成田空港 第1ターミナル 有料ラウンジ「Narita TraveLounge(ナリタトラベラウンジ)」レビュー。

成田空港ナリタトラベラウンジ

成田空港に新しくできた有料ラウンジ「ナリタトラベラウンジ」。

第一ターミナルの出国後エリア(制限エリア)に有るということで、

搭乗ギリギリまでゆっくりできるラウンジ。

 

有料ラウンジなので、お金を払えば誰でも利用可能なのですが、

意外と利用者は少なく、ラウンジ内もガラガラ。

航空会社ラウンジのような混み混みした感じもなく、

意外と快適に過ごせませましたので。

ナリタトラベラウンジの営業時間と利用料金

ナリタトラベラウンジの利用料金は大人一人1,200円

子供は半額の600円6歳未満は無料で利用可能。

エティハド航空の指定ラウンジでもあり、

一部ツアーでも利用可能となっている模様です。

DSC05197

Narita TravLoungeの基本情報

  • 営業時間:6:30~9:30
  • 大人料金:12歳以上1,200円
  • 子供料金:6歳~11歳600円 ※6歳未満は無料

 

お金を払うと、再入場用のラウンジ券を貰えるので、

当日中は出入りも自由となります。

DSC05202

ラウンジ内にはトイレが無いので、

トイレを利用する際も、このチケットが必要ってわけです。

ナリタトラベラウンジの内観

ナリタトラベラウンジ入り口。

DSC05222

プライオリティパスカードのようなデザインですが、

プライオリティパスでは利用できませんので、間違えないように。

プライオリティパスで使えるのは、隣のKALラウンジです。

 

ラウンジ入って、左手の休憩スペース。

DSC05200

更に奥にも休憩スペース。

DSC05219

新しいだけ有って、ラウンジ設備も綺麗。

DSC05213

左手奥、窓際の休憩スペース。

DSC05212

右手奥に、ダイニングコーナー。

DSC05207

右側の窓際スペース。ゆったりめのソファ。

DSC05220

ソファは窓向きに並んでおり、窓からの眺めも綺麗です。

DSC05211

ナリタトラベラウンジの食事メニュー

ナリタトラベラウンジの利用料金に含まれるのは、

基本的にソフトドリンクバーのみ。

ただ、ラウンジ内には、おつまみ系スナックも置いてあるので、

柿の種、ポップコーン、M&M的なチョコなら食べ放題できます。

DSC05215

 

お食事メニューは別料金。

ちょっとお高めですが、空港ラウンジ料金と考えれば妥当かと。

DSC05210

TraveLounge 食事メニュー

  • カレー:800円
  • パスタ:800円
  • 牛丼:600円
  • かき揚げそば:500円
  • サンドウィッチ:350円
  • おにぎり:350円
  • パン3種セット:400円
  • スープ各種:300円
  • サラダ:200円
  • 味噌汁:150円
  • ケーキ:400円

食事メニューは、ANAケータリングが提供ということで、

ANA SUITE LOUNGEのオーダーメニューと似たような感じ。

成田空港ANAスイートラウンジ(国際線)レビュー。第4サテライトと第5サテライトの違い。

 

食事メニューは、食事カウンターに並んでますが、

料金は事前にラウンジ入り口の受付で支払うシステムとなってます。

DSC05198

ナリタトラベラウンジのドリンクメニュー

ラウンジ利用料金に含まれるソフトドリンクメニュー。

トマトジュース、オレンジジュース、定番のドリンクバーマシーン。

DSC05217

エスプレッソマシーンは、液晶パネルタイプ。

コーヒー、アメリカン、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテ、カフェモカだけでなく、

アイスコーヒー、アイスカフェラテ、アイスカフェモカ、アイスココアもイケます。

DSC05203

紙コップだけでなく、グラスや陶器カップも置いてある。

DSC05218

ティーバッグ類はTWINGSで4種類。

DSC05216

 

アルコールは、別料金となっており、

ビール、ハイボール、日本酒、ワインが注文できます。

TraveLounge アルコールメニュー

  • 生ビール550円
  • ハイボール500円
  • 赤ワイン600円
  • 白ワイン600円
  • 日本酒500円

これも料理同様、受付にてお金を支払う仕組みです。

ナリタトラベラウンジその他設備

新聞・雑誌類。

英字新聞も有りますが、日本の新聞、ビジネス雑誌がメイン。

DSC05214

ラウンジ内には、コンセントが至るところにあり、USB給電も可能です。

DSC05206

ラウンジ内ではWiFiも使えるので、パソコンも快適に使えます。

カウンター席が有るのも、地味に嬉しいポイント。

ソファ席は、地味に腰にきますからね。

ナリタトラベラウンジの場所

ナリタトラベラウンジは、出国審査を抜けた後、

第1ターミナル中央26番ゲート付近に有ります。

成田空港第1ターミナルナリタトラべラウンジの場所

※クリック&タップで拡大します。

 

26番ゲート前からだと、真っ直ぐ進んだ突き当り。

DSC05194

KALラウンジの隣、マクドナルドやセブンイレブンの近くです。

DSC05306

ナリタトラベラウンジの感想

誰でも利用できる有料ラウンジということでしたが、

下手な航空会社ラウンジよりも全然良かったです。

とにかく空いていて綺麗。滞在するだけならこれ以上無い環境でした。

 

有料といえども一人1,200円だし、

プライオリティパスの年会費に比べたら断然安いですからね。

クレジットカードで無料発行しても、最低年間1万円はかかるし。

プライオリティパス特典が付帯するクレジットカード。同伴者無料カード、家族カード発行の比較まとめ。

 

プライオリティパスで利用できるKALラウンジは、

狭くてスッゲー混んでるし、なんだか汚いですからね。

成田空港 第1ターミナル大韓航空「KALラウンジ」レビュー。

DSC05361

 

特に同伴者が居る場合、プライオリティ・パスは高くつきます。

プライオリティパスの使い方と注意点。同伴者料金と子供料金について。

2歳以上の子供の為に、同伴者料金2,000~3,000円払うなら、

NaritaTraveLoungeの方が、断然安上がり。

11歳までは600円6歳未満は無料、家族で利用するにも悪くない。

プライオリティ・パスは、孤独なトラベラー向けですから。

プライオリティパスの必要性。使って気づいたメリット・デメリット。

 

中途半端に食べ放題、飲み放題するよりも、

しっかりした料理も食べられるし、満足度も高い。

 

トイレが無いのが難点ですが、

まぁ、そのおかげで再入場もできるわけで、

ゆっくりするならお金を払う価値はあるなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です