ホノルル(ワイキキ周辺)のステーキ店を食べ比べ。勝手にオススメランキング。

ハワイオススメのステーキ店まとめ

ハワイに行く度に、私が必ず食べるのがステーキ肉。

アサイー、ガーリックシュリンプ、パンケーキ、エッグベネディクト・・・

ハワイ名物は様々ありますが、私はやっぱりステーキ肉。

 

ステーキ肉は、ちょっとゴージャスな熟成肉から、

お手軽テイクアウトでも、アメリカンな牛肉まで。

ステーキに目がない私も、人気店を食べ歩いて来ましたので、

今回もオススメ順に、勝手にレビューしておきます。

レストラン系のステーキ店舗

d.k ステーキハウス

ドライエイジングビーフが格安に食べれるステーキ店が、

ワイキキビーチマリオットホテル内に有る「d.k ステーキハウス」。

熟成肉といえば高いイメージ、ここは格安です。

DSC01349

d.kステーキハウスのポイント

  • オススメ肉:骨付きリブアイ(30日間熟成)
  • 営業時間:17:30~22:00
  • ハッピーアワー:17:30~19:00 ※火~土のみ
  • ステーキ価格帯:40~60ドル前後
  • チップ相場:17%~
  • ドレスコード:スマートカジュアル
  • 日本語メニュー:有り
  • クレジットカード:利用可能

熟成期間は、15日間と30日間の2種類有りますが、

せっかくなら食べたいのが、30日間乾燥熟成させた骨付きリブアイ。

「30 Days Dry-Aged Bone in Rib Eye (22oz)」 54ドル

DSC01340

熟成肉というわけで、なんとも言えない香りと柔らかさ。

骨周りの肉って美味しいし、ミディアムレアの焼き加減も最高でした。

d.k Steak House(DKステーキハウス)レビュー

DSC01342

ステーキの値段が格安なので、他のメニューも色々楽しめる。

DSC01324

濃厚なガーリックバターソースに巨大な海老。

その辺のガーリックシュリンプよりも、断然旨かったから。

ハワイ(ホノルル周辺)のガーリックシュリンプを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

 

2人でたらふく食べて132.62ドル

チップ18%足して156.49ドルという感じです。

 

日本人にはメジャーでは無いけども、人気店なので予約は必須。

マリオット宿泊してなくても利用できますし、日本語でも予約できますので。

d.kステーキハウスを予約する

d.k Steak Houseの場所

ルース クリス ステーキハウス ワイキキ

熟成肉の最高級フィレ肉を食べるなら、ルースズクリス。

1965年創業という、老舗の高級ステーキ店。

アメリカのステーキチェーンといえば、

ウルフギャングよりも、私はコチラを選びます。

DSC00945

★★タイトル★★ルースクリスステーキハウスのポイント

  • オススメ肉:熟成フィレ(11oz)
  • 営業時間:16:30~22:00
  • プライムタイム:16:30~18:00
  • ハッピーアワー:16:30~19:00
  • ステーキ価格帯:50~70ドル前後
  • チップ相場:18%~
  • ドレスコード:スマートカジュアル
  • 日本語メニュー:有り
  • クレジットカード:利用可能

メインの熟成肉は、260度のプレートで提供するスタイル。

リブアイステーキ16oz(約450g)で58ドル

DSC00856

USDAリブアイも美味しいのですが、

ルースクリスで食べるべきは、フィレ肉。

柔らかいフィレミニョンの極厚カット11oz(約312g)で57ドル

DSC00861

赤身なのに凄く柔らかく、肉の香りが全然違う。

DSC00871

とろけるような食感はマジでした。

肉というよりも魚の刺し身を食べているような。

もちろん肉なんで、それがまた超旨い。

 

このお店には、ハッピータイムだけでなく、

プライムタイム(午後4時半~6時)という早い時間の限定コースが有るのも良いところ。

大人1名69.95ドルコースで、ディナーメニューと同じフィレ肉が食べられます。

DSC00837

サラダ、サイド、デザートも付いてくるわけで、

ほうれん草やマッシュポテトも最高に美味しかったから。

Ruth’s Chris Steak House Waikiki(ルース クリス ステーキハウス ワイキキ)レビュー

DSC00889

 

ルースクリスは肉の旨さだけでなく、接客の巧さも有る、

日本人慣れもしていますので、ビビる必要有りません。

日本人にもしっかり気を使ってくれ、

日本語でもサポートしてくれる、ホント良いお店でした。

 

私はプライムタイムで利用したのですが、

64.95ドルのコース料理を2人前で、

ビール3杯(9ドル×3)飲んで164.29ドル

チップ約18%払っても、合計194.29ドルで済みました。

DSC00940

限界まで食べて、デザートまで付いてこれは格安。

こちらも超人気店なので、事前予約は必須です。

ルースズクリスステーキハウス(ワイキキ店)を予約する

Ruth’s Chris Steak House Waikikiの場所

フラ グリル ワイキキ

ステーキ専門店ではないのですが、ステーキ肉も美味しく、

個人的に好きなお店が「Hula Grill Waikiki」。

アウトリガーワイキキビーチホテル」の2階に有るレストランです。

DSC03372

フラグリルワイキキのポイント

  • オススメ肉:フィレステーキ
  • 営業時間:6:30~22:00
  • ディナー:16:45~22:00
  • ハッピーアワー:15:00~18:00
  • ステーキ価格帯:30~60ドル前後
  • チップ相場:15%~
  • ドレスコード:スマートカジュアル ※ディナーのみ
  • 日本語メニュー:有り
  • クレジットカード:利用可能

 

今回のテーマのステーキ肉は、キアナフィレステーキ38ドル

DSC03312

上質な赤身のステーキ肉。

リリコイバターと椎茸クリームソースも美味でした。

Hula Grill Waikiki(フラ グリル ワイキキ)レビュー

DSC03317

流行りの熟成肉では無いですが、

熟成肉にこだわる必要も無いと感じたステーキ。

肉は旨いのはもちろん、フラグリルは店内の雰囲気が最高なのさ。

窓際の席ならサンセットまで見れたりする。

DSC03281

 

ディナーメニューはどれも美味しかった。

シーザーサラダ、タコス風のポキ with アボガボディップ。

DSC03273

他にも、ナスのグリル、マヒマヒのグリル。

DSC03301

食べられないくらい頼んで、どれも料理はハズレ無し、

店内の雰囲気もハワイっぽく、上品過ぎないところが良い。

スタッフもフレンドリーで、気分も最高でした。

Hula Grill Waikiki(フラ グリル ワイキキ)レビュー

 

カジュアルだし、なによりステーキ専門店より安い。

チップ表記も15%~と、高級ステーキ店の18%~に比べて良心的。

かといって、サービスが劣るわけも無いからね。むしろ良い。

今回は、2人でスゲー注文して171.73ドル

チップ15%を含めて合計196.99ドルでした。

朝食や昼食の時間にも利用したいレストランです。

「フラグリル」を予約する

Hula Grill Waikikiの場所

チャックス・セラー

ステーキ肉が格安に食べれるのが「Chuck’s Cellar」。

超特大のプライムリブ、サラダバー食べ放題の店舗でも有名です。

DSC06517

チャックセラーのポイント

  • オススメ肉:プライムリブ
  • 営業時間:17:00~22:00
  • ハッピーアワー:17:00~18:00
  • ステーキ価格帯:35~50ドル前後
  • チップ相場:15%~
  • ドレスコード:スマートカジュアル
  • 日本語メニュー:有り
  • クレジットカード:利用可能

 

名物プライムリブは、長時間かけて火を通しているので、

火の通り加減も絶妙、素晴らしいピンク色。

DSC06579

もちろん旨い。なんだろうこの食感。

肉も大きいですが値段も格安、ロブスターも付きで52.5ドルだったからね。

Chuck’s Cellar(チャックス・セラー)レビュー

DSC06572

しかも、メインを頼むとサラダバーまで食べ放題。

前菜とか頼む必要もないから、スゲー値段も抑えられます。

DSC06548

 

ビール1杯6.5ドル、ソフトドリンク1杯4.5ドル

奮発してロブスターセット、ホタテグリルも頼みましたが、

前菜のサラダバー&スープが無料なので・・・2人で105.8ドル

DSC06584

15%のチップを含めて・・・120~130ドル

高級店って雰囲気でも無く、騒がしい感じもローカル感有って良い。

店内でジャズのライブ演奏もしているからね。

 

難点は、予約も不可能で凄い混むということ。

私が行ったときも30分~1時間待ちでした。

DSC06543

穴場的なレストランだった気がするんですが、

今では日本人のお客さんも多い。

行くならオープン直後、午後6時前に行くことをオススメします。

Chuck’s Cellarの場所

ストリップステーキ ワイキキ

2016年9月に新しいステーキ店、

「StripSteak Waikiki(ストリップステーキワイキキ)」が登場。

ミシュラン獲得のシェフ、マイケルミーナ氏が手掛けるレストランです。

DSC09930

ストリップステーキのポイント

  • オススメ肉:熟成トマホークリブアイ(45日間熟成)リブアイ(ブラックアンガス)
  • 営業時間:17:00~22:00
  • ハッピーアワー:16:00~18:00
  • ステーキ価格帯:60~100ドル前後
  • チップ相場:18%~
  • ドレスコード:スマートカジュアル
  • 日本語メニュー:有り
  • クレジットカード:利用可能

ストリップステーキは、

アンガス牛、オージービーフ、和牛、熟成肉まで扱っており、

肉バリエーションが非常に多いレストラン。

 

私はコース料理を予約していたので、

頂いたのはプライムブラックアンガスのリブアイ。

DSC09863

適度なサシのプライムリブ。これぞ肉食っているっていう味。

DSC09876

 

料理も創作系料理が多く、ド定番のステーキ店より洒落てます。

お通しもパンではなく、フライドポテトだからね。

StripSteak Waikiki(ストリップステーキ・ワイキキ)レビュー

DSC09836

他のステーキ店に比べると、雰囲気が良く、上品な感じ。

ちょっとだけお値段も高いかなといった印象。

 

私は、日本からコース料理を予約したのですが、

チップ込のコースということに気づかず、

追加チップ40ドルも払って、最終支払249.84ドル

DSC09916

日本から予約するなら、TAX&チップ込のコースメニューが格安。

大人1名100ドル~コース料理を食べられる。

【ハワイ】ストリップステーキ ワイキキ|海外レストラン予約グルヤク

45日間の熟成デラックストマホークも有名なので。

次は熟成肉も挑戦してみたいですね。

StripSteak Waikikiの場所

ウルフギャング ステーキハウス ワイキキ

ハワイのステーキ店といえば、やっぱり「Wolfgang’s Steakhouse」。

2004年ニューヨークに登場した、熟成肉で有名なアメリカチェーン店。

ハワイにも2009年に登場しています。

DSC03845

ウルフギャングステーキハウスのポイント

  • オススメ肉:ポーターハウス(28日間熟成)
  • 営業時間:11:00~23:30
  • ハッピーアワー:11:00~18:30
  • ステーキ価格帯:60~120ドル前後
  • チップ相場:18%~
  • ドレスコード:スマートカジュアル
  • 日本語メニュー:有り
  • クレジットカード:利用可能

 

ウルフギャングといえばポーターハウス。

ドライエイジングビーフのTボーンステーキです。

二人前(STAKE FOR TWO)で120.95ドル

骨を境目に、サーロインとフィレの2種類の部位が楽しめます。

DSC03796

元々旨い肉を長期間熟成しているわけで、味は間違いない。

部位での味の違いも楽しめるのも面白いです。

DSC03797

 

ウルフギャングは、良くも悪くも日本人御用達の店舗。

日本人客が凄い多いんだけど、

スタッフは日本語喋りませんし、スタッフの対応も割とタンパク。

店内も騒がしいし、通路にテーブルも有るし、高級店っぽくも無い。

なんだか面白い店に仕上がってます。

Wolfgang’s Steakhouse Waikiki(ウルフギャング ステーキハウス ワイキキ)レビュー

 

ビール二杯(7ドル×2)を頂いて、

ウルフギャングサラダとマッシュポテトを含め、2人で173.66ドル

チップ18%を含めると合計203.51ドル

品数の割には、ちょっと高い気がしましたが、

観光名所くらいに有名なんで仕方ない。

まぁ、肉が美味しいことは間違いないので、

Tボーンを食べるために、一度くらいは来ても良いんじゃないかと。

日本でも同じ品質の肉が食べれるので、日本で行くのも有りですけど。

日本進出したハワイで大人気の有名店。ハワイ店舗との違い。

 

日本人行列が出来てますので、行くなら予約も必須。

予約していくだけで、混雑を横目にスルッと入れますから。

ウルフギャング・ステーキハウスを予約する

Wolfgang’s Steakhouseの場所

テイクアウト系のステーキ店舗

サクッと美味しいステーキを格安に食べたいなら、

屋台や、フードコート店舗がオススメです。

1人でも気軽に利用できますし予約も不要、サービスされるのが嫌な時にも良い。

チップもドリンクも要らないので、なにより格安に済ませられますから。

チャンピオンズ・ステーキ&シーフード

ロイヤルハワイアンセンターのフードコートに有る「Champion’s Steak & Seafood」。

レジで注文して、出来上がったら番号を呼ばれるシステム。

DSC00787

ナプキン、ナイフ、フォークもセルフ。お箸も有ります。

DSC00784

フードコートなので、周りにテーブルもたくさん有るし、その場でも食べられます。

DSC00788

頼んだのは、8oz(約225g)のリブアイステーキ(16.75ドル)。

サーロインもあるけど、オススメはリブアイステーキ。

DSC00791

赤身ステーキ肉のイメージとは裏腹に、スッゲー柔らかいです。

ステーキソースも、玉ねぎすりおろし系のサラサラ系醤油ソースで旨い!

DSC00794

BBQの香りが食欲をそそる・・・ご飯の炊き加減も良い。

白飯も旨い。ソースともよく合うわぁ~。

DSC00795

サラダもたっぷり。サウザンドレッシングも濃いね。

DSC00796

思った以上の大容量であり、ケッコー満腹。これで合計17.54ドル

チップは不要ですが、消費税0.79ドルだけ取られてます。

ワイキキの中心地ロイヤルハワイアンセンターにあるので、

ランチタイム、ディナータイムは、凄い混み合いますので、

その場で食べるつもりなら覚悟して。

Champion’s Steak & Seafoodの場所

  • 営業時間:10:00~22:00
  • 定休日:無し

鉄板焼きファーマー

アラモアナセンターの新しいフードコード「The Lanai(ラナイ)」にできた、

Teppanyaki Farmar(鉄板焼きファーマー)。

DSC06072

この店で有名なのは、オリジナルメニューのSteak Roll(ステーキロール)なのですが、

食べるべきは、プレートメニューのNew York Steak(ニューヨークステーキ)。

上質な赤身肉を使った本格的な鉄板焼きで、値段も16.95ドルと格安です。

DSC06073

ライスは白米、玄米を選べ、焼き加減も指定可能、

私は、ミディアムレアでオーダー。

注文すると、すぐ目の前の鉄板で焼き始めます。

DSC06075

フードコート内で食べる場合、トレーに乗せて提供してくれます。

様々な調味料もあり、セルフカップにワサビも追加。

DSC06079

肉がデカイ。焼き目がまた素晴らしい。

DSC06077

焼き加減もGood。良い感じにレアです。

DSC06084

噛み切れる柔らかさ。付属ソースも美味しいですが、

ワサビをつけると、更に旨かった。

DSC06089

このクオリティで16.95ドルですからね。

水ボトル1.5ドルと税金0.87ドル追加して、合計19.32ドルなら安いかと。

DSC06067

 

フードコート「ラナイ」は、

アラモアナセンター2階のダイヤモンドヘッドウイング(ワイキキ側)に有ります。

Macy’s方面に向かって行けば、LANAIの看板も出てきます。

DSC06063

昼時、夕飯時は非常に混んでますので、

フードコート内で食べるつもりなら、時間帯をズラすのが得策です。

DSC06070

Teppanyaki Farmarの場所

  • 営業時間:8:00~21:00 ※日曜日9:00~19:00
  • 定休日:無し

ステーキ&フィッシュ・カンパニー

アラモアナセンターのフードコート「マカイマーケット」内に有る、

「STEAK & FISH COMPANY (ステーキ&フィッシュカンパニー)」。

DSC03094

私が注文したのが、エビとステーキのコンボスペシャル14.99ドル

DSC03095

マッシュポテトの中心にグレービーソースの池ができてます。

分厚いステーキではないのですが、大きめカットが2枚。

DSC03105

薄い肉ながらも、柔らかいお肉。

DSC03106

量も多いので、満足感いっぱい。

ヘルシー志向の私には、ライスではなく野菜たっぷりなのも嬉しいところ。

大ぶりのエビも食べられて、コノ値段は割安に感じました。

TAXを入れて合計15.65ドルです。

STEAK & FISH COMPANYは、ニューヨークステーキ14.95ドルも有りますが、

やはり一番美味しいと評判なのは、リブアイステーキ14.95ドル

実は、私は食べてないので・・・すいません。今度、挑戦してみます。

 

アラモアナセンターのフードコートは、有名店だらけで非常に混んでますので・・・

フードコートで食べるつもりなら、時間をズラした方が良い。

なんなら、ちょっと歩いてアラモアナ公園で食すなんてのも悪くないかと。

STEAK & FISH COMPANYの場所

  • 営業時間:10:00~21:00 ※日曜日19:00まで
  • 定休日:無し

ハイ ステーキ

ワイキキのスーパー「FOODPANTRY(フードパントリー)」に有る、

「Hi steaks(ハイ ステーキ)」。

最近では、アラモアナセンターにも店舗が登場したので、

ご存知の人も多いかと。

DSC03560

スーパー入り口に有る、こじんまりとした店舗ですが、

昼時&ディナータイムは、行列をなしている人気店です。

DSC03561

プレートメニューも多々有りますが・・・

一番人気は、やはりステーキプレート「Original Steak Plate(11.99ドル)」。

※コンボ(ドリンク付き)は12.99ドル

DSC03562

Hi Steaksの特徴は、ご飯(白米 or 玄米)を選べて、

サラダ(グリーンサラダ or ポテトサラダ)も選べて、

ステーキソースも5種類の中から選べること。

Hi Steaksのステーキソース

  • Teriyaki(テリヤキ)
  • Chimichurri(チミチュリ)
  • Kim Chee(キムチ)
  • Horseradish(ホースラディッシュ)
  • Garlic & Butter(ガーリックバター)

 

私が好きなのは、ホースラディッシュソースか、ガーリックバターソース。

ガーリックシュリンプが好きなら。ガーリックバターがオススメ。

DSC01160

玄米、グリーンサラダ、ガーリックバターソース。

DSC01162

ニンニクガツンとバターで濃厚な味。間違いない。

DSC01164

肉の焼き加減も良い感じ。ファーストフード店ですからね。

DSC01172

ご飯はちょっとべっちゃり系。まぁ、致し方ない。

DSC01174

スーパー「フードパントリー」内にあり、

夜遅くまで営業しているので、夜食に肉が喰いたくなった時にも良いですね。

クヒオ通り沿いにあるので、アクセスも良いです。

Hi Steaks(フードパントリー)の場所

  • 営業時間(フードパントリー店):10:00~23:00
  • 定休日:無し

 

2016年には、アラモアナセンターの「フードランド」内にもオープン。

ショッピングの小休止に、肉ガッツリ食べられます。

Hi Steaks(アラモアナセンター)の場所

  • 営業時間(アラモアナセンター店):10:00~21:00
  • 定休日:無し

サムズ キッチン

ガーリックシュリンプでも有名なSam’s Kitchen(サムズキッチン)。

ガーリックシュリンプに次いで人気なのが、

ガーリックステーキというわけで、こちらも試して来ました。

DSC01556

ガーリックステーキは13ドル。サラダ or ライス追加で+1ドル

メニューは、日本語でも表記されてます。

DSC01555

店内はこんな感じ。外なんでちょっと不衛生。虫見つけました。

DSC01558

一番奥のカウンターで注文。

DSC05982

陽気でフレンドリーなサムさんが対応してくれました。

DSC01557

注文した後は、適当に席に座って待機。

テーブルまで、プレートを持って来てくれました。

DSC05987

ガーリックステーキ with ライス、お肉はガーリックまみれ。

DSC05986

肉は赤みですが、ナイフ不要で噛み切れる柔らかさ。

DSC05991

白米もしっとりとした炊き具合。日本のそれに似ています。

ガーリックもバリバリ効いており、肉も美味しい。

ただ、値段の割には、ちょっと物足りないかな。

 

個人的にやられたと思ったのが、レモネードの料金。

ドリンクどっちにする?みたいに聞かれて、

セットなのかと思ったら、別料金2ドルだったこと。

この内容で合計16.77ドルなら・・・レストラン入るかな。

DSC05983

まぁ、ワイキキで夜遅くまで営業しているし、

フレンドリーのサムさんサービス料と割り切れれば悪くないかと。

サムさん居ない時も有るけどね。

 

別日に頼んだガーリックシュリンプもイマイチだったんで・・・

ハワイ(ホノルル周辺)のガーリックシュリンプを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

私には、あんまり良いイメージの無いお店ですけど。

Sam’s Kitchenの場所

  • 営業時間:10:00~23:00
  • 定休日:無し

ステーキ シャック

ワイキキのビーチ沿いにある「Steak Shack(ステーキ シャック)」。

DSC07800

大人気なのが、6ozのステーキプレート8.25ドル

DSC07801

海沿いのベンチでオープン、映えるように撮影してみましたが・・・

DSC07810

実際は、肉がスッゲー少なかったです。

これで6oz約170g)でしょうか?いや白飯だらけなんっすけど。

DSC07807

これ、食べかけじゃないからね。最初からこの肉量ですからね!

口コミを見る限り、評価は凄い高いので・・・ハズレを引いたのか?

 

肉もカットステーキなので、どちらかというと焼き肉丼。

日本人が想像するステーキ(大判肉)では無いのも残念ポイント。

お米は普通に美味しいですけど・・・肉少なすぎて米余るぅ~。

DSC07813

6ozは、8.25ドルでしたが、

10oz14ドル12oz16ドル14oz18ドルの価格設定なんで・・・安いっちゃ安い。

ただ、実際にその量の肉が出てくるかは疑問が残りました。

DSC07802 (2)

まぁ、ステーキシャックは、

海の家的な場所にあり、立地が最高なんで、この辺は仕方ないかと。

DSC07803

海目の前で、格安にステーキが食べれるならといったところでしょう。

私なら、チャンピオンズステーキとか、ハイステーキを選びますけど。

Steak Shackの場所

  • 営業時間:10:00~23:00
  • 定休日:無し

ハワイのステーキ店舗まとめ

本場アメリカの豪快なステーキ肉が、ハワイでも味わえる。

ハワイの有名店っていうよりも、アメリカのチェーン店ですね。

ただ、ハワイは土地柄、アメリカ本国とはちょっとイメージが違います。

日本人客も多く、ドレスコードが有って無いような問題も有りますが・・・

あんまり堅苦しくなく、気軽に高級ステーキ肉が楽しめるのは良いのでは無いかと。

 

確実に旨い肉を食べるなら、レストラン系店舗。

ドライエージングの熟成肉、プライムリブ、フィレ肉・・・

ぶ厚い高級肉を、しっとりミディアムレアで食べるというなら、

レストランで食べるのも避けられないかな。

 

ただ、有名店は、料金も高いんで、旨いのも当たり前。

コストパフォーマンスが高いステーキ肉となると、やはりテイクアウト。

 

テイクアウト店舗は、店構えこそ安っぽさいですが、

その見た目とは裏腹に、本格的なステーキ肉も食べられます。

レストランとは違った美味しさもあり、食べる場所も自由。

ワイキキグルメといえば、テイクアウト可能なプレート料理。

外で海を見ながら好きな料理を買い漁ってを食べられる。

 

ポキ丼とステーキを一緒に食べたり、

ハワイ(ホノルル周辺)でオススメのポキ丼。

サイドメニューにガーリックシュリンプを買ってきたり、

ハワイ(ホノルル周辺)でオススメのガーリックシュリンプ。

食後はサッパリとアサイーを食したり。

ハワイ(ホノルル周辺)でオススメのアサイーボウル。

どこの店舗も、基本的に持ち帰りができますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA