羽田空港(国際線)JALサクララウンジ本館レビュー。

羽田空港国際線サクララウンジ

JALで羽田発の国際線を搭乗することになりましたので、

ここぞとばかりにJGC特権を活用、

エコノミークラスで、JALサクララウンジ(本館)を利用してきました。

JALといえば成田という印象ですが、羽田も変わらず素晴らしいサービス。

 

ただ、成田のサクララウンジに比べると、ちょっとコンパクトで混み気味。

羽田は北側の「サクララウンジ・スカイビュー」の方がオススメですが・・・

とりあえず、本館レビューしておきます。

羽田サクララウンジ本館の内観

DSC00713

入り口のある4階フロアが、ダイニングとなっており、

上階(5階)のラウンジスペースは、

ドリンクメニューのみの提供となってます。

DSC00639

4階フロア「THE DINING」

4階フロアの奥に有るのが、

メインの休憩スペース「THE DINING(ザ・ダイニング)」。

DSC00625

ダイニングの入り口に食事コーナー。

DSC00578

手前側にカウンターテーブルコーナー。

DSC00626

モダンジャパニーズって感じの内装です。

DSC00632

奥に、ソファー&テーブルコーナー。

DSC00627

ザ・ダイニング手前にもラウンジスペース。

DSC00636

こちらの部屋は、こじんまりとして暗め。

食事からも離れるので・・・空いてました。

5階フロア

上階(5階)にも、休憩スペースがあり、

こちらは、ビジネスコーナーやラウンジメイン。

ドリンクメニューのみの提供となってます。

 

ラウンジ入り口近くから、上階への階段があります。

DSC00651

手前側の部屋に、個室のビジネスコーナー。

DSC00657

奥の部屋も中々広い、しかも空いている。

DSC00659DSC00661

カウンターテーブル。

DSC00666

窓側にもテーブル。

リクライニングチェア的な。

DSC00668

こちらのコーナーの奥には、マッサージチェアもあります。

羽田サクララウンジ本館の食事メニュー

羽田サクララウンジの料理メニューは、

成田とはメニュー表も別の冊子になってましたが、

基本的に有る料理は一緒でした。

※参考→羽田サクララウンジフードメニュー

 

サラダコーナー。

11品目のサラダ、サラダチキン、キャロットラペ、

紫キャベツのピクルス、チョップドサラダ、ケールグリーン、ミックスフルーツ。

DSC00579

 

ドレッシングは4種類。

ノンオイル和風、中華、野菜、グリーンゴッデス。

黒豚入りのシュウマイ。

DSC00602

プチ肉まん。

DSC00603

きのこグラタン。好き。

DSC00604

サラダラップケール&シーザーチキン。

DSC00616

コーントルティーヤチップス、

アボカドガカモレ。チャンキーサルサ。

DSC00605

チリコンカルネ。

DSC00606

JALといえばJAL特製オリジナルビーフカレー。

DSC00581

らっきょう漬け、福神漬。

DSC00583

かつお梅干し、割干大根たまり。

DSC00585

味噌汁の具。

DSC00584

酸辣湯。

DSC00611

豚汁。

DSC00612

メゾンカイザーの天然酵母パン。

DSC00609

クロワッサン、バケット、

クランベリーアールグレースコーン、キャラメルマフィン、

あずきのたい焼き、クリームのたい焼き。

DSC00608

バタークッキー、チョコチップクッキー。

DSC00594

成田も羽田もメニューは一緒なので、味も変わらず。

羽田サクララウンジ本館のドリンク・アルコールメニュー

続いてドリンクコーナー。

サクララウンジは、相変わらずアルコールも豊富です。

4階ダイニングのドリンクコーナー。

DSC00591

5階フロアにも、ドリンクコーナー。

DSC00670

基本的なラインナップは、4階も5階も変わりませんし、

成田のサクララウンジとも変わらないかと。

DSC00675

ワイン、スピリッツ、リキュール類。

梅酒や、日本酒もあります

DSC00597

白ワインに、スパークリングワイン。

DSC00598

4階のビールサーバーは、キリン一番搾り。

DSC00588

こちらは、アサヒスーパードライ。

DSC00589

5階のビールサーバーは、サッポロ生ビール。

DSC00672

もう一つは、サントリー ザ・モルツ。

DSC00673

キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーと、

日本の4大ビールが全て飲めるわけですな。

 

ソフトドリンクバー。

DSC00592

エスプレッソマシーンは、

スイスメーカーのブランド「EGRO(エグロ)」

DSC00595

ティーバッグ類。

DSC00596

スカイタイム、トマトジュース、水、プロセスチーズ。

DSC00618

牛乳、烏龍茶、ポカリスエット、アイスコーヒー、炭酸水。

DSC00619

羽田サクララウンジ本館のマッサージチェア

5階奥の休憩スペースに、マッサージチェアが数台ありました。

個室というよりも、仕切りスペースですね。

マッサージチェアは人気で、満席。

上記は故障中のやーつ。

羽田サクララウンジ本館のクローク

クローク(ロッカー)は、4階入り口だけでなく、

DSC00623

5階にもクロークがありました。

DSC00653

数の割に利用者は少ない気が・・・

羽田サクララウンジ本館のシャワールーム

レセプションからダイニングへと続く道の途中、

ラウンジ入り口の右手に、シャワールームがあります。

 

