JAL国際線 成田⇔メルボルン直行便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 787)搭乗レビュー。

JALメルボルン機内食

2017年9月に、JALで新設された成田⇔メルボルン路線。

OKA-MEL修行ついでに、プレミアムエコノミーにて利用してみました。

 

JALのプレミアムエコノミーは、シンガポール便でも乗りましたが・・・

JAL国際線 成田→シンガポール便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 777)搭乗レビュー。

今回は、メルボルン便というわけで、更に長期フライト。

路線だけでなく、乗る座席も違ったので、搭乗レビューしときます。

 

今回、私が搭乗した便は、

往路が成田 10時30分発 → メルボルン 21時55分着のJL773便で、

復路がメルボルン 0時05分発 → 成田 9時5分着のJL774便。

JALの機体(機材)は、新しいJAL SKY SUITE 787でした。

成田→メルボルンの機内食(往路)

IMG_0291

前回利用したシンガポール便プレミアムエコノミーと同じく、

機内食は、帰りの便(復路)よりも、

行きの便(往路)メニューの方が、豪華な内容になってました。

おつまみ

搭乗して、最初にドリンクとおつまみのサービス。

プレミアムエコノミーといったら・・・・やっぱり、シャンパンを頂く。

DSC07557

前に頂いたときは、赤いパッケージのあられミックスでしたが、

今回は、モスグリーンっぽい色のパッケージ。だけど中身は一緒。

IMG_0292

ランチメニュー(昼食)

今回は、朝出発便なので、メインとなるのがランチメニュー。

洋食メニューは、海老のビスク風カレー、

和食メニューが、鳥の親子丼。

私が選んだのは、洋食メニュー。毎度恒例、シェフの顔がプリントされてます。

サイドメニューは、かぼちゃサラダ、ラタトゥイユ、サラダ、パンナコッタ。

DSC07571

パッケージオープン。

DSC07572

 

海老のカレー。思ったほどでは無い。

レトルトのシーフード味って、なんか限界あるよねぇ~というのを感じさせる味。

DSC07581

かぼちゃサラダ。和風だし風味で、こっちのが旨い。

DSC07585

 

ラタトゥイユ。野菜のシャキシャキした食感が残りつつクミン風味。

シャキシャキ感が良いのだろうけど、子供が苦手なヤツだなこれ・・・うん苦手だわ。

DSC07578

 

パンナコッタ最高。私の好きな生クリーム味を、良い感じに固形にしてくれている。

DSC07586

もちもちしたパーン。味はシンプール。

DSC07584

食後のデザート(ハーゲンダッツ)

JAL国際線といえば、食後のデザートのハーゲンダッツ。

前回のシンガポール便では、バニラ味でしたが、

今回のメルボルン便では、キャラメル味でした。

DSC07589

あれ?ハーゲンダッツっつてこんなに美味しかったっけ?

っていうくらい、スッゲ旨かったっすコレ。

DSC07594

リピートして買ったる勢いだったけど、JAL機内限定って事で、

キャラメル味は通常販売されてないんだね。うーん残念。

夜食(間食)

消灯後にも、カゴにお菓子や菓子パンを詰め添乗員様が、

いかがっすかーって周って来てくれました。

お腹いっぱいだったけど、ついうっかり菓子パンを頂く。

DSC07605

うん・・・普通の菓子パン。

あと、希望すればカップラーメン「うどんですかい」も、いつでも食べれます。

ブレイクファースト(朝食)

朝食は、日本の有名ラーメン店「蔦」とのコラボレーション品。

DSC07609

ミシュラン取得店のラーメン・・・では無く、混ぜソバですね。

実店舗では、期間限定で提供されていた幻のメニューのようです。

DSC07610

インスタント形式で、自分で作るスタイル。

上に具材。

DSC07615

具をどけると、生めん登場。

DSC07611

トリュフオイル×鶏油(チーユ)の特製ソースを絡める。

家でも、こんなんよくやってるわ。

DSC07614

混ぜ混ぜ混ぜ。

DSC07619

具材をぶっこんでー。

DSC07620

ハイ、完成。味は・・・美味しいインスタント麺です。

まぁ、インスタントの域は超えないね。

DSC07621

付け合わせの青菜の方が美味しかった。

DSC07612

桃のゼリー。これも・・・まぁ普通。

DSC07623

メルボルン→成田の機内食(復路)

