北京首都国際空港エアチャイナファーストクラス・ビジネスクラスラウンジレビュー。2つのラウンジの違い。

北京空港エアチャイナファーストクラスラウンジ

北京首都空港は、エアチャイナ(中国国際航空)の拠点であり、

そのビジネスクラスラウンジと、ファーストクラスラウンジが、

プライオリティパスで利用可能となっています。

 

ファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジの内容と、

2つのラウンジの違いについて。

ファーストクラスラウンジって凄そうなイメージですが、

エアチャイナは例外。言うほど凄いラウンジでは無かったから。

北京空港エアチャイナラウンジの基本情報

北京空港のエアチャイナラウンジは、

ビジネスクラスラウンジとファーストクラスラウンジ、

いずれも、ターミナル3Eの中央に有ります。

DSC09937

Air China Business Class Lounge

  • 場所:ターミナル3E中央
  • 営業時間:午前6時~午後10時
  • 利用対象:ビジネスクラス搭乗者、スターアライアンスゴールドプライオリティパス

 

ファーストクラス、ビジネスクラスって名称ですが、

エアチャイナビジネスクラス搭乗者は、ファーストクラスラウンジも利用できます

DSC00378

Air China First Class Lounge

  • ラウンジの場所:ターミナル3E中央
  • 営業時間:午前6時~午後10時
  • 利用対象:ビジネスクラス搭乗者、プライオリティパス

で、ここで疑問だったのが、

SFC会員等、スターアライアンスゴールド会員の場合は、

エアチャイナファーストクラスラウンジが利用できるのか?

 

Air China公式にもラウンジ利用条件は明記されてないし、

ANA公式で北京空港ラウンジの利用条件を確認してみても、

「中国国際航空ラウンジ」としか書いてないんだよね。

 

で、私はSFC会員でファーストクラスラウンジを利用しようとしたところ・・・

「ビジネスクラスラウンジへ行ってね」って断られました。

よくみたら、入り口看板にもスタアラゴールドマークが有ったわ。

DSC09937

でもでも私は、プライオリティパスホルダー。

あたふたしながらプライオリティパス提示して、

ファーストクラスラウンジを堪能したわけです。

北京空港エアチャイナラウンジの場所

エアチャイナラウンジは、保安検査抜けた場所から非常に近いです。

保安検査抜けると目の前に噴水、ここから左右に分岐する。

DSC00381

右側に行くとビジネスクラスラウンジ。

北京空港Air China Business Class Lounge場所

※クリック&タップで拡大します。

 

保安検査を抜けて右側となります。

DSC00224

保安検査から100mほどの距離ということで、すぐラウンジも見えます。

DSC00067

エスカレーターを上ると、すぐそこがビジネスクラスラウンジです。

DSC00064

 

ファーストクラスラウンジは、ビジネスクラスの反対側。

北京空港Air China First Class Loungeの場所

※クリック&タップで拡大します。

保安検査を抜けて左側となります。

DSC00229

左側に曲がると、すぐエスカレーター。

DSC00232

ファーストクラスラウンジのエスカレーター。

DSC00233

こちらも3階へ上がれば、すぐラウンジ受付です。

DSC00238

北京空港エアチャイナラウンジの違い

利用条件こそ微妙に違いますが、

そのラウンジの中身は、ほとんど一緒でした。

設備、食事メニュー、ドリンクメニュー。

ラウンジの造りも左右対称になっているので、違いようも無い。

 

具体的に何が違うのかというと、

ファーストクラスは、中国茶のティーサービスあり、

目の前でお茶を淹れてくれたりします。

DSC00368

あとは、ヌードルメニューも目の前で作ってくれたり・・・それくらい。

食べれるメニューは一緒だからね。

 

一番の違いは、ファーストクラスの方が空いており、

ビジネスクラスラウンジは、とにかく混んでました

特に、ビジネスクラスの食事コーナーは凄い混みよう。席確保も大変。

DSC00045

バーカウンターもビジネスラウンジは並んでました。

DSC00040

プライオリティパスでは、両方のラウンジが使えますが、

はっきり行って、ビジネスクラスラウンジを使う意味は無かったです。

両方使えるならファーストクラスラウンジだけ使えば良いです。

エアチャイナラウンジの内観

ファーストクラスラウンジの内観

ファーストクラスラウンジマップ。

受付がラウンジの左側に位置しており、右奥に長い造りとなってます。

DSC00239

ラウンジ受付。

DSC00377

ラウンジからは、空港の大きな窓が見えます。

DSC00343

ラウンジは広いし、空いてます。

DSC00341

IMG_8180

中央の円形スペース。ここで中国茶のサービスやってます。

DSC00240

IMG_8188

吹き抜けの天井で、更に広く感るやつ。

DSC00375

ラウンジ右側の休憩スペース。

DSC00243

IMG_8186

ダイニングエリア周辺の休憩スペース。

DSC00259

DSC00258

右側突き当りは、空港中央の吹き抜け。

DSC00254

反対側には、ビジネスクラスラウンジも見えます。

DSC00253

ドデカイ窓からは滑走路。見てるだけで楽しい。

IMG_8184

IMG_8189

ビジネスクラスラウンジの内観

ファーストクラスラウンジの反対側に有るビジネスクラスラウンジ。

DSC00056

ファーストクラスラウンジを左右対象にレイアウトしただけ。

設備も変わらないです。

DSC00061

ビジネスクラスラウンジの受付。

DSC09940

中央の円形休憩スペース。一緒です。

DSC09941

DSC00051

DSC09943

右側通路の休憩スペース。ソファの形状とかが微妙に違うかな。

DSC09972

ビジネスクラスラウンジは混んでますね・・・

DSC09990

空席を探すのが大変。

DSC00052

ダイニングエリアは、人だらけっす。

DSC09987

ビジネスクラスラウンジからも、ファーストクラスラウンジが見えます。

DSC00041

エアチャイナラウンジの食事メニュー

食事メニューは、ビジネスクラスもファーストクラスも共通でしたので、併せて紹介。

DSC00260

ファーストクラスラウンジのダイニングエリア。

DSC00256

パスタ。

DSC00266

エビシュウマイ。

DSC00370

にんじんまん。

DSC00007

緑色のなにか。

DSC00008

肉餃子。

DSC00009

カレーチキンマン。

DSC00010

チャーハン。

DSC00270

チンジャオロースー的な。

DSC00271

ナムル、青菜。

DSC00022

トマトと卵の炒めもの。

DSC00273

チキンの炒めもの。

DSC00274

魚の揚げ炒め。

DSC00275

ピッツァ。

DSC00369

漬物3種類。

DSC00012

味噌汁。

DSC00015

お粥。

DSC00017

ジャパニーズ寿司。

DSC00261

サーモン、海老、太巻きが有りました。

DSC09969

サラダ。

DSC00262

ロメインレタス。

DSC00263

ミニトマト、サニーレタス。

DSC00265

ドレッシング、粉チーズ、オリーブ、クルトンとかとか。

DSC00027

オートミールブレッド。

DSC09995

クロワッサン。

DSC09996

セサミパーン。

DSC09997

デニッシュ。

DSC09998

麺コーナー。3種類有ります。

DSC00003

ファーストクラスラウンジだと、ヌードルメニューは目の前で作ってくれます。

DSC00269

軽食、おつまみコーナー。

DSC00337

スナック、フルーツとか。

DSC00247

菓子パンの類。

DSC00248

サンドウィッチ。

DSC09961

カットフルーツ。

DSC09962

ヨーグルト。

DSC09985

ナッツ、あられ。

DSC00359

中国のスナック類。

DSC00363

スナックの種類が豊富です。

DSC09983

クラッカー。

DSC09984

エアチャイナラウンジのドリンクメニュー

ドリンクコーナーは、ラウンジ内に複数箇所に有りました。

DSC00360

缶コーヒー、瓶のフレッシュジュース。

DSC00251

炭酸系の缶ジュース。水ボトル。

DSC00252

別の場所には、缶ビールも有りました。

DSC09986

ホットドリンクコーナー。紅茶、煎茶、いろんな茶。

DSC00250

ティーバッグではない中国茶。

DSC09989

エスプレッソマシーン。

DSC00358

バーカウンター。

DSC09964

アルコール、コーヒー、カクテル・・・ご要望に応じてくれます。

DSC00286

アルコールボトルが飾られてます。

DSC00284

カクテルサンプルが3種類。スクリュードライバー、ブラッディマリー、ジントニック。

DSC00281

ダイニングコーナーには、ワインボトルも置いてありました。

DSC00002

エアチャイナラウンジのシャワールーム&トイレ

トイレの洗面所。

DSC00334

洗面所のコスメ。なんか色々置いてある。

DSC00336

個室トイレ。

DSC00332

トイレと同じエリアにシャワールームも有りましたが、

満室ということで利用できませんでした。

清掃スタッフは、英語は通じず英語のプラカード見せられました。

エアチャイナラウンジのビジネスコーナー

ラウンジエリアの反対側奥に、ビジネスコーナー。

パソコンデスクがたくさん並んでました。

DSC00347

ちょっといじってみましたが、パスワード必須でした。

DSC00348

ラウンジ内には電源はたくさん有り、USB給電も可能なんで、

自分のパソコンなりスマホなりを使った方が良さそうです。

DSC00292

エアチャイナラウンジの仮眠室

ビジネスクラスラウンジも、ファーストクラスラウンジも仮眠室が有ります。

DSC00345

使いたい人は受付に申し出ましょう。

DSC00344

エアチャイナラウンジその他設備

雑誌類。みたことないものばかり。

DSC00355

新聞も中国のものばかり、中国だけで種類も豊富なのね。

DSC00356

入り口の受付横にクローク。

DSC00354

WiFiは空港WiFiと同じやつ。パスポートスキャンが必要です。

DSC00062

まぁ、ラウンジのWiFiは、金盾(グレートファイアウォール)で、

GoogleやSNSが使えないので、あんまり実用性も無い。

中国行くならローミングSIMは必須ですね。

香港(中国)でオススメのプリペイドSIMまとめ。

エアチャイナラウンジの感想

航空会社ラウンジだけ有って、食事はそれなりに美味しい。

北京空港のプライオリティパスラウンジの中では一番の内容かと。

DSC00278

ビールもあるし、フルーツもあるし。

DSC09975

カクテルも飲めるし、水ボトルもある。

DSC00288

寿司も有るけど、ご飯、ネタともに微妙です。

DSC00035

チャイナということで期待しちゃうのが点心。

ただ・・・ちょっとイマイチな味が多いです。

DSC00038

エビシュウマイも、ほとんど皮でした。

DSC00290

ヌードルメニューは、まぁまぁの味。不思議なプリプリ麺。

DSC00043

ただ、ファーストクラスラウンジという割には微妙でした。

北京空港はエアチャイナの拠点、

他レガシーキャリアの空港ラウンジに比べると・・・どうしてもね。

午後10時までの営業なので、深夜便で使えないのも痛いところ。

 

同じくプライオリティパスラウンジなら、夜間帯はBGSプレミアラウンジを使うか、

北京首都国際空港BGS Premier Lounge(BGSプレミアラウンジ)レビュー

DSC00117

毎日24時間営業のビジネストラベラーズラウンジ。食事は更に期待できないけど。

北京首都国際空港Business Travelers Lounge(ビジネストラベラーズラウンジ)レビュー

DSC00198

 

まぁ、プライオリティパスで無料で使ってるんで文句は言えない。

ファーストクラスラウンジは、広くて綺麗で空いてますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です