JAL国際線 成田→クアラルンプール便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 787)搭乗レビュー。

JALクアラルンプール便の機内食

JALでFOPポイントを稼ぐために、

沖縄発のクアラルンプール旅行(OKA-KUL修行)を敢行。

連続フライトの負担を少しでも和らげる為、ちょっとだけ贅沢。

成田⇔クアラルンプールへは、プレミアムエコノミークラスを利用しました。

 

クアラルンプール便ともなると、7〜8時間の長期フライト。

やっぱりエコノミーが続くと、後もしんどいからね。

JALクアラルンプール便で搭乗した機材

今回、私が利用した便は、

行きが、成田11時15分発→クアラルンプール18時10分着JL723便

帰りが、クアラルンプール22時50分発→成田6時45分着JL724便

 

いずれも機材は、ボーイング787-9(789)であり、

新しいSKY SUITE 787のプレミアムエコノミー座席となります。

DSC06627

フライトスケジュール&機材

  • 往路:NRT 11:15 → KUL 18:10(JL723-789, SKY SUITE 787
  • 復路:KUL 22:50 → NRT 6:45(JL724-789, SKY SUITE 787

JAL国際線のクアラルンプール便の機内食(往路)

JALの国際線は、最初にメニューも貰えます。

往路・復路の料理メニュー、ドリンクメニューも全て載ってます。

DSC00133

おつまみ

搭乗後、シートベルトサインが消えるとともに、

おしぼりとドリンクのサービス。一緒におつまみ。

DSC06642

今回はオレンジ色のパッケージだけど、中身は毎回同じ「あられミックス」。

IMG_8753

ランチメニュー(メイン)

今回は、昼発フライトなので、

メインとなるのは、昼食のランチメニュー。

ビーフメニュー「ハヤシライス」と、

チキンメニュー「車麩と鶏肉の玉子とじ丼」の2択。

私は、チキンメニューを選択しました。

DSC06643

パッケージオープン。

DSC06648

親子ドーン。タマゴフワフワ。

DSC06650

びっくりしたのが、車麩の美味しさ。

DSC06656

豚バラの様な見た目と食感で、不思議な旨さ。

お麩特有の臭みも無く、もちろん肉臭さも無く柔らかい。

肉の代わりとしての食べごたえも有りました。感動。

ただ、ご飯はちょっと柔らかい。

DSC06652

サイドメニューは、フレッシュサラダ、

白身魚の胡麻酢あえ、野菜とチーズのオムレツ・・・まぁまぁ。

DSC06655

デザートのチョコレートムースは、濃厚でウマウマ。

激甘チョコに、フランボワーズソースがナイスです。

DSC06661

食後のデザート

プレートメニューにもデザートは有りますが、更にアイスクリームがやってきます。

JAL恒例、食後のデザートといえば、ハーゲンダッツ。

カッチカッチの状態でくるので、しばらくは放置。

DSC06663

毎回、このタイミングでコーヒーももらえるので、

少し食べたら、コーヒーを投入。シンガポール便で覚えた技。

JAL国際線 成田→シンガポール便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 777)搭乗レビュー。

DSC06678

別途、コーヒーもらって勝手にアフォガード。

DSC06679

激しく旨いけど、こぼさないように注意。

見た目もあんまりよろしくないので、自己責任にてよろしくどーぞ。

おやつ(到着前)

到着2時間前くらいに、おしぼりとともに、夕食というかおやつ。

マヨツナブリオッシュ・・・ツナの入った菓子パンです。

DSC06687

美味しいかといわれれば、微妙です。パンもパサ目でした。

 

同時に、うどんですかいを食べるか聞かれましたので、

せっかくなので頂きました。なんだかんだで初めてのうどんですかい。

DSC06685

まぁ、こちらも、よくあるカップラーメンの味ですね。

JAL国際線のクアラルンプール便の機内食(復路)

夜食&おつまみ

クアラルンプール発便は、深夜出発なので、

最初の食事は軽食程度。

まず、おしぼりとともに、水ボトルが配られました。

DSC08340

ドリンク注文とともに、あられミックスが配られ、

夜食メニューは、味噌チキンサンド。

DSC08347

うん、味噌とチキンだね。見た目通りのあーじー。

DSC08363

ブレイクファースト(朝食)

到着の1時間前に、朝食メニュー。

復路はこちらがメインディッシュ。

料理は選べず、ハーブオムレツとポテトグラタンでっす。

DSC08345

パッケージオープン。

DSC08348

ハーブオムレツは微妙ですが、ポテトグラタンは好きな味です。

DSC08362

チキンハムとポテトサラダ。可もなく不可もなく。

DSC08359

ヨーグルトハチミツ添え。甘さ控えめ。

DSC08355

マッシュポテトかと思って口に入れたので、軽く頭パニック。

JALのフルーツは相変わらず美味しかったです。

JAL国際線のクアラルンプール便のドリンクメニュー

ドリンクメニューは、国際線プレミアムエコノミーなら一緒。

シンガポール便、メルボルン便の時と変わらずですね。

DSC00134

★★タイトル★★アルコールドリンクメニュー

  • シャンパン ※プレエコ限定
  • ワイン(赤、白)
  • ビール
  • 日本酒
  • 焼酎 ※プレエコ限定
  • ウイスキー
  • ジン
  • ウォッカ
  • ブランディー
  • 梅酒

★★タイトル★★ノンアルコールドリンクメニュー

  • スカイタイム
  • オレンジジュース
  • アップルジュース
  • トマトジュース
  • コカ・コーラ
  • スプライト
  • 綾鷹(冷緑茶)
  • ペリエ ※プレエコ限定
  • ミネラルウォーター
  • コーヒー(JAL CAFE LINES)
  • 紅茶
  • 緑茶

JALはお酒が豊富なんですが、

ラウンジでもお酒を飲みすぎたので・・・

今回は、綾鷹ばかり頂いて飲んでました。

JAL国際線プレミアムエコノミーの座席&設備

JAL SKY SUITE 787ということで、

以前、搭乗したメルボルン便と、座席周りは全く一緒でした。

JAL国際線 成田⇔メルボルン直行便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 787)搭乗レビュー。

 

プレミアムエコノミーなので、シートはゆったり。

DSC06631

相変わらず、足元広い。

DSC08377

足を伸ばしても余裕。

DSC08368

フットレストもついてます。

DSC08382

ただ、リクライニングして、フットレストあげると、足が挟まるんで気をつけて。

DSC06682

通路側だと、隣の人の通行も妨げちゃうので、

プレミアムエコノミーのフットレストは、私には上手く使いこなせませーん。

 

大型の液晶ディスプレイ。もちろん日本語対応。

DSC06632

座席横に、ミニテーブル。リクライニングボタン、フットレストボタン。

DSC08369

イヤホンジャック、リモコンもこちら。

DSC06668

リモコン。

DSC06674

裏にはキーボード有りませーん。

DSC06675

テーブルを開かずとも、カップをおける。

DSC08370

広めのテーブル。安定感も有ります。

DSC06638

ディスプレイ下にUSB充電器。

DSC06673

足元に、コンセント有り。USB給電だと全然充電されないので、私はコンセント充電派。

座席毎に一個付いてます。

DSC06683

シートベルト。プレミアムエコノミーは、ちょっとごついやつ。

DSC08366

ヘッドレスト。左右部分は上げられます。

DSC08384

JAL国際線プレミアムエコノミーのアメニティ類

プレミアムエコノミーのアメニティ類は、

エコノミーよりもだいぶ良い。これもプレエコなら毎回一緒。

DSC06629

歯ブラシ、耳栓、アイマスク、保湿マスク、スリッパ。

特にスリッパの質が良いですね。毎回持って帰ってます。

 

クアラルンプール便のヘッドフォンはノイズキャンセリング対応でした。

DSC06681

JAL国際線クアラルンプール便を利用した感想

往路は昼便、復路は深夜便ってことで、

どちらも空いているかと思ったのですが、

クアラルンプールって人気なのですね、昼便も深夜便も混んでいました。

プレエコで隣が空いていると最高なんですけどね。

 

往路は映画を見まくり、話題の「カメラを止めるな!」も早速視聴可能でした。

評判どおり、中々面白い映画。ノイズキャンセリングヘッドフォンも良いですね。

DSC06637

 

一方、復路は・・・気づいたら爆睡してました。

やっぱりプレミアムエコノミーは寝るのに快適。

寝ていても気を使ってくれるのが、JALの良いところ。

「お目覚めですか?」シール、気遣いが嬉しいです。

DSC08344

 

JGC修業といえば、シンガポールがメジャーですが、

クアラルンプール旅行も悪くなかった。物価も安いし、

FOPポイントもシンガポールと同等レベルで貯まります。

JAL JGC修行&FOP修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

 

プレミアムエコノミーなら、日本でサクララウンジが使えるし、

成田空港第2ターミナルJALサクララウンジ(国際線)レビュー。

クアラルンプール空港でも、キャセイパシフィック航空ラウンジが使えますから。

クアラルンプール国際空港「キャセイパシフィック航空ラウンジ」レビュー。

 

ちなみに、クアラルンプールは、

入国審査時の紙(イミグレーションカード)が不要でした。

機内で、到着カードを書く必要がないってのは地味にラク。

ただ、入国審査はめちゃめちゃ混んでて、30分くらい待ちましたけど。

 

到着したら電車乗って移動するってのも、なんだか新鮮。

DSC06695

初めてだと「?」ってなる空港ですね。

DSC06697

入国する場合は、流れに身を任せて、電車に乗り込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です