Renaissance Taipei Shihlin Hotel(ルネッサンス台北士林ホテル)宿泊レビュー

ルネッサンス台北士林ホテルの客室

台北に有るマリオット系「ルネッサンス台北士林ホテル」。

2018年9月にオープンしたばかりの、できたてホヤホヤのホテル。

DSC04784

台湾の士林区に有り、宿泊料金も格安。

そのくせホテルはゴージャスで、客室も非常に綺麗。

多少アクセスに難は有るものの、悪くないホテルでした。

ルネッサンス台北士林ホテルの詳細情報

外観&ロビー

ルネッサンス台北士林ホテルの外観。

DSC04800

美術館のような外観。

DSC04809

入り口も立派であり、エントランス扉も重厚感ありあり。

DSC04966

ホテル内エントランスも凄い。

DSC04797

入り口入って、右側にレセプション。

DSC04723

混雑していたので、待っているとお茶のサービス。

DSC04726

チェックインカウンターでは、チョコのサービスも有りました。

DSC04728

ロビーも広くて、リゾートホテルみたい。

DSC04795

パソコンも3台。置き方もオシャレ。

DSC04720

ロビーのトイレも使ってみたんですが・・・

DSC04805

歯間ブラシや、マウスウォッシュまで有りました。スッゲ。

DSC04804

エレベーター&客室フロアの廊下

カードキーをタップしないとボタンが押せないやつ。

DSC04772

客室フロアの廊下。照明、カーペットと洒落てます。

DSC04785

宿泊した部屋の雰囲気と設備

今回、私が宿泊したのは、

キングベッド1台とソファベッドのデラックスルーム。

ホテルの中でも一番安い部屋だったかと。

部屋の内装

客室内。

DSC04748

窓際にソファベッド。

DSC04751

ソファとベッドの間にサイドテーブル。電話とメモ帳。

DSC04752

反対側のサイドテーブルに、目覚まし時計。

DSC04750

ソファの横にデスク。

DSC04753

ナイフとフォークとともに、ウェルカムフルーツが置いて有ります。

DSC04731

デスク横の壁に、コンセント、USB電源。

DSC04754

クローゼット横に荷物置き場。

DSC04759

クローゼットの中にバスローブ。グレーでかっこ良い。

DSC04968

ダイヤルタイプのセキュリティボックスや、

DSC04969

スリッパも有ります。

DSC04970

 

コーヒー&ドリンク類、部屋の設備

ドリンクコーナーに、無料の水ボトルが二本。

DSC04746

UCCのドリップコーヒーと、Twingsのティーバッグ。

DSC04756

下段にはスナック菓子。

コアラのマーチとか有りますが・・・こちらは別料金。

DSC04755

棚の下に冷蔵庫。

DSC04757

ビール、炭酸飲料、ジュース。別料金ですな。

DSC04758

 

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

トイレと洗面所の奥にバスルーム。

IMG_6467

バスルームは、別部屋としてガラスとで仕切られてます。

DSC04732

洗面所に、石鹸。

DSC04733

 

洗面所のアメニティ類。ここにも水ボトル2本。

合計4本無料は嬉しい。

DSC04734

アメニティ類も豊富に揃ってます。

DSC04766

歯ブラシ、バスソルト、ひげ剃り、シェービングクリーム、マウスウォッシュ・・・

DSC04767

DSC04738

洗面所下に、予備タオル、ドライヤー。

DSC04735

洗面所隣にトイレ。ウォシュレットは有りません。

DSC04743

奥のバスルームへ。

IMG_6468 (1)

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ。ボトルがオシャレ。

DSC04737

シャワーヘッド。

DSC04739

頭上シャワーにも切り替えられます。

DSC04740

浴槽も深くて、大きい。しっかりと浸かれました。

DSC04742

お風呂場のブランダーは、電動で上がる仕組み。

DSC04971

客室から丸見えにすることも可能です。うぇーい。

DSC04972

屋外プール

屋上に屋外プールが有りました。

DSC04773

プール前の休憩スペース。

DSC04777

最上階なので、見晴らしも最高。

DSC04775

田舎の風景ですな。

DSC04781

こんなんも有りました。DSC04783

ジム

ホテルの中には、24時間営業のフィットネスも有ります。

景色を見ながら走れる、ランニングマシーン。

IMG_6478

エアロバイク。

IMG_6480

バランスボール、ベンチ、ダンベル。

IMG_6481

チンニングスタンド・・・。

DSC04792

ジム入り口には、タオルや水。

IMG_6482

ジムは広く無いのですが、水ボトルが有るのが最高。

DSC04793

ジムのフロアには、屋内プールも有りました。

宿泊した感想

台北中央駅からも離れ、士林駅からも徒歩10分とアクセスは微妙ですが、

その分、ホテルは広く、空間も贅沢に使っている感じがしました。

DSC04801

ちょっと自然寄りのエリアにあるので、

リゾート感も有り、お値段もお手頃なのも良いところ。

 

アクセスは悪いといっても、

台湾はタクシーも安いし、Uberも普及しています。

私もホテルから空港までUberを使いましたが、

約20分で193台湾ドル約695円)と非常に安かったですから。

台北(台湾)でUberを使って気づいた注意点。他国Uberとの違い。 

 

同じくマリオット系のホテル、

コートヤード台北ダウンタウンも、アクセス悪いんですが、

こちらもコストパフォーマンスは高かったです。

Couryard by Marriott Taipei Downtown(コートヤード台北ダウンタウン)宿泊レビュー

なんにせよ、安いのは嬉しいですね。

 

ちなみに、士林区ということで、

台北の観光名所、士林市場も徒歩圏内ということでしたが・・・

DSC04917

ホテル自体が大通りからも離れており、

目の前の道路は、ほぼホテル専用で敷地も広いんで、

実際は約15分くらい歩きました。

DSC04964

夜は周りも真っ暗ですが、その分ホテルが映えるのーん。

DSC04965

ピンク色のルネッサンスマーク。

DSC04963

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です