DSC00439

エアチャイナビジネスクラスの機内食(羽田→北京)

搭乗すると、離陸前におしぼりとウェルカムドリンクのサービス。

水、オレンジジュース、トマトジュース・・・

トマトジュースという話だが、野菜ジュースを炭酸で割ったような不思議な味。

DSC09794

その後メニューも渡され、離陸前に食事もお伺い。

日本発フライトは、英語、中国語だけでなく、日本語でも書かれていました。

DSC09796

早朝便なので、朝食メニュー。

洋食と中華&和食から選べ、

洋食は、ほうれん草とリコッタチーズキッシュ。

中華は、中華粥。

和食は、からすカレイの柚庵焼でした。

メニューはオーダー後、回収されます。

 

離陸後、1時間くらいして機内食がスタート。

テーブルを出して、テーブルクロスも敷いてくれます。

DSC09877

再びおしぼり。

DSC09882

食前酒・・・といいたいところですが、せっかくなので中国茶。

DSC09885

おつまみも一緒に持ってきてくれます。レーズン&ナッツ。

DSC09891

私が選んだのは、「中華&和食」で、

DSC09893

主菜を「からす鰈柚餡焼」にしました。

DSC09894

カレイは、ふわふわで美味しい。煮物は普通、ご飯は柔らかめ。

DSC09903

パンも持って来てくれました。

DSC09900

温かいアップルデニッシュ。サクサクあまーい。

DSC09902

付け合せは、漬物が多め。

数の子の山葵漬、焼き生姜、菊の葉、胡瓜の醤油漬け、柚子白菜漬け。

DSC09904

デザートは、フルーツ盛り合わせ。

メロン、スイカ、パパイヤ、グレープフルーツ。

DSC09896

食後に再度おしぼり。

DSC09906

水ボトルも頂けました。

DSC09908

4時間未満の短距離フライトでも、機内食出るんだね。

味は、日本の航空会社のエコノミー並み、

お皿に盛られてる分、ちょっと美味しく感じるかなくらいの印象でした。

エアチャイナビジネスクラスの機内食(北京→クアラルンプール)

北京で乗り継ぎをし、今後はクアラルンプールへ。

搭乗してすぐ、おしぼりとウェルカムドリンク。

シャンパンも用意してくれてました。

DSC00403

・・・で、ここでフライト遅延発生。

出発まで約1時間半、機内で待たされました。

というわけで、先におつまみと水ボトルのサービス。

DSC00455

 

北京発は、夕方フライトなのでランチ&ディナーメニュー。

日本語メニューは無いので、中国語と英語から判断します。

洋食と中華料理の2択で、

中華の場合は、メインが魚、チキン、キノコの3種類。

DSC00408

洋食の場合は、メインがチキンカレー、キノコの2種類でした。

DSC00411

 

機内食前に、おしぼり&テーブルクロス。

DSC00479

ドリンクは、今回も中国茶を選択。美味しい。

DSC00483

中華メニューを選択。最初にパンも持って来てくれます。

DSC00481

前菜は、バンバンジー。

DSC00488

サラダは、タケノコの醤油煮・・・メンマっす。

DSC00489

メインで選んだのが、キノコの醤油炒め with 季節野菜。

DSC00490

ベジタブルメニューってことで見た目はイマイチですが、

思った以上に美味しかったです。しっかり中華風。

DSC00495

食後のデザート。季節のフルーツとオペラケーキ。

DSC00496

オペラケーキ、濃厚アマアマ。ちょっと甘すぎる感じ。好きです。

DSC00506

エアチャイナビジネスクラスのドリンクメニュー

ドリンクメニューは、北京便、クアラルンプール便で共通でした。

料理注文の時に、一緒にドリンクメニューも持って来てくれます。

DSC09793

シャンパン。

DSC00414

赤ワイン、白ワイン。

DSC00413

中国ワイン、コニャック、ウイスキー。

DSC00415

ジン、ウォッカ、日本酒、ビールも3種類有りました。

DSC00418

特に豊富なのが、中国茶メニュー。

DSC00421

プーアル茶、緑茶、イングリッシュブレックファースト、アールグレイ、烏龍茶、ジャスミン茶、菊茶・・・

DSC00422

コーヒーメニューも多く、

焙煎だけでなく、ネスカフェのデカフェ、

illyのエスプレッソ、日本の石窯珈琲まで有りました。

DSC00424

ソフトドリンクは、ミネラルウォーター、オレンジ、

アップル、トマト、コカコーラ、スプライト、

ゼロコーラ、ソーダ水、トニックウォーター、

ジンジャーウォーター、ココナッツウォーター。

DSC00425

さすがのビジネスクラスってわけで、

ドリンクメニューが豊富なんですけど・・・

料理メニューと一緒にドリンクメニューも回収されちゃうのは困った。

エアチャイナビジネスクラスの座席

A321(CA184:羽田→北京)

羽田→北京は小型機のA321でした。

フルフラットにならないシートであり、エンターテイメントモニターも無い。

DSC09835

短距離路線なんで、まぁ問題ないけど。

 

