Sheraton Imperial Kuala Lumpur Hotel(シェラトン インペリアル クアラルンプールホテル)宿泊レビュー

シェラトンインペリアルクアラルンプール

クアラルンプールは、高級ホテルも安いということで、

ヒルトンダブルツリーに続いて宿泊したのが、

シェラトンインペリアルクアラルンプール。

DSC07370

ダブルツリーバイヒルトンも激安でしたが・・・

DoubleTree by Hilton Hotel Kuala Lumpur(ダブルツリー バイ ヒルトン ホテル クアラルンプール)宿泊レビュー

シェラトンホテルも、クアラルンプールは超格安。

 

上層階のクラブルームで、

ラウンジアクセスと朝食ブッフェも付いて・・・約1.2万円。

カクテルタイムも、朝食ブッフェメニューも豊富。

今回は、ちょっとトラブりましたけど。

まぁ悪くないホテルでした。

シェラトン インペリアル クアラルンプールホテルの詳細情報

外観&ロビー

シェラトンインペリアルホテルは、ちょっと歴史を感じるホテル。

一見するとビジネスビルみたい、近くに来てホテルとわかりました。

DSC07624

客室数385という大型ホテル。階数も38階とデカイ。

DSC07372

入り口は、ちょっと古っぽい。

DSC07360

中に入ると、一気にホテルっぽい感じに。

DSC07367

入って右側に、休憩コーナー。

DSC07899

奥には、ビジネス&インターネットラウンジ。

DSC07901

レストラン「エッセンス」へと繋がる階段。映えます。

DSC07906

 

ホテル入って左側に、

チェックインカウンターとコンシェルジュデスク。

チェックイン前に荷物を預ける場合は、コンシェルジュデスクへ。

ベルデスクじゃないんだな。

DSC07365

コンシェルジュデスクの向かい側に、チェックインカウンター。

DSC07484

ちなみに、手前にSPGマークありましたが、

会員専用の優先カウンターなのかは、謎でした。

ゴールド会員の私は、右側に並んでみましたが・・・

左側のカウンターに並んでる人から案内されるという。

他のお客さんに「並んでるの?」みたいな感じで聞かれたし、

結局、左側で待ちましたとさ。

エレベーター&客室フロアの廊下

ホテル入ってまっすぐ進んだ場所、

中央に客室フロアへと向かうエレベーター。

DSC07368

エレベーターは、レトロゴージャス。

DSC07487

カードキーは挿入しないと、客室フロアへ行けません。

DSC07490

客室フロアの廊下。

DSC07531

宿泊した部屋の雰囲気と設備

今回、私が宿泊したのは、

35階に有るクラブフロアルーム キングベッドの部屋。

ラウンジアクセスが付いた、お高級な部屋となります。

それでも日本円で約1.2万円でしたからね。やっす。

部屋の内装

部屋入って最初の感想。広いです。

DSC07493

奥にリビング兼ベッドルーム。

左側にバスルームも有り、ウォークインクローゼットもあります。

 

リビング&ベッドルーム。窓際にはテーブルとソファー。

DSC05321

窓側からの客室の眺め。やはり広いです。

DSC05319

一人なのにキングベッド。

DSC05320

サイドテーブルにリモコンと電話。

コンセントは、マルチプラグ対応。日本の使えます。

DSC07512

反対側のサイドテーブル。時計とコンセント。

DSC07513

テーブルには、ホテルマニュアル。分厚い。

DSC07514

ウォークインクローゼット。頑張れば寝れる広さ。

DSC05311

金庫とか。

DSC05312

ランドリーバッグ、スリッパも有りました。

DSC07505

窓からの眺望&夜景

35階の部屋なので、窓からの景色も綺麗でした。

DSC07702

高層ビルがポツポツと。

DSC05322

目の前に、クアラルンプールタワーも見えます。

DSC07699

下を見ると足がすくむ高さ。

DSC05323

夜は、夜で夜景もまぁまぁ綺麗。

DSC07680

ただ、ビルは少なく、街の明かりも消えがちなので・・・

DSC07681

眠っちゃう街ですね。

DSC05363

クアラルンプールタワーは、カラフルに光ってます。

DSC07677

コーヒー&ドリンク類、部屋の設備

水ボトルが多かったです。入り口に2本の水ボトル。

DSC07492

洗面所にも2本の水ボトル。

DSC07495

ホットドリンクは、入り口近くのカウンターの引き出しに。

DSC07509

コーヒーは粉末タイプ。

DSC07510

紅茶も茶葉タイプ、ティープレスで入れる感じ。

DSC07692

まぁ、ラウンジアクセスあるので、そっちで飲むけどな。

 

カウンターの下には、有料のミニバーも有り。

DSC07507

おつまみ系スナック、カップラーメンも有りました。

DSC07508

食べちゃったら料金が発生するやつだな。

 

夜、部屋に帰ってきてみると、

ベッドサイドに水ボトルが置いて有ることに気づく。

DSC07687

きっと補充してくれたんでしょう。

他に、変化したところも無かったので、

正直、ちょっとビビったけどなぁ。

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

バスルームも広いです。

DSC05313

洗面所。

DSC07519

洗面台下にドライヤーとタオル。

DSC07520

ボディクリーム、マウスウォッシュ、歯ブラシ、髭剃り、

体を洗うメッシュスポンジもありました。

DSC07518

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。

DSC07528

広めのバスタブ。

DSC07496

シャワーと風呂も別。

DSC07524

トイレも別・・・というか、壁を隔てた場所にある。

DSC07521

体重計もありました。ヒルトンにも有ったのでクアラルンプールならではでしょうか。

DSC07516

エクゼクティブラウンジ(シェラトンクラブ)

今回はクラブラウンジ付きの部屋を予約したので、

最上階38階に有るエクゼクティブラウンジも利用可能となりました。

DSC07534

エグゼクティブフロアのエレベーター前。

DSC07538

エレベーターを降りて、すぐ目の前にシェラトンクラブの文字。

DSC07623

ラウンジアクセス権のある宿泊者は、

このラウンジを、朝から晩まで利用可能であり、

時間帯によっては食事も提供されるわけ。

 

エグゼクティブフロアに来るには、

エレベーターに客室のカードキーを指す必要があるせいか、

部屋番号等の確認もありませんでした。

 

エグゼクティブラウンジ

  • 営業時間:6:30~22:30
  • ブレイクファースト:6:30~10:30
  • アフタヌーンティー:14:00~16:00
  • イブニングカクテル:17:30~19:30 ※ドレスコード

エグゼクティブラウンジ内観

ラウンジ入ってすぐに、ダイニングコーナー。

DSC07563

食事が提供される時間帯は、こちらの部屋に料理が並びます。

DSC07567

DSC07554

ラウンジは奥に続いており、

DSC07546

隣の部屋。

DSC07849

パソコンが2台置いてあり、

DSC07545

コピー機も有ります。

DSC07544

更に奥、突き当りの角部屋。

DSC07542

扉を隔てて、もう一つ部屋があります。

DSC07543

小さなテーブルが点在。

DSC07541

実際、ラウンジは、

朝食もカクテルタイムもそれほど混んでいる感じはなく、

奥の部屋まで使うことは無いんじゃないかと。

 

最上階ということで、窓からの景色もきれい。

DSC07539

クアラルンプールタワーも見えます。

DSC07883

エグゼクティブラウンジドリンクメニュー(6:30~22:30)

冷蔵庫に入ってるドリンクは、

ラウンジ営業時間内なら、勝手に飲めます。

DSC07548

缶ジュース、水ペットボトルも有ります。

DSC07549

エスプレッソマシーンも、営業時間内ならいつでも使える。

DSC07556

カクテルタイム(17:30~19:30)

早めの夕食というか、カクテルタイムです。

アルコールと食事が提供される時間、

軽食というよりも、ガッツリ食事も提供されるので、

私は、ここで夕飯を済ませてしまいました。

 

夕方5時くらいから食事は陳列され始めますが、

陳列中は手を付けては駄目。

5時半からって、注意されてる人がチラホラ。

DSC07566

サラダコーナー。

DSC07591

パン&チーズ。

DSC07588

アペタイザーコーナー。

DSC07560DSC07587DSC07586

テーブル下の冷蔵庫にも、ミニ料理。

DSC07594

スイーツメニューも有りました。

DSC07595

ホットミールコーナー。

DSC07572

ナシレマ。

DSC07573DSC07603

そっち系のカレー。

DSC07574

ベジタブル春巻き。

DSC07575

ミーゴレン的な。

DSC07576

スイーツではないタルト的な。

DSC07577

フルーツ、スナック類。

DSC07562

ヌードルバーも有ります。

DSC07584

具材を入れると、湯通しして、スープ入れてくれます。

DSC07612

調味料はお好みで。

DSC07610

アルコールメニュー。

DSC07565

ワイン、ウイスキー、ジン、カンパリ、スミノフ、バカルディ・・・

定番のスピリッツ類が一通り。

DSC07592

レモンと、ライムも置いて有ります。

DSC07593

冷蔵庫の中には、白ワインも陳列。

DSC07597

ビールサーバーも登場。

DSC07596

とりあえず、ビールとおつまみ。

DSC07599

アペタイザー、どれも美味しい。

DSC07601

アジアンなホットミール。2日目となるとちょっと飽きる。

DSC07604

サラダとワカモレ。

DSC07605

ワカモレ美味しくて、こればっかり食べてました。

DSC07611

ヌードルも悪くないです。

DSC07613

スイーツは微妙。独特の香り、癖が強い。

DSC07618

朝食(6:30~10:30)

ラウンジアクセス権の有る宿泊者は、

朝食は、2階のレストラン「エッセンス」も利用できますが、

ラウンジでも食事を取ることが可能です。

 

基本的には、エッセンスに提供されている食事と変わらず、

エッセンスよりもバリエーションは少ないですが、

同じ料理でも、こちらのほうが美味しい気がしました。

また、スタッフがフレンドリーで、ドリンクも持ってきてくれる。

ラウンジ内も空いてますので、快適なのはラウンジです。

 

朝のヌードルメニュー。

DSC07851

鶏肉とか、サーモンとか。

DSC07853

チーズは大きいまま。

DSC07854

パンコーナー。

DSC07855

フルーツ類。

DSC07858

ミューズリーとか。

DSC07856

冷蔵庫の中に、牛乳や豆乳が増えてます。

DSC07861

スイーツ、ヨーグルト類。

DSC07862

シリアル、トースト。

DSC07859

はちみつの巣がまるごと・・・はちみつは全然無いけど。

DSC07860

一通り見てみましたが、

エッセンスの料理を厳選して置いてる感じ。

DSC07863DSC07866DSC07868DSC07873DSC07872DSC07874

エッセンスで食べたけど、再び食べる私。

DSC07877

寒天みたいなケーキみたいな。これエッセンスにあったかな?

DSC07881

美味しいかと言われれば微妙ですけど。

朝食ブッフェ:エッセンス(6:30~10:30)

朝食ブッフェは、2階のエッセンスでの提供となります。

ブッフェメニューは非常に豊富で、

朝食付きプランも格安なので、付けた方が良いです。

 

エッセンス内観

エレベーターから降りると、すぐにエッセンス。

DSC07708

レストラン、まぁまぁ広い。

DSC07698

DSC07710

DSC07846

食事は、ジャンルごとに別れて置いてあり、

食事のバリエーションも、すっごい豊富でした。

DSC07773

ヌードルコーナー

右奥にヌードルコーナー。

DSC07712

お好みの具材を選んで、

オリジナルヌードルを作ってくれます。

DSC07711

麺、野菜、魚肉とバリエーション豊富。

DSC07709

スープもカレー、チキン、ビーフの3種類から選べました。

DSC07834

洋食コーナー

ヌードルコーナーの横に、洋食っぽい料理が並んでます。

DSC07722

ポーチドエッグ。

DSC07714

ゆで卵。

DSC07715

オムレツも好みの具材で作ってくれます。

DSC07713

魚のムニエル的な。

DSC07823

魚用のオランデーソース。

DSC07718

クリームシチュー的な。

DSC07723

チキンソーセージ。

DSC07721

ハッシュブラウンポテト、ビーフブリスケット。

DSC07727

ベイクドビーン。

DSC07725

ブラックペッパーソース。

DSC07730

パーン。

DSC07731

チキンピッツァ。

DSC07732

アジア料理コーナー

中央左手にアジア系の料理が並んでます。

DSC07772

Poori(プーリー)、Rava(ラヴァ)、Tosai(ドーサ)。

DSC07739

手前には、チャツネ。

DSC07734

IDli。こちらはフワフワのやーつ。

DSC07740

ここからは、謎の東南アジア料理が続きます。

DSC07742

DSC07744

DSC07746

DSC07748

DSC07750

DSC07752

DSC07753

DSC07754

DSC07757

ナシレマッ。

DSC07759

DSC07760

DSC07762

春巻き的な。

DSC07765

DSC07766

アジアン料理は、どれも料理名が書いてあるのですが・・・

日本では馴染みなさすぎて、

そもそも知らないって感じでした。

サラダコーナー

左側奥にサラダコーナー。

DSC07770

DSC07782

DSC07783

DSC07790

スモークチキン、カモ、

DSC07776

スモークサーモン、スモークサバ、

DSC07787

DSC07784

DSC07791

寿司。

DSC07777

DSC07780

DSC07781

3種のチーズ。

DSC07794

フルーツ&ジュースコーナー

中央の端の方に、フルーツ&フレッシュジュースコーナー。

DSC07795

カットフルーツ、丸ごとフルーツ。

DSC07798

フルーツジュースも置いてありますが、

DSC07797

目の前でミキサーにかけて、フレッシュジュースも作ってくれます。

DSC07799

飲み物は、ジュースだけで凄いバリエーション。

別コーナーですが、デトックスウォーターなんかも有ります。

DSC07796

パン&シリアル&ヨーグルトコーナー

レストラン入り口近く中央に、パン&シリアルコーナー。

DSC07825

パイナップルとチョコレートデニッシュ。

DSC07810

パンケーキ、ワッフル、クロワッサン。

DSC07812

バナナケーキ、ミックスフルーツケーキ・・・らしいです。

DSC07808

シリアルもたくさん。

DSC07805

ヨーグルトの種類も豊富。

DSC07807

フルーツコンフォート、ソース類も多い。

DSC07818

ジャムとかも大量に有ります。

DSC07814

パンの種類もいっぱい。

DSC07800

お好みでカット可能です。

DSC07803

コーヒー

こちらのラウンジでは、コーヒーはスタッフに頼む仕組み。

コーヒーマシーンは、自分で操作しちゃ駄目。

DSC07767

私は知らずに入ってしまい、注意されました。汗

確かに進入禁止っぽいロープが有りました。

ホテルまでのアクセス

駅から歩いて行くってのは、ちょっとおすすめしません。

私は歩いて行きましたが、タクシーが無難です。

 

歩いて行く場合、KLモノレールだと「Medan Tuanku」、

LRT路線だと「Dan Wangi」という駅になります。

 

私はDan Wangiから向かいましたが、大変でした。

DSC07334

駅出口、雰囲気やばいっす。

DSC07341

エレベーターもエスカレーターも無いので、スーツケースしんどい。

DSC07907

駅も工事中な雰囲気でしたが、この辺は開発途中なんでしょうか?

クアラルンプールの裏側を見た気分。汚い道も続きます。

DSC07346

道路から見たDan Wangi駅入り口。駅って分かりません。

DSC07355

ホテルまでは距離が有り、広い道路も2度渡る。

DSC07347

ちょっと歩くとシェラトンインペリアルホテルが見えますが、

近いようで、実はまだ遠い。

DSC07356

広い道路沿いを歩いて行くと、ホテル入口。

なかなか体力を消耗しました。

DSC07378

クアラルンプールは、上りエスカレーターはあるけど、

下りエスカレーターが無い場所が多いので、

スーツケース引いていると、地味にしんどいです。

地下鉄なので、駅の中も階段すごかったからね。

DSC07910

上りのエスカレーターも故障している場合もあるし、

ちょっとした移動でも、Grabを使うのがベストですね。

私はケチったせいで汗だくー。暑いし湿度もしんどい。

 

ちなみに、目の前にショッピングセンター「Quill City Mall」がありますが、

アクセスは良いようで、悪いです。

この道路を、無理やり渡らないと駄目。

DSC07481

奥の駅には、歩道橋のようなものも見えますが、

駅まで遠いし、反対側に通行できません。

改札を通らないと駄目でした。

DSC07888

ショッピングモールは、ガラガラで今にも潰れそうですが、

地下にはイオンが入っているので、

お土産や食材調達には困りません。イオン最高です。

DSC07891

寿司なんかも有りました。

DSC07892

宿泊した感想

高層階のクラブルームということで、客室も広かったし、

料理が豊富なだけで、満足度は高い。

クアラルンプールは、物価も安いのでコスパも高い。

 

特に、朝食のバリエーションは凄いですね。

数日滞在しても楽しめそうなメニュー、

当たり外れはあるけど、それもまた楽しかったです。

DSC07822

DSC07836

DSC07843

実は、チェックインカウンターの対応がイマイチだったのですが、

受付で予約が確認できないトラブルにも遭遇してしまいました。

チェックインカウンターで待つこと20分。

システム移行のトラブルとかで、まぁ時間を喰ったよね。

マリオットとSPG統合のせいです。

 

しかも、事前決済していたのにも関わらず、

チェックアウト時にも宿泊料金も請求されてしまいました。

後日、返金請求するもなかなか確認がとれず、

返金手続きまで約1ヶ月ほどかかってしまうという・・・

まぁ、イレギュラーなケースだとは思いますが、

ちょっと悪いイメージが残ってしまったのは事実です。

 

前日には、ダブルツリーバイヒルトンに宿泊したのですが、

ヒルトンの方が新しくゴージャスで、

宿泊料金も安く、朝食ブッフェも豪華だったので、

次回も泊まるなら、私はヒルトンを選びますけど。

DoubleTree by Hilton Hotel Kuala Lumpur(ダブルツリー バイ ヒルトン ホテル クアラルンプール)宿泊レビュー

DSC06824

ホテルスタッフの対応も、

チェックイン、レストランと、ヒルトンの方が良かった。

 

どちらも微妙に駅から離れるし、

クアラルンプール移動には、タクシーも欠かせないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です