Outrigger Waikiki Beach Resort(アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート)宿泊レビュー

Pocket
LINEで送る

ワイキキにある、オーシャンフロントのホテルといえば、アウトリガーホテル。

アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートが良かったので、

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートにも宿泊してきました。

DSC03044

ワイキキには、アウトリガーホテルが2カ所あり、

どちらも名前が似てるから間違えるんだけど、どちらも素晴らしいホテル。

アウトリガーワイキキビーチも間違い無かったです。

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートの詳細情報

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートの外観&ロビー

クリスマスシーズンに滞在したので、クリスマスの装飾が施されてます。

DSC02386

ロビーは2階にあるので、入口から2回へ上がる。

DSC03518

2階へ上がると、すぐチェックインカウンターが見えてきます。

DSC03217

ロビーは、人も少なく落ち着いた雰囲気。

1階に無いので、人の行き来も少ないし、

日本人ツアー客っぽい人も見かけないのもGoodだね。

 

チェックインは座って手続き。日本語には未対応。

アウトリガーは、座ってチェックイン手続きとなります。

宿泊者には、様々な特典も有るので、この時説明を受ける。

DSC03158

ウェルカムドリンクと冷たいおしぼりのサービス。

DSC03161

この辺のサービスも、アウトリガーで共通っぽい。相変わらず美味しいジュース。

 

アウトリガーリーフには、日本語専用カウンター有ったけど、

アウトリガーワイキキには、日本語カウンターは無し。

ただ、カタコトの日本語で、ところどころ説明してくれました。

日本語対応スタッフも少ないって話です。

 

エレベーターはカードキータップ&入力タイプ。

エレベーターは、カートキーをかざして、

宿泊フロアを事前に入力するタイプです。

DSC03214

エレベーターに乗る前に、階数を指定するので、

エレベーター内には開閉ボタンくらいしか有りません。

DSC03170

客室フロアの廊下です。

DSC03171

 

宿泊した部屋の雰囲気と設備。

私が宿泊したのは、15階のオーシャンビューダブルベッドの部屋。

アウトリガーワイキキは、海が目の前なんですが、

両サイドにもホテルが有る為、眺望に期待するなら、

オーシャンフロントの部屋を希望するのが良いかと。

シティビュー、パーシャルオーシャンビュー、

オーシャンビュー、オーシャンフロントの順で眺望は良くなります。

その分、値段も高額になりますけど・・・

 

特にモアナサーフライダー側は、建物同士が非常に近いので、

海から離れた部屋となってしまうと、

海もダイヤモンドヘッドも、ほぼ見えなくなるっていう。

 

部屋の内装

部屋の入口側から室内の眺め。

DSC03188

窓側から室内の眺め。

DSC03197

窓側にソファ。

DSC03199

ベッド横サイドテーブルに電話。

DSC03190

窓際にデスク。

DSC03193

客室から外の景色。海が目の前だけあって、一面が青色です。

DSC03556

 

ラナイからの眺望。

DSC03554

オーシャンフロントでは無く、オーシャンビューの部屋なので、

海に対して、横向きとなる部屋となります。

DSC03204

海が目の前ってのは気持ちが良いですが、全部海っていうワケでは無い。

DSC03205

夜は、若者がボートで騒ぐ声が聞こえ、1階DUKE’S WAIKIKIの音楽も聞こえます。

良くも悪くも騒がしく賑やかです。

DSC03374

客室から街側の景色。

DSC03375

お隣のホテル「モアナサーフライダー」側の部屋だったので・・・

モアナ宿泊客と目があうとちょっと気まずい。

DSC03208

室内もお互い丸見えなんで・・・ちょっと気を遣いました。

 

コーヒー&ドリンク類&アメニティ類

コーヒーはライオンコーヒー。

DSC03174

水ボトルもリゾートフィーに含まれてるので、1日2本無料で頂けます。

DSC03192

水は冷やしてないので、冷蔵庫の中身は空っぽでした。

DSC03185

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは、

「COCONUT LIME(ココナッツ ライム)」というブランド。

DSC03175

アメニティ類は、アウトリガーリーフホテルと一緒ですね。

歯ブラシは無いので、持参必須です。

 

クローゼットは部屋の中に2カ所もあり、部屋の内側に1個。

DSC03186

入口横にも広いクローゼット。

こちらには、バスローブ、スリッパも有りました。

DSC03173

スリッパのポイントは高いですね。

 

洗面所&バスルーム&トイレ

洗面所は、バスルームと仕切られてます。

DSC03176

トイレ&バスルーム。トイレはウォシュレット無し。

DSC03172

一応、バスタブが有りお湯は貯められますが、半身浴程度の深さ。

DSC03179

シャワーヘッドはイマイチ。水量も弱かったです。

DSC03177

ドライヤーも可も無く不可も無く。

DSC03184

 

