羽田空港国際線 JAL「サクララウンジ・スカイビュー」レビュー。

羽田空港のJALラウンジは、本館サクララウンジだけでなく、
少し離れたANEX側に「サクララウンジ・スカイビュー」が有ります。

成田でいうサクララウンジ・サテライトみたいな位置づけですが、
羽田では、こちらのスカイビューの方が断然オススメ。
利用している人も凄い少ないし、ラウンジも広くて綺麗。
とりあえず超良かったのんで、レビューしておきます。

目次

サクララウンジ・スカイビューとサクララウンジ本館の違い

羽田空港国際線ターミナルには、2つのJALラウンジがありますが、
提供される料理やドリンクメニューは一緒。
※参考→羽田国際空港 JALラウンジ食事メニュー
設備も基本的に同じであり、違うのは立地営業時間となります。

羽田空港(国際線)JALラウンジの違い

サクララウンジ
(本館)
サクララウンジ
スカイビュー
営業時間4:30〜翌日2:456:00〜12:30
21:00~翌日1:30
場所110番ゲート付近114番ゲート付近
フロア4階・5階5階
シャワールーム数6室2室

本館サクララウンジは、出国審査通過後から近い場所に有りますが、
サクララウンジスカイビューは、114番ゲート近くに位置する
空港の端の方にあるので、ちょっと歩きます。

羽田空港国際線 JALラウンジの場所

  • サクララウンジ(112番ゲート付近)
  • ファーストクラスラウンジ(112番ゲート付近)
  • サクララウンジ・スカイビュー(114番ゲート付近
羽田国際線ターミナルサクララウンジスカイビューの場所
※クリック&タップで拡大します。

また、スカイビューラウンジは、営業時間も限られており、
昼過ぎから夜の時間帯(12:30~21:00)は営業していません。

空いているのは、午前中6:00〜12:30の時間帯と、
夜21:00~翌日1:30まで。
アクセスも悪く、限られている故に、利用者も少ないわけです。

羽田サクララウンジ・スカイビューの内観

サクララウンジスカイビューは、本館ラウンジ(4階・5階)とは違いワンフロア構成。
ラウンジ中央に入り口があり、左右に長い造り。
入り口入って右側が「ダイニング」。
左側が、いわゆる「ラウンジ」スペースとなっています。

まずは、左側のラウンジスペースから。

窓際にカウンター席もズラズラズラっと並んでます。

左奥には、バーカウンターのような場所も。バーテンは居ないけど。

半個室のソファースペース。

白地のクッションに包まれて、落ち着けます。

スカイヒル

左奥には、スカイビューラウンジにしか無い「スカイヒル」。
外の景色を楽しむ為に、オットマン付きの席が並んでます。

The Dining(ザ・ダイニング)

ラウンジ右側が、食事エリアの「The Dining」。

ダイニングエリアだけでも、凄い広い。

窓も多いので尚更広く感じる。

窓側のテーブルコーナー。

さすがスカイビューラウンジ。食事をしながら飛行機も楽しめます。

左奥のダイニングスペース。

ファミレスのようなソファー席も有ります。

「しゃもじ」が半分埋まってるインテリア。オッサレ?

ファーストクラス優先エリア

スカイビュー内には、ファーストクラス&上級会員向けの優先エリアが有りました。
ラウンジ入ってスグ、中央あたりに専用コーナー。

ファーストクラスの看板が置いてあります。

私もJGCプレミア会員なので、座ってみましたが・・・
窓際の席の方が良いかなと。

ラウンジ自体もガラガラで、わざわざ座るのも恥ずかしいですからね。

まぁ、サテライト側には「ファーストクラスラウンジ」が無いから、
一応区別しといた感じなんかなと。

羽田サクララウンジ・スカイビューの食事メニュー

食事メニューは、本館のサクララウンジと一緒。
ただ、提供エリアは本館より広いように感じました。

食事カウンターもガッラガラ。

サラダコーナー。

ラップ、焼き魚、卵焼き、めんたいこ。

白メッシ。

名物JALカレーに豚汁。

スクランブルエッグ。

ウインナー、ハッシュドポテート。

マスタード&ケチャップ、粉チーズ&タバスコ。

ちょっと離れた場所に、もう一つの食事カウンター。

スープは、酸辣湯。

シリアルは、コーンフレーク。

メゾンカイザーのパーン。クロワッサンにバケットモンジュ。

バターとジャム。綺麗に並んでまっす。

たい焼きとかマフィンとか。

おつまみ系スナックと、クッキー。

私が朝食で毎回食べるのが、JALカレー&スクランブルエッグ。
今回は、サバカレーにしてみまっした。

何回喰っても旨い具ゴロゴロのJALカレー。ただ、焼き鯖とは合いませんでした。

だーよねー。

スカイビューは、本館サクララウンジとは、営業時間が異なるので、
提供料理が切り替わる時間が違うっぽい。
私は11時過ぎに訪れましたが、朝食メニューのまま。
本来なら11:00頃から昼食メニューとなるハズですからね。
12:30で一旦閉まるので、12:30まで朝食メニューって感じなのかと。

昼食を食べたいなら、本館サクララウンジへ。

羽田空港国際線ターミナルJALサクララウンジレビュー。

逆に11時過ぎに朝食を食べたいなら、
サクララウンジスカイビューって使い方も有りなんじゃないかと。

羽田サクララウンジ・スカイビューのドリンク・アルコールメニュー

食事カウンターの反対側にドリンクカウンター。

冷蔵庫には、ソフトドリンク。

スカイタイム、水、トマトジュース、

牛乳、烏龍茶、ポカリスウェット、アイスコーヒーに炭酸水。

ビールは、サントリー「ザ・モルツ」にキリン「一番搾り」

定番のボトル類。

WMF製のコーヒーマシーン。

ティーバッグ類。

ソフトドリンクバー。

左側のラウンジエリアにも、ドリンクコーナー有り。

こちらのビールは、キリン「一番搾り」にアサヒ「スーパードライ」

左奥のバーコーナー。

白ワインと、スパークリングワイン。

赤ワイン・・・のみ。

羽田サクララウンジ・スカイビューのマッサージチェア

左側の一番奥にマッサージチェア専用のエリア。

マッサージチェアが8台も有り、個室スペースにて堪能できます。

マッサージチェアも他サクララウンジ同様、最新のやーつ。

個室だし、ガラガラだし、最高でしたわ。

羽田サクララウンジ・スカイビューのロッカー

ラウンジ受付横に、荷物置き用のクローク。

全て鍵付きのロッカーであり、数も多いです。
もちろん、こちらもガッラガラです。

羽田サクララウンジ・スカイビューのシャワールーム

シャワールームの営業時間は、
午前中が6:00~12:00まで、夜が21:00~1:00まで。
シャワールームは二部屋しか有りませんが、例によって空いてます。

受付スタッフは常駐しておらず、呼び鈴を押してスタッフ登場。
必要なアメニティ類も、こちらで貰えます。

スタッフに空き部屋に案内されると共に、シャワーカードを渡される。
シャワー利用後は、シャワーカードを返却する仕組み。

シャワールームは、トイレ付き。

広くもないけど狭くもない。

洗面所には、歯ブラシ。

ドライヤーはパナソニック。風量はまぁまぁ。

タオルは多め。まぁまぁペラペラですけど。

トイレはウォシュレット付き。

一番奥にシャワールーム。

シャワーの水圧も強くて良いです。

シャワールームは、ガラス戸で仕切れます。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、サクララウンジ共通の資生堂。

サクララウンジのシャワールームは、どこも間違いないですね。
空いている分、待つ必要がないというのは正義かと。

羽田サクララウンジ・スカイビューのトイレ

トイレです。

男性用便器。

個室トイレ。もちろんウォシュレットついてます。

トイレの近くには、着替え用のチェンジングルームもありました。

羽田サクララウンジ・スカイビューその他設備

雑誌&新聞類。海外の新聞も有りますが、日本の新聞が多い。

雑誌もビジネス書がメイン、これはどこも一緒ですね。

ラウンジ中央に通話ブース。

その隣にコピー&FAX。

ラウンジ内に、ビジネスコーナーのようなエリアはなく、
PCは置いてありません。
まぁ、電源類は豊富にあるので、電子機器の充電には困らないかと。

ソファの下にもコンセント。USB給電は無いですね。

羽田サクララウンジ・スカイビューの感想

本館から離れており、営業時間も短いということで、
全くもって期待していなかったんですが、
行ってみたら、非常に素晴らしいラウンジでした。

ラウンジは広いのに、利用者は全然居ないし、
ラウンジからの景色も最高っていう。

下手したら、ファーストクラスラウンジよりも快適なんじゃないかという。

羽田空港(国際線)JALファーストクラスラウンジレビュー。サクララウンジとの違い。

ANAラウンジなんて、いつ行っても激混みだし、
一つ下のフロアのANAラウンジ(114番ゲート付近)も、
サテライトラウンジなのに混んでますからね。

羽田空港 国際線ターミナル「ANA LOUNGE」レビュー。2つのANAラウンジの比較と違い。

サクララウンジスカイビューの難点は、
12:30に一旦ラウンジが営業終了してしまうということ。
ただ、上の階には、同じくワンワールド系のキャセイパシフィック航空ラウンジもあるんだよね。
羽田のキャセイラウンジは、マジで最高だから。

羽田空港国際線「キャセイパシフィック・ラウンジ」レビュー。

ワンワールドラウンジの質は高く、
成田でも質が高いラウンジだらけですからね。

成田国際空港ワンワールドラウンジの比較。各ラウンジの特徴とオススメポイントまとめ。

ラウンジが使いまくれるのも、JGC会員の特権。
上級会員目指して修業した甲斐が有るってわけです

JAL JGC修行&FOP修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる