JAL国際線ビジネスクラス(JAL SKY SUITE Ⅲ)搭乗レビュー。シンガポール→成田便。

JAL国際線ビジネスクラス機内食

OKA-SINルートのJGC修行で、

チャンギ空港でアーリーチェックインしたら、

何故かプレミアムエコノミーから、ビジネスクラスにアップグレードされたという。

ビジネスクラスチケット

人生初のJALビジネスクラス。

まさか、アップグレードで利用できるとは思いませんでしたが・・・

せっかくの貴重な体験、記録しておきたいと思います。

JALビジネスクラスの座席&設備について。

今回、私が搭乗した便は、

シンガポール 2時15分発 → シンガポール 9時45分着のJL038便で、

JALの機体(機材)は、新しいJAL SKY SUITE 777(777-200)でした。

DSC06420

座席も新しいシート「JAL SKY SUITE Ⅲ」で、私は中央席の半個室タイプ。

JALビジネスクラス座席

隣とは仕切りも有るし、とにかく広いので完全なるプライペート空間。

DSC05846

頑張って覗き込めば、隣が見えるっていう感じ。

DSC05835

なんか色々な機能も備わってます。マニュアル見ても有り過ぎる。

DSC06352

安全ベルトが太いです。ペラペラのベルトじゃなくて太巻きサイズ。

DSC06474

PC電源、ヘッドフォンジャック、USBポート。電源も完璧。

DSC06478

読書灯。

DSC06389

上にもライト有り。

DSC06386

エンターテイメントコントローラー。

DSC06464

外してみた。

DSC06375

裏側は定番のキーボード&ゲーム仕様。

DSC06377

17インチタッチパネル式モニター。

DSC06361

17インチは凄いデカい、iPad Proのデカい方で12.9インチですからね。

 

テーブルは、右から倒れてくるタイプ。

DSC06341

倒した後に、スライドして調整もできます。ウィーンって。

DSC05848

 

JALビジネスクラスは収納が多い。

ビジネスクラスは広いってのは、なんとなく想像していたのですが、

広いだけでなく収納も超豊富。収納場所の多さにビックリしました。

 

頭上の荷物スペースは、一か所専用で使えるから、ガラガラ。

DSC06319

中央側に小物入れ。ミラー付きです。

 

DSC05849

小物入れの中にヘッドホンフックも有ります。

DSC06463

入口側に可動式アームレストが有るんだけど、

DSC06336

この下にも、収納可能となってます。ペットボトル入れとけるの便利。

ディスプレイの下に足入れる場所があるんだけど、

DSC06325

寝れるほど奥行きがあるので、

寝るとき以外は、荷物を置いておけるし、

DSC06324

足元に荷物を置いても余裕な広さ。左側にマガジンラックもあるからね。

DSC06476

荷物整理しながらフライトできるし、疲れたら足ビヨーンって。

DSC06471

いや、マジで広すぎるだろって。

 

JALビジネスクラスは、横になって寝れる。

ビジネスクラスの凄いところ。

広いだけでなく、普通に横になって寝れます。

DSC05850

通常時でも、リクライニング態勢で全然寝れますけど。

DSC05851

座席横に有る、シートコントローラーにて、フルフラットシートになります。

DSC06465

背もたれを倒していくと、足がディスプレイ下に飲み込まれてきます。

DSC06397

ぐぐぐいーんって、面白い。

 

通常時のヘッドレストは、こんな感じですが・・・

DSC06349

ベットポジションだと、背もたれも水平へ。

DSC06402

完全に横になりましたが、足元スペースにも余裕があります。

DSC06400

足先エリアは、長方形ではなく、片側だけ微妙に出っ張ってるので、

動かすと、片足の先が多少ぶつかるか、ぶつからないくらい。

足の長過ぎる大柄の私でも、十分快適に寝れました。

 

寝た状態で、太巻きベルトは外して良いのか分からず、戸惑う私。

DSC06415

ちなみに、フルフラット時は、足元に荷物を置かないように。

靴も入口側に揃えておかないと、座席下に靴が飲み込まれます。

DSC06409

 

JALビジネスクラスのアメニティ類。

JALビジネスクラスのアメニティ類について。

基本的には、プレミアムエコノミーと提供されるものと一緒。

JAL国際線プレミアムエコノミー搭乗レビュー。成田→シンガポール便。

エンターテイメント用のヘッドフォンも同じでした。

 

DSC06322

 

違うのは、アメニティ類を入れる袋だけ。

左がプレミアムエコノミー、右がビジネスクラス。

IMG_8728

中身は、プレミアムエコノミーと全く一緒。

スリッパ、歯ブラシ、耳栓、アイマスク、保湿マスク、スリッパ。

IMG_8738

この巾着が、ビジネスクラスに乗った証なのですねん。

IMG_8735

あと、搭乗時に、座席に水ボトルが置いて有るって事くらいですかね。

DSC06332

 

ちなみに、トイレにあるアメニティ類も違いました。

エコノミーでは歯ブラシだけでしたが、モンダミン、紙コップまで有りました。

普段使わないのに、無駄にモンダミンを使ったのは、言うまでも無い。

 

JALビジネスクラス機内食レビュー。

楽しみにしていたビジネスクラスの機内食。

ビジネスクラスはメニュー表の時点で豪華です。

IMG_9010

今回のフライトは深夜発→朝着便なので、メインの食事は朝食になります。

 

