Hilton Waikiki Beach(ヒルトン・ワイキキ・ビーチ)宿泊レビュー。

ハワイのヒルトンホテルって言ったら、
ヒルトンハワイアンビレッジのイメージの人も多いかと思うのですが・・・

Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort(ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート )宿泊レビュー。

今回は、ヒルトン・ワイキキ・ビーチに宿泊してまいりました。

4つ星ホテルであり、ヒルトン系列なのですが、
ヒルトンワイキキビーチは、宿泊料金が格安
リゾート料金も30ドル+税と若干割安となっています。
海でのアクティビティがメインじゃないなら、コスパが高いホテルです。

ヒルトン・ワイキキ・ビーチの詳細

目次

ヒルトン・ワイキキ・ビーチの外観&ロビー

ホノルルのヒルトンとはいえ、外観はシンプルでリゾート感は控えめ。

中に入るとゴージャス。クリスマスシーズンなので、クリスマス風デコレーション。

日本人観光客も見かけず、チェックインカウンターも完全英語対応でした。
ロビーには水のサービスだけでなく、リンゴも置いて有り、
自由に食べて良いとの事。早速、2個貰って行きました。

チェックインカウンター向かって左側の出入口にベルデスクがあり、
チェックイン前に荷預けしたい場合は、こちらで荷物を預かってくれます。

荷物の受け取りも同じ場所、ベルデスクにて受け取れます。

エレベーターはカードキータップ。

エレベーターは中に入ってから階数ボタンを押すタイプ。

宿泊フロアは、カードキーをかざしてからでないと、ボタンは反応しません。

客室フロアのエレベーター前。

廊下も広く、エレベーター前には休憩スペースまで有りました。

宿泊した部屋の雰囲気と設備。

一番安いスタンダードルームの部屋を予約したのですが、
ヒルトンオーナーズのゴールド会員という事で、
26階にある、2ダブルベッド(オーシャンビュー)の部屋へとアップグレードしてくれました。
上級会員さまさまです。

部屋の内装

入口から客室の眺め。

窓際にデスク。

ベッド横のサイドテーブル。

ラナイからの眺望

ワイキキでは、海から離れたホテルという事で、
眺望は期待していなかったのですが・・・さすが26階の高層フロア。
オーシャンビューもバッチリ、ビビるくらいの高さ。

前方に視界を遮る建物は一つあるけど、素晴らしい景色。

夕日も綺麗でした。

海だけじゃないので、ワイキキ市街の夜景も楽しめます。

昼間は、ただのビルディングが・・・

夜には綺麗なイルミネーションへと変化する。

夜景を楽しむなら、
ダイヤモンドヘッド側(マウンテンビュー)の部屋も良さそうですね。

コーヒー&ドリンク類

コーヒーは、ヒルトンハワイアンビレッジと同じハワイアンパラダイス。
カップは紙カップのみ。

個人的に、このハワイアンパラダイスのコーヒーは好きじゃない。変な苦みが有り不味い。

冷蔵庫に水が置いてありましたが、基本的には有料(1本3ドル)です。
私はヒルトンゴールド会員なので、無料で頂きましたけど。

アイスペールと共に、ガラスのグラスが収納されてます。

製氷機は各階にあったハズ。ボトルのお酒も冷やしながらいただけます。

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

ヒルトンワイキキビーチは、バスルームがちょっとイマイチ。
トイレとシャワーはガラスで仕切られており、トイレの目の前に洗面所。ちょっと狭い。

バスタオル類は、ガラスの棚。

バスタブが無く、シャワーヘッドのみ。

お湯が出るまで、非常に時間がかかったのは困った。
アメニティ類も安っぽい。メイドインチャイナでリゾート感も有りません。

あと、ちょっと気になったのが、クローゼットがバスルーム内にあったこと。
湿気が充満する中に、衣類をかけるのは、ちょっと嫌でした。

プール

10階に屋外プールがあり、プールサイドにはバーもあります。
上階から見た、プールエリアの全景。渦巻マークが特徴的。

プール入口。入口の右側にルームキーをタップする場所が有ります。

タップしないと扉が開きません。私は仕組みを知らず無理やり入ろうとしてました。恥

プールサイドに有るバー。夜10時まで開放しているので、遅くまでお酒を楽しめます。
昼時のハッピーアワー(12時~2時)は、ビールも安いです。

インスタ映えするようなプールでは無いので、空いてます。

プールの見た目はイマイチですが、逆に空いていてプライベート感が有って良いです。

プールも深く無いので、小さい子供が居るファミリーにも良いんじゃないかと。

Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)

ヒルトンワイキキビーチには、エグゼクティブラウンジが有るので、
ラウンジアクセスのあるプランなら、軽食が食べ放題となります。
ホテル滞在中は、朝食だけでなく、夕方のおつまみも楽しめます。
※ヒルトンゴールド会員でも無料利用できました。
朝食ブッフェがラウンジ提供だからかな?

エグゼクティブラウンジは、地下に有ります。

ドアには鍵がかかっており、ルームキーをかざしてカギを開けます。

エグゼクティブラウンジは、平日と週末で営業時間が異なるので注意です。

エクゼクティブラウンジ(月曜~金曜)

  • 営業時間:午前6時~午後10時
  • 朝食:午前6時~午前9時
  • イブニングププス:午後5時~午後7時

エグゼクティブラウンジ(土曜、日曜)

  • 営業時間:午前7~午後10時
  • 朝食:午前7時~午前10時
  • イブニングププス:午後5時~午後7時

PC、プリンターも使えるので、
旅行情報を調べたり、飛行機のウェブチェックインとかもできます。

食事スペース。

ドリンクバーの種類も豊富。

ティーバッグ類のバリエーションも豊富。

アルコールのみ有料となってます。

エクゼクティブラウンジと考えると微妙なんですけど、
食堂と考えれば良いかなと。

Continental Breakfast(コンチネンタルブレックファスト):朝食

朝食時は、朝食メニューがズラリと並びます。

フルーツ類、野菜やキノコのソテー。

フレンチトースト。

スクランブルエッグ。

ジャーマンポテト的なやーつ。

ウインナー・・・では無く、棒状のハンバーグみたいなやつ。

冷蔵庫に、ギリシャヨーグルト、牛乳。

シリアル類。

おかゆと、ふりかけ類。

パン、ベーグル。

クロワッサン、デニッシュ、スコーン。

マフィン、パウンドケーキ、カップケーキ。

ハチミツ、ジャム、バター、調味料類にオレンジジュース。

ベーグルとクリームチーズあれば満足。ギリシャヨーグルト激うま。

ハワイという事で、フルーツ類が美味しい。食べまくり。

フレンチトースト、スクランブルエッグはイマイチでしたが、
パン類は、全部ハズレ無し。なんだろう全体的に濃くて美味しいよね。

パン類は種類も豊富だし、これだけで楽しめました。

Evening Pupus(イブニングププス)おつまみ

夕方の時間帯に提供される、おつまみメニュー。
おつまみという事で、期待してませんでしたが、食事として満足度高いです。

ブロックチーズ、ブドウ、クラッカー。

スティックサラダ、生野菜とチーズディップ。

ミートマカロニ。

春巻きみたいなやつ。春巻きというより、肉巻き。

春巻き後には、揚げ餃子にスイッチしてました。

クッキー、ポテトチップス、豆。

調味料類。

夕暮れ時に、そこまで腹減ってないのに盛り過ぎた感。

パスタも点心もクッキーも、見た目以上にちゃんとしてました。

餃子もおいしい。チリソース好きなんで・・・かけたら何でも旨くなる安い舌。

朝食、おつまみ共に、レストランのような食事は期待してはいけませんが、
あくまでオマケと考えるなら、十分満足いく内容では無いかと。
ハワイは物価も高いですからね。
ドリンク飲み放題、サラダ、フルーツが食べ放題だけで、私は大満足さ。

宿泊した感想&まとめ

ヒルトンワイキキビーチの最大のメリットは、
宿泊料金が安いという事。
ワイキキ周辺のホテルって、1泊40ドルオーバーのリゾート料金も当たり前だから。

ホノルル(オアフ島)でオススメの4つ星高級ホテル。

ヒルトンハワイアンビレッジに比べると、全体的にリゾート感は薄れますが・・・

Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort(ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート )宿泊レビュー。

ヒルトンワイキキビーチは、ワイキキ中心地に有り、どこへ行くにもアクセスは抜群。
トロリーやTheBus停留所も目の前なので、どこへでも行けます。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

JCBカードユーザーなら、トロリーのピンクラインも無料ですからね。
ワイキキ周辺の移動も歩かなくて済みます。

JCBカードでピンクライン(ワイキキトロリー)を無料利用する方法。

ABCストアも向かい側にあるので、買い出しにも困りません。

海からは、若干離れますが、それでもワンブロック。
それだけで安いし、リゾート料金も格安なので、だいぶ安く感じます。

ハワイのヒルトンホテルとなると、ヒルトンハワイアンビレッジが有名なので、
ヒルトンワイキキビーチに泊まる日本人は少ないっていう。
実際、私が宿泊した時も、日本人は見かけませんでした。

ホテルでは団体客も少なく、騒がしくないので、
ホテルで落ち着きたい人にもオススメ。
日本語対応は有りませんが、
スタッフは4つ星ホテル故に親切丁寧なので、拙い英語でも全然OKです。

また、ヒルトンオーナーズの上級会員にもオススメ。
ヒルトンオーナーズ特典をしっかりと受けられるという点で、
コストパフォーマンスは高く感じました。
なんちゃって上級会員の私にとって、
エクゼクティブラウンジ無料は、マジ嬉しかったっす。
そんなにエグゼクティブでは無いですけど。

その他「ヒルトン・ワイキキ・ビーチ」情報

  • リゾート料金:29ドル+税
  • チェックイン:午後3時
  • チェックアウト:午前12時
  • 有線LAN・無線LAN(Wifi):有料
  • 駐車場:バレーパーキング1日35ドル
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる