ユナイテッド航空 国際線エコノミークラス搭乗レビュー。成田→ホノルル直行便。

Pocket
LINEで送る

日本からハワイへ直行便は沢山あるけれど、

何かと話題のユナイテッド航空(United Airlines)を利用してみました。

 

往路は、成田19時発→ホノルル6:50着のUA902便。

機体(機材)は、ボーイング777-200(B777)です。

 

ユナイテッド航空は、あの事件以来、

目に付くのは悪い口コミばかり。

評判も決して良いとは言えませんが、そこまで酷いとは思わぬ私。

エコノミーごときで文句は言えないかなぁーってことで、

今回も搭乗レビュ―しときます。

エコノミーとエコノミープラスの座席の違い。

毎度恒例、サプライスで購入した激安航空券エコノミークラスで、

「運賃クラス:United Economy(L)」で、エコノミーでも安い航空券だったんだけど・・・

KS003123

なんか座席が微妙に広く、あれ?前の方?

DSC05526

・・・って思ってたら、エコノミープラスなる表記がありました。

DSC05535

電話で事前に座席指定した時に、無料でエコノミープラスの席にしてくれた不思議。

旅行代理店で購入した格安航空券で座席指定・変更する方法。

既にオーバーブッキングだったのかな?

復路の方も、事前には座席指定不可で、搭乗日に座席が決まったんだけど・・・

やっぱりエコノミープラスでした。

DSC08074

しかも前の方の通路側、いぇーい。

DSC08053

ユナイテッド航空のエコノミーと、エコノミープラスの違いは、

座席ピッチが微妙に広いというだけ。他のサービスや設備は全く変わりません。

 

ユナイテッド・エコノミープラス

  • シートピッチ:86cm(34インチ)
  • 座席リクライニング:12cm
  • 座席幅:45.9cm(18.1インチ)

ユナイテッド・エコノミー

  • シートピッチ:78cm
  • 座席リクライニング:10cm(4インチ)
  • 座席幅:43.6cm~45.9cm(17.2インチ~18.1インチ)

 

通常は、成田→ホノルル間で、

片道120ドル前後(約1万円~1.5万円)でアップグレードしてくれる模様。

ユナイテッド航空の上級会員は、

追加料金不要でエコノミープラスに無料アップグレードしてくれるみたい。

私は、スターアライアンスの上級会員でもないんだけどね。

 

ユナイテッド航空の「エコノミープラス」は、

他航空会社でいう「プレミアムエコノミークラス」とは異なります。

似たような名前で、ややこしい。

エアカナダのプレミアムエコノミーとも全然違ったから。

エアカナダ プレミアムエコノミー搭乗レビュー。エコノミークラスとの違い。

 

搭乗優先も無いし、料理も変わらないし、座席の設備も一緒。

シートピッチが約8cm広くなるので、若干足元が広く使える程度の違い。

あと、強いて言うなら、座席が前の方になるので、

確実に料理が選択できるという事と、早く降りられるという事くらい。

DSC05562

足元にフットレストすらも有りませんでした。

DSC05554

座席シートにも「Economy Plus」の文字が有りますが、エコノミーとほとんど一緒。

DSC05533

一応ヘッドレストは、左右を持ち上げることが可能ですが・・・

DSC05536

座り心地は、大して変わらないんじゃないでしょうか?

 

ユナイテッド航空 エコノミークラスの設備について。

座席ピッチ以外は、エコノミーと一緒という事で、

席には小さいまくらと、毛布があり、イヤホンが貰えるだけ。

DSC05531

イヤホンの質は他社と変わらず、使いたくは無い品質。

DSC05532

 

座席に付いているエンターテイメントディスプレイは、古く感じました。

一応日本語には、対応していますが、タッチ感度も非常に悪い。

DSC05555

USB給電も付いてないので、スマホやタブレットの充電も不可。

楽しめるコンテンツも少なく、フライト情報等の確認もできない・・・

エアカナダのエコノミーの方が、設備は断然良かったな。

エアカナダ エコノミークラス搭乗レビュー。成田→バンクーバー直行便。

 

ユナイテッド航空エコノミークラス機内食レビュー。

ユナイテッドに限らず海外の航空会社は、食事の評判があんまりよくない。

エコノミーという事で、基本的にはあまり期待はしないんだけど。

どんなもんだったか。参考までに。

 

往路のディナーメニュー(夕食)

成田→ホノルル便は、午後7時出発という事で、

最初のメインコースが夕食として提供されます。

選べるのがチキン or ビーフではなく、チキン or パスタでした。

 

チキンメニューは、チキンのソテーと白飯。

DSC05546

パスタはマカロニタイプのトマトソースっぽいやつ。

DSC05547

ベジタブルとパンは、どちらを選んでも一緒。

肝心の味は、可もなく不可もなく。

美味しいというものでは無いですが、マズイというものでも有りませんでした。

マカロニはレトルトの味、食感も微妙だったので、

チキンの方が少しは料理っぽかった気がします。

 

食後にはプレミアムデザートが有るのがユナイテッド航空。

各地の名物デザートを用意しているという事で・・・バニラアイスでした。

DSC05538

このアイスが一番おいしかった。一緒にペットボトルの水も頂けました。

 

往路のブレイクファースト(朝食)

成田→ホノルル便は、7時間のフライトという事で、

到着前に軽食も配膳されます。

パン(クロワッサン)とジャム&バターとヨーグルト。

DSC05550

パンは、ほんのり温かく、意外と美味しかった。

ヨーグルトもグリコの朝食りんごヨーグルトなんで、美味しいよ。

朝食というよりも軽食なので、オマケな感じ。

無理して食べる必要は無いとは思うけど。

 

復路のランチメニュー(昼食)

ホノルル→成田便は、10:35分出発なので、最初の食事が昼食となります。

選択肢を忘れてしまったんだけど・・・チキン or ビビンバだったような。

確かビビンバだったハズ。想像と違うものが出過ぎてビックリ。

中華風の炊き込みご飯のなりかけみたいなやつで、全然美味しくなかった。

DSC08055

こちらが、鶏肉メニューだった気が。両方ライスでした。

DSC08056

中華風の味つけは意味わかんないので、トマトっぽいやつの方が全然上手い。

DSC08064

サラダとパンは共通。

キアヌサラダかな?

キアヌは元々癖の有る食べ物だとは思うけど、ちょっと厳しい味でした。

DSC08059

やはり、一番オイシイのは食後のデザート。帰りもバニラアイス。

DSC08065

Tropilicious Ice Cream & Sorbet(トロピリシャス・アイスクリーム&ソルベ)。

DSC08069

メイドインハワイのアイスクリームで、独特な食感も美味しかった。

 

復路2回目のおやつ的な食事(軽食)

帰路は9時間20分のフライトなので、往路よりもお腹が空いているのですが、

出てくるものは同じ、軽食程度で内容もほぼ一緒でした。

DSC08072

ヨーグルトが海外ブランドのイチゴのヨーグルトで美味しかった。

ジャムも苺という。

食事というよりも、おやつですね。

 

ユナイテッド航空のドリンクメニュー。

食事の際に選べる飲み物は、基本的なソフトドリンクは有りました。

水、コーヒー、紅茶、ジュース、炭酸飲料・・・色々選べます。

ほとんどのフライトで以下のお飲み物のサービスがございます。

  • コカコーラ、コカコーラ・ゼロ、ダイエットコーク
  • スプライト
  • スプライト ゼロ
  • ダサニ・ライムスパークリングウォーター
  • ダサニ・ボトルウォーター
  • ミニッツメイド:アップルジュース、クランベリーアップルジュースカクテル、オレンジジュース
  • Mott’s®トマトジュース
  • Mr & Mrs T®ブラッディマリーミックス
  • シーグラム:ジンジャーエール、セルツァーウォーター、トニックウォーター
  • イリーダークローストコーヒー(レギュラーおよびカフェイン抜き)
  • ホットティー

機内のお飲み物リスト | United Airlines

 

アルコールに関しては、基本的に有料でしたが・・・

2015年6月より、エコノミークラスでも、

長距離国際線(ハワイを含む)で、ビールとワインが無料となったようです。

ビールとワインが無料に
新コースメニューの機内食サービスとともに、ビールとワインを無料で提供します。また機内では、乗客一人一人に水をペットボトルで提供します。なお、引き続きハーフボトルのプレミアムワインやスピリッツ類については、購入が可能です。

ユナイテッド航空、長距離国際路線エコノミークラスの機内食を一新

とはいえ、私は有料だと思っており、

アルコール飲料は頼んでませんので未確認。

 

ユナイテッド航空のサービスとスタッフの質について。

ユナイテッド航空は、日本語スタッフ常駐との事でしたが、

ハワイ便という事もあり、予想以上に日本語が話せるスタッフも多かった。

話せないスタッフも、日本語でなんとなく通用してしまいました。

フライトアテンダントも日本人慣れしている印象。まぁ楽です。

 

サービスという点では、それほど悪いという事でも無く、いたって普通。

良いという事では無く、エコノミーではこんなもんかな・・・って感じ。

 

例えば、ドリンク提供する時以外に、ドリンクを頼んだとしても、

「後でドリンクを聞きに来るから」っていう事で、断られてました。

皆が片づけてる時以外に「片付けて」とかも基本無理だし、

お客さんに合わせるとかは無い。

スタッフは、常に忙しそうで、実際忙しいのだと思います。

まぁ、イレギュラー対応には期待できない。

その分、航空券料金も安いんだから、致し方無い。

 

ユナイテッド航空の特徴。オーバーブッキング問題について。

日本からハワイ直行便が出ている航空会社は、多々あるのですが、

わざわざユナイテッド航空を選んだ理由としては、

ほどよく格安で、フライト時刻が丁度良いという事。

日本の夜出発して、ハワイの早朝に到着。

帰りも日本の夕方に着くので、スケジュールが組みやすい。

荷預けは1個しか・・・っていう話を聞いていたのですが、荷預けも2個まで無料でした。

 

実際利用してみて、機内には日本語も通じるスタッフも多かったので、

サービス云々は置いといて、言語での不安が無いのは良いと思う。

 

直近で、ユナイテッド航空のオーバーブッキングが問題になってましたが、

基本的に、オーバーブッキングはどこの航空会社でもやっている事。

ただ、その比率が、他社航空会社よりも、ちょっと多いのかなという印象。

 

なんか搭乗ゲートに人だかりが有るなぁ~なんて思ってると、

ユナイテッド航空だったりする事が多い。

出発が遅れがちなイメージも有る。もちろん個人の印象ですが。

 

私は、ハワイ便で利用したのですが、

やはり往路、復路の両方でオーバーブッキング。

調整で搭乗開始も遅くなり、搭乗完了もズレ込んでいました。

そうなると、滑走路から飛行機が飛び立つ順番も遅くなり、

結果的に、到着時刻に大幅な遅れが出る。最低でも30分は遅れてた。

 

ただ、ユナイテッド航空は格安とはいえ、

ローコストキャリア(LCC)では無いので、

目的地への到着は保証してくれるという事。

 

オーバーブッキングとなった場合は、搭乗クラスのアップグレードにて対応。

それでも無理なら、ボランティアを募り、

他航空会社への振替に応じてくれた人には、報酬を払ったり、

翌日便になる場合は、ホテル宿泊費も負担してくれるというもの。

 

ユナイテッドの帰国便でチェックインする際も、

オーバーブッキングの可能性という事で、別のフライトへの変更を提案されました。

トラベルサーティフィケートは、アメリカドル換算で最低金額300ドルでした。

DSC07914

私はボランティアしませんでしたが、帰路は遅れもなくスムーズに帰れてます。

 

そもそも、国際線では、搭乗クラス(エコノミー、ビジネス、ファースト等)も多く、

アップグレードで補える事が多く、他航空会社便への振替は非常に少ない。

私がエコノミープラスにアップグレードされたのも、そういう理由だろう。

以前、エアカナダでもオーバーブッキングで、アップグレード対応されてます。」

飛行機の座席番号がGTE。オーバーブッキングで搭乗できない可能性と座席確定までの流れ。

 

アメリカで問題となった事件は、あくまで米国の国内線での出来事。

ボランティアしてくれる乗客には、謝礼として800ドルも提示。

実際3人がそのボランティアに応じており、

最後の1人が抵抗し、それを無理やり降ろして問題となってるだよね。

その被害者の過去も色々あるようで・・・

 

皆さん、思うところは有るでしょうが、

具体的な内容を拝見する限り、私には関係の無さそうな話だなと感じました。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です