JAL国際線 東京成田⇔タイ バンコク エコノミークラス(B787-8)搭乗レビュー

JALバンコク便機内食

日本人大好きタイのバンコクへ、JAL便を利用して行って参りました。

JAL便は、ドンムアン空港(DMK)ではなく、

新しいスワンナプーム国際空港(BKK)での発着。

 

タイは東南アジアというわけで、片道7時間前後のフライト。

シンガポール便や、クアラルンプール便と比べて、何が違うのか?

毎度恒例、エコノミークラス搭乗レビューです。

バンコク JL707、JL728便で搭乗した機材(787-8)

今回、私が搭乗した便は、

往路が成田18時20分発 → バンコク23時00分着JL707便

復路はバンコク23時30分発 → 大阪7時30分着JL728便

いずれの機材もボーイング787-8(788)でした。

古い機材なので、座席もSKY WIDERではない旧型シートです。

バンコク便は、新しい機材SKY SUITEシリーズも導入されてますが、

未だ古い機材での運行が半分有るようですね。

まぁ、新機材SKY SUITEの便は、値段も高かったんで仕方ない。

JALバンコク便の機内食

往路は6時間40分のフライト、復路は5時間35分のフライト。

往路復路共に1食の提供であり、往路メニューのみ2択でした。

成田→バンコクの機内食(往路)

離陸後、シートベルトサインが消えると、食事提供タイム。

夕方発なので、ディナーとなります。

 

まず、おしぼりが提供され、

ドリンクサービスとともに、あられミックスが配られる。

 

料理はビーフとチキンの二択。

写真入りのメニューを渡されれ、確認しながら選べました。

JALといえば、若き料理人達による機内食「RED U-35」。

チキンディッシュは、

井上和豊シェフの「麻婆仕立ての鶏そぼろ丼 彩り豆の豆乳ソース」。

パッケージオープン。

メインの鶏そぼろ丼。

麻婆ということで、中華風の味付け。なかなか旨いです。

 

ビーフメニューは、

フランス料理の赤井顕治シェフ「牛肉の赤ワイン煮込みペンネ添え」。

ビーフシチューの場合は、パスタと、別添えでモッチモチの白いパンも付きます。

美味しいビーフシチュー。上手く表現できないけど、高いレトルト料理の味。

 

サイドディッシュは、チキンもビーフも共通。

ラタトゥイユ。ナス旨いっす。

たけのことインゲンの干しエビ香り炒め。これ微妙。

なめらか杏仁。毎回思う、JALのデザートは美味しい。

食後に、JAL名物ハーゲンダッツが配られる。

今回の味は、クリームチーズタルト。

バニラじゃない珍しい味、もちろん旨いっす。

 

食事を片付け後、朝食代わりにパンと水ボトルが配られました。

特筆すべき点は無い、フツーの菓子パンでした。

バンコク→大阪の機内食(復路)

復路は深夜発なので、深夜の機内食提供は無し。

おしぼりのサービス後、

ドリンクとあられミックスが配られ、一旦消灯となりました。

 

到着2時間半前くらいに、機内の明かりがつき、

機内食の提供が始まりました。

朝5時くらいなんで、早めの朝食。食事メニューは一種類です。

パッケージオープン。洋風ブレックファーストって感じ。

洋風の卵焼き、具材入りですが・・・あんまり好きじゃない味。

ベーコン、ベイクドポテトは、まぁ想像どおりの味。

焼きトマトとほうれん草は、美味しかったです。

サラダ。JALのはフレッシュで好き。

酢の物は、パパイヤかな?これ旨い。

フルーツ、ヨーグルトがやけに美味しく感じた。

まぁ、早朝だし、あんまり食えないのでこんなもんでOK。

帰りはハーゲンダッツ無しでした。

JAL国際線エコノミークラス(バンコク)のドリンクメニュー

JAL国際線の、ドリンクメニューは毎回同じ。

ハワイ線だけ違うメニューも頼めますが・・・

バンコクは例外無く、定番のドリンクメニュー。

ソフトドリンクメニュー

  • スカイタイム(キウイジュース)
  • オレンジジュース
  • アップルジュース
  • トマトジュース
  • ミネラルウォーター
  • コカ・コーラ
  • スプライト
  • 冷茶(綾鷹)
  • スパークリングウォーター
  • コーヒー(JAL CAFE LINES)
  • 緑茶
  • 紅茶

アルコールメニュー

  • ワイン
  • ビール
  • 日本酒
  • ウイスキー
  • ジン
  • ウォッカ
  • ブランデー
  • 梅酒

バンコク路線は、往路・復路ともに、

ドリンクメニューが置いてあったので助かりました。

まぁ悩んだら、水しか頼みませんけどね。

JAL国際線エコノミークラス(バンコク)の座席&設備

旧機材の787-8なので、座席はやっぱり狭かったです。

座席ポケットは、手前にもポケット2個ついているタイプ。

足元のフットレスト。

狭いんで、足乗っけると不自然に苦しくなる意味ないやつ。

ヘッドレストは固定タイプ。

エンターテイメントモニター。

モニター横にUSB端子。スマホ充電可能です。

ハンガーフック。

イヤホンジャック。

リモコンは、アームレスト埋め込み型でした。初めて見た。

リモコンの形状は変わらず。

裏側にリモコン&キーボード。

テーブルは、折り畳み不可能なタイプ。

テーブル裏には、ドリンクホルダー有りますが、

スッゲ硬いし、紙コップしかホールドできません。

JAL国際線エコノミークラス(バンコク)のアメニティ類

6時間前後のフライトということで、

往路も復路も座席には、枕とブランケットが置いてありました。

ヘッドホンも座席ポケットに入ってます。

エコノミーなんで、最低限の音質です。

JAL国際線エコノミークラス(バンコク)のトイレ

JALのトイレは綺麗なんで好きです。定期的に掃除もしてくれてるのでしょう。

IMG_7913

今回は、往復で歯ブラシも置いて有りました。助かります。

IMG_7912

JALエコノミークラスでバンコク便を利用した感想

バンコク便は、中距離路線の東南アジアということで、

クアラルンプールやシンガポールと同じように、

料理人監修「RED U-35」の美味しい機内食が出ました。

 

いずれも往路メニューのみ2択で、復路は1択

今回利用したバンコク便は、到着前の軽食サービスは省略されてましたが・・・

まぁ、この辺は、利用する時間帯にも依るのかなと。

 

クアラルンプール便の機内食。

JAL国際線 成田⇔クアラルンプール便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 787)搭乗レビュー。

シンガポール便の機内食。

JAL国際線 成田→シンガポール便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 777)搭乗レビュー。

 

あと、バンコク便は7時間前後フライトなんで、

旧機材だと、ちょっとキツかったです。

新しい機材の方が、断然快適なんで、

東南アジア路線は「JAL SKY SUITE」の便を選ぶべきかと。

※参考→国際線 新仕様機材 JAL SKY SUITE (Welcome New Sky) – JAL

 

JAL新型機材の座席「JAL SKY WIDER」は、

デルタの「コンフォートプラス」や、

ユナイテッド航空の「エコノミープラス」くらいの座席幅。

片道+1万円くらいの価値は有ると思ってます。

 

香港便で、新旧両方の座席座ったんで、違いは以下の記事参照。

JAL国際線 成田→香港→羽田 エコノミークラス搭乗レビュー。新しいSKY SUITE 767-300と旧機材777-200の座席比較。

台湾とか3時間前後のフライトなら、旧機材でも全然イケます。

JAL国際線 東京羽田⇔台北松山エコノミークラス(767-300)搭乗レビュー。

 

ちなみに、私はタイの出国審査で引っかかりましたので気をつけて。

タイの出入国カードは、左側が出国用、右側が入国用となってます。

DSC07596

入国審査で、右側の入国カードのみ切り取られ、

帰りは、左側の出国カードが無いと出国できません

えぇ・・・どっかで紛失したわけです。

 

私は、出国カードが無いと出国できないのは知っていたので、

空港でどうすべきか?空港でも色々と聞いたのですが、

結局、出国カードは、出国審査の場所でしか貰えませんでした。

まぁ、出国審査で並んで、無記入のカードを渡され追い返されと、

無駄に時間もかかりました。

 

それ以外は、タイは非常に良い国でした。

皆さん手を合わせて「サワディーカー」って挨拶してくれるし、

なにより、物価が安いのが良いよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です