成田空港国際線JALサクララウンジ本館(第2ターミナル)レビュー

成田といえばJALであり、JALのラウンジといえば「サクララウンジ」。
成田ラウンジの中でも、その内容は素晴らしく、
かくいう私も、サクララウンジを利用したいが為にJGC修行。
修行中のプレミアムエコノミー利用時にも、お世話になりまくりました。

2019年8月には、ダイニングフロアもリニューアル完了。
更に快適なサクララウンジへと進化しておりましたので、
改めてレビューしておきます。

目次

JALサクララウンジの内観

受付左側がFirst Class Lounge(ファーストクラスラウンジ)、
右側がSakura Lounge(サクララウンジ)。

搭乗券を提示すると、右側サクララウンジへ案内される。

入ってすぐに下りのエスカレーター。
サクララウンジという事で、早速サクラがお出迎え。

下った2階がくつろぎフロアの「ラウンジ」。

3階が食事専用フロアの「ダイニング」となります。

ラウンジ(2階)

ラウンジ入って左側の休憩スペース。

左奥の休憩スペース。どこからでも飛行機が見えるベストポジションなラウンジ。

入口を直進した右側の休憩スペース。

奥に長い、結構長いです。

2階はドリンクコーナーが左右に1個ずつ、食事は有りませんが、
ドリンク類が豊富で、おつまみ程度の菓子類も置いて有ります。

ダイニング(3階)

2階中央あたりに、3階「THE DINING」へ上がる階段が有ります。

吹き抜けの天井。

上から見下ろすと怖いんだな。

登りきったところで、THE DINING登場。

3階手前側のテーブルスペース。

右手奥にも食事スペースが有ります。

2019年8月9日には、ダイニングフロアがリニューアルオープンとなり、
ダイニングフロアも大幅に拡張されました。
どこが拡張されたのかというと・・・3階突き当り奥の部屋。

新しい部屋が出来てます!

想像していた以上に広いスペース。

窓も大きく、開放感もありあり。

この場所、以前はファーストクラスラウンジが有った場所なんで、
眺めも最高。飛行機も見えまくります。

JALサクララウンジの食事メニュー

食事メニューは、朝食、昼食、夕食と分かれていますが・・・
ランチとディナーで提供メニューは変わらず。

JALサクララウンジの食事タイム

  • 朝食(Breakfast):7:30~11:00
  • 昼食(Lunch):11:00~17:00
  • 夕食(Dinner):17:00~22:00

公式メニューを見たところ、やはり異なるのは朝食のみ。
毎月提供料理は変わります。

※参考→成田サクララウンジフードメニュー

昼食・夕食メニュー

サラダコーナー。

サラダミックス、スイートコーン、ミニトマト、むき枝豆。

ノンオイル和風ドレッシング、中華ドレッシング、
グリーンゴッテス、野菜ドレッシング、マヨネーズ。

フルーツカクテル。これ、ラウンジ唯一のデザートだね。

オリジナルバーガー、サンドウィッチ用のパンも置いて有ります。

エビ海鮮餃子、黒豚入りの肉シュウマイ。

チキングリル的なやーつ。

パンメニューは、
バゲッド、クロワッサン、高菜パン、ミニアップルクリームパン、
シナモンロール、ストロベリーデニッシュ。

なんか、パンがやたら旨いと思ったら、メゾンカイザー提供っていう。
オリジナルの小麦粉&天然酵母を使用した「バゲッドモンジュ」、
オリジナルの発酵バター使用の「クロワッサン」が間違いなし。
うどんと薬味。

JAL特定オリジナルビーフカレー。味噌汁用のおわん。

麻婆豆腐。

重要な白米。他ラウンジより全然うまい「山形県産はえぬき」。

カレーと一緒に薬味をどうぞ。
福神漬け、らっきょ、大根たまり、梅干し。完璧。

トマトクリームスープと、ハムとポテトのスープ。

トマトクリームスープが激うまって思ったら「Soup Stock Tokyo」提供でした。

朝食メニュー

オープン早々の朝食の時間帯にも利用してみました。
サラダコーナーは、ランチ&ディナーと変わらず。
朝食時には、フルーツだけでなく、ヨーグルト&ブルーベリーソースも有りました。

パンコーナー。
基本は朝も一緒ですが、時期によってラインナップが微妙に違います。

朝食お馴染みのスクランブルエッグ。

ポークウインナーにトライアングルポテト。

ケチャップ&マスタード。

和食コーナーは、明太子、玉子焼き、鯖の塩焼き。

明太子の肉厚っぷりがヤバイです。

この日のスープは、トマトクリームスープと韓国風ユッケジャンスープ。

定番の味噌汁。

大人気のオリジナルビーフカレーは、朝から有ります。

薬味、漬物系も変わらずです。

朝食でも人気なのが・・・やっぱりJALカレー。
ひたすら行列作ってました。

2階にも、おつまみ程度の軽食は置いて有り。

チョコチップクッキー、バタークッキー。

クラッカー、プロセスチーズ・・・以上です。

ドリンク・アルコールメニュー

ドリンク類は、2階・3階の両方で提供されています。
2階の入口直進側に有るお酒コーナー。

リキュール類の種類も豊富。全部飲んだらベロベロになれます。

こだわりの日本酒まで置いて有る。しかも、スパークリングワインまで有ります。

時期によってワインのラインナップも変わります。この日は日本のスパークリング。

※成田サクララウンジのドリンクメニュー→季節のワインセレクション&こだわりの日本酒

2階の左側のドリンクコーナー。置いて有る銘柄は一緒。

ただ、ビールだけは、場所によって種類が違い、
こちらは、サントリー「ザ・モルツ」。

もう一か所のビールサーバーは、サッポロ「黒ラベル」

3階食事エリアの、ビールサーバーは、キリン「一番搾り」でした。

サクララウンジだけで、
キリン、サントリー、サッポロと日本の3大ビールを楽しめます。

3階の新しいダイニングコーナーにも、
お酒がガッツリ置かれるようになったので、
食事を楽しみながら、ベロベロに酔っぱらえます。

ワイン、スパークリング。

本日の日本酒。3階のが綺麗に陳列されてます。

ノンアルコールドリンクはというと。
定番WMFのエスプレッソマシーン。

ティーバック類。

ソフトドリンクバー。

冷蔵庫に、トマトジュース、オレンジジュース、
グレープフルーツジュース、アップルジュース。

牛乳、冷えた紅茶、ポカリスエット、ウーロン茶?かな。

個人的に美味しかった食べ物&飲み物

料理の品数は、それほど多くはないですが、
一品一品が、どれも美味しい。
成田のビジネスクラスラウンジの中ではトップクラス。
ANAラウンジの料理より、質が高いと感じました。

成田空港ANAラウンジ(国際線)レビュー。第4サテライトと第5サテライトの違い。

サラダも新鮮・・・な気がした。フレッシュで古っぽくない。
枝豆旨いうまままま。

パンも旨い。メゾンカイザーのクロワッサンも超美味しかった。

メゾンカイザーは、国内線DPラウンジでも食べられるけど、
国際線サクララウンジの方が種類も豊富。

羽田空港 国内線JALダイヤモンドプレミアラウンジレビュー

シュウマイも餃子も、本場中国の味。中国行った事無いけど。

サクララウンジ名物といえば、JAL特製のビーフカレー。

お肉がゴロゴロと入ってます。ファンが多いのも納得。

朝食時は、スクランブルエッグがけにしてみたり。

締めのうどん。シュウマイ with 麻婆豆腐。

なんか凄い枝豆食べていた、あの頃の私。

食後は、2階でゆったりできるのも良いですね。
スパークリングワイン飲み過ぎなのに、カシスオレンジ作ってみた。

日本酒入れたらヤバそうだったんで、辞めときました。
食後のデザートに、カプチーノ&クッキー。

色々と美味しくて、腹が張り裂けそうなくらい食べました。貧乏です。
この後、機内食で更に苦しんだのは、言うまでも無く、
慣れてない人は、テンション上がって食い過ぎないように気を付けてください。

JALサクララウンジの設備&サービス

新聞・雑誌類

雑誌、新聞コーナー。
さすが日本のラウンジ、日本の雑誌も豊富。

ビジネスコーナー

パソコンデスクが置いて有るビジネスコーナー。

ラウンジ混んでる割に、誰も居ないっていう。ガラガラ。

もちろん、プリンターも有りますよ。

喫煙所

ビジネスコーナーの隣に喫煙所。

通話ブース

通話ブースは個室タイプ。
テーブルと椅子も有る。ラウンジ内は通話厳禁なので。

クローク(ロッカー)