おつまみ(お休みまえに)

フライトして、最初のドリンクと共に提供される、おつまみ。

ビジネスクラスともなると、本格的な料理です。

DSC06378

ホタテの燻製と豆サラダ。隣が茶わん蒸しです。

DSC06383

見た目通り、亀田のあられとは違います。

旨い、もっと欲しい。でも夜はコレでおしまい。

 

希望すれば、好きなタイミングで、JALオリジナルのカップヌードルは食べれます。

エコノミーでは、「うどんですかい」だけでしたが、

「ちゃんぽいですかい」、「そばですかい」も選べました。

 

ブレイクファーストメニュー(朝食)

朝食メニューは、和朝食と洋朝食のどちらかの選択となります。

IMG_9013

私は、アジア食に疲れていたので、和朝食を注文。

 

普通に料亭の和食が出てまいりました。

DSC06429

どうやって提供しているんだろうと不思議になる、お店の味。

DSC06432

小鉢類も素敵です。

DSC06433

ご飯は、炊き立ての味。シンガポールのラウンジ飯とは違い、米も立ってます。

DSC06436

味噌汁・・・人生最高の味。いやマジで香が違う。

筑前煮。しっとり炊けてます。

DSC06445

茸と青菜のお浸し。やさすぃー。

DSC06447

長芋羹とイクラ。なんとも言えない食感。

DSC06448

香の物。漬物がやたらと美味しく感じる2018。

DSC06444

玉子焼きと金平牛蒡もあったんだけど、

旨すぎて、気づいたら消えてたわ。

仕上げに果物盛り合わせ。

DSC06454

どれも美味しいんだけど、熟れたドラゴンフルーツの甘さにビックリ。

ハワイで食ったのよりも、全然美味しいな。

 

テンション上がり過ぎて、醤油使うの忘れました。お浸し用でしょうか?

DSC06458

ランチョンマットと、ナプキンまで、柄が統一されてんのね。

DSC06462

オッサレー。

 

JALビジネスクラスのドリンクメニュー。

ビジネスクラスのドリンクメニューは超豊富。

特にアルコール類は、種類の豊富すぎて大変。

ワイン系は、シャンパン、白ワイン3種、赤ワイン2種。

日本酒は2種類、焼酎2種、ウイスキー3種、ジン、ウォッカ、コニャック、ブランデー、ビール、

カクテル類まで有り、シェリー、カンパリ、梅酒、マティーニ、ブラディーメアリー。

IMG_9012

ノンアルコールドリンクは、プレミアムエコノミーと大差ないですね。

デカフェコーヒー、ハーブティー、からだ巡茶あたりがビジネスクラス限定でしょうか。

 

本日のワインは、プロのワインアドバイザーが厳選って事で白ワインをチョイス。

DSC06392

白ワインだけで3種類あったけど、どれか忘れたっす。

 

印象に残ったのは、やっぱりコーヒー。

DSC06456

JAL CAFE LINES。これエコノミーも一緒だと思うんだけど・・・

IMG_9014

説明を読むだけで、尚更美味しく感じるっていう効果。

これはビジネスクラスでしか味わえませんね。

 

JALビジネスクラスを利用した感想。

プレミアムエコノミーでも、十分サービスを良く感じましたが、

ビジネスクラスは、マニュアルには無いであろうサービスを受けられた感じ。

 

エコノミーや、プレミアムエコノミーとは違うのは、

一人一人とコミュニケーションを取る傾向にある。

個人の趣向を理解するために、お客様と会話をする。

これがサービスの極みなのかと。

 

監視されているといったら言葉は悪いですが、

それくらい目が届いている感じ。

「食事の際は起こしますか?」「大丈夫ですか?」

「あまり寝られませんでしたか?」「飲み物は?」とかとか、

そういった気配りのタイミングが凄すぎて、色々と眩しすぎました。

まぁ、慣れてない私は、その度に挙動不審になるだけなんですけどね。

 

運良いのか、運悪いか分かりませんが、

私は、往路と同じフライトアテンダントの方が、担当となったので、

「往路も一緒でしたね。すぐ気づきました。忙しい予定でしたね。」って。

JGC修行してましたなんて・・・恥ずかしくも言えるわけなく、狼狽える私。

無茶くそ美人だし、いや、マジでこれは惚れてしまいますね・・・JALに。

 

その方は、往路はプレミアムエコノミー担当で、

復路は、ビジネスクラス担当だったので、

人によってクラス分けされてるわけでも無いのかなぁーなんても思いました。

 

ただ、同じ客室乗務員でも、

やはりプレミアムエコノミーの場では、そそくさと行ってしまうので、

アテンダント様に話せる特権が、ビジネスクラスなんだなと。

 

あと、ビジネスクラスを利用して思ったのが、

皆さん、フルフラットにして、爆睡しているという事。

この環境を寝て過ごすって、やっぱリッチですね。

ひとり朝日を拝みながら、素晴らしい体験ができたことに感謝です。

DSC06422

 

まぁ、私だけ、ビジネスクラスに浮かれ、

寝るのが惜しかったとは、恥ずかしくても言えませんでしたけどね。

「ちょっと、疲れちゃうと寝れないんす」って、さっぶ。

ビジネスクラスに乗るときは、気の利いた返しも用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です