JAL国際線 成田/羽田→シンガポール プレミアムエコノミー 777-200(SKY SUITE 777)搭乗レビュー

JALプレミアムエコノミー機内食

JGC修行といえばOKA-SINルート。

その中で、一番キツイ日帰りシンガポール。

フライト続きの中で、中距離フライトはしんどいから、

ちょっと奮発プレミアムエコノミーにしました。

 

JAL国際線のエコノミークラスと何が違うのか?

国際線プレミアムエコノミーを記録しておきます。

JALシンガポール便で搭乗した機材:777-200

私がシンガポール行きで、プレエコ利用したのは全部で3回。

成田 17時55分発 → シンガポール 0時45分着のJL711便、

羽田 0時05分発 → シンガポール 6時45分着のJL35便、

シンガポール 2時20分発 → 羽田 9時50分着のJL38便です。

DSC02077

いずれも機体(機材)は、新しいJAL SKY SUITE 777

プレミアムエコノミーなので、JAL SKY PREMIUMの座席です。

DSC02117

 

★★タイトル★★フライトスケジュール&機材

  • 往路:NRT 17:55 → SIN 0:45(JL711-777, SKY SUITE 777)
  • 往路:HND 0:05 → SIN 6:45(JL035-777, SKY SUITE 777)
  • 復路:SIN 2:20 → HND 9:50(JL038-777, SKY SUITE 777)

JALプレミアムエコノミーの座席&設備

JAL SKY SUITE787のプレミアムエコノミーにも乗りましたが、

基本的に、SKY PREMIUMは変わらないので、

JAL SKY SUITE 777の座席設備も大差無いです。

JAL国際線 成田⇔クアラルンプール プレミアムエコノミー SKY SUITE 787(787-9)搭乗レビュー

JAL国際線 成田⇔メルボルン直行便プレミアムエコノミー(SKY SUITE 787)搭乗レビュー。 

ただ、787は2-3-2の7席配列に対し、

777は2-4-2の8列配列と、座席幅が微妙に狭くなってます。

DSC02970

最後尾席

プレミアムエコノミーは、最後尾席が好きなので。

羽田往復は最後尾席を指定しました。

ヘッドレストは、上下可動で左右が立てられるタイプ。

DSC05253

隣の人との仕切りも有ります。顔の表情は伺えません。

DSC02087

触覚みたいなブックライト。

DSC02966

足元広い。座席下にも収納可能。

DSC02089

液晶デカイ。

DSC02091

画面脇にも収納ポケット。

DSC02095

足元にコンセント、PCにも給電可能です。

DSC02096

画面下にUSB給電、テーブル収納。

DSC02092

コップだけ置いたりもできる。

DSC02110

テーブルデカイ。

DSC02099

テーブル下に収納ポケット、足元にフットレストも収納されてます。

DSC02103

リモコンは肘掛けの下、ボタンを押すとグイーンって伸びるやつ。

DSC02106

ウエストベルトが太い。

DSC02108

最前列

一番前のプレミアムエコノミー座席にも座りました。

DSC05255

最前列なので予想以上に足元が広いけど、フットレストは無し。

DSC05245

座席横にUSB給電。ヘッドフォンの差込口もここ。

DSC05185

コンセントは足元は変わらず。

DSC05247

リモコンも変わらず、ひじ掛けの下。

DSC05188

座席の形状は変わりません。

DSC05254

一番前の座席は、モニターもひじ掛けから出てくるタイプ。

DSC05233

テーブルも肘下収納、半分に折れるタイプ。

DSC05193

全開に広げてみるーん。

DSC05194

他の席とは違い、テーブルもモニターも肘掛け収納。

これは・・・一長一短ですね。

プレミアムエコノミー最前列のデメリット

国内線やエコノミーだと、割と人気なのが一番前の座席ですが・・・

JAL&ANA国内線のオススメの座席と選び方。普通席(エコノミー)とクラスJの違い。

プレミアムエコノミーなら一番前の座席は、

むしろ避けるべき席なんじゃないかと感じました。

 

普通に座ってる状態だと、足を伸ばしても壁に足が届かないくらい広い。

ただ、広すぎる為、これはデメリットに感じてしまいました。

 

足元が広すぎて、テーブルを広げてしまうと、

前の収納ポケットに手が届かなくなるという、これも困りました。

DSC05209

荷物取りたいんだけどーテーブル邪魔してとれないー。

食事終わって、イヤホン取りたいーとか、カメラ取りたいーとか、

イチイチテーブルたたんで、体を前に乗り出さないと届かないっていう。

 

あと、液晶モニターも、テーブルもひじ掛けから出てくるので、ゴッツゴツ。

DSC05230

テーブル広げながら、液晶モニター見るとなると大変。

食事の際は、エンターテイメントモニターが食事にぶつかります。ドリンク注意。

DSC05232

実際のところ、プレミアムエコノミーだと、一番前の座席じゃなくても十分広いし、

収納や作業スペースが減るっていう方が、大きなデメリットだと思う。

前座席の収納が全て無くなってしまうので、収納が無いって結構痛い。

他の座席なら、ペットボトルホルダーや、ドリンクホルダーも使えますから。

DSC07524

 