横並びの座席なんで、隣にもちょっと気を遣う。

幸い、隣に人は居ませんでしたけど。

DSC09828

足元はそれなりに広いけど、

ビジネスクラスっていうよりもJALやANAのプレミアムエコノミーくらい。

フットレストも出てくる。いらんけど。

DSC09869

座席のリクライニングボタン。フットレスト操作もコチラ。手動タイプです。

DSC09823

テーブルは肘掛けしたに収納タイプ。

DSC09831

座席の間にも小さいテーブル。変に気を遣うやつ。

手前のボタンは、イヤホンの音量調整。

DSC09783

さらに小さいテーブルも出てきました。

DSC09830

コンセントは、中央テーブル下。1人一個。

DSC09871

ヘッドレストは稼働します。

DSC09822

フライト時には、枕やブランケットにもシートベルトしてました。

DSC09853

A330-300(CA871:北京→クアラルンプール)

北京→クアラルンプール便は、大型機材のA330-300。

羽田→北京便の座席よりだいぶ広く感じました。

DSC00438

広すぎて、モニターも遠く感じる。

DSC00447

足伸ばしても全然届かない。

DSC00430

フットレスト出して、リクライニングしても、まだまだ余裕。

DSC00474

フルフラットにもなりますからね。ボタンは電動。

DSC00432

テーブルは座席の横に収納。

DSC00436

座席横には、ボトルホルダーとリモコン。

DSC00443

壁面側には、USBとコンセントも有ります。

DSC00440

照明は触覚みたいなやつ。

DSC00513

エアチャイナビジネスクラスのアメニティ類

北京便、クアラルンプール便で、アメニティ類は一緒でした。

短距離の羽田→北京便でも、枕とブランケット。

DSC09774

ヘッドフォン。

DSC09785

ノイズキャンセリングではないけど、音質は良かったです。

DSC00448

ブランケット。可も不可もなく。

DSC09915

 

エアチャイナで良かったのがスリッパ。

いずれの路線でもスリッパが有り、

アテンダントさんが、ビニール袋から取り出して足元に置いてくれます

DSC09834

スリッパの質も良く。ペラペラではなく、使い捨てっぽさがない。

布製で底も厚く、デザインもオシャレ。甲高のワタシの足でも履き心地良し。

DSC09820

ビジネスクラスなので、アメニティポーチみたいなのが貰えるのかと期待したけど。

クアラルンプール便では頂けませんでした。残念。

エアチャイナビジネスクラスのトイレ

北京路線、A321のトイレ。

IMG_8167

IMG_8170

クリーム類も置いてありましたが、使うのが怖い。

IMG_8169

ペーパータオル、ティッシュ。

IMG_8168

 

A330-300のクアラルンプール便では、薔薇の花が飾られてました。

IMG_8193

トイレにも香水や乳液等が設置されている。

IMG_8191

IMG_8194

エアチャイナビジネスクラスを利用した感想

機内サービスは、思っていたよりも良かったです。

アテンダントさんは、笑顔もあり、サービスも丁寧。

食事もそれなりに美味しいし、

ビジネスクラスなりのサービスも受けられますので。

コストパフォーマンスで考えれば、悪くない。

日本語スタッフは居ませんでしたけど、英語で丁寧に接してくれましたので。

 

ただ、ビジネスクラスといっても、機材が古い感じが否めないし、

機内エンターテイメントも日本語対応していますが、

日本語で視聴できる作品も少なかったです。

DSC00457

 

エアチャイナ最大の難点は、やっぱり遅延。

私も北京発で1時間半の遅延に遭遇しましたので、

遅延覚悟でフライトスケジュールは組んだ方が良いなと。

 

北京で乗り継ぎする場合も気をつけて、

北京空港は乗り継ぎ事情が、あんまり良くないし、

入国はしないといえ、イミグレーション手続きが面倒で時間もかかる。

DSC09932

なんかスタッフも無愛想で殺伐としているし、

乗り継ぎでも手荷物検査があり、

カメラやモバイルバッテリーもバッグから出さなきゃいけないし、

モバイルバッテリー容量にもスッゲー厳しいから。

 

ビジネスクラス利用者は、北京空港でファーストクラスラウンジも使えますが・・・

プライオリティパスでも使えるラウンジであり、これがエアチャイナの最上級ラウンジだからね。

北京首都国際空港エアチャイナファーストクラス・ビジネスクラスラウンジレビュー。2つのラウンジの違い。

 

成田と羽田のANAラウンジの方が全然良い。

エアチャイナのビジネスクラス利用者は、ANAラウンジが使えますので。

羽田空港 国際線ターミナル「ANA LOUNGE」レビュー。2つのANAラウンジの比較と違い。

成田空港ANAラウンジ(国際線)レビュー。第4サテライトと第5サテライトの違い。

成田発便ならユナイテッド航空ラウンジも利用可能となります。

成田空港ユナイテッド航空ラウンジ「ユナイテッドクラブ」レビュー

 

北京空港は、個人的に苦手。

北京周辺は空気も悪い。PM2.5問題は健在。

大気汚染はだいぶ改善されているらしいですが・・・やっぱり汚い。

DSC09918

 

本当は、エアチャイナで復路も予約していたのですが、

勝手にキャンセルされちゃって、返金対応となりました。

エアチャイナのコールセンターって有料だし、

カタコトの日本語で対応もイマイチなんで・・・これも最悪。

DSC09929

 

結果、クアラルンプールからは、ANAビジネスクラスで帰ってきましたが、

まぁ、やっぱり同じビジネスクラスでも全然違ったよね。

ANA国際線 成田→クアラルンプール→羽田 ビジネスクラス B787-9(789)搭乗レビュー

 

エアチャイナは、スッゲー安いんで文句は言えませんが・・・

トラブった時は、やっぱり日本の航空会社が良いなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です