夜食&おつまみ

メルボルンは深夜発なので、出発後は食事・・・では無く、

お夜食セットを渡されました。

ドリンク&おつまみの提供の後に、JALの袋に入れられたお土産セットみたいなやーつ。

DSC08349

ラウンジで飲みすぎたので、ドリンクはジュースにしておきました。

 

袋の中には、水ボトル、ペイストリー、お菓子。

お菓子は、SMITH’S、TimTamとオーストラリアっぽいラインナップ。

DSC08351

SMITH’Sのポテチは旨いのですよね。嬉しいからお土産用に持ち帰る。

 

ペイストリー・・・といわれるパンは、チョコが入ってましたけどイマイチ。

ラウンジで食べ過ぎて、全然お腹も減ってないので、

お菓子は食べずに、そのまま就寝しました。

あと、希望すれば「うどんですかい」も食べれます。

ブレイクファースト(朝食)

到着の1~2時間前に提供される、朝食。

出発時が夜食程度なので、復路は朝食がメインですね。

 

朝食は、洋食のオムレツ×ソーセージと、和食の鶏照り焼き丼が選べました。

私が選んだのは、テリヤーキチキーン。

サイドメニューのスモークサーモン、ポテトサラダ、

フレッシュフルーツ、ヨーグルト、ヤクルトは共通です。

DSC08356

パッケージを開けてみる。

DSC08358

鶏の照り焼きは、まぁ普通。

DSC08362

毎回美味しいのが付け合わせ。ポテトサラダ旨い。

DSC08363

フルーツも非常に甘い。パインもスイカも甘い。

DSC08364

毎回メインメニューよりも、サイドメニューの方が美味しく感じる。

個人的に、ヤクルトってのがツボ。

自宅では毎日ヤクルト飲んでるので、なんか感動しました。

お菓子

食後には、添乗員さんが、またバスケットにお菓子を詰めて、持ってきてくれました。

チョコレートを頂きました。私は日本のチョコレートが大好物。

DSC08365

持ち帰ろうか悩んで、我慢しきれず、その場で食べるぅ~。

JALプレミアムエコノミーのドリンクメニュー。

ドリンクメニューは、国際線プレミアムエコノミーなら変わらない。

シンガポール便の時と一緒ですね。

JAL国際線プレミアムエコノミー搭乗レビュー。成田→シンガポール便。

IMG_0290

アルコールドリンクメニュー

  • シャンパン ※プレエコ限定
  • ワイン(赤、白)
  • ビール
  • 日本酒
  • 焼酎 ※プレエコ限定
  • ウイスキー
  • ジン
  • ウォッカ
  • ブランディー
  • 梅酒

ノンアルコールドリンクメニュー

  • スカイタイム
  • オレンジジュース
  • アップルジュース
  • トマトジュース
  • コカ・コーラ
  • スプライト
  • 綾鷹(冷緑茶)
  • ペリエ ※プレエコ限定
  • ミネラルウォーター
  • コーヒー(JAL CAFE LINES)
  • 紅茶
  • 緑茶

毎度、JALのお酒のラインナップには感動します。

日本酒、焼酎、梅酒・・・

結局、そんなに飲まないんだけども。

JALプレミアムエコノミーの座席&設備

シンガポール便でJALプレミアムエコノミーを利用した時は、最前列の座席だったので、

今回は、最前列ではない普通のプレミアムエコノミー座席。

利用する人が多いであろう中ほどに有る座席です。

DSC07498

足もと広いです。フットレストも有ります。

DSC07505

隣の人との仕切り板。その手前にライト。

DSC07507

このライトの点け方が分からず苦戦したんですけど、回すと点きます。

 

液晶ディスプレイも大きいです。

DSC07591

エコノミーが10.6インチに対し、プレミアムエコノミーは12.1インチとデカい。

 

液晶ディスプレイの下に、USB給電も有り。

DSC07521

 

液晶ディスプレイの横に、ペットボトルホルダー。

スマホを入れておけたりもする。

DSC07524

テーブルは、1枚の大型テーブル。

折りたたみタイプでもなく、広いのでPC作業も安心ですわ。

DSC07511

テーブルをたたんで、ドリンクホルダーだけ使う事も可能。

DSC07510

半寝状態の時とか、飲み終わったカップを下げて貰うときとか、地味に便利っす。

DSC07598

座席下には、コンセントも有り。

DSC07515

座席のリモコン取り外してみた。

DSC07522

裏面はコントローラー。キーボード無いタイプですね。

DSC07523

サイドテーブルに、リクライニングボタンと、レッグレストボタン。

DSC07512

前にスライドしながら、リクライニングします。

DSC07555

プレミアムエコノミーは、シートベルトも分厚い。

DSC07531

ヘッドレストは、上下可動、横の部分も立ち上がります。

DSC07508

JALのプレミアムエコノミーは、シートが前にスライドしてリクライニングする仕組み。

シートを倒しても後ろの席に影響はあまり無いのですが、

リクライニングしても、なんだか寝づらかったです。

リクライニングすると、お尻も滑って腰の位置が定まらない。

レッグレストもイマイチの高さ。

リクライニングするからといって、寝やすいシートでは無いのかなといった印象。

結局、ウエストベルトをキツメに締めて、

腰を固定してから、リクライニングして寝てました。

JALプレミアムエコノミーのアメニティ類

プレミアムエコノミーのアメニティ類は、

歯ブラシ、耳栓、アイマスク、保湿マスク、スリッパと完璧。

DSC07499

アメニティ類も、路線による違いは有りませんが・・・

DSC07500

メルボルン路線は、ヘッドフォンがゴージャスでした。

DSC07536

ソニー製でノイズキャンセリング対応となってます。

DSC07537

スイッチオンすると、飛行機の雑音を消してくれるという優れもの。

ただ、耳の部分があんまりフィットせず、

密閉性も、あんまりないので気持ち程度のノイズカットですけど。

DSC07545

まぁ、BOSEのノイズキャンセリングに比べると、劣りますね。

このBOSEのイヤホン、周辺座席の人も使ってました。

黒と白、私を含めて3人も・・・っていう、お揃いの気持ち悪さでした。

JALプレエコのメルボルン路線を利用した感想。

私が利用したのは5月であり、メルボルンはオフシーズン。

メルボルン路線は、想像以上にガラガラで、

往路も復路も、隣の席が空いていたので、スッゴイ広く感じました。

DSC07509

プレエコの隣同士2席使えるって、

ビジネスクラスを使うよりも、広いんじゃないかという得した気分。

10時間超えの長期フライトも、おかげで快適。ホント広いは正義ですね。

 

空いているので、席移動している人も居ましたし、

私も、せっかくなので窓際の席に移動。

往路、復路と、久しぶりに離着陸の景色も楽しめました。

DSC08370

DSC07604

 

ガラガラの飛行機って、食事もドリンクも提供が早く、

良くも悪くも、サービスが行き届きまくってました。

食事そろそろ来るなーっていう雰囲気も無く、イキナリの食事タイム。

飛行機ならではの、あの心の準備が有りませんでした。

ドリンクお代わりいかがですかーも、頻繁に来てくれて。

無視するのも何なんで・・・大丈夫ですって言いまくり。

 

トイレも綺麗だし、トイレに乗務員のメッセージまで有るし。

歯ブラシも有るし、やっぱ素晴らしいなJAL。

IMG_0211

おしぼりのサービスも素敵。なんだか良い匂いもするし。

DSC07556

今回、長期フライトで、初めて便意を催したんだけども・・・

機内のウォシュレットも高性能でした。海外のホテルよりも快適だ。

IMG_0210

また、メルボルン到着前には、Express Pathも配られました。

入国審査で優先レーンが使えるというカード。

DSC07624

まぁ、実際のところ、入国審査も空いていたので、

優先レーンじゃなくても空いていたんですけど。

 

オーストラリアというと、シドニーが人気ですが、

敢えて人気の無い?メルボルンならではの飛行機の快適さ。

長距離狙いのJGC修行にも悪く無いんじゃないかな。

2018年JAL JGC修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

 

プレミアムエコノミーなら、日本でSakuraラウンジが使えるし、

成田空港第2ターミナルJALサクララウンジ(国際線)レビュー。

メルボルン空港でも、Marhabaラウンジが使える。

メルボルン空港のJALラウンジ「Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)」レビュー

 

飛行機に乗りまくるなら、少しでもくつろげた方が良いですからね。

ホント空いていたのはラッキーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です