大韓航空 成田→仁川(ソウル)→羽田 エコノミークラス搭乗レビュー。B747-8(74H)とB737-900(739)の比較と違い。

大韓航空機内食(インチョン)

大韓航空を利用して、本国韓国ソウルへ。

大韓航空はスカイチーム系の航空会社ですが、

日本⇔韓国間の日韓全便でJALとコードシェアも実施中。

JAL経由で大韓航空を利用する人も多いかと思います。

 

韓国の航空会社ということで、

正直、あまり良い印象はありませんでしたが、良い意味で裏切られた感じ。

欧米系の航空会社に比べたら、全然良かったです。

仁川路線で搭乗した機材(B747-8、B737-900)

今回、私が搭乗した便は、

往路が成田14時00分発 → 仁川16時50分着。

KE704便(JL5205) 2階建ての大型機ボーイング747-8(74H)。

DSC05440

 

復路は仁川20時40分発 → 羽田22時50分着。

KE719便(JL5256)、こちらは残念ながら古い機材ボーイング739(737-900)でした。

DSC06713

往路は飛行時間2時間50分であり、

復路も飛行時間2時間10分と、どちらも短いフライトでしたが、

いずれも、しっかりと機内食が出ました。

成田→仁川の機内食(往路)

往路は午後2時成田発のフライトなので、

ランチというよりも、早めのディナーメニュー。

 

短距離ということで、ちょっと忙しい。

離陸小一時間程度のシートベルトサインが消えるとともに料理提供。

ドリンク提供も同じタイミングでした。

料理は選べず、一種類のみ。

DSC05422

パッケージオープン。

DSC05425

甘辛いチキンです。チキンの照り焼きというよりは、プルコギ味。

にんにくが効いているソース。肉はたんぱく。普通味。

DSC05433

サラダは大きな海老が3匹。プリプリで美味しい。

DSC05435

バルサミコドレッシングで頂きました。

DSC05430

デザート?は梅ゼリー。日本のチョーヤ製品でした。

DSC05436

仁川→羽田の機内食(復路)

復路は午後20時40分のインチョン発のフライトなので、

ディナーというよりも、夜食メニュー。

2時間のフライトなので、往路よりも更に忙しい。

こちらも食事の提供とともに、ドリンク提供でした。

DSC06725

パッケージオープン。

DSC06730

韓国のり、デザート扱いのチョコ菓子。

DSC06726

プルコギですかね。甘辛い肉野菜炒め。

DSC06734

大根キムチのセンチェ。辛い。

DSC06731

大韓航空エコノミークラス(仁川)のドリンクメニュー

韓国ソウルという短いフライトでしたが、

国際線ということで、アルコールメニュー無料でした。

DSC06740

ソフトドリンクは、定番のジュース類に、紅茶、コーヒー。

アルコールメニューは、ビールと赤白ワインと言ったところ。

ビール銘柄は3種類有り、

日本のアサヒビール、バドワイザー、韓国ビールでした。

DSC05431

大韓航空では、長距離路線も乗りましたが、

ドリンクメニューは変わらずといった印象。

お代わりも自由ですが、距離が短いと忙しいので・・・ね。

大韓航空エコノミークラス(仁川)の座席&設備

ボーイング747-8(往路)

往路は大型機材のボーイング747-8。

設備も新しく、座席も広くて快適でした。

DSC05385

DSC05396

座席スペース。JAL SKY SUITE並に広いんじゃないかな。

DSC05397

足を伸ばす余裕も有ります。

DSC05400

ヘッドレストも調整可能。

DSC05410

エンターテイメントディスプレイも大きい。

DSC05407

リモコンの裏側はキーボード。

DSC05421

USB給電可能。

DSC05406

座席下には、全世界対応コンセント。座席の間に一つです。

DSC05404

ひじかけにイヤホンジャック。

DSC05402

リクライニングボタンも肘掛けについてます。

DSC05401

エンターテイメントの言語は4カ国対応。

ハングル、英語、日本語、中国語。

DSC05415

ただ、日本語対応の映画は多くなく、

作品数も全体的に少ない感じがしました。

DSC05416

ボーイング737-900(復路)

残念ながら、復路は古い機材737-900(ボーイング739)でした。

DSC06709

座席に座る前から、狭さを感じます。

DSC06711

座席の隙間もギリギリ。

DSC06716

エンターテイメントモニターも有りません。

DSC06719

テーブルは折り畳めないタイプ。

DSC06718

下ろすともう・・・キツキツです。

DSC06717

ヘッドレストも可動しないタイプ。

DSC06722

肘掛けも電車みたい。

DSC06721

まぁ、狭かったんですけど、ガラガラだったんで隣2席も空席。

非常に快適でしたけどね。

大韓航空エコノミークラス(仁川)のアメニティ類

アメニティ類は、枕とブランケット。あとはイヤホン。

DSC05411

よくある密閉型イヤホンです。ヘッドフォンより良い。

DSC05414

復路はエンターテイメントが一切無しなので、イヤホンも無し。

大韓航空でインチョン便を利用した感想

大韓航空は、創業家の変なニュースも有ったり、

成田の大韓航空ラウンジもイマイチだったりと、

成田空港 第1ターミナル大韓航空「KALラウンジ」レビュー。

 

ちょっと不安が有ったのですが・・・

機内サービスの質は高いと感じました。

2時間~3時間程度のフライトで、

食事も出るし、アルコールも楽しめる。

スタッフも丁寧で、日本のサービスに通じるものを感じました。

 

この後、インチョンからホノルル便にも搭乗したのですが、

やはり全体的にサービスの質は高く、機内食も美味しかったです。

大韓航空 仁川(ソウル)⇔ホノルル(ハワイ) エコノミークラス B747-8(74H) 搭乗レビュー。

 

それでいて、日本の航空会社に比べると格安ですからね。

制服もオシャレで、スタッフの身長も高く、

モデルのような人が多かったのも好感。

イケメンに美人が多かったので、目の保養にもなりました。

 

大韓航空は、スカイチーム系の航空会社なので、

デルタアメックスゴールドカードで上級会員扱いされるのも良いところ。

上級会員なら、成田でKALラウンジだけでなくデルタスカイクラブも使えるし、

日本でスカイチームラウンジが使える場所。デルタ航空ゴールドメダリオン会員での利用方法。

インチョン空港でも、本国KALラウンジが堪能できるわけ。

 

上級会員ということで、大韓航空では往路も復路も、

スタッフがカタコトの日本語で挨拶しにも来てくれました。

スカイチームは、全然利用してないので恐縮なんですが・・・

まぁ、気を遣っていただけるのは悪くないもんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です