リゾート料金は1泊30ドル+税だけど、クーポン&特典が豊富。

アウトリガーホテルのリゾート料金は、「ワイキキ・コネクション・フィー」という名称。

1泊1室あたり30ドル+税税込31.41ドルですが、様々な特典やクーポンも多々貰えます。

DSC03206

無料WiFi、無料電話、子供の朝食無料、ミネラルウォーター2本、

ワイキキコネクショントロリーが乗り放題、40軒以上のクーポン・・・

説明によると、1日75ドル相当の価値らしいです。

 

アウトリガー特製トートバックもリゾート料金に含まれてますので、持ち帰りOK。

DSC03200

他のホテルよりは、得した気分にはなれるかも。

ちなみに、アウトリガーリーフホテルも一緒です。

Outrigger Reef Waikiki Beach Resort(アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート)宿泊レビュー。

 

ホテルからビーチへのアクセスが最高。

アウトリガーワイキキホテルは、ホテルとビーチが直結しています。

DSC03515

DUKE’Sの脇を抜ければ、ビーチが見えてきます。

DSC03514

階段を降りれば、すぐ砂浜です。

DSC03499

 

ホテルの脇にもビーチへつながる道が有ります。サーフボードが並ぶフォトスポット。

DSC03487

早朝は、ホテルを出てビーチの朝散歩もオススメ。

DSC03503

夕方には、サンセットも拝めます。2階レストラン「フラグリル」からのサンセット。

DSC03281

フラグリルは、料理も美味しく高過ぎないのでオススメ。

 

サンセットでディナーとか最高ですが、

サンセット時は、1階のDUKE’S(デュークス)も、2階フラグリルも超混み合います。

事前予約必須。オンラインなら日本語で予約できます。

デュークス ワイキキ レストラン

フラグリル

 

荷預けするならベルデスク

チェックイン前や、チェックイン後に荷預けしたい場合、

ホテルの入り口にて荷物を預かってくれ、受取用のチケットを渡してくれます。

DSC03210

荷物は、預けた場所(ホテル入口)では無く、

1階にあるベルデスクにて受け取ります。

DSC03517

ちょうどロビーの下あたりに位置するので、ホテル入口からは、ちょっと奥の方。

チェックイン後に荷物を受け取る場合、客室フロアから1階へそのまま降りれば、

ベルデスクがすぐ目の前となります。

 

24時間使えるコインランドリー。

ワイキキのホテルで有りそうで無いのがコインランドリー。

アウトリガーリーフホテルにも、コインランドリーが有りましたが、

アウトリガーワイキキホテルにも、1階にコインランドリーが存在します。

DSC03485

洗剤も自動販売機で購入できます。

DSC03483

ホテルのランドリーサービスって高いし、使うのにも抵抗が有るから、

コインランドリーってのは、意外と有難いサービスなんじゃないかと。

 

宿泊した感想&まとめ。

モアナサーフライダーの横に有る、アウトリガーワイキキ。

カラカウア通りに面したホテルであり、ワイキキビーチも目の前。

正にワイキキど真ん中という立地。なにをするにも完璧のホテルでした。

リゾート料金は取られるけど、クーポン、ワイキキコネクション、バッグと特典も多いです。

 

日本語スタッフは少なく、日本語対応は期待できませんが、

その分、日本人観光客も少ないので、ハワイっぽいという面でもオススメ。

1階のDUKE’S、2階のフラグリルとレストランもハズレ無い。

 

ただ、低層階の客室は注意。

ビーチが近く、1階には生演奏のDUKE’Sも有るので、

騒がしいのが苦手な方は、高層階を指定しましょう。

DSC03496

私は15階でしたが、それでも窓を開ければ、若者達の騒ぎ声が聞こえましたから。

騒がしいのは騒がしいので、リゾートっぽいんですけどね。

 

アウトリガーリーフホテルに比べると、

ワイキキ中心地に有るせいか、若干宿泊料金も高くなってる気がしますが・・・

※別途、1泊1室30ドル+税のリゾート料金が取られます。

 

やはり、他の4つ星ホテルに比べると格安な感じ。

海が目の前のホテルにしては、安いと思います。

ホノルル(オアフ島)でオススメの4つ星高級ホテル。

 

アウトリガーはどちらのホテルも立地は素晴らしく、

基本的にサービスや、宿泊特典、アメニティ類も変わらないので、好みの問題。

Outrigger Reef Waikiki Beach Resort(アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート)宿泊レビュー。

私は、アウトリガーリーフの方が好きだけどね・・・

 

その他「アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート」情報

  • チェックイン:午後3時
  • チェックアウト:午前11時
  • 有線LAN・無線LAN(Wifi):無料 ※リゾート料金に含まれてます。
  • 駐車場:バレーパーキング38ドル
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です