JAL国際線 東京羽田⇔台北松山エコノミークラス(767-300)搭乗レビュー。

JAL台北エコノミークラス機内食

手軽に行けて、物価も安い国「台湾」。

以前、香港路線でJALを利用して良かったので・・・

JAL国際線 成田→香港→羽田 エコノミークラス搭乗レビュー。新しいSKY SUITE 767-300と旧機材777-200の座席比較。

 

同じく短距離フライトの台湾便でも、JAL便を利用してみました。

同じ台湾でも桃園空港(TPE)ではなく、松山空港(TSA)の方。

香港よりも短い台北便、機内サービスは如何に?

台北松山 JL099、JL096便で搭乗した機材(767-300)

今回、私が搭乗した便は、

往路が羽田17時55分発 → 台北松山21時00分着JL099便

復路は台北松山9時30分発 → 羽田13時20分着JL096便

いずれの機材も767-300でした。

DSC05114

767-300とはいえ、新しいSKY SUITEではない旧機材。

DSC04379

グレーカラーの歴史を感じるシートです。

DSC04355_thumb1[1]

JAL台北松山便の機内食

往路は、4時間5分のフライトであり、

復路は、2時間50分のフライトですが、

往路復路共に、しっかりと機内食も出ました。

羽田→台北松山の機内食(往路)

離陸後、約一時間でシートベルトサインが消えるとともに、

機内食サービス。夕方17時55分発なので、ディナーですね。

時間も無いので、おしぼり、ドリンクサービスも一緒でした。

料理に選択肢はなく、チキン料理のみ。

DSC04384_thumb1

パッケージオープン。

DSC04388

グリルチキンということでしたが、照り焼きチキンみたいな味。

まぁ、JAL品質なんで不味からず・・・普通。

DSC04389

サーモンがのっているのは、寿司では無い。

DSC04391

ポテットサラダです。これ美味しい。

DSC04393

JAL定番のハーゲンダッツも、食後ではなく食事と一緒に提供。

DSC04394

機内食を食べ終わる頃に、ちょうどよい塩梅。

台北松山→羽田の機内食(復路)

復路は、朝9時30分出発なので、

機内食の提供は、朝食というよりも昼食に近い時間帯。

こちらも、おしぼり、ドリンクと同時に提供です。

復路も機内食は一種類のみ。

DSC05119

パッケージオープン。

DSC05122

料理名を聞きそびれましたが・・・

DSC05123

復路もチキンですね。往路よりも好きな味。

DSC05126

帰国時は、より白メシが旨く感じます。

DSC05128

大根サラダ。

DSC05129

豆腐。

DSC05130

デザートはハーゲンダッツではなく、プリンでした。

DSC05131

香港路線だと、帰りもハーゲンダッツだったんだけどね。

JAL国際線エコノミークラス(台北松山)のドリンクメニュー

台湾路線は、3~4時間程度のフライトですが、

短くても国際線ということで、

アルコールメニューも変わらず相変わらず注文できました。

ソフトドリンクメニュー

  • スカイタイム(キウイジュース)
  • オレンジジュース
  • アップルジュース
  • トマトジュース
  • ミネラルウォーター
  • コカ・コーラ
  • スプライト
  • 冷茶(綾鷹)
  • スパークリングウォーター
  • コーヒー(JAL CAFE LINES)
  • 緑茶
  • 紅茶

アルコールメニュー

  • ワイン
  • ビール
  • 日本酒
  • ウイスキー
  • ジン
  • ウォッカ
  • ブランデー
  • 梅酒

 

ただ、短距離だと、料理メニュー&ドリンクメニューは配られないし、

ドタバタと忙しい感じもあるので、

注文できるタイミングも限られますけど。

JAL国際線エコノミークラス(台北松山)の座席&設備

旧機材の767-300で、座席は狭かったです。

香港便で旧機材の777-200だったので・・・

JAL国際線 成田→香港→羽田 エコノミークラス搭乗レビュー。新しいSKY SUITE 767-300と旧機材777-200の座席比較。

短距離路線は、新機材「JAL SKY SUITE」は後回しなのかもね。

DSC05111

座席狭いです。

DSC05110

座って見ると、わずかに余裕があるくらい。

DSC04362_thumb1

2個収納ポケットが有るのは良いけど・・・やっぱ狭いね。

DSC05115

ヘッドレストも固定式。

DSC05113

リモコン。

DSC04361

リモコンの仕組みは変わらないけど、ちょっと古っぽ。

DSC04383

テーブルも新機材と変わらず、折りたたみタイプ。

DSC04364_thumb1

DSC04365_thumb1

エンターテイメントモニター。大きめだけど、ちょっと見づらい。

DSC05118

リクライニングボタン。

DSC04371

USB給電。

DSC04367

座席下にコンセント。2席の間に1個。

DSC04376

JAL国際線エコノミークラス(台北松山)のアメニティ類

短距離というわけで、ブランケットや枕は無いのですね。

DSC04360

ヘッドフォンのみ、ポケットに入ってました。

DSC04363

JALエコノミークラスで台北松山便を利用した感想

香港でも短いと感じたフライトですが、

台湾だと、ほんと短い。

機内食でアタフタしているウチに気づけば台湾でした。

DSC04398

入国審査もあっけなく、あっという間にホテルにも到着。

松山空港は台北市内にあり、Uberも便利ですからね。

台北(台湾)でUberを使って気づいた注意点。他国Uberとの違い。

 

まともにサービスを受ける時間は無いので、

JALやANAを利用するのは、ちょっと贅沢な気もした。

台北松山には、空港ラウンジが一つだけなので、

航空会社の上級会員(JGC、SFC等)での、ラウンジ利用の楽しみも無いからね。

台北松山空港「Airlines VIP Lounge」レビュー。JAL・ANAの指定ラウンジ。

 

まぁ、いずれにせよ台湾自体は非常に良い国。

下手に国内旅行に行くよりも近いし、なにより台湾は物価が安い。

ホテルも安くて、料理も激安で美味しかったので、

また行きたいと思いました。

九份は、もぅ行かないけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です