一番前の席を選ぶメリットは・・・リクライニング時に壁に足をもたれかけておける。

行儀は悪いけど、これ気持ち良いみたい。皆さんやってました。

DSC05248

まぁ、私は一番後ろが好きなので。

後ろ気にせずリクライニングできるし、トイレも真後ろで近い。

トイレが近いのはデメリットでもあるけども。

JALプレミアムエコノミーのアメニティ類

プレミアムエコノミーは、

座席に置いて有るアメニティ類も、ちょっとリッチ。

DSC02078

アメニティ類は、歯ブラシ、耳栓、アイマスク、保湿マスク、スリッパ。

DSC05313

枕、ブランケットはエコノミーと変わらず。

DSC02104

スリッパも厚手でフワフワだし、マスクは保湿マスク

アイマスクも裏がタオルで、鼻あてが有る質の高いやーつ。

IMG_8756

ここまで揃ってると、飛行機グッズは、何も要らないですね。

 

以前は、JALマークの有るパナソニック製のヘッドフォンでしたが、

DSC05319

いつの間にかシンガポール便も、

ノイズキャンセリング対応のヘッドフォンになってました。

DSC02101

 

プレミアムエコノミークラスは、トイレに歯ブラシまで置いてある。

アメニティバッグにも歯ブラシ入ってるけども、地味に嬉しい。

DSC05242

JALプレミアムエコノミー機内食(成田→シンガポール)

プレミアムエコノミーでは、

最初にドリンクと料理メニューが貰えるのも嬉しい。

よくわからないまま、ビーフ or チキン選んで外す可能性も低くなる。

IMG_9008

ちなみに、深夜便メニューはイマイチ。

深夜便だと朝食がメインとなり、料理も選べないので・・・

夕方発と深夜発で、だいぶ差も感じました。

おつまみ

搭乗して最初に、ドリンク&おつまみサービス。

まず、おしぼりから。タオルっぽい素材で紙じゃない。

DSC05191

 

亀田とJALコラボのあられミックス。プレエコ限定のシャンパンと共に。

DSC05202

柿の種だけじゃなくて、色々なあられが入ってました。

IMG_8753

夕食

成田発便は、夕方発だったのでメインが丁度ディナータイム。

チキンメニューは「鶏肉、里芋と湯葉のグラタン」、

ビーフメニューは「牛肉の胡麻味噌すき焼き」でした。

 

私は、ビーフメニューを選択。

配膳された時点で、見た目が美味しそう。

パッケージ良いの使ってる。手掛けたシェフの顔までプリントされちゃってんのん。

DSC05212

包装オープン。蓋を外すと、一気に機内食っぽいね。

DSC05215

味噌汁もお好みで、味噌汁はマジで料亭の味・・・美味しい。

料亭行った事無いけど。

 

胡麻味噌すき焼きは、白菜、しめじ、豆腐、ニンジン・・・たしかに具材はすき焼き。

牛肉味噌ですね。ご飯も美味しかった。炊き具合Good。

DSC05219

食ってて思ったんだけど、JAL刻印のある金属フォーク。

使い捨てのプラスチックじゃないっていう。

DSC05224

冬野菜の白和え。これ美味しかった。マスカルポーネチーズを使った豆腐の和え衣。

DSC05221

デザートも最高、安納芋のプリン。食いかけですんませんが、超うまかった。

DSC05222

この赤い器なんだろう?って思ってたんだけど、

お茶 or ホットコーヒーを入れる器だったんだね。

DSC05239

食後のデザート

食後に登場するのが、ハーゲンダッツうぇーい。

パッケージにJALの旅を・・・って書いてある。すっげーなJAL。

DSC05236

カッチカチなんで、ちょっと待ってから食べましょう。

ちょっと食べてから、直接コーヒーかけてもらってる猛者も居ました。

「アフォガート美味しいですよね」って返す、客室乗務員も最高にキュートだなん。

朝食

朝食は、キャスクルートという名のピザパン。

洋風焼きまんじゅうのピザ味です。

DSC05249

7時間のフライトなんで、こんなもんですね。

 

ピザまんに似た味。

食感がピザマンより激しくしっとり。ぬっちょりぬちょぬちょ。

DSC05252

なんだろう?この歯にまとわりつきまくる感じ。

嫌いじゃないけど、飲み物ないと窒息するぅー。

トマトジュースと共に頂きました。朝からトマトまみれ。

 

JALのインスタントヌードル「うどんですかい(UDON de SKY)」も、

希望すれば食べられます。

私は、お腹空いてなかったので、今回は遠慮しときました。

JALプレミアムエコノミー機内食(羽田→シンガポール)

羽田発は、深夜0時過ぎ発の便。

出発してすぐにペットボトルが配られました。

DSC02116

おつまみ&軽食

フライト後のドリンク&おつまみサービスとともに、

「お休み前に」メニューのミルクロール。

DSC02119

しっとり甘い菓子パーン。

DSC02148

そして消灯へ。

DSC02121

朝食

到着前に軽食サービス。メインとなる朝食です。

その前におしぼり。

DSC02122

朝食メニューは1種類のみ。スパニッシュオムレツとポークソーセージ。

DSC02125

パッケージオープン。

DSC02132

胡麻チキンサラダ。

DSC02138

マカロニサラダ。

DSC02139

フレッシュフルーツ。

DSC02140

スパニッシュオムレツwithトマトソース。ポークソーセージ。

DSC02133

ポークソーセージ・・・そこそこ美味しいやつ。

DSC02142

スパニッシュオムレツ。見た目より美味しかった。

DSC02143

クロワッサン。まぁこんなもん。

DSC02144

小岩井まきばヨーグルト。スーパーで売ってるやつ。

DSC02149

深夜便は、ハーゲンダッツ無いんだな。

JALプレミアムエコノミー機内食(シンガポール→羽田)

シンガポール発は深夜2時発便。きっつい深夜フライト。

既に水ボトルは置いてある。

DSC02974

お休み前に・・・は「うどんですかい」を希望者のみ。

すぐに消灯となりました。

DSC02976

朝食

到着前の軽食サービス。これまたおしぼり。

DSC02979

お目覚めドリンク、おつまみもこのタイミング。

DSC02981

朝食は、やはり1種類。

DSC02984

パッケージオープン。ワッフル&パンケーキです。

DSC02990

フレッシュフルーツ。

DSC02995

わさび風味のポテトサラダ。

DSC02998

ミックスベリーソースに浸すパンケーキ。

DSC03000

パンケーキしなしなだけど、ソースをダブダブつけたら美味しい。

DSC03001

意外と美味しかったキャラメルシフォンケーキ。

DSC03002

ヨーグルトと甘くないタイプ。余ったミックスベリーソースをかけました。

DSC03003

JALプレミアムエコノミーのドリンクメニュー

プレミアムエコノミーという事で、エコノミーには無いドリンクメニューが有ります。

アルコールでは、シャンパンと焼酎がプレエコ限定。

ソフトドリンクでは、ペリエがプレエコ限定となってました。

DSC02972

アルコールドリンクメニュー

  • シャンパン ※プレエコ限定
  • ワイン(赤、白)
  • ビール
  • 日本酒
  • 焼酎 ※プレエコ限定
  • ウイスキー
  • ジン
  • ウォッカ
  • ブランディー
  • 梅酒

ノンアルコールドリンクメニュー

  • スカイタイム
  • オレンジジュース
  • アップルジュース
  • トマトジュース
  • コカ・コーラ
  • スプライト
  • 綾鷹(冷緑茶)
  • ペリエ ※プレエコ限定
  • ミネラルウォーター
  • コーヒー(JAL CAFE LINES)
  • 紅茶
  • 緑茶

 

プレエコ限定という事で、シャンパンを貰いましたが、私で最後の1本でした。

一番前の席だったんだけどね・・・皆シャンパンを頼むっていう。

スパークリングワインじゃなくシャンパン。そりゃ頼むよね。

 

シャンパンのコルクぶっ飛ばしたら、機内パニックだなって思ったんだけど・・・

DSC05201

そんなわけもなく、プラスチックでスクリュータイプの栓になってました。

DSC05200

だーよねー。

JALでプレミアムエコノミーを利用した感想

きっついOKA-SIN修行で利用しましたが、

おかげでだいぶ楽に修行を終える事もできました。

OKA-SIN修行して気づいた注意点。失敗と反省点まとめ。

JGC修行にシンガポール便も欠かせないですからね。

JAL JGC修行&FOP修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

 

ラウンジと座席サービスを考えると、プレミアムエコノミーって割安なんじゃないかと。

プレミアムエコノミーだと、羽田、成田でJALサクララウンジも使えるし、

羽田空港国際線JALサクララウンジ本館レビュー

成田空港国際線JALサクララウンジ本館(第2ターミナル)レビュー 

DSC05037_thumb3

シンガポールでもdnataラウンジも使えますので。

チャンギ空港ターミナル1「dnata Lounge(ディナタ・ラウンジ)」レビュー。

DSC05724

 

久々に日本の航空会社を利用したのですが、

単純に思ったのが、JALのサービスって凄いねって。

機内が意外と寒く無かったのも好印象。

ブランケットもあるし、シャツとジーパンだけで行けました。

 

あと、基本的なスタンスとして、

海外航空会社にありがちな、「忙しいから後にして」っていう感じが無い。

ドリンクお代わり、ハイお持ちします。

基本的に笑顔だし、嫌な顔しないし、断らないのも凄いですわ。

 

接客サービスも素晴らしいけど、アイテム類のサービスも素晴らしい。

料理メニュー、ドリンクメニューも冊子。

料理人の説明まであるから、なんだか美味しく感じた。

IMG_9015

 

今回、たまたま機内トラブルで、

エンターテイメントモニターが使えない不具合が有ったんだけど、

お詫びとして、JALマイル or JALクーポンまで貰えました。

IMG_8765

しかも、これ渡すときに一人一人に謝罪して行くっていう。

凄いなJAL。

俺もJGC修行頑張って良かったって気持ちになりました。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です