香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ比較。特徴とオススメポイントまとめ。

香港空港オススメのキャセイ・パシフィック航空ラウンジ

キャセイパシフィック航空といえば、

ゴージャスなラウンジが有名な航空会社であり、

中でも香港国際空港に有るラウンジは、アジアトップクラス。

 

私も、香港旅行がてら、ラウンジを巡ってきましたので、

キャセイラウンジの魅力について、まとめておきます。

基本的に、どこのラウンジも素晴らしいのですが、

やはりラウンジごとに違いも有りましたので。

香港空港キャセイパシフィック航空ラウンジの利用条件

キャセイ・パシフィック航空は、ワンワールド加盟の航空会社。

ワンワールド便のビジネスクラス搭乗者だけでなく、

ワンワールドのサファイア会員なら、

エコノミークラスでもキャセイラウンジが利用可能です。

日本の航空会社だとJAL。JMBサファイア会員JGC会員ですね。

ビジネスクラスラウンジの利用条件

  • ワンワールド航空便ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド航空便ファーストクラス搭乗者
  • ワンワールドサファイア・エメラルド会員JGCJMBサファイアJMBダイヤモンド
  • キャセイパシフィック航空マルコポーロクラブのシルバー・ゴールド・ダイヤモンド会員

 

香港国際空港には、キャセイのファーストクラスラウンジも有り、

こちらもワンワールドのエメラルド会員で利用できます。

JALならJMBダイヤモンド会員JGCプレミア会員ってわけです。

ファーストクラスラウンジの利用条件

  • ワンワールド航空便ファーストクラス搭乗者
  • キャセイパシフィック航空便ファーストクラス搭乗者
  • キャセイパシフィック航空マルコポーロクラブのダイヤモンド会員
  • ワンワールドエメラルド会員JGCプレミアJMBダイヤモンド

 

また、ワンワールド加盟の航空会社では、

カンタス航空のラウンジも有るので、こちらも同じく利用可能。

カンタスはビジネスクラスラウンジ。

JMBサファイア会員JGC会員で利用できてしまいます。

DSC03556

 

というわけで、JGCプレミア会員の私は、

JALエコノミークラスごときで、

全てのラウンジを利用させて頂いたわけです。

香港空港キャセイパシフィック航空ラウンジの場所

2019年1月現在、香港国際空港には、

全部で6ヶ所のキャセイ・パシフィック航空ラウンジが有り、

ビジネスクラスラウンジが、

The WingThe DeckThe BridgeThe Pierの4ヶ所。

ファーストクラスラウンジが、

The Wing First Class LoungeThe Pier First Class Loungeの2ヶ所。

※The CabinとThe Arrival閉鎖となりました。

 

キャセイラウンジの場所は、全て第1ターミナルの制限エリアに有り、

3フロア(5階、6階、7階)に渡って存在します。

ただ、ラウンジの場所≒入り口では無いので気をつけて。

全て搭乗ゲートの有る6階からアクセスできるようになっています。

香港空港ラウンジマップ6F

ただ、カンタス航空ラウンジは7階からのアクセスなので気をつけて。

※The Wing First Class Loungeは、7階からもアクセス可能です。

香港空港ラウンジマップ7F

香港空港キャセイラウンジの場所

  • The Wing:ゲート1~4番(6階)
  • The Wing First:ゲート1~4番(6階)※7階からも可
  • The Deck:ゲート16番(6階→7階へ)
  • The Brigde:ゲート35番(6階→5階へ)
  • The Pier:ゲート65番(6階→5階へ)
  • The Pier First:ゲート63番(6階→5階へ)
  • Qantas Hong Kong Lounge:出国審査後に右へ(7階)

 

キャセイ航空ラウンジの営業時間は全て同じであり、

早朝から深夜まで利用することが可能です。

一方、カンタス航空ラウンジは、微妙に営業時間が短いので注意。

香港空港ラウンジの営業時間

  • The Wing:5:30~0:30
  • The Wing First:5:30~0:30
  • The Deck:5:30~0:30
  • The Brigde:5:30~0:30
  • The Pier:5:30~0:30
  • The Pier First:5:30~0:30
  • Qantas Hong Kong Lounge:9:30~23:30

とはいえ、カンタス航空も朝から晩まで営業しているので、

ターミナル1で日本直行便を利用する限りでは、困ることも無いかと。

香港空港キャセイパシフィック航空ラウンジの特徴

キャセイパシフィック航空ラウンジだけで6ヶ所も有るのですが、

全ての設備が同じというわけでは有りません。

それぞれのラウンジに特徴が有り、提供サービスも異なります。

The Wing(ザ・ウィング)

DSC03162

The Wingのサービス

  • ダイニング(ブッフェ)
  • ヌードルバー(麺、点心)
  • ロングバー(シャンパン、カクテル)
  • コーヒーロフト(バリスタ)
  • ITゾーン(PC)
  • シャワールーム

キャセイを代表するラウンジといえば「The Wing」。

6階、7階の2フロア構成でラウンジも広く、

ヌードルバー、ロングバー、コーヒーロフト、ITゾーンと、

キャセイラウンジを代表するサービスも一通り有ります。

DSC03397

1番~4番ゲート付近と、保安検査からも近く、アクセスも良い。

設備も充実しているだけあって大人気。

よって、混みがちなのが難点です。

The Wing First Class Lounge(ザ・ウィング ファーストクラス)

The Wingは、7階の半分がFirst Class Loungeとなっています。

The Wing Firstのサービス

  • アトリウム(ブッフェ、中国茶、バリスタ)
  • ヘイブン(レストラン、ブッフェ)
  • ヘイブンバー(シャンパン、カクテル)
  • シャンパンバー
  • カバナ(5室)
  • シャワールーム
  • ワークステーション(PC)

ビジネスクラスラウンジに比べるとコンパクトですが、

利用者が少ないく、だいぶ快適。

吹き抜けの天井も有って、広く感じます。

DSC03271

ブッフェとは別に、オーダー式のレストランが有り、

専用メニューや、ヌードルメニューも注文できます。

IMG_5778

ダイニングには専用のコーヒー、ティーコーナーも有り、

専用のスタッフが淹れてくれます。

DSC03296

The Wing First Class Loungeだけに有るのが「カバナ」

お風呂は、さすがにヤバかったです。

香港国際空港ファーストクラスラウンジ「The Wing(ザ・ウィング)」レビュー。

IMG_5808

The Deck(ザ・デッキ)

2018年3月にオープンしたばかりのThe Deck。

The Wingの反対方向、16番ゲート付近に有るラウンジ。

DSC03460

The Deckのサービス

  • ダイニング(ブッフェ)
  • ヌードルバー(麺)
  • シャワールーム(8室)

保安検査からも近いので、アクセスは良いのですが・・・

狭くて、まぁまぁ混んでます。

DSC03512

 

アルコール提供のバーも無く、有るのはヌードルバーだけ。

強いて選ぶなら、吹き抜けのテラス席が素敵ってことでしょうか?

DSC03498

まぁ、他のキャセイラウンジも、眺望は良いですからね。

新しいラウンジってだけで、個人的にはイマイチに感じました。

利用するならシャワーかな。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「The Deck(ザ・デッキ)」レビュー。

The Bridge(ザ・ブリッジ)

The Bridgeは、搭乗ゲート35番付近に有るラウンジ。

保安検査からは離れますが、

シャトル降り場が近いので、アクセスは良いです。

といっても、歩いたところで徒歩10分くらいで着きますけど。

DSC03685

The Brideは、左右にラウンジが分かれており、

右側(北ウイング)と左側(南ウイング)で、設備も異なります。

DSC03694

The Bridge(北ウイング)のサービス

  • ベーカリー(ブッフェ)
  • ロングバー(シャンパン、カクテル)

The Bridge(南ウイング)のサービス

  • ビストロ(ブッフェ)
  • コーヒーロフト(バリスタ)
  • ITゾーン(PC)
  • シャワールーム(9室)

人気で混んでいるのが、右側の北ウィング。

ベーカリーで焼き立てパン&ピザとか、

ロングバーでシャンパン&カクテル飲むなら北ウィングです。

奥にある、TVコーナーは人も少なく。

繋がったソファーも有り、軽く仮眠したりするのも良い感じ。

DSC03703

 

逆に、ガラガラでオススメなのが、左側の南ウイング。

シャワー浴びて、のんびりするには最高。

ビストロもあるから、実は食事にも困らない。

IMG_5843

北ウイングで食事した後に、南ウイングに移動するってのも良いかと。

唯一の難点は、ヌードルバーが無いってことですかね。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「The Bridge(ザ・ブリッジ)」レビュー。

The Pier(ザ・ピア)

保安検査から一番遠い、65番ゲート付近に有るThe Pier。

2016年にリニューアルオープンしたばかりであり、

The Wingと共に双璧を成す、大きなラウンジ。

キャセイラウンジ主要サービスも一通り提供しています。

DSC03819

The Pierのサービス

  • フードホール(ブッフェ)
  • ヌードルバー(麺、点心)
  • バー(シャンパン、カクテル)
  • ティーハウス(中国茶)
  • コーヒーカート(バリスタ)
  • シャワールーム(14室)
  • リラクゼーションルーム

コーヒーロフトは有りませんが、

バリスタのいるコーヒーカートがフードホール内に有るし、

中国茶専門のティーハウスも有ります。

DSC03295

ティーメニューも豊富で、

専門のスタッフが淹れてくれるお茶は、また格別。

 

シャワールームも14室と多いし、

半個室でくつろげるリラクゼーションルームまでも有る。

 

ラウンジも空いているので、The Wingより快適なんじゃないかと。

難点は、ラウンジが保安検査から遠いこと。

まぁ、アクセス悪いから空いてるんだろうけど。

The Pier First Class Lounge(ザ・ピア ファーストクラス)

The Pierは、The Wingと共に、キャセイを代表するラウンジ。

The Wingと同じく、ファーストクラスラウンジが有ります。

ビジネスクラスラウンジとは、入り口は別になっており、

ラウンジ内も繋がっていませんので、気をつけて。

DSC03813

The Pier Firstのサービス

  • ダイニングルーム(レストラン)
  • パントリー(軽食ビュッフェ)
  • バー(シャンパン、カクテル)
  • シャワールーム
  • デイスイート(8室)
  • フットマッサージ
  • ビューロー(PC)

The Wingとは違い、

基本的に食事はダイニングルームでの提供となっており、

注文できるレストランメニューもゴージャス。

レストランも広く、レストラン内にもバーカウンターが有ります。

 

その代わり、セルフのブッフェは、軽食を提供するパントリーのみ。

The Wingに比べると、ブッフェはバリエーションが少ないです。

DSC03863

 

The Wingのようなカバナは有りませんが、

代わりにフットマッサージが受けられるコーナーが有り、

個室のデイスイートも利用できます。

DSC03876

仮眠したり、ゆったりと過ごすなら、The Pierですね。

やはり、The Wing First Class Loungeよりも空いてましたから。

香港国際空港ファーストクラスラウンジ「The Pier(ザ・ピア)」レビュー。

The Qantas Hong Kong Lounge(カンタス香港ラウンジ)

キャセイパシフィック航空ではないけど、

同じくワンワールド上級会員で使える、カンタス香港ラウンジ。

JALの指定ラウンジでも有ります。

DSC03556

Qantas Hong Kong Loungeのサービス

  • ダイニング(ブッフェ)
  • バー(アルコール、ソフトドリンク)
  • シャワールーム

なんで本国のラウンジでもないのに、

こんなに広いんだろうっていうラウンジ。

しかも、すっげー広いくせに、めちゃめちゃ空いていました。

香港国際空港カンタス航空ラウンジ「The Qantas Hong Kong Lounge」レビュー。

DSC03557

ブッフェ、バー、シャワールームと、

必要な設備は、一通りあるし、

料理もハズレ無く旨くて、日本食まであります。

 

ラウンジからの眺めも悪くないし、普通に最高のラウンジ。

人が居ないってのも正義かと。

 

難点は、ゴージャスなキャセイと比べてしまうと、

なんだかんだで、ちょっと劣るかなという感じ。

シャワールームもキャセイの方が良いです。

香港は前日チェックイン&荷預けも可能

香港には、インタウンチェックイン(In-Town Check-In)という素晴らしいシステムが有り、

エアポートエクスプレス(MTR)を利用する場合は、

香港駅、九龍駅でも、チェックイン手続きが可能

出発前日から各駅で荷預けもできてしまいます

 

ほとんどの航空会社でインタウンチェックインに対応しており、

キャセイ・パシフィック航空、カンタス航空、日本航空(JAL)と、

前日チェックイン(Day Before Check-in)にも対応しています。

※参考→In-Twon Check-In Counters Information

 

JAL便を利用するなら、香港空港でも

JAL専用カウンターが、朝7:30からオープンしています。

DSC02609

 

チェックイン&荷預けさえ済んでしまえば、

あとは搭乗券とパスポートを持って、出国審査へ行けるわけ。

DSC03145

早く制限エリアに入って、

ラウンジを巡りまくるなんてことも可能です。

 

ちなみに、早くチェックインをした場合は、

搭乗ゲートが決まって無いことが多く、

搭乗券にもゲート番号が記載されません

搭乗時刻が近くなったら、電光ボートで確認を忘れずに。

DSC03810

 

制限エリア内には、搭乗ゲートを教えてくれる機械もあり、

搭乗券をスキャンすると、ゲート番号が表示されます。

DSC03676

実際、私の乗る飛行機は、搭乗3時間前でも、

搭乗ゲートは決まってませんでしたけどね。

DSC03675

ラウンジチケットとスタンプ捺印について。

ワンワールドのステータスで、

キャセイラウンジを利用する場合、ラウンジチケットは不要です。

JAL会員なら、ワンワールドロゴの入ったJMBカード、

もしくはJGCカードを提示するだけで利用可能となります。

IMG_6044 (1)

そして、キャセイのラウンジでは、ラウンジを利用する際に、

搭乗券にスタンプが押されます

一回利用したら、他のラウンジでは利用できないのか!?

なんて焦ったんで聞いてみたら、ただの再入場スタンプだそうです。

確かによく見てみると「Cahay Pachific Lounge re-enrty」って書いて有りました。

 

ラウンジチケット提示にてラウンジ利用した場合は、

ラウンジチケットが回収されるとのことで、

ラウンジ巡りをする場合は、代わりにスタンプを押すんだとか。

・・・・じゃ、搭乗券に押す意味はいったい?謎

 

というわけで、

ラウンジをハシゴするとスタンプがペタペタと押されますが、ビビらずOK。

ラウンジ巡りの記念スタンプみたいなー感じです。

DSC03974

私は何故か、The Pierのラウンジでは押して貰えませんでしたけど。

香港空港キャセイのオススメラウンジまとめ

広さ、眺望、混雑具合で選ぶ

ラウンジの広さなら、The Wing、The Pierの2択。

特に狭いのがThe Deck。新しいけど狭いです。

 

人が多いだけで狭苦しく感じるので、

そういった意味でも、

The WingよりもThe Pierの方が広く感じます。

 

The Qantasは広くてガラガラ。

人が居ないという点では、一番快適なんじゃないかと。

 

基本的に、どのラウンジも眺望は良いのですが、

5階のラウンジは、下からの眺めになるので、

個人的には、上からの眺めの方が好き。

ザ・ピアやザ・ブリッジは5階のため、

上から見たい場合も、ザ・ウイングですね。

食事、料理で選ぶ

キャセイ名物の食事といえば、ヌードルバー。

ヌードルバーがあるのは、

ザ・ウイング、ザ・ピア、ザ・デッキとなります。

ヌードル&飲茶メニューは、どこも変わらず一緒でした。

DSC03489

 

ザ・ブリッジには、ヌードルバーは有りませんが、

他には無いベーカリー&ビストロも有るので、

ヌードルにこだわらなければ、ザ・ブリッジも悪くないかと。

DSC03736

焼き立てピザとか有るし、

飲茶もブッフェスタイルで提供しているから。

ドリンク、お酒で選ぶ

コーヒーロフト(コーヒーバー)が有るのは、

ザ・ウィングとザ・ブリッジ。

DSC03436

ザ・ピアには、コーヒーロフトはないけど、

バリスタが淹れるコーヒーカートが有りますし、

他には無いティーハウスも有ります。

 

アルコールを飲むなら、ロングバーがあるラウンジ。

ロングバーがあるのも、ザ・ウィング、ザ・ブリッジ。

ザ・ピアにも、ロングではないバーが有ります。

 

カンタスも、バーカウンターが有りますが、

アルコールメニューの充実っぷりは、キャセイに比べると劣る。

お高級なシャンパンが注文できるのも、キャセイラウンジだけですから。

シャワー、アメニティで選ぶ

シャワールームは、全てのラウンジに有りますが、

置いてあるアメニティブランドが微妙に違いました。

 

ザ・ウィング、ザ・ブリッジは、Juripue(ジュリーク)。

DSC03801

ザ・ピア、ザ・デッキは、Aesop(イソップ)で統一。

DSC03470

DSC03895

ザ・デッキは新しく、ザ・ピアもリニューアルしたてなので、

シャワーを使うなら、こちらの2つが良さそう。

 

他に置いてあるアメニティ類は共通であり、

置いて無いやつ(クシ、髭剃り、デオドラント、

シェービングクリーム、ヘアスプレー、スリッパとか)も、

スタッフに言えば貰えるって。

 

カンタスラウンジにも、シャワールームはありますが、

キャセイのラウンジの方が、全体的に綺麗。

シャワーの質、タオルの質、アメニティの質と良かったです。

ちなみに、カンタスは、ASPARブランドでした。

DSC03627

ファーストクラスラウンジで選ぶなら

ファーストクラスラウンジは、The Wing と The Pierの2つですが、

どちらを利用するかというと・・・完全に好みですね。

 

The Wingファーストクラスには、カバナが有り、

The Pierファーストクラスには、マッサージとデイスイートが有る。

これよりも大きな違いが、料理の提供方法。

 

The Wingは、オーダーメニューだけでなく、

ブッフェスタイルで多くの料理を提供しています

DSC03191

バーカウンターだけでなく、

シャンパンバーもあるから、気軽にシャンパンも飲みまくれる。

DSC03182

ザ・ピアは、ブッフェメニューは小さなパントリーのみ

その分レストランが広く、オーダーメニューが充実しています。

 

サービスを受けたいなら、ザ・ピア、

好き勝手飲み食いしたいなら、ザ・ウィング。

といったところでしょうか。

 

ラウンジの雰囲気もWingの方が開放的で明るく、眺望も良い。

Pierの方が暗く落ち着いた雰囲気、そしてやっぱり空いています。

 

まぁ、そもそもラウンジが離れているので・・・

近い方のラウンジを使うっていうのが、

正しい利用方法だとは思いますけどね。

 

いずれにせよ、本国キャセイのラウンジはどれも素晴らしい。

成田のキャセイラウンジとは別物。

成田空港キャセイパシフィック航空「ファースト&ビジネスクラスラウンジ」レビュー。

 

海外でワンワールドラウンジを堪能する。

これも、JGC修業をする理由の一つですね。

JAL JGC修行&FOP修行オススメルート。国内線ではなく国際線に決めた理由。

エコノミーで利用してるのは、なんとも申し訳ねぇです。

2 Comments

しろいくまちゃん

こんばんは。キャセイ航空のエコノミークラスのフライトで、香港へ旅行へ行くことが、私の目標です。
3年前に、UFJ系のCXゴールドカードに入会して、せっせと日々の買い物でマイルをためました。そして、てるみくらぶの台北ツアー一人参加8万円4日間だったかな?
そのツアーは、エバーか、キャセイのどっちかだったので、キャセイ便のフライトが決まったので、あわてて、キャセイのマイレージに登録しました。
なんだかんだで、やっと貯めた22000マイル。二万マイルで、行かれるのは、JALで上海とのこと。台北も香港も3万マイル必要でしたが、2018年春だったかな?
なんと、台北も香港も2万マイルで行かれるように改定されて、うれしくて小躍りしました。
しかし、香港のホテルが高いので、いついこうかと躊躇してる間に、どんどんサーチャージがたかくなりました。
2019年11月までの有効期限のマイルです。どうか、サーチャージさがりますように。。。

前置きが長い。すみません。
キャセイの香港のラウンジは、キャセイのマイルを7500マイルとかで、ラウンジ券一枚もらえるそうですが、それも難しすぎます。
私には叶わない夢なので、こちらで楽しく拝見させていただきました。どうもありがとうございます。

JALやANAの上客になる修行と言うのは、みなさん、日帰りとかしながら、
高い値段の航空券でいろいろがんばって、やっと手に入れるステイタスなのでしょうか?
私にはよくわからない世界でして。。。それを手に入れるために、100万円分とか?
せっせとJALのひこうきにのるのでしょうか? 

返信する
田中ゴロー

しろいくまちゃんさま

確かに、香港のホテルは高いですね。
私も中国価格かと思っていたので・・・
帰国した後に思ったよりも出費していた事に気づき、
ちょっとビックリしました。

7500マイルでラウンジ券1枚ですか・・・
そう考えると、JAL修業も悪くない気はします。

まぁ、確かに上客になるための修業は、
コスパ換算すると微妙だと思います。
お金を節約する分、時間もかかりますし、
飛行機に乗るのがメインなので、旅行とも違いますからね。

ただ、私みたいな平民でも、上客扱いしてくれるので悪い気はしません。
サービスを受ける為の費用と割り切って、
飛行機を楽しめるならといったところですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です