2階に入ってすぐ、エスカレーター降りて左手にクロークが有ります。

左側に暗証番号タイプのロッカーと、右側に鍵タイプのロッカー。
手前には、アウター用のハンガーラック。

人が多いサクララウンジ、荷物を置きっぱなしは危険。
荷物を持ちながら料理やドリンクを取りに行くのも気持ち悪いので、
面倒でも預けた方が無難かと。

マッサージチェア

マッサージチェアも何台か有りました。
今にもトランスフォーマーしそうなハイテクなやつ。
家電量販店で試したら接客されちゃうから。

運よく空いてたから使ったけど、たいてい埋まってます。
15分間利用という制限は有りますが、たぶん皆適当に使ってるよね。

仮眠室

サクララウンジには、寝る為の仮眠室も有りました。

DSC07465

ただ、勝手に寝たらダメ。使う場合はラウンジスタッフへ。

通路から丸見えなので・・・ちょっと使うのは抵抗があるかな。

シャワールーム

JALサクララウンジで最高なのが、シャワールーム。
JALファーストクラスラウンジのシャワールームより好き。

成田空港国際線JALファーストクラスラウンジ本館(第2ターミナル)レビュー

2階の左手奥に有り、シャワールーム専用の受付が有ります。
シャワールームはどこのラウンジでも混んでるので、早めに使っときましょう。

運よく空いていたので、シャワールーム1番へ案内される。

入口で渡されるカードキーで、ロックを解除する仕組み。

受付で希望すれば、髭剃りと歯ブラシも貰えます。

シャワールーム綺麗です。入口側にトイレ。

反対側に洗面所と荷物スペース。ガラスドアを挟んでシャワールーム。

洗面所も綺麗。ドライヤー、耳かき、ブラシ、シャワーキャップも置いて有ります。

トイレはウォシュレット付きの新しいやーつ。
トイレ蓋は斜めでプラスチックタイプなので、荷物は置けない。

洗面所横に荷物置きスペース。カゴとティッシュも置いて有ります。

ハンガー、パンツハンガーも有り、靴ベラも、椅子も有る。完璧。

何より最高だったのが、このシャワー。

これ、お腹の部分からシャワーが横に出るの、上から横からかけられまくり。

水圧も強くて、風呂入ってるんじゃないかというくらい気持ち良かった。

このシャワー、マジで家に欲しいんですけどー。

部屋の換気も最高で、鏡も全然曇りません。

ANAプレミアムラウンジでも曇りまくったから。

帰りは、ボタンを押してロック解除。

帰りは、受付の素敵なお姉さん達にカードキーを返して、
あとは、サッパリした体で、ラウンジを楽しめば良いわけだ。

トイレ

トイレ、もちろん綺麗。

男性用便器・・・美しい。

便器とか光っちゃうから。なんか綺麗に見えちゃうから。

JALサクララウンジの場所

JALサクララウンジは、出国審査出口(南側)の超目の前に有ります。

成田サクララウンジの場所

ホント目の前なんで、地図を探すよりも先に見つかりました。

ラウンジは、本館の中央に位置するので、
サテライト側81番~99番の搭乗ゲートの場合は注意。
私が乗る便は、81番ゲートだったので・・・

食い過ぎたお腹で歩くのは、まぁまぁ時間もかかりました。

余裕ぶっこいていたら、既に搭乗開始しちゃってるっていう。

快適過ぎるので、休憩のし過ぎには気を付けましょう。
80番~90番台の搭乗ゲートは、ラウンジから約10~15分かかりますから。

ちなみに、成田のサクララウンジには、
81番~99番ゲートに近い「サクララウンジサテライト」も有ります。

成田空港国際線第2ターミナル「JALサクララウンジ サテライト」レビュー。本館のサクララウンジとの違い。

こちらのラウンジは、あくまでサテライト扱いであり、
本館ラウンジに比べて狭く、サクララウンジ以上に混んでますので・・・
多少遠くても、本館側のサクララウンジがオススメなんだな。

JALサクララウンジの感想

JALサクララウンジは、プレミアムエコノミーでも使える割に、
ラウンジの内容は最高。
ANAのラウンジよりも満足度は高いです。

成田空港ANAラウンジ(国際線)レビュー。第4サテライトと第5サテライトの違い。

JALもANAもラウンジが混んでいるのが難点ですが、
サクララウンジは、ダイニングフロアのリニューアルで、
だいぶ混雑も緩和されているように感じました。
お席用意できないかもっていう案内、最近は見かけない。

混んでるけど、以前のように座れないって事も無い。

ラウンジ目の前に広がる景色も良かった。飛行機が見えまくりで楽しい。

成田最高峰のシャワールームも有るし、
早めに行ってシャワー予約しておきたいところです。

プレミアムエコノミーって、座席も広くなり、
機内のサービスもワンランク上になるワケだからね。

シンガポール便メルボルン便クアラルンプール便と利用してきましたが、

意外と割安なんじゃないかと感じました。

今回は、プレミアムエコノミーで利用しましたが、
JAL上級会員(JMBサファイア、JGC等)であれば、
エコノミーでもサクララウンジは使えます。

また、JAL上級会員なら、
サクララウンジ以外のワンワールドラウンジも使い放題です。

成田空港のワンワールドラウンジ

ワンワールドラウンジ巡りもできるわけで、
各社ラウンジの違いも楽しめたりする。

成田国際空港ワンワールドラウンジの比較。各ラウンジの特徴とオススメポイントまとめ。

そう考えると、JGC修行も悪くない。

JAL JGC修行&FOP修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

って自分を正当化したところで、今回はおしまい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる