Couryard by Marriott Taipei Downtown(コートヤード台北ダウンタウン)宿泊レビュー

コートヤード台北ダウンタウン客室

台湾はホテルも安い、というわけで今回宿泊したのが、

マリオット系ホテルの「コートヤード台北ダウンタウン」。

「コートヤード台北」では無い方のホテルで、

2018年12月にオープンしたばかりの、非常に新しいホテル。

 

ダウンタウンということで、ホテルの立地には少々難が有りますが、

その分格安で、松山空港からも近く、ホテルも綺麗。

スタッフの対応も超丁寧で、非常に良いホテルでした。

コートヤード台北ダウンタウンの詳細情報

外観&ロビー

ホテル入り口にCourtyard Marriottの看板。

DSC04691

敷地内に入ると、凄いデカイ建物。

DSC04532

DSC04443

建物はデカイけど、9階建て218室のゲストルームということで、

それほど大きいホテルでは無いのかと。

 

ホテルエントランス。

DSC04448

左側にチェックインカウンター。

DSC04527

反対側が、客室に向かうエレベーター。

DSC04450

レセプション。英語対応ですが、非常に丁寧に説明してくれます。

DSC04451

レセプション前に、ラウンジも有ります。

DSC04449

エレベーター&客室フロアの廊下

ロビー右奥に、エレベーターがあるのですが、

レセプションしてくれた人が、エレベーターまで案内してくれました。

エレベーターは、ルームキーをタップしないと反応しないタイプ。

DSC04523

客室フロアのエレベーター前。凄い広い。

DSC04454

客室フロアの廊下が、ここまで広いのも珍しい。

DSC04522

カードキータップで、解錠です。

IMG_6420

宿泊した部屋の雰囲気と設備

今回私が宿泊したのは、20階にある2ツイン/シングルベッドの部屋。

一番安いスーペリアルームを予約しましたが、

ゲストルームにアップグレードされたのかなという感じです。

部屋の内装

客室内。

IMG_6415

シングルベットが2つ。シングルでも十分な広さ。

IMG_6414

分厚い枕が3つ。

DSC04484

シャワールームと繋がっており、扉を開ければ丸見え。

DSC04483

窓際に長ソファー。

DSC04485

サイドテーブルに、電話機、時計、メモ帳。

DSC04701

マルチプラグ対応コンセント、USB給電と豊富にあります。

DSC04486

客室入り口に、荷物置き場。

IMG_6416

窓からの眺望&夜景

20階高層フロアなので、景色も良かったです。

DSC04696

薄雲ってますが、台北の街並み。

DSC04697

夜は、夜景も拝めました。

DSC04498

光は弱め。台北の夜は眠ってますね。

DSC04501

コーヒー&ドリンク類、部屋の設備

部屋にはペットボトルが2本。

DSC04459

引き出しの中に、コーヒー、ティーバッグ類。

コーヒーは粉末タイプ。

DSC04460

スナック菓子も一緒に置いてありましたが・・・有料なので気をつけて。

DSC04480

棚の下の引き戸に冷蔵庫。

DSC04481

こちらも色々入ってますが、別料金でっす。

DSC04479

クローゼットの中には、アイロン、アイロン台。

バスローブやスリッパも有ります。

IMG_6417

ダイヤルタイプの金庫も有りました。

DSC04476

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

客室入り口横にバスルーム。広いです。

IMG_6413

浴槽まであり、シャワールームも別。

IMG_6410

洗面所のアメニティ類。

DSC04463

引き出しの中に色々と入ってます。

DSC04489

ネイルポリッシュ、ひげ剃り、シェービングクリームまで有る。

DSC04497

引き出しの中に、ドライヤー。

DSC04490

洗面所下に、予備タオル。極厚でっす。

DSC04471

浴室も深め。

IMG_6412

シャワーヘッド。水圧も強くて良い感じ。

DSC04468

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは、NIRVAE。

コートヤード・マリオットでよく見るブランド。

DSC04470

トイレもウォシュレット付きの最新タイプ。

DSC04467

英語表記は無いですが、イラストと漢字でなんとなくわかる。

DSC04521

ジム

ホテル内には、24時間営業のジムがあります。

カードキーがあれば、自由に出入り可能です。

IMG_6422 (1)

窓際にトレッドミル。ランニングマシーン。

IMG_6428 (1)

エクササイズバイク、フィットネスバイク。

IMG_6425 (1)

レッグエクステンション、レッグカール、ダンベル、ベンチ・・・

IMG_6426 (1)

ドデカイ チンニングスタンドっていうよりも、全部入りトレーニングマシーン。

IMG_6430 (1)

入り口の壁際に、タオルとか水が置いてあります。

IMG_6423 (1)

水分補給用のウォーターサーバー。

IMG_6424 (1)

ホテルへのアクセス

コートヤード台北ダウンタウンの最寄り駅はMRTの行天宮駅。

MRTにのってしまえば、主要観光地は難なくいけますが、

徒歩10分の距離と、それなりに距離があります。

DSC04534

 

駅からのアクセスは悪いですが、

松山空港までは近く、タクシーで約10分~20分程度の距離。

 

私は空港からホテルまでUberで行きましたが、

84台湾ドル(約302円)で済んでしまいました。

下手に悩むよりもUber。台湾Uberは、安くて早くて丁寧です。

台北(台湾)でUberを使って気づいた注意点。他国Uberとの違い。

DSC04492

宿泊した感想

ホテルの周りには主な観光地もなく、コンビニも近くに無いですが、

客室は広くて綺麗で、スタッフも親切。

コストパフォーマンスは高いホテルだと感じました。

DSC04441

多少の立地の悪さは、タクシーでカバーもできるし、

立地が悪いからこそ、安いわけですからね。

コートヤード台北ダウンタウン ( 台北 ) の宿泊料金

 

台湾は、Uberに限らずタクシーも激安。

ちょっとした移動でも、タクシーを使えば良いのかと。

ホテル前にもタクシーはたくさん停まってましたから。

DSC04694

 

ちなみに、同じくマリオット系ホテル「ルネッサンス台北士林ホテル」にも宿泊したのですが、

こちらも綺麗なホテルで最高でした。

Renaissance Taipei Shihlin Hotel(ルネッサンス台北士林ホテル)宿泊レビュー

DSC04809

なんにせよ新しいホテルは良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です