JALのシャワールームには、専用の受付スタッフがおり、

シャワーを利用する場合も、こちらで受付。

DSC00642

営業時間は6:00~1:45。

混んでる場合は、順番待ち。

呼び出し専用端末が渡され、空き次第ブルブルで呼ばれます。

DSC00640

受付でシャワーカードを貰い、

空いているシャワールーム番号を案内されます。

DSC00693

タオル類は、シャワールームにすでに有るパターン。

DSC00700

入り口に洗面所。歯ブラシもおいてあります。

DSC00695

パナソニックのドライヤー。

DSC00701

洗面所とシャワールームの間にトイレ。

DSC00703

奥にガラス戸で仕切られたシャワールーム。

DSC00696

ヘッドは2つタイプ。水圧も問題ナッシング。

DSC00704

シャンプー類は資生堂。備え付けのボトルタイプ。

DSC00697

シャワールームは、快適であり、

羽田ファーストクラスラウンジのシャワールームより良かった。

ファーストの方はトイレも無いので・・・

 

まぁ、シャワールームは、

成田サクララウンジの方が断然綺麗で、設備も良いですけどね。

羽田サクララウンジ本館のトイレ

私の大好物のトイレー。

DSC00644

トイレに歯ブラシはありませんが、スタッフに言えば貰えるって。

男性用便器。最近はこの形。

DSC00647

個室。ウォシュレット付き。

DSC00648

広い方の個室。子連れOK。

DSC00649

 

また、トイレ横には、授乳室や、

着替える為のチェンジングルームもありました。

DSC00643

羽田サクララウンジ本館その他設備

4階の雑誌コーナー。

DSC00586

5階の雑誌コーナー。スペースの無駄使い。

DSC00687

通話ブースは、4階5階の両方に設置。

通話ブースには、コンセントあり。

DSC00622

コピー&FAXも4階、5階の両方にあり。

DSC00624

ちなみに、ラウンジ内にコンセント多く、

電源確保に困ることはありませんでした。

 

5階フロアには、電源席も多いし、

ダイニング座席にも一通り有る。

DSC00633

ソファーの下にもコンセント。

DSC00631

羽田サクララウンジ本館の場所

羽田空港の本館サクララウンジ(国際線)は、

112番ゲートの目の前にあります。

羽田国際線ターミナルJALサクララウンジの場所

※クリック&タップで拡大します。

 

112番ゲートは、出国審査からも近い場所、

ゲート目の前に「航空会社ラウンジ」の案内看板も出ています。

 

出国審査が3階フロアとなるので、

JALサクララウンジへは、エスカレーターでワンフロア上がる。

DSC00717

エスカレーターを登るとすぐ右手に、

サクララウンジが見えてきます。

ラウンジ受付左手がサクララウンジ、

右手がファーストクラスラウンジとなってます。

羽田サクララウンジ本館の感想

日本の航空会社ということで、どうしてもANAとJALを比べてしまうのですが、

私は、やっぱりJAL派。

本館ラウンジは、JALもANAも非常に混んでますが、

JALの方がまだ空いているかなと。

 

料理やアルコールメニューも、JALの方が、充実している印象。

料理も全体的に美味しく、レトルト感も無い。

ヌードルメニューや、焼酎を楽しむならANAですけど・・・。

 

ちなみに、JALは中央のサクララウンジ(本館)よりも、

北側ANNEXに有る「サクララウンジ・スカイビュー」のが空いてます。

羽田空港(国際線)JAL「サクララウンジ・スカイビュー」レビュー。

IMG_6370

上の階には、同じくワンワールドのキャセイラウンジも有るからね。

JGC会員なら、サクララウンジ同様に使えるし、マジで最高。

羽田空港国際線「キャセイパシフィック・ラウンジ」レビュー。

IMG_6383

 

ANAラウンジも、サテライトラウンジ(114番ゲート)の方が好き。

新しく綺麗だし、シャワーも最新タイプでしたから。

羽田空港 国際線ターミナル「ANA LOUNGE」レビュー。2つのANAラウンジの比較と違い。

DSC03636

 

いずれにせよ、JALラウンジもANAラウンジも混んでるのが難点。

羽田空港国際線ターミナルは、カードラウンジも豊富であり、

質の高い「TIATラウンジ」も2ヶ所有るので、

敢えてJALやANAを使わないってのも悪くない。

羽田空港(国際線)のカードラウンジレビュー。SKY LOUNGEとTIAT LOUNGEの比較と違い。

DSC03402

上級会員を目指す必要もなく、

クレジットカードを所持するだけで利用できるわけですから。

コスパ最高なのは「エムアイカードゴールド」。

TIATラウンジが利用できて、年会費5,000円は他に無いし、

海外旅行保険の利用付帯カードとしても最上級スペックです。

クレジットカード海外旅行保険の自動付帯と利用付帯のメリット・デメリット。保険期間を90日以上にする裏技。

 

ANAはチキンカレー、JALはビーフカレー、

TIATはベジタブルカレー。

TIATラウンジなら牛丼カレーもできるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です